イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 中落ちカルベイベ Link Message Mute
    Mar 26, 2019 12:09:16 AM

    青春フルスイング

    #漫画  #イラスト
    #オリジナル #青春フルスイング

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    OK
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    OK
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    OK
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    OK
    • 素馨&プランセッセ #素馨 #忍猫プランセッセ #オリジナル #くノ一
      くノ一素馨(そけい)と喋る忍者猫プランセッセ。 両者、普段は猫っぽい言動は控えめ。びっくりした時だけ「にゃっ!?」と言う。
      「僕見たよ、プランセッセ。アイツ、雨だからってまた戦力を増強しに行ったよ」
      「小さいカエルは投擲(とうてき)用で、大きい奴は相棒(バディ)にするみたいね。ガマーロとか言ったかしら、この間の満月の夜に見かけたけど、かなり体デカくなってたわ、戦場で会ったら手強そうね」
      「カエルを仲間にするなんて気持ち悪いな」
      「あら素馨ちゃん、カエルダメなの?」
      「猫の方がまだマシだね」
      「わ、私は妥協された相棒なのね・・・」
      「索敵用の耳くらいならつけてやるし」
      「ソレを振り回さないでちょうだいな・・・、アフリカかどっかの 狩猟民族に見えるから」
      中落ちカルベイベ
    • 川田裕子(かわだ ゆうこ)おはよう田上ちゃん、5分待ってて。
      コレじゃあ私、学校に行けない。

      #オリジナル  #川田裕子 #女子高生 #東京ヤクルトスワローズ
      中落ちカルベイベ
    • いえいっ! #オリジナル #女の子  #花嫁
      #コスプレ  #JuneBride
      #イラスト #drawing


      いえいっ!
      中落ちカルベイベ
    • まくら④(浅草ジョイジョイカムカムホールにて)浅草寺(せんそうじ)付近で、白髪でシワシワで杖をついた、羽根つき帽子の怪しげなおじいさんに出くわしまして。「ご存知!浅草名物、絵葉書クイズおじさんだよ!」
      言葉の力は恐ろしいものですね、見たことも聞いた事も無くても、「ご存知!」とか「名物!」などと言われると、知らないこちらが悪いような気がしてきます。後で伺ったら町会の元役員だった人で、最近始めた趣味だそうですね。
      浅草寺や五重塔、雷門などを自分で描いた絵葉書を作ってたが、浅草区域内の「ココどこだよ!」という所を描いて、それをクイズにしたら面白いんじゃないかという事で頂きましたのが、右側に桜の木、左に赤い門と「伝」の文字の絵葉書。初心者向けという事で、確かにこれは簡単でございましたね。
      伝法院(でんぽういん)通りの入り口の門、右手に桜の木ですから浅草公会堂のある方ではなく、仲見世(なかみせ)がある方の門ですね。絵葉書片手に行って参りました。場所についたらおじさんが先回り、正直に言いますと、浅草寺から仲見世は目の前ですから、杖をつきながらフラフラと歩いて行ったおじさんが、遠くで待機しているのがスタート地点から見えてましたので、まああそこが正解の場所なんだろうなと思っておりました。
      「ココが正解ですか?」「正解!簡単過ぎたかなあ、ご褒美にその絵葉書あげるよ!」「わからなかったら絵葉書はどうするつもりだったんですか?」「どうもしないよ?趣味でやってるだけだから!」「気前がいいんですね、おじいさん」「照れるなあ、おじさんね」あっ、ごめんなさい!と言ったら、「気にしないでいいよ!でも、おじいさんになるまでにはまだまだ先だからね!」
      年齢を伺ったところ、「82歳」とおっしゃってました。おじさんからおじいさんになるまで、あと何年かかるんでしょうかね・・・。

      ・・・・・・久保田万太郎(くぼた まんたろう)『浅草風土記』の、抜き読みでございます。
      「「古い浅草」とか「新しい浅草」とか、「いままでの浅草」とか「これからの浅草」とか、いままでわたしのいって来たそれらのいいかたは、畢竟(ひっきょう)この芥川氏の「第一および第三の浅草」と「第二の浅草」とにかえりつくのである。改めてわたしはいうだろう、花川戸、山の宿、瓦町から今戸、橋場・・・「隅田川」のながれに沿ったそれらの町々・・・。(了)

