イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    ご旅行は計画的に※※キャプション必読です※※
     それから暫く経ち、ある日突然、アズールから監督生へ一通のメッセージが送られてきた。マジカメを通して通知されたそれは「リベンジデートをしましょう」というものだった。

    「……………………何のこと?」

     当然の疑問だった。監督生にとっては本当に心当たりが無かったからだ。これだけのメッセージで一体誰が交流会のことだと思うだろうか。詳しく聞こうとやり取りを繰り返すと、どうやらアズールはもう一度、今度は個人的に花の街へデートに行きたいということだった。嬉しい誘いに監督生の口元は自然に緩む。もちろん行きたいと応えると、「では、明日の昼休みに予定を詰めましょう」とメッセージが来たが、少し無理を言ってこれからラウンジに行って予定を詰めたいと言うと、アズールは快く了承してくれた。



    「やった! ……ごほん。ふふ。監督生さんから色好いお返事をいただきました」
    「じゃあ、小エビちゃん来んの?」
    「予定は明日詰めましょうと言ったんですが、今すぐでもいいかと。ふふふ。せっかちな方ですねぇ」

     などと口では言いながら、口元はにまにまと嬉しさを隠しきれない様子のアズール。もう閉店間際なので、客は少なく、支配人である彼は奥のVIPルームで今日の分の書類整理をしている。監督生が来ても、忙しくて相手ができないなんてことはないだろう。早く来ないかななどと恋する乙女のような気持ちで密かに待っていると、ルキーノが入ってきた。

    「寮長、可愛い恋人が来てますよ」

     突然のからかう言葉にもう一度咳払いをして、悪戯好きな後輩に注意する。

    「ルキーノさん、最近調子に乗ってません? ピーノさんから聞きましたよ。また他寮生に迷惑をかけたらしいですね?」
    「あーっと、僕、今日ホール担当なので、戻りまーす!」
    「あっ、待ちなさい!」

     逃げ足の早いルキーノを追いかけるアズールの背中を見送り、ウツボの双子はニヤリと笑った。

    「紫ヒオウギちゃん、働きモンだねぇ」
    「ええ、そうですね。あのまま監督生さんのところに行ってくれるでしょうし。今度、好きな料理でも作って差し上げましょう」

     そもそもアズールと監督生が付き合うまでに至ったのは、あの三つ子の協力が大きかった。普段、格好ばかり気にしてなかなか彼女にアピールできなかったアズールを上手く乗らせ、監督生の許へ連れて行っては二人きりの時間を故意に作ってきた実績の持ち主だ。アズールを連れ出すなど、もう手馴れたもの。その辺り、ジェイドとフロイドは面白がりはするが、基本的に協力はしない。欲しいと思ったものなら、自分の力だけで奪い取るのが捕食者の人魚の特徴だ。しかし、貝の人魚達はまた違う。いつ、どこで、誰かがいつの間にかいなくなってしまう被捕食者の彼らは今ある時間を大切にする。生きている時間の儚さを知っているせいか、後悔の無いように振る舞うことが多い。かといって、ジェイドやフロイドのように強者らしく、自分の心のままという訳でもない。むしろ、自分本位に見えて周りをよく見て行動しているのが彼らだ。ただ一人、ロランドを除いては。

    「はい、監督生ちゃんとアズちゃんの分」

     そう言って二人分の飲み物をカウンター越しに出すジョット。礼を言って受け取る監督生の飲み物には氷で出来た蛸の人形、アズールの分にはエビの氷人形が入っていた。

    「わあ、可愛いですね」
    「でしょう? 私から監督生ちゃんとアズちゃんだけにサービスよ」
    「ふむ……魔法で氷を削って作ったんですか。これは追加オプションで料金を上乗せできそうな……」

     それまでの監督生と時折、見つめ合う甘い雰囲気から一転して商売人になってしまうアズールに、ジョットは困ったように苦笑して釘を刺す。

    「やあね。彼女と一緒にいるっていうのに、仕事の話なんて。アズちゃんったら、野暮な男」
    「なっ……!? よ、余計なお世話です! ジョットさん。僕はいつ、如何なる時でもビジネスチャンスを……」
    「仕事熱心なのももちろん良いけど、ルキーノちゃんが呼びに行かなかったら、ここで監督生ちゃんのこと、終わるまで待たせてたでしょう? 後のことは私達に任せて寮に帰った方が良いわよ、支配人」

    「飲み物は持って帰っていいから、さっさと帰りなさい」と言うジョットに、最早アズールは何も言えず、――野暮な男と言われてしまった手前、抵抗する気にもなれず――大人しく従うしか無かった。

    「監督生さん。……その、一緒に夕食でも、どうです?」
    「行きたいです!」
    「では、こちらに」

     自分の片腕を差し出して、監督生をエスコートするアズール。そのまま仲睦まじくラウンジを後にする二人をジョットは見送った。

    「アズール、行ったぁ?」

     奥からジェイドとフロイドが来て、フロイドはカウンター席に就く。それに「行ったわ」と返してジョットは傍にいた三つ子のうち、ピーノとティーノにロランドとサミュエルを呼んで来るように言う。了承の返事をして二人は店の奥へ引っ込んだ。



