イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    ぽっかり青空 柔らか子犬 君のいるわたし アジアン手帳 前略、おばあちゃん元気ですか? 可奈は寮に入って二か月がたちますが、まだなんだかさみしいです。お父さんとお母さんはどんな感じでしょうか。もしケンカとかしてたら、こっそり教えてください。あとで叱っておくから。
     そうそう、おばあちゃんが心配してた友達のことだけど、残念ながらそれっぽい人はまだできてません(内緒にしててください。笑われたり心配されたらいやだもん)。
     でもちょっと最近楽しくなってきたし、すてきなことがあったので、ちょっと聞いてくれたらうれしいです。すごく長くなりそうで心配だけど、できるだけわかりやすく書くつもりなので、読んでください。
     今、左ななめ前の席に座っている角倉まなみさんは、あんまり人と喋らないけどお人形さんみたいな人です。ウチの学校の制服を一番かわいく着こなしているのはたぶん彼女だと、私はこっそり思っています。履いてる靴下も、他の子とちょっと違ってかわいいんです。みんなは同じような無地のハイソックスか、よくわからないウサギのワンポイントの靴下なんだけど、角倉さんは紺のハイソックスに赤いチョウチョのポイントがひとつついてるのを履いてます。それから使ってる筆箱や手帳がいちいちかわいいんです。アジアンテイストって感じのを使ってます。色が落ち着いていて刺繍がきれいなアレです。
     ちょこちょこっとしたことだけど、こんなふうに私は初めて見たときから角倉さんのことが気になってました。
     体育祭の時、クラス全員出場リレーで私がバトンを渡したのも、角倉さんでした。彼女はびりッケツだった私からバトンを受け取ると、涼しい顔で4人ほどごぼうぬきに抜いていきました。その後の走者がまたごぼうぬかれて結局リレーでは三位止まりでしたが。
     それからなんとなく、角倉さんは私の心の中のヒーローになりました。話しかけることはしなかったけれど、心強い味方のような気持ちになっていました。
     話しかけられなかったのは……彼女はずっと静かに本を読んで休み時間を終えるような人だったし、周りよりちょっと大人っぽかったし、それに…………
    ねえおばあちゃん、これは絶対秘密にしてくださいね。これから話すことはもう私の中では時効だと思ってるけど、きっとお母さんたちに知られたら怒られちゃうと思うから、絶対絶対誰にも言わないでね。
    私ね、自分から人に話しかけることができなくなっちゃったみたいなんです。
     中学校の頃の私は、たぶん、良い子でした。勉強も、多少できたし。クラス委員もやったことあるし。友達、みたいな人も、たくさんいたし。
     三年生の終わりごろ、道徳の授業で友達について聞かれたことがありました。どういうのを友達と言うと思う? って。私は、「喜びも悲しみもわかちあえる人たち」と答えました。でも本当はよくわかっていませんでした。今でもよくわかりませんが。
     その日の放課後、私は担任の先生に呼び出されました。みんなの前だったからああ言ったけど、本当はどう? と遠まわしな聞き方で聞かれました。もしかしたら先生なりに心配してくれたのかもしれませんね。先生の本意はわかりませんが、とにかく私は悩みました。そしてその時友達だったコたちの顔を一人一人思い浮かべました。
     その頃の私は今よりもっと言葉の使い方や言葉の種類を知らなくって、伝えたいことが誤解されて伝わってしまうことがたまにありました。
    「ストレスとか、……なくしてくれる?」
     私が先生に告げたのはそんな感じの言葉でした。本当は、一緒にいるだけで楽しくって嫌なことも忘れさせてくれる、とかそういうことを言いたかったはずなのです。
     運悪く、その間違った言葉は間違った解釈で広がってしまいました。先生がしゃべったのか、盗み聞きしてた子がいたのか、それはわかりませんが、私は「友だちをストレス発散の道具にしている最低なコ」という評価をつけられることになりました。