      #オリジナル #舞波千景 #講釈 #講談
      #浅草名物絵葉書クイズおじさん
      中落ちカルベイベ
    • まくら(芸談劇場二階小ホールにて③) #オリジナル #舞波千景 #講釈 #講談 #夕月葵
      (まくらより抜粋)
      友達と一緒に帰った小学校時代、帰り道に外国人の牧師さんに会ったことがありましてね。
      ペデストリアンデッキ、というんですか。広場と歩道が一緒になったもの。私は途中で曲がって家に帰るんですが、曲がらず歩いて行った先に教会がありましたので、そこの牧師さんだったかと思います。
      夕月葵(ゆうづき あおい)さんという、今も一緒に野球に興じたりする人と一緒で、ご存知の方も多いと思いますが、我が芸談協会頭取(とうどり)、海遊亭ほん鮪(かいゆうてい ほんまぐろ)の娘様でございます。
      お父様譲りでしょう、芸に対してもとても厳しい人で、時々私の講釈を聞きに最前列に陣取り、後で楽屋で私に、
      「思ったより。最後まで寝なかったしな」
      と、彼女にとってこれ以上のないお褒めの言葉をかけてくれます。
      私も彼女の得意とする、野球の試合に一緒に出る時は
      「同点タイムリー、さすがだね。やっぱり自分で打たれた分は取り返さなきゃね」
      とエールを送ります。
      その葵さん、当時覚えたばかりの英語、いや単語を声に出して面白がってましてね。授業中の男の子達もそうでした。日本語とは違う響きが面白かったのか、意味がわかってなくとも、とにかく英単語の連呼をする。
      葵さん、ディクショナリー(dictionary)とパハップス(perhaps)の二つがお気に入りだったみたいで、口に出してはニヤリと笑い、また口出してはアハハと笑い、とても楽しそうでございました。そんな帰り道、葵さんと牧師さんは出会ってしまったんですね。
      自分が発する英語を自在に操る外国人の方を目の前にして、好奇心が止められなかったんでしょう。ディクショナリーとパハップスを交互に叫びながら、牧師に突入する葵さん。恐れおののく牧師さん。イーライ・ロス監督のキャビンフィーバーという作品に、「パンケーキ!(pan cake)」と叫んで噛み付いてくる女の子が出てきますが、知っておられる方は思い出して頂けたら、当時の葵さんの怖さがわかってもらえると思います。葵さん、あそこまでは珍妙な動きはしてなかったんですけれども。
      調べましたところ、エクソシスト、悪魔祓いは18世紀ごろにはすでに廃止されているとの事なので、現代の牧師さんが怖がるのも、悪魔祓いのノウハウがなかったからで、致し方ないのかなと思います。葵さんも今は悪魔が抜けたかのように、すっかり落ち着いた女性になって、女子野球部のエースとして、練習に試合に頑張っています。そろそろ葵さんに怒られるのでこれくらいで。

      さて本日、皆様にお聞かせしたいのは、悪魔ではなく幽霊のお話。どう違うと申しますと、悪魔は人間ではない異形のもの、それに対し幽霊は元は生きていたものの魂と言われております。
      いずれにしても目には見えないものの恐怖、 幽霊の正体見たり枯れ尾花、気の持ちようとは言いますが、目に見えないはずの幽霊は足のないものだと、初めて絵に表したのが江戸時代の画家、円山応挙(まるやま おうきょ)で・・・。(了)
      中落ちカルベイベ
    • 負けないよ! #女子野球 #オリジナル #夕月葵 #野球
      どんな時も絶対に諦めない! それがエースなんだ!
      中落ちカルベイベ
    • センター 矢車翔子(やぐるま しょうこ)東京花菱大学付属女子高等学校野球部(東花女子)のレギュラーで、中堅手(センター)。打順は主に一番、リードオフマンの役割を任される、俊足巧打の持ち主。特に足の速さは部内随一で、盗塁の成功率だけでなく、進塁の際にベースを減速せず回れる走塁技術の高さによって、他のランナーよりも一つ先の塁に到達できるのだ。彼女が出塁すればその回に得点できる確率は極めて高くなるという、走力による攻撃の要である。

