イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    牡丹鍋セックス「そろそろ彼女欲しいな?」
    三郎はそう言った。
    直人「自分、そればっかり言うとるなぁ笑。でも確かに欲しい。」
    直人は同じ年、同級生だ。
    三郎「誰かええ子おらへんか?」
    直人「おったらとっくに付き合ってるわ。」
    三郎「紹介してもらうつーのはどう?」
    直人「出会い系サイトか?」
    三郎「そんなとこに金払ってまで付き合いたくないわ。」
    直人「友達に紹介してもらうのがいいな。橋渡しになるし。」
    三郎「ええな、次はタイプがどんなの子かなのが大事だよ。」
    直人「好きなタイプね、好きなタイプ。。。。。実はな、結構力が強い女の子がタイプやねん。」
    三郎「マッチョウーマンか?」
    直人「いや、そういうのは不自然だから嫌いだ。普通の女の子で、力が強い子よ。」
    三郎「何でそういう子がタイプなん?」
    直人「そうやな、なんか自分がアキシデントに遭った時に、助けてもらえるかもしれないからな。」
    三郎「誰かおらん?」
    直人「うーむ、そうやなあ、、、ともかちゃんはどう?」
    三郎「おー、めっちゃタイプや!」
    直人「そうなんかぁ・・・・実は、、俺も好きやねん。」
    三郎「えええっ??そうかー、人気あるねんなあ。」
    直人「二人で一人の女取るのは無理や。三角関係になってしまう。もう一人ええ子探そうよ。」
    三郎「ほなひろみちゃんは?」
    直人「あの子はケンジがいるから無理だ、鴛鴦カップルだよ。」
    三郎「それなら、真理ちゃんは?可愛いよ。」
    直人「確かに可愛い。でも敷居が高いのでは?」
    三郎「いいや、あの子と橋の下でやった男おるで。」
    直人「誰や?」
    三郎「知らん。匿名やったわ。」
    直人「国立大の医学部出た真亜子は?」
    三郎「あ、真亜子なあ。ええやんけ。でもエッチの方詳しすぎるから食べられてしまうぞ、おい、笑。」
    直人「いや、却って好都合や。エッチの手ほどきしてもらえるからな。」
    三郎「体育座りの時、あの子の太ももに砂が付いとってん。ブルマ履いてたからな。それをパラッ、パラッ、と払ったのを見て、『ええな~』と思ってラブレター書いた奴おったわ。でもそれって、男の気を引くためにわざとやったんやろな?どう思う?」
    直人「買い被りすぎやで。笑」
    三郎「さあて、どうやって真亜子ちゃんを誘い出す?」
    直人「同じクラスやった子に同窓会に誘い出してもらうねん。その同窓会で同席してアクションかけるのはどうよ?」
    三郎「お、ええなあ。真亜子ちゃんの同級生でいい子いるん?」
    直人「いるいる。彼女に頼もう。」
    さあて、その子の橋渡しもあって、真亜子は直人と同窓会に出席し、中学生時代の思い出話に花咲いた。
    真亜子「直人君てロック好きやったろ?今でも聴いてるの?」
    直「うん。でもハードなのはあんまり聴かないな。真亜子ちゃんはどう?」
    真亜子「わたしはもっぱらカーペンターズよ。大人しい音楽の方が好き。」
    色々話していくうちに、直人が
    「ねえ、デートせえへん?」と告げた。
    真亜子「うーーーん、ええよ。」
    思いの外、あっさり返事が来た。
    直「ホント?」
    真亜子「うん。どっか車でドライブに連れてって?」
    直「いいよ。須磨でも行こうか?海岸をドライブしよう。」
    真「うん。」
    直人はハイウェイを飛ばした。
    直「真亜子ちゃんは、医学部だから男の子にもてるやろ?」
    真「え、なんで?」
    直「あっちの方に詳しいからさ。」
    真「冗談やろ、笑。あんなん医学として実際に性交渉実験なんかしないよ。セックスは実体験がものをいうのよ。わたしら実体験なんかないわ。」
    直「ほんとかよ?」
    真「看護学校とかの方が詳しいよ。」
    直「へえ、がっくりだな。真亜子ちゃんお医者さんの卵だろ?子供の頃
    真「せえへんわ!お医者さんごっこしてた子供が皆お医者さんになるの?おかしい!!」
    まあ、この二人はこういう調子で海岸ドライブを楽しんだ。