     その次の日から友だちだった子たちにムシされたり、ドッジボールの時わからないように狙われたり色々ありました。悲しかったし悔しかったけど図書室に逃げたりしてガマンしました。寮のある遠いこの高校を選んだのも、その子たちから少しでも離れたかったからでした。
     そういうわけで、私は友だちを作るのが怖いし、何より友だちって何かよくわからないので、学校でも寮でも必要以上に話していません。おかしな誤解を受けるのはもう嫌だもの。
     体育祭が終わってから、私は誰とも一言も話さずに一日を終えるということが多くなっていました。
     おばあちゃん、こんなこと話してごめんね。でもまだ続きがあるから、怒らないでね。
     一週間くらい前だったかな、何しろ本当に夢みたいなことで今でも信じられないんだけれど、その日がウソみたいに雲のない真っ青な晴れの日だったことはよく覚えてる。
     理科の移動教室の後で、クラスメイトがぞくぞくとみんなで連れ立って(どうしてみんな廊下に広がって歩いてるんだろう? 迷惑になっちゃいそうだけど……)教室に帰るのを見届けてから、私は席を立ちました。わざとゆっくり教科書やノートを片付けて、一人でそーっとみんなの後ろから帰るのが、私の習慣になっていました。
     その時、生物の先生が私を呼び止めました。その手帳君のじゃないの? って。
     見ると、確かに私の座っていた席の近くの床に手帳が落ちていました。麻の生地に見慣れないどこかの国の刺繍がしてある表紙の手帳でした。
     角倉さんのだ。ひと目でわかりました。
     私はちょっと、いえ、だいぶ気が進まなかったのですが、それを拾って、私のじゃありません、でも届けておきます、と先生に返事をしました。
     教室に帰る間中ずっとドキドキしていました。どんな顔してなんて渡せばいいんだろう? 盗んだとか疑われたらどうしよう。怖くて仕方なかった。でもずっと持っているのはもっと嫌だったので、勇気を出して教室に戻りました。
     角倉さんの席はからっぽでした。
     次の授業が始まると、クラス委員の子が角倉さんは保健室に行きました、と授業の担当の先生に告げました。私は少しだけほっとして、授業を受けました。
     でも、その授業が終わっても、お昼になっても、角倉さんは帰ってきませんでした。
     私は保健室に行ってみました。すると保健の先生が、今出て行ったばかりだと教えてくれました。入れ違いになったのかな、と教室に戻ってもやっぱりいませんでした。私はあきらめて、次の授業で戻ってきたら渡そう、もう帰ってしまったのなら明日にしよう、と考えて、お昼にすることにしました。
     パンを買って、一人で色んな場所に行って食べて、休み時間中ぼーっとしてから教室に戻る、というのが私の昼休みの過ごし方でした。私はクリームパンとコーヒー牛乳を買って、あてもなくふらふらしました。そういえば美術室や音楽室がある棟はあんまり行ってないな、と思い、そちらに向かいました。
     屋上に向かう階段がありましたが、閉鎖されているのか、踊り場にいらない机や椅子が積み上げられていました。人が歩けるくらいのスペースはあったので、今日はここにしよう、と思い立って上へと進みました。
     屋上へ繋がっている扉は、意外なことにすんなり開きました。あれだけバリケードみたくしてあったから、閉まってるのかなと思ったのだけれど。なんだか中途半端だな、と思いました。
     本当によく晴れた青空が広がっていました。あんまりよく晴れていたので、他に人がいたということも、一瞬気付きませんでした。
     角倉さんが、何かの芸術みたいに、その青空の中にぽっかりと存在していました。
     しかもそれが屋上にはりめぐらされたフェンスの向こう側だったのですが、なんだかそれが普通の、ごく当たり前のような姿だったので、私は何も不思議に思わなかったのです。