    「それで、今回の作戦ですが」

     アズールが去った後のモストロラウンジのカウンター席には、ウツボの双子、ヒオウギガイの三つ子、サミュエル、ジョット、ロランドといういつもの面々が集まって何やら秘密の相談をしていた。場を仕切るのは、副寮長であるジェイドだ。それぞれリラックスした姿勢で集まっている一同の真ん中には、一台のスマホが置いてあり、そこから何やら会話する音声が聞こえてくる。

    「監督生さん、また花の街へ行きませんか? 今度は個人的に、二人で」
    「いいんですか? 嬉しいです! 誘ってくれてありがとうございます。アズール先輩」
    「ユウさん、二人の時は……?」
    「あ、そうでした。…………ありがとう、アズール」
    「……どうやら、アズールはまた花の街へ行くつもりのようだね。それも、僕らに内緒で」

     ロランドの言葉に一同は、ニヤリと笑う。その笑顔は「そうはさせるか」と全員が表していた。このスマホは昼間のうちにジェイドが巧妙に仕掛けた盗聴用のスマホの片割れであり、もう一つはアズールの自室に隠されている。現在聞こえてくる監督生との会話はリアルタイムのものだ。

    「一回目は小エビちゃんとデートはできなかったけど、なんか、舞踏会で踊った? って聞いたしぃ」
    「交流会の時は丁度、花の街でお祭りがあったそうなので、その日に合わせたようです」

     更にアズールと監督生の会話は続く。

    「ユウさん、今度、花の街でまたお祭りがあるそうですよ」
    「お祭り! 何ていうお祭りなの?」
    「ふふ。この祭りは絶対に外せませんからね。今の僕達に非常にぴったりな、その名も『愛の祭り』! どうです? 僕達のリベンジデートにはもってこいではないですか!」
    「あ……『愛の祭り』……」
    「そこで照れないでくださいよ。…………僕も、恥ずかしくなるだろ」

     まさか、この甘い会話を聞かれているとは二人は思わないだろう。それも、聞かれた挙句、声も出せないレベルで笑われているとは夢にも思うまい。

    「………………むり…………むり…………」
    「アズールの口から…………あ、あ、あいの……っ! んっふふふふふふふふふふふふ」
    「だーっはっはっはっはっ!! マジウケるわ! アズール!! 最高かよっ!」
    「じ、ジョット…………笑ったら、失礼、だよ……! ふっ……くくくく……」

     この他、三つ子は口を片手で押さえながら、もう片手でテーブルをバンバン叩き、サミュエルはテーブルに突っ伏して死んだように撃沈していた。盗聴用のスマホには一方的な防音魔法がかけられている為、こちらの音声は一切聞こえない。アズール達が日取りの話をしている頃には、一同はだいぶ落ち着いたが、些細なことでまた不意打ちで『愛の祭り』波が襲ってくる。そんな調子でなんとか苦難を乗り越え、正確な日取りの確認が取れたところでジェイドはスマホの通話を切ろうとした。が、次の会話で電話を切るのはもう少し先に延ばされる。

    「あ、じゃあ、ロロ先輩にも連絡しておいた方がいいかな?」
    「ロロさん? ユウさん、彼の連絡先をご存知なんですか?」
    「うん。交流会の時に交換したの」

    「連絡先を交換した」という一言にアズールだけでなく、ラウンジにいる一同にも緊張が走った。

    「なぁに? 誰? 小エビちゃん、誰のこと言ってんの?」
    「ロロさん……確か、ノーブルベルカレッジの生徒会長さん、でしたか」
    「え? そんな人と監督生さんがなんで連絡先の交換なんてしてるんですかっ!? 僕達、聞いてない!」
    「……交流会を通して連絡先を交換すること自体はおかしいことではないけれど、問題は監督生にとってその生徒会長がどういう存在か、だよ」
    「少なくとも、お互いに連絡先を交換するくらいには仲が良いってことよね」

     先程の爆笑騒ぎから一転、皆「そのロロってやつ、うちの寮長から恋人を奪おうとしているオスなのではないか」と殺気にも似た緊迫と困惑の空気が漂う。「もう少し様子を見ましょう」というジェイドの言葉に皆頷き、水を打ったように静まる空気の中、アズールと監督生の会話が続く。

    「ユウさん、何故ロロさんと連絡を……」
    「交流会の時に何かあったらいつでも連絡していいって言われたので」
    「完全に気がありますね。阻止しましょう」

     淡々と宣言するジェイドに一同は決意したように一度だけ頷いた。アズールも何か思うところがあるのか、少しの間、神妙な間があったかと思うと、監督生の代わりに自分がロロと話してもいいかと訊いた。監督生は何の気なしに「良いですよ」と言ってアズールに電話を渡したようだった。すぐに電話をすると、直ぐ様繋がったようだ。威嚇の意味も込めてアズールは厭に爽やかな声で応対する。