    一方、三郎はともかちゃんをデートに誘った。
    ねえ、ともかちゃんて、とても可愛い。目が笑ってるようにも見えるが、何となく切れ長で喧嘩すると確かに強そうだ。
    でも可愛いから喧嘩して頬っぺた叩かれても嬉しいくらいだ。
    三郎は、車持ってない。電車でどこか行こうかとも思ったが、
    ともかちゃんが、「私、自動車あるから、乗っけてあげる。」
    優しいよな。何でこんなに優しくて可愛い子とこれまでつきあわなかったのかな?
    二人は山手の方にドライブした。鳥の声がしたりいい気分だ。リフレッシュできるよ。
    取り敢えず、二人は湖のそばで車を降りて、湖畔を散歩した。
    三郎「山がきれいだな。冬だから、空気が澄んでるんだよ。」
    ともか「ここ好き!マーラーが冬に作曲した湖を思い出すわ。」
    三「ともかちゃん、マーラー好きなん?」
    と「うん。」
    三「どの曲がいいの?」
    と「わたしー、『ベニスに死す』で有名な交響曲第5番アダージェットよ。」
    三「ああ、いいよな。ヴィスコンティ―の映画好きなん?」
    と「いいや、訳が分からない。」
    三「そやんなー。おいらのマーラーと言えば千人の交響楽だわ。あれだけ規模の大きい音楽はないな。」
    と「楽譜見たけど、すごいパートの数やわ。キンダーコーラス(少年合唱)も入ってるし。オルガンも2台よ。」
    三「なんかこういう自然の多い場所に来ると、都会にずっといるのがいやになっちゃうねえ。」
    と「ああ、寒いわ。冬やもん。」
    三郎はともかの手を握った。
    「これであったまるかい?」
    と「うん。三郎君の手あったかいわ。」
    三「なあ、ともかちゃん。自分、喧嘩強いってホント?」
    と「え?何でそんなこと訊くの?」
    三「直人がな、そう言っててん。」
    と「そうなん。私喧嘩弱いよ。」
    三「力は強いかい?」
    と「腕相撲とか?強いかもね。」
    三「じゃあ、そこのテーブルでやろうか?」
    と「いややー。笑」
    三「なんでー?俺、力の強い背の高い女の子大好きやで。」
    と「へー、変わってるなあ。」
    三「どこが変わってるん?」
    と「私の事、好きな男の子なんていないよ。」
    三「ほんまかいやー??」
    と「ホント、ホントよー。」
    三「信じられない。こんな可愛い女の子を放って置くはずがない。」
    と「じゃあ三郎君が私の事好きでいてくれる?」
    三「もちろんよ。ともかちゃんは、おいらのタイプだよ。」
    そう言って三郎は指でともかの肩をつんつんと突いた。
    と「いやーん、恥ずかしい。」と言って、ともかは向こうを向いた。
    と「占い雑誌とか見たら、B型ってボロクソに書いてあるのよ。そのせいやわ。」
    三「そんなん気にしなくていいよ。大体、日本だけやで、血液型で人を判断するのは。おいら一度面接に行ったら、そこの面接官のおっさんが『君はО型だろ?ぼーっとしてるからな』てぬかしやがった。その場で殴ったろかと思ったよ。」
    と「三郎君は実際は何型なん?」
    三「何型でもええで、笑。お、コンビニの雑誌でブラッド・タイプって言うのがあるんだ。あれ試しに見てみようや。」
    二人はセブンイレブンに入った。案の定、女の子達が占いの本読んでいる。「あー、運勢悪いわー、あかんなあ」と読みながら笑っている。
    三郎は横にある雑誌ブラッド・タイプを取り上げて読んでみた。
    「どうれ、ともかちゃんの運勢を見てみようか(笑)」
    ともかも食い入るように見てる。めっちゃ真剣だ。
    三「カラッとした性格、とか書いてあるやん。星座も見てみよう。ともかちゃんはおうし座やろ?」
    と「うん、そうよ。」
    三「粘り強いって書いてあるわ。だから長年同じ職場で働けるんだよ。つまり『カラッとして粘り強い』、言う事なしやん。」
    と「嘘みたいやなあ。これまで読んできたのが信じられへんわ。」
    三「ハッハッハ。まあ、全部嘘やねん。都合のいいように脚色kして書いてるだけ。」
    と「じゃあどれがホンマなん?」
    三「いい女の子だよ。いい女の子だからいい男の子と巡り会える。それってつまり僕だよ!」
    隣で占いの本読んでる女の子達が聞き耳立ててクスクス笑ってる。
    と「ちょっと他所いかへん?恥ずかしいわ。。。」
    二人はコンビニから外に出て少し話した。
    と「でも私我慢できない!なんでB型やからって悪く言われるの?」
    三「さあ、、僕なんかA型やのにB型に見られるわ。でもなんでかわからん。ともかちゃんは気まぐれかい?」
    と「全然そんなことないわ!それによく言われるのは、怒りっぽいとか、照れ屋さんとも言われる。でもね、褒められたら誰かて照れるやん。」
    三「いやあはっはっはー、、てか?僕は褒められたら『そうよー、大したもんだろ俺様は―』て開き直る。」
    と「そうなん笑。それって逆に照れ隠ししてるみたいよ。」
    三「そうかい?別に照れないよ」と言って、ともかの肩を抱いた。
    ともかはやはり少し照れた。だから、三郎にもたれかかることはしなかった。だってー、ともかちゃんは背が高いからな。
    三「ともちゃん、背高いな。素敵だよ。」
    と「えー、あー、ありがとうございます。フッフッフ。」

