イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    1-4 邂逅「まずは情報を集めましょう」
     聖都イグレシアのほぼ中央部。空を貫くような尖塔。豪奢な装飾があちこちにあしらわれた外壁。円周状に深くはりめぐらされた堀。時折吹く風に水面がわずかに揺れた。
     大陽聖堂。この場所が聖なる都とされる理由となる建物。大陽女神ミトラを崇めるミトラ教の総本山で、各地から多くの巡礼者が訪れる。その荘厳なたたずまいは今、不似合いな喧噪に満ちていた。「心喰らい」事件のせいである。普段なら信者に開け放たれた門が今は固く、閉ざされていた。
     しかし、アルヒェの精霊言語の講義に付き添うことでリヒト、シュリは内部に潜入していた。もっともシュリはホウリに借りた司祭服を纏い、リヒトはそれに加えて胸に詰め物、頭にロングのかつらといった格好だったが。
    「情報を集めると言っても……どうすれば……」
    「精霊言語の講義、面白かったね。こっちでも研究進んでるんだね」
     精霊言語の講義を終え、3人は廊下を進みながらいつもより小声で会話を交わす。
    「そうですね……アスセナ様にお会いするのはまず無理でしょうし……食堂で聞き耳を立てるとか―」
    アルヒェがそう言った時だった。
    「あら、わたくしに何か御用ですか?」
     そう柔らかい声がして、美しい黒髪の女性が姿を現した。緋色の服を身に纏い、高貴なオーラを漂わせている。
    「ア、アスセナ様!」
    アルヒェが驚いたように声を出し、アスセナの細い指でそっと口を塞がれた。
    「聖堂内ではお静かに。まあ無理もないでしょうね。何か知りたいことでもありますの?」
    アスセナの問いに、
    「……聖堂なら『心喰らい』の被害者の浄化法をご存知ないかと思いまして。実は友人が……」
    アルヒェは包み隠さず全てを話した。
    「……そう……そんなことがありましたの……」
    全てを聞き終わったアスセナは少し考え込んでから口を開いた。
    「残念ながら浄化方法はわかりませんわ……ひとつだけ言えるのは急いだ方がいいということね。……明日の早朝大陽聖堂は銀月の騎士を送り込みます」
    「……!」
    その言葉を聞いたアルヒェからさあっと血の気が引いた。
    「……浅学ですみません。……銀月の騎士とは何ですか?」
    その様子を見て、ほんの少しだけ言葉に棘を含ませてリヒトが尋ねる。
    「彼らは……闇を刈りとるもの。闇の力ー特にアートゥルムやクークラ、月の子ども達が関わる事件を解決するための存在です」
    「……そうですか。答えて頂きありがとうございました」
    震えそうになるのを必死にこらえて、あくまで淡々とリヒトは答えた。
    「……アスセナ様。貴重なご時間を裂いて頂きありがとうございました。行きましょうふたりとも」
    「あ、アルヒェ!……失礼します。」
    踵を返して足早に立ち去るアルヒェの後を慌ててふたりが追った。

    3人が去った後、
    「仕方ないのよアルヒェ……一人の犠牲で済むなら組織はそちらを選ぶの……」
    アスセナは誰に言うでもなく、そう独り言を呟いていた。


    「……お帰りなさいアルヒェ、リヒトさんにシュリさん。今飲み物をいれますね」
     3人はホウリの教会に戻り、メーラジュースを口にした。本来は甘くて爽やかなはずの味。しかし3人とも全く味を感じなかった。ホウリは重苦しい空気を感じたのか奥の部屋に移動し、今部屋には3人だけが残されていた。
    「確かに……色々わかったね……良くないことばかりが」
    リヒトは皮肉るようにそう呟き、ただメーラジュースを飲んだ。
    「大陽聖堂をもってしても『心喰らい』は浄化出来ない……人の力じゃ無理ってことか……」
    シュリもそう言って溜め息をつく。
    「明日には異形と化した魔物はーコーアは殺されるんですね。信仰していた……教会によって」
    「……そんなの……そんなのって!」
    アルヒェはそう呟くと、椅子に立てかけてあるヒンメルファルトを掴み、教会を飛び出した。
    「アルヒェ?リヒト、アルヒェを追うよ!」
    「……ああ!」
     シュリとリヒトも後を追おうとして立ち上がるが、場所がわからないことに気付き一瞬躊躇う。すると奥からホウリが世界地図を持って姿を現した。彼女はふたりに地図を渡す。
    「……この都の西に薬草が自生している『果ての森』があります。恐らくアルヒェはそこに」
    「……ありがとうございます!」
    地図を手に、ふたりは迷わずに石畳を駆け抜ける。