    「お久しぶりです、ロロさん。その後、いかがお過ごしですか。……ふふ。そんなことを言わずに、どうか僕のお願いを……ああ、いいんですかねぇ? 電話を切ってしまって。これは監督生さんのお願いでもあるんですよ」

     相手がアズールと知って電話を切ろうとしたロロという男は『監督生』という単語を聞いて食いついたようだった。やはり、間違いなく、その男は監督生に気があると見ていいようだ。その事実にフロイドとジョットは殺気立つ。

    「は? 何こいつ、アズールのもんに手ぇ出そうとか思ってんの?」
    「良い度胸じゃない。うちの寮長の恋人にちょっかいかけようなんて、ぶっ殺されても文句言えねぇよなぁ?」
    「少しは落ち着いたら、どうだい? まだそうと決まった訳ではないし、やるなら絶対に周りに知られず、確実な方法を取った方がいいよ」
    「実行するなら、お手伝いしますよ」
    「オレも」
    「ボクも~」

     それぞれの意見を交わし、全員一致でアズールと監督生の仲を裂こうとするものなら、八つ裂きにするという結論を出したところで、ジェイドは「今日もうちの寮は平和ですね」と感慨に耽っていた。
     一方でアズールの交渉という名の脅しが効いたのか、――『あのこと』をバラすと言ったら快く引き受けてくれたようだ――ロロは旅行当日、寮内の空いている部屋を貸し出してくれることになったらしい。そこまで聞いて、漸くジェイドは電話を切った。

    「という訳で、アズールと監督生さんは今度の金曜日から日曜日まで、花の街へ旅行に行くそうです」
    「ほんと奇遇だよねぇ〜。その日、オレ達も行くんだ〜」
    「旅行なんて、陸に上がってから初めてです!」
    「どんなところなんでしょうね、花の街って」

     眼鏡を直しつつ、柔和な笑みを浮かべるジョット。先程、一番爆笑していたとは思えない変わり身の速さにロランドは密かに「相変わらず、猫被るの速いなぁ」と思っていたが、口にも表情にも一切出さなかった。

    「事前に少し調べてみたところ、この街は……パンが有名だそうです! アズールの話にもありましたが、花の街では農業が盛んで特に小麦の生産量は全国的に見ても高い順位を誇っています。つまり、パンの他にもケーキなどの焼き菓子、パスタ等の麺類が数多く、その中でも特に評判なのが……クロワッサンのようです!」
    「ジェイちゃん、相変わらず食べるの大好きなのねぇ」

     現地のグルメに思いを馳せるジェイドとは対照的に、フロイドは現地の雑貨や服、靴に興味があるようだった。

    「アズールが前、言ってたけどぉ、花の街ってこっちでもあんま見ねぇお土産とかあるらしいよぉ。そういうとこって、服とかでも結構良いもんあったりすんだよねぇ」
    「僕は街の歴史が知りたいな。『正しき判事』の話は教科書にもあったけど、現地で学べることも多いだろうし」

     ロランドのこの発言にジェイド以外の全員が「え〜?」と難色を示す。

    「……ダメなのかい?」
    「ダメじゃねぇけどさぁ。ヤコウガイ先輩、そういうのは一人でやんなよ。折角の旅行なのに、つまんねぇじゃん」
    「そうですよー。旅行なのに、勉強なんてやだー」
    「ロランドはこれを機に遊び方を勉強した方が良いわよ」
    「遊ぶ……か。……ピンと来ないな」

     カレッジに来るまで殆ど遊んだことの無かったロランドは、「遊ぶ」ということに対して非常に鈍感なところがある。家庭の事情が少し特殊な為だった上に、家庭の中で彼が生き残る手段が勉強に励むことだったので、無理も無いが。

    「フロイド先輩、僕達もアクセサリー見たいです。向こうに行ったら、一緒に見ましょうよ」
    「いいよぉ。オレについて来れたらねぇ」
    「サミュエルさんとジョットさんは、何か見たいものや食べたいものはありますか?」

     二人の顔を見るジェイドに、二人は互いに顔を見合わせたが、すぐには出ないようだった。

    「そうね。私は特に宛もなく、街をぶらついたりする方が好きなのよねぇ」
    「……僕も、まだこれと言ったものは……」
    「では、お二人は現地にて思い思いに楽しむ、ということですね。はい、それでは全員の希望が出たところで待ち合わせの場所と時間ですが……」

     てきぱきとそれぞれの予定を詰めていくジェイド。花の街についてわいわいと盛り上がる一同。誰もが嬉しそうに顔を綻ばせ、期待と希望に満ち溢れている。一つ、気がかりなことと言えば、この場にいる誰も、アズールに許可を貰っていないということ一点に尽きる。



     待ちに待った金曜日の放課後。いそいそと荷物をまとめたアズールは、監督生との待ち合わせのため、鏡の間へ向かう。学園長には事前に許可を得ているし、ロロを通して向こうの学園長にも話は通っている。宿泊費を浮かせられたお陰で所持金にだいぶ余裕ができた。これで彼女と色々と楽しめると思いつつ、鏡の間へ入る。
     と、そこでアズールは驚くと同時に宇宙を背負うことになる。

