イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    #3 Coral Dream リツとユキの関係について、ヨシノはつくづく不思議な二人だと思っていた。
     二人は幼なじみなのだと聞いている。保育園の年少組から中学一年生まで、ずっと同じクラスだったそうだ。
     もっとも、リツたちの地元はかなり田舎で、小学校には各学年一クラスしかなかったそうだから、そんなにすごいことでもないらしい。他にも同じような友人は何人かいるとのことだった。
     高校では同じ学校に通ってはいたのだが、クラスは離れ、疎遠になっていたらしい。
     だからあの日、偶然再会するまでは連絡も全く取っていなかった。
     それどころか、同じ土地の大学に通っていたことすら知らなかったそうなのだが──。
    「もんのすっごい、ナチュラルなんですけど……」
     スタジオで、パイプ椅子に後ろ向きに跨って、誰に言うでもなくヨシノは呟いた。
     視線の先には、新しい曲について話し合うリツとユキの姿。二人はヨシノの呟きにも気づかず、熱心に話を続けている。
    「ここ、少し歌いにくいんだけど、キー変えていい?」
    「え? 変えるの? リツなら歌えると思ってそうしたのに」
    「あのねぇ、ワタクシの楽器はナマモノよ? ユキのギターと一緒にしないでくれる?」
    「あれ? そうだったっけ? てっきり、この辺にゼンマイが付いてるかと……」
    「付いてるかいっ! って、もし付いてたら、オルゴールみたいに音外すことなくて便利かも」
    「オルゴールってキャラじゃないでしょ」
    「うるせぇっ!」
     どう見ても夫婦漫才だな、などと思いつつ、ヨシノは二人のやりとりを黙って見守った。
     そう。長い間離れていたわりに、再会した直後からこの二人はこんな風だったのだ。
     再会した瞬間には、ほんの少し張り詰めたような空気を漂わせていたのに、二人きりで何か話して戻ってきた時にはこうだった。
     まるで、離れていた間の時なんてなかったかのように。
    (さて、いつものパターンなら、そろそろ漫才終了なんだよね)
     毎度見慣れた光景は、いつも決まって同じような展開で幕を閉じる。
     今日もその予想に違わぬ結末へと、確実に向かっているようだった。
    「音階なぞる、綺麗なだけの歌なんかいらないよ。それじゃリツに歌ってもらってる意味がないでしょ?」
     ふわりと、ユキがリツに向かって極上の笑みを浮かべる。
     リツはそれに照れたように頬を掻いて、けれど嬉しそうに微笑う。
    「ユッキーって、もっとクールビューティーだと思ってたのに、実は天然タラシだなー」
    「あれは、アイツにだけだろ」
     いつの間に戻ってきたのか、シュウがヨシノの隣で呟いた。持っていた袋の中からコーヒーを一本取り出し、ヨシノに差し出す。
     今日はシュウがジャンケンに負けたので、コンビニまで使い走りにされていたのだ。
    「さんきゅ。そだねぇ、リッちゃんにはベタ甘だもんねぇ。でも、付き合ってないんだよ、あの二人」
    「らしいな」
     ヨシノの言葉をあっさりと肯定するシュウに、思わずその長身を振り仰いだ。シュウもその事実を知っているとは思わなかったのだ。
    「ユッキーに訊いたの?」
    「いや、リツオ。たまたま二人で話してたときにな。ヨシノはアイツにストレートに訊いたんだって?」
    「だって、付き合ってるようにしか見えなかったんだもん。だから、『いつから付き合ってんの?』って……」
     ヨシノの問いに、リツは付き合ってなんかないと苦笑したのを思えている。そして、その後に付け加えた。
     「今は歌うことが一番好きだから」と。
     その答えに、ヨシノは唖然とさせられた。
     間違いなく、リツはユキを好きなはずだ。それは誰の目からも明らかなほど。
     けれど、それよりも歌うことの方が大切だと言い切ったのだ。
    「ユキも似たようなことを言ってたよ。似た者同士なんだよな、あの二人」
    「そっか。だったら、ほっといてもそのうちくっつくか」
    「違いない。さて、おーい、律野夫妻ー!」
     シュウがからかうように笑って、話を終えたらしい二人に呼び掛けた。
    「誰が夫妻だ、誰が!」
     怒ったように見せて、実は照れているだけのリツがひどく可愛らしい。
     そう思ったのはヨシノだけでなく、シュウも、そしてもちろんユキも、優しい眼差しで見つめていた。
    「怒るなって。ほら、ミルクティー」
    「あ、シュウ、ありがとなー」
     缶ジュース一つで簡単に懐柔されているリツに、シュウは単純だなと苦笑しつつ、ユキにも残りの一つを差し出した。
    「どういたしまして。ユキはブラックで良かったよな?」
    「サンキュー。ちょっと休んだら、さっきの続きしようか」
    「リッちゃんもユッキーもそんなに休んでないじゃん。あと十分は休憩しようね」
     ユキもリツも妥協できない性格だから、練習が始まると根を詰め過ぎる傾向がある。こうやって、時々ブレーキをかけてやることが自分の役目だと、ヨシノは密かに思っていた。
     リツがヨシノに微笑みだけで返す。ユキも、自分たちへの気遣いに気づき、苦笑混じりにOKと呟く。
     ヨシノの想いは、確実に二人に届いて、返ってくる。
     リツとユキの笑顔に、ヨシノはしみじみと喜びを噛み締めた。
     それは、このバンドが今のメンバーになってから、何度目かもわからないくらいに感じる想い。
     リツもユキもシュウも、ずっと一緒にやっていきたいと、心の底から思える仲間だった。
     特にリツは。
     リツには、本当に救われている。
     自分自身がもっとも苦しんで、何もかも捨て去ろうとしたとき、それをとどめてくれたのがリツだった。
     リツがいなければ、今の自分はいなかったのだ。
     ヨシノはそっと、左手のブレスレットに右手を添える。
     リツが誕生日にくれた、レザーとシルバーで出来たそれに、感謝の想いと、これからの未来への願いを込めて──。
    清久 志信 Link Message Mute
    Feb 1, 2019 2:36:02 PM

    #3 Coral Dream

    ユキとリツ。常に寄り添う二人の絆は、周りが認めるほど確かなものだった。
    ゆきと貴久。不倫と取られかねない二人の関係は、とても曖昧で奇妙だった。
    過去と現在の二組の男女と、それを取り巻く人々の歌で繋がる絆の物語。

    #オリジナル #創作 #小説 #両片想い #現代 #バンド #幼なじみ ##恋愛

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品