    そろそろいいムードになったので、三郎はともかに寄りかかろうとした。普通は女が男に寄りかかるがな、女の方が背高いからな。
    すると、向こうからキャー、と悲鳴がした。段々騒然としてきた。
    向こうから何か走って来る、いのししだ。突進してくる。
    三「危ない。テーブルの陰に隠れるんだ!」
    三郎はともかを介抱して猪が走って来るのを見た。
    すごい速さだ。二人はテーブルの下にかがんだ。
    ズドン!銃声が聞こえた。猪は横たえた。
    もう一発銃声が聞こえて、どうやら猪は息絶えたようだ。
    三郎とともかは様子をみてからおそるおそる、テーブルから身を出した。他には猟友会の人3人と一般通行人が2人いた。みな大丈夫だ。
    いのししはもうお陀仏だ。今晩にでも牡丹鍋になるだろう。
    すると、通行人の一人が猟友会の人にケチつけ出した。
    通行人「何も殺さなくてもいいじゃないですか?生け捕りにだってできるでしょう?」
    猟友会の人「そうしたいところですが、あんなに全速力で走ってっ来るとけが人が出ない様に、射撃する以外に無い場合もあるんですよ。」
    ともかが通行人に「こっちだって、突進してこられたとき牙に突かれて死ぬこともありえます。射殺したからという理由だけで猟師さんを批判できないです。」
    そうして、彼女は倒れている猪の死体を見た。そして言った。
    ともか「猟師さん、これ一頭で牡丹鍋いくつ取れますか?」
    猟師「うーん、これは太ってるから10人前はいけるなあ。」
    と「それはいい。三郎君、わたしらも食べに行かない?ここから北に5km行ったら、牡丹鍋の専門レストランがあるわ。」
    三「へえー、ともかちゃん、食欲旺盛やな。ついでに僕の事も食べ尽くしてよ、ねえー。」
    と「そんなことは、寝る前に言いましょう。」
    二人でしばらく見てたんだが、漁師さんらは猪の死体を棒に括りつけて肩に担いで、軽トラックの方に運び込んだ。通行人は関わりたくないのでさっさとその場を去った。
    と「よっし、運ばれるのを追いかけ乍ら、牡丹鍋のお店に行こう。」
    なるほどねえ、こんなに食欲旺盛だからともかちゃんは、力強いし背も高いんだな。三郎はすごく魅かれてきた。遠慮して少食になりがちな女の子と比べたら、理想的な彼女だ。
    やがて僕らは「おにくや」っていう牡丹鍋専門店に入った。
    店に入るといい匂い。新鮮なお肉の香りだ。これだけ豪勢で、二名のコースで5千円。安いね。
    普通の豚肉とか牛肉とかとは違うね。歯触りが違う。食べた後の力強さも格別だ。元気になった気分になれる。
    さあこんなに元気になったんだから、ラブホへ行こう。
    ーーーー
    ともかちゃんは最初からそのつもりだったのさ。三郎のちんぽがどんだけ固くて長いか、持続力はどうか、それを計算したうえで牡丹鍋を目当てにしてたんだ。大人しいようで実は男好き、セックス好きなのさ。
    三郎「車の中でやるかい?」
    ともか「いや~ん、寒い。狭い。温水シャワーをあそこに当てて欲しい。」
    三「そうか、温水でおめこ刺激するんだな。」