    「あ、アズールやっと来たぁ。小エビちゃん、アズール来たよぉ」
    「今日から三日間、よろしくね。監督生ちゃん。飴食べる?」
    「僕らは何分、海外旅行は初めてだからね。色々と至らないとは思うが、足を引っ張らないようにするよ」
    「楽しみですね、監督生さん」
    「ボク、お祭りってあんまり参加したことないからわくわくする~」
    「オレも」
    「これで全員ですね。では、行きましょうか」
    「なんでいるんだっ!!!! お前ら!!!!!!」

     アズールのよく通る声が闇の鏡を震わせた。
     先に来ていた監督生が事情を聞いたところ、フロイドが先に自分達と花の街に行く約束をしていたのに、監督生を優先したアズールが悪いと言い出す。

    「それは確かにアズール先輩が悪いですね」
    「ほらぁ〜、小エビちゃんもそう思うってぇ」
    「監督生さん!? で、ですが、この旅行はあなたと……」
    「だから、どっちもやっちゃいましょう! アズール先輩とのデートとみんなで旅行。どっちも」

     まだ納得のいかない様子のアズールと「やったー!」と喜ぶ寮生達。

    「小エビちゃん、良いこと言うじゃぁん」
    「お話もまとまりましたし、では、プログラム通りに……」
    「待て待て待て待て。プログラムってなんだ。……というか、何故サバナクロー寮のダニエルさんまでいるんです?」

     フロイドの陰に隠れて見えなかったが、確かにアズールの指す生徒はいた。大きなニット帽を被って恥ずかしそうに縮こまっている、青い目をした大きな象耳の生徒だ。自分のことを言われていると気が付いた彼は、びくりと驚いたように肩を震わせて、おずおずと事情を説明する。

    「え? ぼ、ぼくはフロイド君に誘われて……」
    「フロイドに?」
    「だぁってオレら、マンタちゃんに飛行術教えて貰ってるじゃん。今回はそのご褒美」
    「ダニエルさんには大変お世話になっていますので、そのお礼ですよ」
    「こんな横着したお礼がありますか。ダニエルさんだって困るでしょうに」

     ダニエルというその生徒と監督生は初対面だったため、互いに簡単な自己紹介を交わしたが、その間、彼はずっとどこかキョドキョドしていて、恥ずかしそうに帽子を引っ張り、大きな耳を隠そうとしているようで落ち着かなかった。

    「は、初めまして、監督生さん。ぼく、ダニエル・エルフィンストーンっていいます。サバナクロー寮で2年、です」

     監督生も同じように返した後、先程のフロイドの発言で気になったことを訊いてみた。

    「あの、先輩方に飛行術を教えてるというのは……?」
    「ぼく、苦手な飛行術を克服した……から、その、のうはう? を教えて欲しいって、アズール君に言われたのがきっかけなんだ。それで、たまにバルガス先生と一緒に飛行術の教室を開いてるの」
    「そうだったんですか。それで、たまにアズール先輩が昼休みに体操着で……」
    「この話は終わりにしましょうか。お前達、折角来て貰ってすみませんが、寮に帰りなさい」

     アズールがさっさと解散しろとばかりに手で払う仕草をすると、オクタヴィネルの面々はブーイングを飛ばす。

    「ひどいです。アズール……。僕達だって綿密な予定を立ててきたのに……」
    「今日、めちゃくちゃ楽しみだったのに……」
    「もうボク達、海外旅行なんて一生行けないんだ……」
    「泣かないで、ルキーノ。僕とティーノも辛いんだから」
    「折角、手土産もとっておきのを選んだのに、行けないなんてねぇ……」
    「全く、残念だよ。初めての旅行だったのだけど……」
    「虚しく帰るしかないのか……」

     いつもの泣き落としにかかってきた一同だが、アズールは「ふん。そんな猿芝居で誰が騙されるか」と思っていたが、監督生は違った。

    「あの、アズール先輩。みんなで一緒に行きましょうよ」

     その一言を待っていましたと言うように、オクタヴィネルの面々はぱあ、と表情を輝かせる。しまったとアズールが思った頃には、皆監督生側について彼女と同じように悲しげな顔で訴える。

    「だめですか? アズール先輩」
    「うっ……」
    「ダメなの? アズール」
    「お前達はやるんじゃない。可愛くありません」

     それからアズールの心が揺れ始め、かなりの苦渋の決断を強いられた挙句、彼女に嫌われたくない一心で、渋々アズールは許可を出した。

    「流石アズール、見事な決断ですね」
    「お前達は帰って来たら、覚えていなさい」
    「あの」

     さて、出発というところで監督生がアズールの服の袖を引っ張る。その仕草にきゅんと胸を打たれつつも、平静を装って振り返ったアズールに、追い打ちが放たれた。

    「みんなで行くんでしたら、グリムも一緒に行っていいですか? 自分だけ行けなくて拗ねてたので」

     言いたいことはいっぱいある。なんでこのタイミングなんだとか、監督生さんは僕と二人きりの旅行が嫌なのかとか。しかし、これまでのやり取りで正直疲れを感じていたアズールは言った。