      普段はいささか自らを無理なキャラ付けをして、周りを置いてけぼりにしたりする癖があり、手近なところでは一人称を「あちき」や「我」と呼んだり、ツンデレキャラになろうとして、相手を罵りながら頭をポカポカ殴っていたら泣かせてしまったり、クールなキャラになろうとその日一言も喋らずにいたら先生に注意されたり、どれも定着した事がない。
      本当の彼女はというと、練習は一生懸命、分け隔てなく先輩後輩と仲良くなれ、試合でミスしたらそのミスを全力で取り返そうと闘志を燃やし、敗けたら声を上げながら悔しがる。
      ・・・それでは嫌だと、今はお嬢様キャラに挑戦中である。

      「セーフっしょ?あ、いや、セーフですよね!?あ、違いました、ち、違いますわ、セーフでよろ、よろしいじゃなくって!?ゴメンあそばせ!・・・このキャラも、なーんか違うなあ」

      #イラスト  #オリジナル  #矢車翔子  #東京花菱大学付属女子高等学校野球部
      中落ちカルベイベ
    • 夜てん辻講釈 #舞波千景 #講釈 #講談 #講釈師

      夜天(やてん)に花火が上がる。
      辻講釈(つじこうしゃく)は、講釈師である父も
      昔は盛んにやっていて、昼夜問わずに道端で、夏祭りの日も語っていた。
      「やてんの上にまた夜天!中空に八号玉が打ち上がった!」
      どうも夜店(よみせ)を「やてん」と読んで、
      聴衆に上手い事を言ったと思わせようとしたそうな。
      実際、2人くらいは首を縦に振り、後でおひねりを
      もらったという…。

      「先生!やてんとも言うんですか?」
      当時いた弟子が父に聞いた。
      「明和9年の大火の時、火事場泥棒が盗んだもののうち、
      古来中国よりその名を轟かせし仙人、藍采和(らんさいか)が
      天に昇る際に落とした書物にそう記してあったのだ!」
      講釈師、弟子に対しても、見てきたような嘘をつき。父のエピソードはこんなものばかりである。
      腕と、首の後ろと、くるぶしをかく。

      町の打ち上げ花火。真打は八号玉。夜天の高座に、今上がった。
      待ってました!とばかりの人々の拍手。腹三分くらいの
      ウチの招き猫も、それを見て口角がつり上がったように見える。
      しかし、名残惜しいが私達はそろそろ引き上げるとしよう。
      虫除けスプレーは、とうに切れている。
      中落ちカルベイベ
    • 満月はスライダー? #舞波千景 #野球 #中秋の名月 #オリジナル
      かっ飛ばしてもセーフティーバント。
      いや、うさぎが捕りにくるまでに、ダイヤモンド一周回れるか。
      中落ちカルベイベ
    • いえいっ! #イラスト #drawing
      #オリジナル #女の子  #いえいっ


      いえいっ!
      中落ちカルベイベ
    • テニス③ #オリジナル #テニス #とってもバレンタイン中落ちカルベイベ
    • 私はバターです。こんばんは、昼から出勤の幽霊です。夜にいつも出るのでこんばんはって言ってしまいました。訂正はしません。
      最近は暗ければどこでも出るようになりみした。舌が絡まってなりみしたと言ってしまいましたが、これも訂正はしません。
      いつもより回っております。クックック。

      #オリジナル #舞波千景?
      中落ちカルベイベ
    • まくら(芸談劇場二階小ホールにて①) #舞波千景 #オリジナル #講釈 #講談
      (まくらから抜粋)
      最近、水が高くなりましたね。
      中落ちカルベイベ
    • 秋物くノ一②猫耳に見える頭の装飾、実は諜報のための忍具である。
      壁に当てれば、部屋の向こうの呼吸を聞き分け、それで相手の数を知ることができるという〝優れもの〟なのだ。
      なぜ猫の耳の形をしているかと言うと、草むらで頭を隠し、耳だけを見せれば、なんと猫に見せかける事ができるからである。
      諜報道具であると同時に、擬態効果も合わせ持つ。決して、カワイコぶっているわけではない。
      #オリジナル #くノ一 #ファッション
      中落ちカルベイベ
    • メイ・ストーム真鯉「うおおおお!俺は魚おおおお!!」
      緋鯉「やめて、そういうの」
      子鯉「ケンカしないで!」