     果ての森。聖都イグレシアの西の果てに鬱蒼と広がり、旅人達の行方を阻む深く暗い森。果て、という名前には恐らくふたつの意味がある。ひとつは聖都イグレシアの西の果て、そしてもうひとつは―
     命の終わる場所。つまりは生命の果てる森。陽光に照らされた場所には薬草を採りに人が訪れるが、その場所は森の入り口の極めて近く。それよりも奥に入るとまずは大陽聖堂の管理する墓地、その更に奥には獣道が続き、道の両脇にはぽつりと木の十字架が立っていた。そのため別名で十字架の森とも呼ぶらしい。そんな森の奥深く。呪いなのかそれとも地質がそうさせるのかはわからないが植物のまったく生えない開けた場所。遠い昔に立ち枯れてほぼ石と化した古木の前に、「それ」は居た。
    「助けに来ましたよ……コーア」
    「それ」は石のようにも見えたが、アルヒェの声に反応すると素早く樹木と化した腕を伸ばす。
    「……輝翔閃!」
     アルヒェは手にしたヒンメルファルトでその腕をなぎ払った。切り離された腕からはどす黒い液体が零れ落ちたが、ほんの少し時間が経つと灰になって風に消えた。
    「……コーア、あたしがわかりますか?」
    ヒンメルファルトを構えたまま「それ」に向かってアルヒェは問う。
    「ぐ……嗚呼嗚呼アア嗚呼……アルひぇ……オ前は……―ダナ」
    「それ」は質問には答えず、代わりにこう言った。
    だから、彼女は最後の言葉に戸惑った。
    「え……?」
    そしてそのチャンスを逃すまいと突き出された槍の様な木の枝が少女の肩に突き刺さる。
    「あ……」
     傷口から溢れ出す血が服を、地面を染めていく。そしてもう一方の腕が少女の体を絡めとった。
    「あハははハはははは!愉快……オイシイ……―のマナ……絶品……」
    「あ……うっ……は……」
     絡めとられた体に蔓が深く食い込んでいく。呼吸もままならないくらいに。
     彼女の意識が遠ざかっていく。
    (……ああコーア……もう貴方は……!)