    「……良いですよ」
    「ありがとうございます! 私、急いで連れて来ますね!」

     嬉しそうに走り去って行く彼女の後ろ姿を見送るアズールの顔は誰がどう見ても、くしゃっと手で潰した紙のように無念さでしわしわになっていた。
    アジアゾウの獣人
    名前      ダニエル・エルフィンストーン(Daniel Elphinstone)
    学年・クラス  2年A組6番
    誕生日     6月24日(蟹座)
    年齢      17
    身長      162cm
    利き手     右
    出身      夕焼けの草原
    部活      マジフト部
    得意科目    飛行術
    趣味      帽子作り
    嫌いなこと   ユニーク魔法を不意打ちで発動させてしまうこと
    好きな食べ物  ピーナッツパン
    嫌いな食べ物  アルコールが入っているもの
    特技      自己暗示

     サバナクロー寮2年生。大きな象耳がコンプレックスで、いつも耳をニット帽の中に入れて隠している。怖い時や恥ずかしい時に、帽子を引っ張って顔を隠そうとするのが癖。元々飛行術が不得意だったが、1年生の頃に猛特訓し、今では大得意な科目になった。RSAに進学した友達のお守りを大切にしている。オクタヴィネル生に頼まれて時々、飛行術の教室を開いている。
     気が弱いので、ナメられやすい。が、後述する評判のせいかお陰か、滅多に絡まれることは無い。フロイドには「マンタちゃん」と呼ばれている。尚、父親は彼が小さい頃に病死してしまった。

    ユニーク魔法
    『酒の魔力(エレファント・ドリーム)』
     自分を変えたい一心で、ダニエルがミドルスクール卒業間際に、習得したユニーク魔法。ただ、その時にブランデーの香りで酔ってしまい、変な夢を見てしまったことが原因でもう一人の自分はおかしくなってしまった。使用すると外見と身長だけでなく、人格まで変わる。
     まだ全然コントロールできなかった1年生の頃は、問題行動を起こしまくっていた。学内では「ピンクのダニー」として有名。そんな自分が嫌で、2年生に上がる頃には、地道なメンタルコントロールである程度扱えるようになった。が、自分の意図しない発動はまだ抑え込むことができない。
     少しでも酒が入っているものや酒を連想させるものを食べたり飲んだりすると、ユニーク魔法発動のトリガーになってしまう。(洋酒入りのお菓子やジンジャエール、ワインソース等)



    ピンクのダニー

    身長      185cm
    利き手     左
    趣味      暴力
    嫌いなこと   酔いが醒めてしまうこと
    好きな食べ物  アルコールが入っているもの・おつまみ
    嫌いな食べ物  水・お茶
    特技      歌

    『酒の魔力(エレファント・ドリーム)』で変わるダニエルのもう一つの姿。
     発動すると、全身ピンクで瞳が虚ろな夢かわいい系男子になり、問題行動を起こしまくる。この形態の喋り方は語尾にウザい記号が付く。「ピンクの象だよ✩」と言いながら見境無く暴力行為に及ぶ。その声に応えると……? 特技は歌だが、歌詞は全く意味が通らず、歌声も聴けたものではない。あまり意思疎通はできない。この姿の時はフロイドに「カサゴちゃん」と呼ばれている。
    れく Link Message Mute
    Nov 30, 2022 9:46:28 AM

    ご旅行は計画的に

    「可愛い恋人が来てるのに、なに働いてんだ! 帰れ帰れ!」されるアズール。
    こんなに長くなる予定無かったんですが、長くなりました。次回からワックワクのドッキドキ花の街旅行が始まります。
    今回もアズールが可哀想ですが、次回はロロが可哀想な予定なので、ご容赦ください。尚、今回、人によってはご不快に思われる描写がありますが、男子高校生のエグめのノリとして書いております。
    ユウ呼びあり。
    最後に画像が見にくかった方用に初登場の創作生徒の設定があります。

    #twst夢  #アズ監  #女監督生  #ロロ・フランム  #twst創作生徒  #アズ監←ロロ

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 海神と恋人 7※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・オリジナル設定ビュッフェ

      ひたすら平和です。お茶会と言えば、あの子だよね!ということで、急遽出演が決定しました。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と恋人 11明けましておめでとうございます!
      お久しぶりの最新話ですが、二月のオンラインイベントに出るので、原稿に集中します。ので、二月末までは更新停滞します。まだまだ連載は続く予定なので、どうぞ今年もよろしくお願いします。

      #ポセイドン(終ワル) #終ワルプラス #オリ主
      れく
    • 海神と恋人 10最近、いちゃいちゃしてないので(当社比)後半ずっといちゃいちゃしてます。以前よりもっとおポセさんがデレデレしてるので、苦手な方はご注意を。ちゅーばっかしてるよ、この二人。
      #夢小説 #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と恋人 8やっと書けました。お待たせしてしまい、申し訳ありません。今回も平和にワルキューレちゃん達とお茶会しただけの回です。めちゃくちゃ平和!!!!!
      原作見る限り、本来彼女達は争いを好まない子達なのかなと思うので、前回と今回はその辺りを掘り下げ(?)てます。基本的に喧嘩嫌な子が多いのに、あんな捨て身の戦法って余程の覚悟があるのだなと思います。