      舞波千景「こうなるわけでございまして」

      #オリジナル #舞波千景 #五月五日 #鯉のぼり

      #講釈 #講談
      中落ちカルベイベ
    • セカンド 月熊 夏美(つきぐま なつみ) #オリジナル #野球 #東京花菱大学附属女子高等学校野球部 #月熊夏美

      友達がいるからというだけで、野球を知らずに入部して、グラブにスパイク、ユニフォームまで揃えた子である。 面倒な事、汗臭い事は嫌いだが、みんなの足を引っ張りたくないので、練習も試合も一生懸命土まみれになる子でもある。
      中落ちカルベイベ
    • 秋物くノ一①殺生しなくたって、下忍の女の子なんてバイト上がりなんだから、カエル投げつけときゃ逃げ出すよ。

      風の噂で、ウチの相方じゃない方、腹黒い方の猫耳女が悪口を言ってるらしい。別に好きに言えばいいけどね。使役(しえき)してるからって、カエル大好き!頬ずりしたいな❤️ってわけじゃない。逆に己に不快感があるから投げれば効くだろうなって思うわけで。投げるカエルも悪戯好きな奴ばかり選んでるしね。「蓮霧(れんぶ)さん!早く拙者をあの娘の顔に投げて下さい!グエッへッヘ!」自分で行けよって蹴飛ばしたよ。
      ただ、ガマーロの奴は別で、図体はデカイくせに怖がりで全く役に立たないで泣いてばかりいたから、「お前は体だけはデカイから、いっそのこともっと大きくなれば?ピョンッと個性を伸ばせ」って言ったんだ。そうしたら、無我夢中で体を鍛えだして、カエルだから腹筋は割れなかったんだけどゴツくはなって、ご飯もモリモリ食べだして、いつの間にか私が乗れるくらい大きくなっちゃった。「僕でも努力すれば強くなれるんだ!」って自信もついたみたいで。ただ大きくなりすぎてウチじゃとても飼えないから、知り合いのくノ一の家の車庫に賃貸料払って住ませてもらう事にしたんだ。君も良かったら見に行く?中型車の横で、大型カエルがうずくまってる車庫。実戦経験の少ないくノ一相手にはガマーロは効果抜群。人より遥かに大きいカエルが目の前に現れるわけだからね。ガマーロを見た途端に逃げ出したり、気を失う子もいた。初めてガマーロが役に立ったんだ。と思ったら、その倒れた子を見たガマーロがヘコみ出して(一瞬カエルだからヘコむよりゲコむなんて思ったけどつまんないからパス)、「どうしたんだよ?」って聞いたら、「怖がりを克服したと思ったら、相手を怖がらせる嫌なカエルになっちゃった。本当は仲良くなりたいのに、蓮霧さんどうしよう」カエルのメンタルを鍛える方法、誰か知らない?

      #オリジナル #蓮霧(れんぶ) #くノ一 #ガマーロ #芸蛙伊藤蛙声(いとうあせい)
      中落ちカルベイベ
    • ヤスデじゃないよ?ヤツデだよ! #ヤツデ #オリジナル
      「ご主人様!あなたの左心房、LOVEドッキュン!え、ダサい?昔、おばあちゃんがおじいちゃんにこう言って、猛アタックしてたって聞いたんですけど・・・」
      中落ちカルベイベ
    • ごぼうルールルル♪
      ラーラララ♪

      #オリジナル #ごぼう #イラスト  #drawing
      中落ちカルベイベ
    • 節分講釈師 #オリジナル #舞波千景 #講釈師 #節分
      鬼の面をこしらえた手前、逆襲を受ける事も、ちょっと期待している。
      中落ちカルベイベ
    • ア・ゴストロイヤー #アゴ男  #プロレス  #覆面
      #オリジナル  #イラスト  #drawing

      Hey!