     角倉さんは扉が開いた音でこちらに気付いたようでした。
    「えっと……誰も来ないと思ったんだけど」
     そのさらさらした声で、ようやく私はことの重大さに気付きました。自殺、という言葉が頭の中を飛び交いました。
    「どう、したの」
     喉がカラカラになりながらも、必死で言葉をしぼり出しました。角倉さんはまだ涼しい顔で私と空を交互に見ていました。
    「気がついたら、ここにいたの」
     私はイカかタコみたいに力をなくしてへたりこみました。夢の中にいるような感覚で、角倉さんの声を聞いていました。その内容はほとんど覚えていません。ただ、青空と角倉さんと角倉さんの履いたハイソックスの赤い蝶が、くっきりと目に焼きついています。
     しばらく何か言った後、角倉さんがフェンスの向こうで私と同じように座り込みました。そしてため息と一緒に、一言、こう言いました。
    「わたし、生きるに向いていないんじゃないかって」
     その一言はぐさりと私の胸に突き刺さったので、よく覚えています。私も、そう思ったことがあったから。
     角倉さんは続けました。
    「それからね、すごく可愛がってた犬がね、死んじゃったの。事故でね、わたしが学校にいる間に。結構前なんだけれど。わたし、悲しくて。悲しくて……こんな思いは二度としたくないなあって思ったのね。そうしたらお母さんやお父さんやおばあちゃんおじいちゃんお兄ちゃん妹がいなくなるのが、すごく怖くなって、大事なものがなくなってしまうのが怖くて、こんなふうに怖い気持ちでいるんならわたしが先にとか」
    「そんな風に思うのって弱いからかなあって、強くなろうと思ったんだけど、なんだか上手くいかないの。他の人からは冷たい感じだねって言われちゃうし。空回りしてて、すごく、嫌。ずっとぐるぐる考えてて、そしたら、なんだか自分が価値がないものみたく思えてきてね」
    「勉強もね、嫌いじゃないの。学校も嫌いじゃないの。でも同じところをぐるぐるしてる気になるの。なんのために、わたしの怖い気持ちは消えないのに、この間に誰かに何かあったらどうしよう、とかって考え出したらまたぐるぐるしちゃうの」
     なんだか聞いているうちに、違う世界のスウコウな悩みだなあ、とぼんやり思いました。そういえば角倉さんがこんなにいっぱい喋っているのを初めて聞いたなあ、とも。
    「でもやっぱり実際ここに立ってみたら、ちょっと怖いね」
     角倉さんはそう言って、くすっと笑いました。初めて見た笑顔でした。とってもかわいくて、なんだか本当におかしな感じでした。
    「こんなはずじゃなかったんだけど」
     角倉さんは空を眺めて、そこで喋るのをやめました。そのまま空に飛んでいってしまいそうでした。私は、どうしよう、なんとか引き止めなくちゃ、と焦って、混乱しながら言葉をひねり出しました。
    「でも、その、私、角倉さんがいなくなったら、学校来なくなると思う、よ」
     私は気付いたらそう口に出していました。それは確かに本当の気持ちではあったのですが、今思うととてもすごいことを言ってしまったと思います。嫌がられなかったか不安になります。でも、その時の角倉さんは、それを聞いて、ちょっとびっくりしたみたいで、それから嬉しそうに笑いました。
    「ウソぉ。……ほんとに?」
     角倉さんはフェンスをぎゅっとつかみました。私は四つんばいではいつくばって、そこに近付きました。心臓がばくばくしてました。本当に必死でした。
    「うん。あの、だから、いろいろぐるぐるしていいから、私が学校に来られるように、生きてて欲し、い、かな」
     角倉さんは目を丸くして、それから声を立てて笑いました。脅しみたい、と言われました。顔がかあっと熱くなりましたが、私も角倉さんもなんだかおかしな状況に置かれて、本音しか言えなくなってしまっていたようです。
    「それ、なんかすごいね。わたし、一人の人の人生握ってるんだ」