      #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #夢小説
      れく
    • 海神と恋人 9引っ張ってもしょうがないので、先に宣言します。釈迦登場回です。 ヘラクレス兄様に続いて難しいお人です。基本的に普段何考えてるか分からん神なので。でも、金ちゃんと一緒にいる時が釈迦としての素なんじゃないかなとかは思ってます。ヒルデさんの後は絶対この神出そうと決めてました。誰もが惚れる男を書くのって難しいもんだなぁ。
      今回名前変換二つありますけども、片方は釈迦に呼ばれるあだ名です。お好きなあだ名を入れてお楽しみください。

      #夢小説 #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と恋人 17※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・ちょっとだけモブ

      ハデ様「でも、余にくらいは事前に相談して欲しかった…」(´・ω・`)

      という訳で、色々発表する回です。ゲル、ごめんよ。走り回らせて。
      そして、勝手に場を盛り上げる夢ちゃん達。そういう予定に全く無かったこと、突然言い出すの止めて欲しい。ちなみにどちらの発表も全く予定に入っていませんでした。え、お前らって、え、あっ、そう……。みたいな感じです。

      23/2/17 追記
      お話がいまいち繋がっていなかったところを繋ぎ直しました。多分、これで大丈夫かなと思います。
      #ポセイドン(終ワル) #終ワルプラス #夢小説
      れく
    • 真紅の暴君 母への忠実なる思い 第四節pixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊(引き続きリドルくんがただの小学生、トレイママ等)
      ・FFシリーズとクロノクロスの良いとこ取りでできたようなパロディ
      ・ユウ呼びあり
      ・ゲームの中では皆監督生に優しい

      お久しぶりの更新です。今回も割とRPGあるある回。ダンジョンが思いのほか長くて、心配になるあれです。
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 古の砦 夜の幻影に彷徨いてpixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・FFシリーズとクロノクロスの良いとこ取りでできたようなパロディ
      ・ユウ呼びあり
      ・ゲームの中では皆監督生に優しい
      ・名前だけオリキャラ出ます
      ・導入がただのクロノクロス

      注意書きの通りです。
      あくまでも『ゲームの中だけ』皆監督生に優しいです。
      今回、ジョブの設定は一応ありますが、キャラの個性みたいな扱いで、ジョブチェンジはできない仕様です。一年生以外はサブイベをクリアするとクラスチェンジはできる、みたいな設定は考えています。一年生達はストーリー上でクラスチェンジできたら、いいなぁ。
      ジョブはFFシリーズからナンバリング関係無く、各キャラに合いそうなジョブを設定してます。
      バトルシステムは基本クロノクロス、ターン表と召喚獣システムはFF10から。魔法はFFシリーズの魔法を使っているという設定です。
      肝心のストーリーはFFとクロノクロス半々くらいにしたいとは思っています。(できるとは言っていない)
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 真紅の暴君 母への忠実なる思い 第三節pixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊(リドルくんがただの小学生、トレイママ等)
      ・FFシリーズとクロノクロスの良いとこ取りでできたようなパロディ
      ・ユウ呼びあり
      ・ゲームの中では皆監督生に優しい

      今回初のボス戦です。火属性ボスっていうと何故かFF12の魔人さんのイメージが強いので、今回のボスはあんな感じです。腕は二本だけど。なのに今回のボス戦BGMはFF10イメージっていうね。
      リドルくん、いっぱい遊びな……。という気持ちで書いたせいか、いつもよりリドルくんが幼いです。
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 真紅の暴君 母への忠実なる思い 第二節pixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・FFシリーズとクロノクロスの良いとこ取りでできたようなパロディ
      ・ユウ呼びあり
      ・ゲームの中では皆監督生に優しい

      今回は割とRPG序盤あるある回です。
      RPG序盤あるある。最初に一番強い武器買って、紙防御になる。
      はい、これ私です。
      それと序盤、あまりにもお金が無くて、初期武器売りまくって終盤、ラスボスを倒すために必要なエクスカリバーを作るのに、初期武器が必要と知ったあの絶望感はなかなか味わえないものです。FF4っていうんですけど。
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 真紅の暴君 母への忠実なる思い 第一節pixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・FFシリーズとクロノクロスの良いとこ取りでできたようなパロディ
      ・ユウ呼びあり
      ・ゲームの中では皆監督生に優しい
      ・ヘイトの意味はありませんが、ゲーム中のリドルくんの扱いが少し酷いです。

      今回から割とFF要素が出てきたかなという感じです。最初のミニゲームで発狂するのはお約束。
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 海神と恋人 3支部から再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊甚だしさ史上最高
      ・オリジナルの妖精さんがいる

      今回はやらかしちゃったおポセさんです。普段絶対に言われないようなことを言われて宇宙猫になるおポセさんが書きたかったともいいます。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 真紅の暴君 母への忠実なる思い 第五節※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・見ようによってはリョナっぽい描写あり(被害者はリドル)

      おや?リドルくんの様子が……?