    と「三郎君のおちんちんでビンタしてほしいし。車の中では無理よ。」
    二人はラブホの部屋に入った。
    すぐに服を脱いで、シャワーの下で抱き合った。抱き応え満点だ。ともかちゃんの身体は引き締まって強かった。
    おっぱいも大きい。三郎は両手で揉め尽くした。ともかちゃんは「あんあん」と喘ぎ声を上げた。彼女は三郎のおちんちんを左手でいじくった。何故左手なのかはわからなかったが、多分そっちの方が感じるからだろう。
    シャワーの湯水に当たりながら、口づけを交わした。
    シャワーから出て、バスタオルでお互いの全裸を拭きながらキスしたり愛撫したりした。
    三「ねえ、おしり舐めてもいい?」
    と「うん、アヌスでもいい。」
    三郎は、両手でともかちゃんのおしりを撫でて刺激を与えた。
    その上で、お尻の凹みに舌を這わせて、さらに舌を尖らせてアヌスを舐め回した。
    と「うー、きもちいい。もっと舐めて―。」
    ともかちゃんは首をふって喘いだ。
    三郎はやめるつもりはない、むしろもっと舐め回したいくらいだ。
    ともかちゃんのお尻の穴は、肉の味がする。きっとさっきの牡丹鍋の肉がアヌスに集中して逞しい女の尻になってるんだ。本当においしいおしりだ。
    ともかちゃんのおしりに顔をうずめてるととても快感だ。
    しかも、おしりに垂直に顔を左右にゆすりながら舐めたりするのが気持ちいい。
    と「三郎君のおちんちんも舐めさせてー。」
    三「いいよ。キンタマも頼む。」
    きんたまをしゃぶられるときの快感は他に例えようがない。タマを左右交合吸われるのがいい。
    さおの先っぽを舌で舐め舐めされるのが最高に気持ちいい。
    三郎のちんぽはカチカチに勃起してきた。ともかちゃんはそれを手に持って、自分の頬を左右にビンタさせた。イタ気持ちよさそうだ。
    三「よっし、僕がビンタしてあげるよ」(バシッ、バシッ)
    ともかちゃんもすごく気持ちよさそうだ。
    この硬さで挿入すれば最高潮に達する。
    よっし、ちんちん挿入だ。ムニュー!
    前後運動、上下運動、
    ちんちんとあそこがピストン運動続ける。
    三「いくぞーーー、ともかちゃーーーーん」
    と「来てーーー!」
    うううううー、はあ、、、、で中出しだ。
    本当に気持ちのいい中出しだ。
    三「いいいいい、一々ちんぽこを抜き出すのは無駄だ。」
    三郎はともかちゃんのあそこから精液が垂れるのを見つめた。
    二人とも元気だ。もう一ラウンド行くか?
    それ位のパワーが牡丹鍋にあるんだよ。
    また牡丹鍋セックスをやろうと心に決めた二人だった。

    つづくさ。

    追伸:ところで真亜子ちゃんと直人はどうなったの?
    お舐め Link Message Mute
    Dec 2, 2019 10:29:35 AM

    牡丹鍋セックス

    #オリジナル #カップル #全裸

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品