     私は首が千切れるくらい振りました。振りすぎて、頭がくらくらしました。
    「どうして、わたしなの?」
     角倉さんがじっと私を見つめました。私はツバをごくっと飲み込んで、ただもう必死に答えました。
    「なんとなく、ホント、なんとなく、なんだけど、角倉さんが好きだから」
     自分でもひどい答えだったなあ、と思います。けれど、それでも角倉さんは納得してくれたみたいでした。
    「なんとなく、かぁ。それって、結構すごいことだよね。なんとなくだけど、なんとなく生きてるだけで、誰かの役に立ってるって」
     その言葉は私の心にもすーっと染み込んできました。なんとなく彼女が好きで、なんとなく彼女に生きていて欲しい。もしかしたら、それは私がずっと探していた答えになるのかもしれない。そう思いました。
     角倉さんはばつの悪そうな顔で舌をぺろりと出しました。わたし、ものすごく自分勝手なことするところだったよ。そう呟いて。
    「うん、それじゃあ、もうちょっと生きるよ。わたしと同じ思い、させたくないもんね。……お母さんにもお父さんにも。おじいちゃんやおばあちゃんやお兄ちゃんや妹にも。それから、学校のみんなにも。聞いてくれて、止めてくれてありがとう」
     ひと息にそう言うと、角倉さんはきょろきょろと周りを見て、今度は困ったような顔で笑いました。
    「腰が抜けて、動けないや」
     私も思わず笑ってしまいましたが、笑い事じゃなかったな、と今は思います。
     しばらく私たちはフェンスを挟んで、どうしよう、どうしようと言い合っていました。
     少し経って、担任の先生が、真っ青になってこっちに来ました。そうして手際よく何かの工具でフェンスの一部を切り取り、角倉さんの大きさの穴を作って、角倉さんをこちら側に引っ張り込みました。
     私たちはその場でものすごく怒られました。怒られましたが、そのことは大事にならず、誰にも知られていないようです。先生が黙っていてくれたのは自分のためか、私たちが困るだろうと思ってくれたからなのか、それはわかりませんが、私も角倉さんも黙っていてくれてありがたいと思ったので、先生ってのも悪いもんじゃないんだなあと思いました。
     あの後屋上にもう一度行こうとしたら、今度はきちんとカギがかかっていました。戸にはまったガラスから外を見たら、角倉さんの体の大きさの分だけぽっかり空いたフェンスの穴に、無理矢理ベニヤ板が張られていました。それを見ては、あああれは夢じゃなかったんだな、と確認しています。
     それから、移動教室がある時やお昼の時は、角倉さんと一緒にいるようになりました。私が誘うわけでもなく、彼女が誘うわけでもなく、そっと自然に一緒にいます。友達ってそういうものだったかもしれません。そうでなかったかもしれません。でも、あの日の私の混乱しきった言葉を大事に守るために、角倉さんは今日も学校に来てくれました。私も角倉さんのぐるぐるを止めて、角倉さんを守るために学校に行っているような感じです。
     なんだか最近は、それがとても心地良いです。
     いろいろ心配かけるようなことを書いてしまってごめんなさい。私は元気です。角倉さんも元気です。最近新しい子犬が来たそうです。前の犬の親戚の子だそうで、その子が大きく幸せに育つように見守りたいって言ってます。もちろん、事故には遭わないよう、しっかり守っているそうです。
     そんなこんなでなんだか毎日がいとしい感じです。上手く書けたかちょっと心配です。この手紙のことは、内緒ね。私と、角倉さんと、おばあちゃんの秘密。
     読んでくれてありがとう。前略ってどう閉じればよかったんだっけ? ちょっと手元に辞書がないから、ここで終わります。また手紙書きます。今度はもっと短く、楽しい内容にします。おばあちゃんも、元気でね。
    MeMekurage Link Message Mute
    Jul 28, 2018 2:36:39 PM