      Lockup! Come on!

      さあ、行こうぜ!
      猛者達が集う四角いジャングルへ!

      なーんてな♪
      中落ちカルベイベ
    • まくら(芸談劇場二階小ホールにて②) #舞波千景 #オリジナル #講釈師 #葛根湯 #講釈
      #講談

      (まくらから抜粋)
      子供の頃、タンスの上の神棚に、葛根湯(かっこんとう)があったんですよね。
      葛根湯は高いので、子供に触らせてはいけないようにと、親が手の届かない所に置いた。それがウチにとっては神棚だったというわけですね。
      それを知らない私は、「ああ、あれは蛤貝姫(うむぎひめ)様が宿る、大変有り難い御神薬なんだなあ」
      環境によって、子供は市販の薬にも手を合わせて拝む子に育ちます。
      中落ちカルベイベ
    • ショート 瀬能 久知子(せのう くちこ) #オリジナル #瀬能久知子 #東京花菱大学附属女子高等学校野球部 #女子野球

      夏美の友達で、こちらは野球経験者。高い身体能力で内野の花形、遊撃手(ゆうげきしゅ)を守る。
      非常によく喋る子で、試合中にマウンドに集まると、監督のサインや相手バッターに合わせた守備シフトの確認をしていたつもりが、いつの間にか久知子一人で喋っている事がある。つられて夏美も喋り始め、サードの磯村(いそむら)もそれに加担し、夕月葵(ゆうづき あおい)に3人まとめて怒られる。

      「夏美、夏美!夏美!!ボールいった、ボール!ボール!!それそれ!そういえばさ!試合前お腹痛いって言ってたけど大丈夫!?動けるなら大丈夫だよね!?正露丸あるよ、正露丸!水無しはやめた方がいいよ!そのまま噛むとなんか黄色い粉末が口ん中にブワーってさあ!」
      中落ちカルベイベ
    • まくら④(上野講釈亭にて) #イラスト #drawing
      #オリジナル   #舞波千景
      #講談  #講釈
      #浅草名物絵葉書クイズおじさん

      空板(からいた)という、講釈師ならではの言葉があります。

      寄席小屋で、講釈師がお客様がまだいらしていない時間に、机を貼り扇で叩き、声を出したりする行為でございます。
      野天での寄席場が盛んだった時代にやっていた事なのだそうで、ホール芸能が中心の今はあまり見られないでしょうね。

      張り扇を叩く音や発声を聴いた外の人達が、「やってるね」と言って、寄席に入って来る。
      朝の稽古と、催し物の宣伝をいっぺんにできる、一石二鳥というやつでございます。

      両国から浅草、田原町から上野までの浅草通りは別名仏壇通り。
      浅草寺と上野寛永寺、仏と仏を繋ぐという事で、仏像屋さんが軒を連ね、今に至るという事ですね。

      店で扱う仏壇は主に北側。
      直射日光があまりささない北向きにしていて、商品が傷まないようにという配慮、ビジネスというものでございます。

      「最近不景気でねえ」
      と丸眼鏡の主の方が言ってましたね。仕事柄、勉強のつもりで伺うのですが、知識欲は働くものの、確かに学校帰りの遊び場や小洒落たデートスポットにはあまり向かないでしょうね。

      空板の話ではありませんが、
      「木魚でも鳴らして御経でも唱えたらどうです」
      と聞いたのですが、
      「坊さん呼ぶ金はないし、適当に唱えて宗派の方を刺激したら面倒だ」
      とすぐに切り替えされました。
      何か良い方法はありませんかね?