      後日、エースは「ホラー要素あるなら事前に言っとけ!」と訴えましたが、監督生はただただ不思議そうな顔をしておりましたとさ。

      「ホ、ラー? そんなのあったっけ……?」
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 海神と恋人 49※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊(特にフォルセティ神)
      ・割とオリキャラ要素つよつよ
      ・世界観について設定捏造

      覚えておられる方、おりますでしょうか?
      何とか最後に投稿して半年で戻って来られました。
      この半年の間に色々本誌で動きがあり、話を練り直すかどうしようか一時悩んでおりましたが、弊シリーズは本誌の内容とは少し違うパラレルワールドとして書き続ける、という選択をしました。なので、今後も本誌とは異なる設定が出てくると思いますので、耐えられる方のみ閲覧し続けることをお勧め致します。
      そして、今後の展開ですが、既に最終章に入っておりますので、九回戦以降のキャラはお話の都合上、出番はありません。楽しみにされていた方には大変申し訳ございません。今後とも、びっくりする程遅い更新ですが、最後までお付き合い頂けたら幸いです。
      #夢小説 #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #オリ主
      れく
    • 準備編pixivより再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊注意(駄々こねイデア氏・喉が心配になるイデア氏)
      ・元となったRPGはFFシリーズ・クロノクロスです。
      ・完全なパロディではなく、混ぜられる要素のみ取り入れているだけなので、元ゲームのネタバレはあまり無いです。
      ・作中、イデア氏がやたらゲーム内容を褒めていますが、後々凡人作者がのたうち回る為のハードル上げです。
      ・この世界では大団円ハッピーエンドのRSA向けRPGが主流という設定です。
      ・元となったゲームはもっと素晴らしいので、興味を持たれたら、是非プレイをしてみて下さい。全部スイッチでダウンロードできます!

      前々からやってみたかったRPGパロ的なシリーズです。公式で配信された人数が何とか足りているので、この度開始しました。

      次のお話からはゲーム本編→各キャラ達の反応の順で連載していきます。

      Q.シュラウドさん家のイデアくんは財力に物を言わせる系オタクなので、チケットも大量買いするのでは?
      A.未成年なので、大きなお買い物をすると、ご両親に通知が行くので「イデくん、何買ったのっ!?」とママンに怒られてしまう。ので、大量買いはできない! という設定です。
      #twst夢  #女監督生  #オンボロ寮の伝道者
      れく
    • 悪役令嬢審神者監督生、薔薇の女王に勝つ書き上げた時、タグどうしていいのか全く分からなかったので、最低限にしか付けてません。
      悪役令嬢審神者監督生という盛り過ぎな審神者兼監督生がチュートリアル~1章クリアするだけの話。時の政府もtwstキャラも一部アホになっていますので、苦手な方は閲覧非推奨です。
      ちなみにクソギャグです。
      #夢小説 #ツイステッ刀ワンダー乱舞
      れく
    • 海神と恋人 6※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・オリジナル設定が温帯低気圧
      ・ロキ夢ちゃんがいる
      ・ロキちゃんと夢ちゃんの仲が悪い

      やっとワルキューレさん達のターンですが、注意書きにもある通り、ロキちゃんと夢ちゃん、仲悪いです。この二人の場合、どちらが悪いとかではなく、元々の性質から反りが合わないので、毎回ケンカしてしまいます。本当にどちらが悪いとかはないのです。ただお互いの主張が原因でぶつかり合うだけなんです。所謂、ケンカ友達ですね。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と迷子 番外編2支部から再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊(特に長兄様)
      ・オリジナル設定がスコールの如く

      おポセさんが夢ちゃんにプレゼントを贈るまでのお話。直前に上げたお話のお口直しです。
      長兄様のキャラ崩壊が一番ひどいかもです。弊宅の長兄様は愛弟のことになると、見境が無くなります。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 生意気な後輩ロロ監になるかもしれないロロと監の話。監は男の子でも男装でも通じるように書いてます。この後、色々やり取りを重ねていくうちにお互いに好きになっちゃうのが男の子監。ロロが個人的興味を持ったタイミングで女子バレするのが男装監。誰か書いてくれないかなぁ。
      ロロ監未満なので、専用タグ付けてません。
      二日酔いの頭で書いた話なので、ご容赦ください。イベのオチはアレでも、夢を見ていたいんだ……。
      #twst夢
      れく
    • 海神と恋人 12無事に脱稿しましたので、連載再開します。
      展開早い上に夢ちゃん、いつの間に交友範囲広げてたんだよと突っ込まれそうですが、この子交流範囲広すぎて全ては書き切れない状態です。これだから、陽キャは。
      主に仲良くなるきっかけは配達中に出会したり、おしゃべりしたりして親密度を上げていってます。
      #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #夢小説
      れく
    • 海神と恋人 16※※ご注意※※
      ・圧倒的キャラ崩壊
      注意はいつもの。この神という存在を果たして独占していいものかというお題は今度のイベントに出す本でも触れていますので、ご興味があったら比較してみるのも面白いと思いますよ(小賢しいダイマ)