    ぽっかり青空 柔らか子犬 君のいるわたし アジアン手帳

    人気作品アーカイブ入り (Jul 30, 2018)

    #オリジナル小説  #学園もの #百合?
    身バレ怖いのでタイトル変更しています。ちょっとした賞をいただいた作品です。
    10年前くらいでしょうか。
    何も考えず書いたはずなのに起承転結がきちんと出来てて驚いた記憶があります。
    気に入ってくださった皆様、ありがとうございました。

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    Jul 29, 2018 9:16:00 AM
    わあ、ハートたくさんありがとうございます!!!
    Jul 30, 2018 2:28:41 PM
    人気作品アーカイブ入りとはなんぞ。ありがとうございます。こんなに楽しんでいただけるとは思わなかった。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 2ポルトガル領マデイラ諸島の少女 ##民族衣装関連 #練習絵 #模写

      引用
      「1910年、北大西洋上マカロネシアに位置するポルトガル領マデイラ諸島、伝統的な衣装を身につけた少女。イギリスの女性アマチュア写真家Sarah Angelina Aclandによって撮影されたカラー写真。 https://t.co/k6xHBFaoaG
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1148216268262035457

      ザ・民族衣装!みたいな。
      お子さんの顔のバランスとか体のバランスがよくわからない…悲しい…
      足を交差してるのがかわいいなーと思う。

      お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらに載せてる小説をちょいちょいエブリスタに持っていってます。ハートつけてくださった方申し訳ない。
      小金欲しさに(正直)
      ##民族衣装関連 #練習絵 #模写

      引用
      「1910年、北大西洋上マカロネシアに位置するポルトガル領マデイラ諸島、伝統的な衣装を身につけた少女。イギリスの女性アマチュア写真家Sarah Angelina Aclandによって撮影されたカラー写真。 https://t.co/k6xHBFaoaG
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1148216268262035457

      ザ・民族衣装!みたいな。
      お子さんの顔のバランスとか体のバランスがよくわからない…悲しい…
      足を交差してるのがかわいいなーと思う。

      お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらに載せてる小説をちょいちょいエブリスタに持っていってます。ハートつけてくださった方申し訳ない。
      小金欲しさに(正直)
      MeMekurage
    • 最愛の子今年で7歳マルシーズー。白内障で目が見えてません。今は実家に置いてきてしまったので、早めに帰ってあげたいです。MeMekurage
    • 南インドの王子様? ##民族衣装関連 ##いぬ #練習絵 #模写

      引用

      「1895年、南インド、マイソール藩王国クリシュナ・ラージャ4世(1884-1940)、11歳を迎える前の写真。 https://t.co/CW7xOB5Hwu
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1089690597672157185

      犬がかわいく描けず痛恨の極み
      MeMekurage
    • アザラシとキッス #オリジナル小説 #百合?

      私情が多分に入っております。
      エキゾチックアニマルがSNSでバズるのが、最近、こわい。

      カワウソ、日本向けの密輸急増 ペットブーム、絶滅危惧 - 共同通信
      https://this.kiji.is/403331418425951329?c=39546741839462401
      とのことです。
      MeMekurage
    • みんなの恋人バッキーバーーーーンズ!!!! #模写 #練習絵 ##映画とか
      似ねえーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
      泣けるーー!!!!!!!!
      MeMekurage
    • 2ペーニャペーニャ #練習 #模写 ##映画とか
      もう似なさすぎて泣けてくるんですけどマイケルペーニャです。
      アントマン&ワスプ見てくれよな!今週の金曜日アントマン地上波放送すっから!!!!


      あと余裕ある人こっちもお願いします!
      【寄付が2倍】平成30年9月北海道地震緊急災害支援募金(Yahoo!基金) - Yahoo!ネット募金
      https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630037/
      #練習 #模写 ##映画とか
      もう似なさすぎて泣けてくるんですけどマイケルペーニャです。
      アントマン&ワスプ見てくれよな!今週の金曜日アントマン地上波放送すっから!!!!