      中国では老子が向いた方角という事で西。
      昔の地図では西の方角が上に配置されています。
      だから将軍家の先、西の大阪から来たものは「くだりもの」といって質の良い上品なものとして重宝されたわけでございます。

      逆が、日常でもよく使います「くだらない」と、毎日くだらないという人がどれくらいいるかわかりませんが・・・。

      このあたりの話は、以前ジョイジョイカムカムホールで話しました、浅草名物絵葉書クイズおじさんが教えてくださりまして。

      本名非公開の方なんですが、浅草だったらおじさんに任せてね!とそう言って胸をトンと叩いて咳き込みながらそう言っておりました・・・。

      パンパンッ(張り扇の音)

      雷門通り、あのあたりについても話しましょうか。

      かつては「浅草広小路」と言いましたそうで、ジョイジョイカムカムホールで読みました『浅草風土記』の著者、久保田万太郎氏の生まれたところです。

      両国、上野とかつて3つの広小路がありましたが、今あるのは駅名上野広小路のみでございます。

      広小路は元々江戸時代、江戸の大半を焼いたという振り袖火事の影響でできたものです。

      昔は木造長屋、町の構造上一度火がついたら隣の民家へ次々に燃え移ってしまいまして、建物を壊すしか対処がなかったそうですね。だから広い小路を作ったわけでございますね。

      雷門通りには食べ物屋が沢山ありますので、野球部のチームメイトを誘って食べ歩きをした事があります。

      中でも猛威をふるったのが、
      矢車翔子(やぐるま しょうこ)さんと、尾仲愛(おなか めぐみ)さんの二人でございます。

      「お嬢様っぽいものが食べたいですわ!」
      「浅草で一番美味しい唐揚げを食べさせて、舞波さん!」

      えー、説明しなければならない事が沢山ございます。
      中落ちカルベイベ
    • まくら(上野講釈亭にて)怒ってますよ、わたくしは。
      ブー。

      #オリジナル  #舞波千景  #講釈  #講談
      #イラスト
      中落ちカルベイベ
    • たまには私が運んでやろう。 #オリジナル #松本小虎

      いつも乗せてもらっているから、恩返しさ。
      中落ちカルベイベ
    • テニス① #オリジナル #テニス #とってもバレンタイン
      #イラスト  #drawings
      中落ちカルベイベ
    • 2とってもとってもバレンタイン #オリジナル #女の子 #とってもバレンタイン#とってもバレンタイン中落ちカルベイベ
    • ライト 荒泉花穂(あらいずみ かほ)東京花菱大学付属女子高等学校野球部(東花女子)の右翼手(ライト)。長い足と耳たぶがチャームポイント。

      読売ジャイアンツの坂本勇人選手の熱狂的なファンであり、大体次の日、学校で彼女に会うと「おはよう!昨日のハヤト見た!!?😍😍😍😍」で始まる。
      元々は坂本選手と同じショートを希望していたが、瀬能久知子がいたのでセカンドをやっていた。しかし「ハヤトの守備はもっと華麗だよ、久知子」とワンプレーごとに比較してくるので、久知子が監督に助けを求めた結果、久知子から一番遠いライトのポジションを任される事になった。
      坂本選手のバッティングをDVDでスローモーションで観ながら真似した結果、打つのが難しい内角打ちを身につけ、長打力もあるため主に3番か、坂本選手と同じ強打の2番を任される。
      しかし、チャンスで緊張しすぎて凡退してしまう事が多く、一時悩み、フォームを変えたり配球を勉強したり、「だから僕は笑顔になれる」を熟読したりと、試行錯誤したがあまり上手くいかなかった。
      落ち込んで悩んでいた時、レフトの沢北(さわきた)に、「ハヤトさんはそんなにクヨクヨしないよ?」と言われ、フォームだけでなく、坂本選手の強いメンタル面も見習おうと試みた。
      ハヤト!ハヤト!!ハヤト!!!
      「元気出た?」沢北は、花穂が他人に対してハヤト比較論を持ち出してくるので、半ば冗談で言ってみただけだったのだが、それが功を奏したらしく、
      「うん!」
      と、花穂は力強く頷くと、
      「そう、私は・・・・・・ハヤト!!」
      その日だけではあるが、彼女はついにハヤトになってしまった。
      しかし、チャンスの弱さを克服し、3番荒泉花穂は、東花女子ナンバーワンポイントゲッターとして華々しく生まれ変わったのである。

      #オリジナル  #荒泉花穂  #東京花菱大学付属女子高等学校野球部
      中落ちカルベイベ
    • とってもバレンタイン① #オリジナル #テニス #とってもバレンタイン #バレンタイン中落ちカルベイベ
    CONNECT この作品とコネクトしている作品