      いや、結構この二人の間では案外と高い壁です。お互い、これまであんまり意識してこなかったけど、(おポセさんは釈迦に嫉妬したりしたけど)第一関門でもありますね。ま、頑張れよ。
      #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #夢小説
      れく
    • 海神と迷子? 8支部から再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・オリジナル設定盛り放題サービス
      ・オリジナル扱いの悪魔と神様
      ・オリキャラが調子に乗っている

      今後、本誌にてあの神様が登場したとしても、このお話の神様とは全くの別キャラとして扱うと思います。そのくらい今回は思い切った設定盛ってます。ま た か お 前

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と迷子? 4支部から再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・春のオリジナル設定祭り
      ・オリキャラがいる

      呪いを解く=パズル系ダンジョン攻略だと思ってるアホが書いた話です。エ○ソシ○トみたいなホラーチックな雰囲気を期待していた方には申し訳ないです。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と迷子? 6支部から再掲。
      ※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊
      ・オリジナル扱いの悪魔がいます
      ・最後にちょっとだけオリキャラ
      ・ちょっとだけえっちに見えるかもしれない描写(えっちではない)

      お前同じような展開、すげー擦るじゃん。
      好きなんだよ!こういうの!
      という訳で超特急(大幅カット)でダイジェスト的にまとめました。ダイジェストより酷い出来になりました。取り敢えず、弊宅のベルゼさんはとことん悪趣味だよということを言いたかっただけです。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と恋人 5※※ご注意※※
      ・キャラ崩壊(特にロキちゃん)
      ・オリジナル設定が暴風
      ・ロキ夢ちゃんがいる

      果たしてロキちゃんとお友達になれるのか!? みたいな回です。

      #終ワルプラス #夢小説 #ポセイドン(終ワル)
      れく
    • 海神と恋人 14役に立たないオリキャラ。でも、それでええんやで。
      考えてみれば、この二人が「会話」したの初めてですね。ちょっと感慨深いものがあります。
      #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #夢小説
      れく
    • 差出人不明の手紙今回もタグの通りです。何だかんだ愛されている監督生。
      最近、気付いたのですが、ミュージカル版のリトマイCDを聴いていたところ、🐙様がお父ちゃんから与えられたのが「魔法の貝」だったので、「お? これはずっと私の趣味だと思っていた貝の人魚要素が生きる時?」と思ったので、ここに公言しておきます。うちの貝の人魚達の元ネタはミュ版からです!!(堂々の後付け)
      今回前半で何か歌の歌詞が付いてますが、元ネタの歌から5分で考えたやつなので、ご容赦ください。

      #twst夢 #アズ監  #ロロ・フランム  #twst創作生徒  #アズ監←ロロ
      れく
    • 12/3 kmt夢オンリー「うたかたにて」既刊サンプル「夢幻の恋」12/3ピクスクイベント「うたかたにて」参加します。
      イベント会場:https://pictsquare.net/1oaw7aj6bjqwjlczng19u3md9mz7fq66
      告知として本の表紙とサンプル置いておきます。

      『夢幻の恋』魘夢×ネームあり夢主 R-18G
      A5/132P/400円+送料
      「これが夢なら良かったのに」シリーズWeb再録+ツイッター掲載短編+読み切り2本
      読み切りの内1本はキメ学軸の魘夢民尾×ネームあり夢主です。

      サークル名:氷花
      スペース:さ13

      頒布方法はpictSPACEにて行う予定です。
      当日、自スペース内にリンクを貼りますので、そちらよりお求めください。

      現在公開中のシリーズの再録がメインです。
      Web再録本編はグロテスク描写、肉体的・精神的暴力表現があるので、年齢制限かけてます。
      オリジナルキャラクターがいるので、苦手な方はご注意ください。

      表紙は同人誌表紙メーカーさんで作りました。今回、本を作ろうと思ったのもこちらのメーカーさんのお陰です。本当に感謝しかなく、足向けて眠れません。
      当日は殆どいませんが、本の購入自体はできます。Webイベントサークル参加も二回目。まだまだ至らない点もあるとは思いますが、当日はよろしくお願いします。

      サンプル部分は読み切りの一部です。シリーズ本編はシリーズ一覧から全部読めます。
      #pictSQUARE  #鬼滅の夢  #魘夢  #サンプル
      れく
    • 沸点の低い先輩続・ロロ監になるかもしれないロロと監の話。何か続きました。未だに監督生を男女どっちにするか悩んどります。
      がっつりユウ呼びしてます。
      前回→https://galleria.emotionflow.com/114610/647779.html
      #twst夢  #ロロ・フランム
      れく
    • 海神と恋人 19勝負の結果が分かる回です。漸くここで過去にベルゼさんが言ってた「神嫁」についての伏線がちょっとだけ回収できました。次回はやっと七福神出せます。多分。
      #終ワルプラス #ポセイドン(終ワル) #夢小説 #オリ主
      れく
    CONNECT この作品とコネクトしている作品