      あと余裕ある人こっちもお願いします!
      【寄付が2倍】平成30年9月北海道地震緊急災害支援募金(Yahoo!基金) - Yahoo!ネット募金
      https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630037/
      MeMekurage
    • 淫蕩魔法ライフスタイル #オリジナル小説 #ファンタジー #下ネタ #BL? #百合?
      本当は絵を書く日なのですがご勘弁ください。
      主人公は「僕」ですし師匠も男言葉ですが、男女、男男、女女、好きなように受け取ってくださいませ。
      弟子×師匠のつもりで書きましたが逆でもいいと思います。
      バッファローだの草原だのここはどこなんだ?
      MeMekurage
    • 残すもの、消えゆくもの #オリジナル小説 #練習 #百合?
      https://galleria.emotionflow.com/67654/476749.html
      ちょっと変則的ですが。↑のアラフォー二人の女性バージョン書いてみました。
      あっちは災害と文化財とがテーマですが、こっちは「何を残す?」がテーマです。
      ロマンス度が少し上がっています。
      無形の文化財というのはこの前世界遺産になった仮面を被った来訪神とか神楽とかですね。
      MeMekurage
    • マタ・ハリ #デッサン #模写 #練習絵 ##民族衣装関連

      1906年、ダンスの衣装を纏ったマタハリ(1876-1917)。1893年のシカゴ万国博覧会、中東諸国やマグレブ出身のダンサーによるダンスが披露され、大きな反響を呼んだ。その後、模倣されたダンスがバーレスクなどで公演された。 https://t.co/JR9PfxpYLo
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1089358415279710208



      彼女の特徴である挑戦的な眼差しが表現出来ず悔しい。
      昨日は体調悪くお休みしてました。ごめんなさい。
      MeMekurage
    • バジュランギおじさんと小さな迷子 ##映画とか #模写 #練習絵

      もう私の絵では良さが伝わらないとおもうので公式ホームページ行って愛らしい二人の笑顔を見てくださいとしか…

      バジュランギおじさんと、小さな迷子
      http://bajrangi.jp/

      どうしてもどうしてもおじさんが女の子をおんぶしてる構図にしたかったのでこう描いたんですが、このおじさんが少し険しい顔をしている理由も、女の子がこんなに安心した顔をしている理由も、150分ちょいで笑って泣いて踊って時間も感じさせずに見れますから。膀胱に不安がある方は水分控えめで行ってください。
      お金があったら「1800円あげるから見に行って頼むから」って言えるけど言えない貧困。
      右端に見切れてるのはウォーターマーク代わりの「バジュランギ=ハヌマーン神」です。
      揺れるパキスタンとインドの町並みも最高ですから…マジで…


      https://youtu.be/x4UjdNUjwoQ
      見終えた人は後日談のダンス動画もみーてねー!
      MeMekurage
    • どこかの空の下 #イスラム圏?
      どこかの写真の模写が残ってたのでペン入れしてみました。色付けまでいけるかな?
      ほっぺに不思議なお化粧してました。