    その時だった。
    「……見てられないかな。……緋月閃!」
     そう声がして蔓が断ち切られた。同時に化け物は呻き、肩に刺さっていた槍も外れた。宙に投げ出された少女の体は地面にぶつからず、代わりにひとりの青年に抱きとめられた。
    「……大丈夫?まだ生きてる?」
    「……ええと……貴方は……」
     青年は答えず代わりに彼女に問うた。微笑みながらも目つきは鋭いままで。
    「君はシスターさん?じゃあ月の子どもって存在自体が罪だとか思っちゃうのかな?」
    「……そんなこと……そんなことあたしは思いません!だってリヒトさんは私に協力してくれたもの!」
    アルヒェは力強くそう答えた。リヒトは言わなかったが彼女は気付いていた。アスセナの言葉に彼が怯えていたことに。
    「……リヒト……?へえ、君兄さんの仲間なんだ。……じゃあこれもおまけ」
    青年は緋色の目を細めると優しくアルヒェの手の甲に口づけをした。途端に柔らかいマナが彼女の中に流れ込んできた。
    「さすがにシスターさんの唇はまずそうだからね。君ーなんでしょ?だったらマナがいるかなってね」
    青年はそう言って微笑む。アルヒェの肩の傷口は少しずつ塞がり始めた。
    「再生能力のマナを君に分けたんだ。僕らの仲間になったりはしないから安心しなよ」
    「ありがとうございます。あたしはアルヒェです。貴方は?もちろん、名乗りたくないなら構いません」
    「アルヒェか。月の子どもを……僕らの存在を否定しないシスターなんて変わり者だね。でも僕は好きだな。気分がいいし教えてあげる。僕はフィンス」
    フィンスは皮肉りながら、でも嬉しそうにそう言った。
    「ぐぐ……ギャア……喰ウ……食ベル……―、月ノコドモ……上手いニ違イナ胃……」
    倒れていた化け物がゆっくりと体を起こす。
    「おしゃべりはここまでか。君とは一度ゆっくり話してみたいけど……ねえ、アルヒェもうわかってるでしょ?」
    フィンスは黒薔薇のレイピアを構える。
    「……わかっています……コーアは……もう助からないのでしょう?」
    アルヒェは小さく頷くと震える手でヒンメルファルトを構えた。
    「……うん……どうする?君が無理なら僕が背負ってあげるよ。苦しいのは……慣れっこ」
     フィンスは小さく頷くと、哀しそうに睫毛を伏せた。彼はアルヒェに問う。その重みと苦しみを背負う覚悟があるのかどうかを。 「……フィンスさんは優しいんですね。でもこれは……私が背負うべきものです」
    アルヒェはほんの少しだけ考えて、そう寂しげに微笑む。ただ、言葉にははっきりと意志を宿して。
    「コーア。友人として貴方を輪廻の輪に乗せます……貴方を……心喰らいの呪縛から解放します!」
    アルヒェはそう言うとヒンメルファルトを構え直した。
    暮れかけた空の残光が世界を、森を、彼女を、ヒンメルファルトを緋く染める。
    「じゃあ僕はサポートをしてあげる。心喰らいを倒す方法はただひとつ。核を―人で言うなら心臓を貫くことだ!」
    「わかりました!」
    地を蹴って駆け出すアルヒェにはもう迷いはなかった。

     緋い赤い紅いあかい世界。化け物も少女も青年もむせ返る様な緋色の世界の中にいた。そんな世界の中でその体と剣を緋色に染めて少女は剣を振るう。青年は漆黒の翼を操る術を唱えて化け物をその世界に封じ込める。落ちる雫は雨のようで、舞い散る羽根は祝福のようで。銀色の髪を振り乱して舞う少女は天使のようで。
     やがてヒンメルファルトは核を貫き、化け物は灰となって風に流れされていく。そして陽の落ちた世界は宵闇の藍に染まった。
    静寂に包まれた世界にアルヒェの歌う鎮魂歌が響き渡る。
    どこまでもその旋律は透きとおり―


    「アルヒェ!」
    森の中で思いっきり迷ってしまった結果、リヒトとシュリがその場所にたどり着いたのは全てが終わった後だった。
    「リヒトさん!シュリさん!」
    ふたりに気付いたアルヒェは歌を止めた。
    「もー心配したんだよ?」
    頬を膨らませるシュリに、
    「ごめんなさい。でもこの方が助けてくれたんです」
    アルヒェはそう言って青年を紹介する。
    「……やっと見つけたよ、兄さん。リヒト兄さん」
    青年はシュリには目もくれずにリヒトの方に真っ直ぐ歩いていき、その両手をとった。
    「……え?」
    リヒトは戸惑うが、青年はおかまい無しに続ける。
    「僕はフィンス。今日はいい日になるね。やっと兄さんと会えたんだもの……でも今日はこれだけ。またね、兄さん!」
    そしてそのまま宵闇に姿を消した。
    ズキン。
    リヒトの頭が酷く痛んだ。まるで彼が何かを思い出すことを拒むように。
    晶月翠羽@絵仕事募集 Link Message Mute
    Aug 18, 2018 3:34:11 PM

    1-4 邂逅

    #オリジナル #一次創作 #創作 #ファンタジー #小説  #異世界FT

    あらすじ
    友人を救うために果ての森へ向かったアルヒェは黒い髪に赤い瞳を持つ青年と出会う
    そして彼女はある過酷な決断を迫られることになる。

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品