      ビュー数怖くなったからタグ消しちゃいました。練習中絵でごめんなさいね。
      MeMekurage
    • 1900年代の朝鮮の僧侶だそうです #練習 #模写 ##民族衣装関連 ##仏像神像宗教画など
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1061243161861746688
      あっちも寒いので着込まないといけなかったのかもしれない。
      僧帽がなんとなく国や宗派で違うんだろうなと。
      MeMekurage
    • 2チベタンマジカルステップ1日1創作リハビリ。
      https://twitter.com/shedancestibet/status/1055415902014005248
      こちらが元写真。
      下書きしてそのままになっていたものをペン入れしました。色塗り…できたらいいなぁ。
      足のひと踏みひと踏みに意味があるのだそうです。僧衣だから練習風景ですかね。本番は仮面をかぶります。見てみたい方は「チャム」で検索すると動画か写真が出てくると思います。
      僧衣のひらひらした動きと布のひだがきれい。
      #練習 #模写 ##民族衣装関連 ##仏像神像宗教画など
      問題あったら削除いたします。
      MeMekurage
    • 生きる居場所は違えども #オリジナル小説 #練習
      「城」「手を伸ばす」ときて、はは~んロマンスだな?と思ったのでロマンス書きました。セリフじゃなくなりましたごめんなさい。
      アラフォー男性二人のロマンスです。なんでだ。
      ちょっとだけ話は重たいです。
      文化財のこと、今年の雪害のこと、また今年起きた色んな災害のことを思い出したり、地元に帰るたび田んぼが少なくなるのを思い出しつつ書いたので。
      守る人、作る人がもっと大事にされてほしいなと…
      https://galleria.emotionflow.com/67654/477757.html
      女性バージョン書いてみました。よろしければ。
      MeMekurage
    • 舞姫 #歴史風
      元ネタさっぱり知らない(ごめんなさいごめんなさい)けど、中野京子先生の「怖い絵」シリーズに載っていたサロメに触発されて書いたとみられる。
      原典ちゃんと読みますね。
      即興小説トレーニングに残ってました。30分くらい?で書いたはず。
      MeMekurage
    • 手のデッサン #デッサン
      もう本当にデッサンしかアップするものがない。
      もっといろいろ絵も小説も書きたいのにな。
      MeMekurage
    • 言葉より伝えたい #オリジナル小説 #BL
      本日のお題は表紙。
      1日1リハビリ。
      横で読むことを想定して数字はアラビア数字にしているので縦読みの方は読みづらいかもです。ご了承ください。
      MeMekurage
    • あなたの一生奪います #百合? #BL? #オリジナル小説 #練習
      卒業式シーズンは冬ですと言い張る北方面の人間。
      BLサイコロにお世話になりましたよ。
      二人の登場人物の一人称は「私」だけどあえて女性言葉は使わなかったので百合にもBLにも取れます。BL強めに感じるかもです。
      好きなように使ってください。
      MeMekurage
    • 1920年代、日本の働く女性 ##民族衣装関連 #練習絵 #模写

      引用
      「Japan, 1927 https://t.co/Qzq8jX3aSX
      https://twitter.com/HistoryToLearn/status/1107101973797441536

      民族衣装もはや関係ないんですけどあまりにもかっこよすぎて描きたいという衝動が抑えきれなかった。
      かっこいい。こんな女ボスに連れられて編集の仕事してみたい。
      戦前の日本というのがすごいですよね。

      ※towards the writer, and photographer.
      Thank you for a very splendid work.
      Because I delete it if reproduction includes the problems of your copyright, please contact me.Thank you.
      MeMekurage
    • 例えば夜のコンビニで #BL? #オリジナル小説 #練習
      自宅が舞台でもないしセリフもないしお題全無視すぎるだろう。
      そういう人ですごめんなさい。
      そして地味に暗い部分多い。
      ペイフォワード見たことないんですが、アベンジャーズのハルク役のマークラファロがペイフォワード活動今やってるので知りました。調べてみてね。
      作品増えたのでカテゴリーをちょいと整理します。
      MeMekurage
    • 月にうさぎが住んだわけ #オリジナル小説 #過去小説を晒す #絵本風
      これ色んなところで発表したので見たことある方いるかも。
      評判良かったお話。やっぱり10年前くらいだろうか。
      MeMekurage
    • 死は二人を分かたない #オリジナル小説 #練習 #歴史風 ##人でないもの ##いぬ
      二次創作を除くと初めての完全新作、かな?半分止まっていた物をきちんと書き直しました。
      お題は「夜の散歩」でした。
      リハビリなのであたたかい目で見ていただけるとありがたいです。
      ちなみにこれには中国の元ネタがあって、女中さんが奥さんを連れ出していくお話が実際にあって、旦那さんがおっかけると二人は瓶に乗ってどっかに飛んで魔女の集会かなんかに出席してたみたいなもっと面白い話が魔女関連の本(書名失念してしまいすみません)にあったのでそちらもどうぞ。

      いぬ。
      MeMekurage
    • パルクール模写 #練習 #模写
      モデルの方のかっこよさが表現しきれず無念にございます。
      たまに絵も投下した方がいいのかと…
      MeMekurage
    • シチリア島反乱軍女性 ##民族衣装関連 #模写 #練習絵

      引用
      「1868年以前、シチリア島、イタリア王国に抵抗した反乱勢力の一員、Michelina de Cesare(1841-1868)の写真。シチリアの伝統的な農民の衣装を身につけており、プロパガンダのために撮影された。 https://t.co/YNWDhLjpyf
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1095881395660980224

      なんとなくかっこいい、と思ってしまった時点で、彼らのプロパガンダにハマってしまった気がしました。
      強そう。
      伝統的な農民の服装だそうです。
      鉛筆とコピック、ドローイングペンを組み合わせて描いたら紙の上ではそんなに目立たなくなるんですけど、写真に(特にフラッシュ使うと)するとはっきりわかりますね。
      MeMekurage
    • たびかぜとたんぽぽ七、八年前かなあ。童話っぽいのにハマってた時期があるんでしょうね。
      最近はもう少しハードな歴史ものファンタジーに偏っています。 #過去小説を晒す #オリジナル小説 #ファンタジー #絵本風
      MeMekurage
    • 2ベル・エポック期の女性 ##民族衣装関連 #練習 #模写

      1902年頃、ベル・エポック期らしいS字型シルエットのドレスを着た女性。このシルエットはコルセットによって作られ、曲線を美しく出すためドレスの生地は薄地で柔らかいものが好まれた。 https://t.co/8TIZB23e1y
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1092378319624892416

      うまく描けなかったところはぼかしで誤魔化すというあくどい技を身に着けた私であった。
      またコルセットかー。コルセットとか考えるだけでぞわぞわする(食いしん坊バンザイ)

      ぼかさなかったバージョンも置いておく。
      MeMekurage
    • 20世紀初頭、インドのお妃様 ##民族衣装関連 #模写 #練習絵

      引用↓
      「20世紀初頭、インド北西部インドール藩王国藩王ホールカル家当主トゥコージー・ラーオ・ホールカル3世(1890-1978)の第一王妃チャンドラヴァティー・バーイーの写真。 https://t.co/inICv0LJ3H
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1099203282013020161

      こんな絵を描いているうちにパキスタンとインドがきな臭くなっていて悲しくなった。
      「バジュランギおじさんと小さな迷子」という映画が絶賛されていて(パキスタン人の女の子をインドのおじさんが送り届ける話?だそうです)楽しみにしていた矢先に。
      あのあたりの歴史も学びたいと思います。

      元の写真はもう少したおやかなんですが私が描くとなーんかこう、怖い感じになってしまいます。
      MeMekurage
    • 5模写供養 #模写 #練習 ##映画とか
      描いたはいいけど使わなかったものを供養しておきます。
      ブラックパンサー関連とか、どこぞの兄ちゃんとか、柴咲コウらしき人とか。
      相変わらず鉛筆描きに写メなので画質悪すぎてすみません。
      MeMekurage
    • ナース服のもと ##民族衣装関連 #模写 #練習絵

      引用
      「1922年頃、オーストラリア、クイーンズランド州、看護師の女性の写真。クイーンズランド州立図書館所蔵。ナースキャップは修道女のベールがルーツとも言われ、ヴィクトリア朝時代には白いものに変わっていった。 https://t.co/0rJsv3DqUt
      https://twitter.com/Minzokubot/status/1096998764143730688

      ナースキャップって衛生面から廃止されたけど、何がルーツなのか知らなかったんですよね。
      なるほど、シスターの服が元なら頷けるし「白衣の天使」という名称もおかしくない。
      しかし私が描くとどうしてもひと癖もふた癖もありそうな女性になるのはな〜んでだ。
      MeMekurage
    • 色塗り人体練習 #トレース #練習
      今日はクロッキーお休みで色塗りまでやったトレス絵でも上げておきます。
      あんまり拡大しないでほしいです。
      MeMekurage
    CONNECT この作品とコネクトしている作品