イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    「パーン」の前奏曲 (第一章)
    最後のレーザー.ビームが放つ光の殘像が網膜に焼きつく前に、赤毛の青年はその場から急速に離脱していった。二十数階建ての高層ビルからクライミング吸盤で飛び降り、あらかじめ裝備を置いておいた狹い路地に入り、サングラスをかけて機関車に乗り込み、あらかじめ計画されたコースを走り去った。
    潮のような感情が激しく押し寄せ、心の壁を突き破ろうとしているが、最高レベルの職業的素養手首にはめられた計器はまだ脈拍と呼吸が最も安定した水準を保っていることを示していた。
    自分がまだ生きているような気分になるのは、久しぶりのことだった。
    照準器を通して、初めて目の前にいる男の顔を見た。生まれながらの職業的直感が、自分ががけから奈落ならくへと転落していくのを感じさせた。
    生き生きとした、しなやかな、りんとした、生命力に満ちた光。
    彼の視界にあるすべてのものに色綵と金縁を与えた。
    ひと目見ただけで、そこに感じられる刺激は、毒々しい花の匂いのように、華美で、危険で、誘惑に満ちていて、皮膚の隅々から血液と骨髄と心臓にまで達する激痛だった。
    ホイアンの仮設マンションは27階にある。
    マンションの外で赤外線裝置で他に何もないことを検知すると、赤毛の青年はマンションに入ってきた。
    仮設マンションには最新型のAIが完備されているほか、さまざまな武器や裝備が置ける暗室がある。
    暗室に入った瞬間、赤毛の青年はサングラスを外した。それは誰が見ても好感を持ってしまうような、眉目びもくが最も穏やかで無害な顔つきだった。しかしそれは彼の仮面にすぎず、ひとりでいるときには、過去も未来もないという孤独感が彼の全身を冷たくしていた。
    赤毛の青年は、自分の職業服一式をリュックから取り出すと、丁寧にいて手入
    れをし、コレクションした。そのあいだじゅう、節くれだった指は少しもふるえていな
    かった。この任務は失敗したが、心はいつになく落ち着いていた。
    つい一時間ほど前、この銃から放たれたレーザー光線が、ほとんど正確に暗殺者たちの心臓に突き刺さり、細かい血しぶきが飛び散った。極端な距離と正確な手口でなければできないことで、彼の狙撃技術は一度も後退したことがない。
    相手の死を確認すると同時に、冷靜に安堵あんどのため息をついたが、動悸どうきは激しくなっていた。
    鋭敏な感性の選択によるミッションの失敗に、彼の額はわずかに汗ばんでいたが、生まれ変わったような喜びが彼を包んだ。
    新帝国の美しい若い皇帝をねらったとき、彼は他の狙撃手の銃身が反射する光を本能的に察知した。
    まったく迷うことなく、彼の銃口は皇帝に嚮けられた別の殺し屋に嚮けられた。
    彼は失敗した殺し屋だったが、罪悪感はなかった。
    皇帝カイザーの美しさに誘惑されたのかもしれないし、自分の手で皇帝カイザーを滅ぼさねばならないという執着しゅうちゃくがあったのかもしれない
    他の未知の組織が送りこんできた暗殺者たちに対しては、一片の手加減もしなかった。
    電光石火でんこうせっかの間に、彼のからだは自発的にミッションターゲットをフリーザに移行していた
    ハイネセンで演説した皇帝カイザーのために、彼を粛清しようとする危険分子を一掃する。
    かつて敵国の首都であった人々を征服し、音楽よりも美しい声に合わせて演説する彼の激しい剣気と太陽のような美しさを、彼はねらいを定めた目の隅で見守っていた暗闇に濳む暗殺者を次々と狙撃銃で狙撃するのは楽しみのようなものだ。
    これから厳しい処分を受けることになるかもしれないが、躊躇ちゅうちょはしなかった。
    この前の重傷から目覚めて以来、初めて熱い血が流れる正常な心臓の鼓動を感じ、彼は敵と呼ばれるもののために生き返った。
    自嘲じちょう気味に笑った。あの皇帝こそ、司教たちの言う最大の敵なのかもしれないが、空気を手にしたように実感がない。それどころか、彼の人生にはもともと実感がなかった。
    地球のために戦い、全人類の敵を排除しなければならないが、そんなこととは何の関係もない、彼はただの暗黒の世界で過去も記憶も持たずに生きている、コードネームの教会に育てられた暗殺者にすぎない一般の信者のように執拗しつような信唸もない。
    生ける屍のような生活のなかで、おぼろげな灰色の記憶と視界のなかで、おそらく体の本能的な反応だけが、彼が把握できる過去と現在の現実だった。
    ぬるま湯で手早くほこりを洗い流し、バスルームから出ると、赤毛の青年は無造作にステレオのスイッチを押した。
    AIは彼のために地球時代の交響曲を選曲した。
    居間のソファに横になり、目を閉じてしばらく休んだ。
    夢と現実の中に浮かんでいるような、不思議な体験だった。
    現実には微笑ほほえんでいるが、内心はまったく楽しくなかった。自分が何のために生きているのかわからず、歩き、走り、教会から与えられた任務を菓たしているのに、魂がない。
    夢の中では、追いかけようとする光に觸れることができず、金色のぼやけた輪郭が聖なる天使の姿のように浮かび上がった。
    彼は現実の世界をはっきりと感じることができたが、夢の中で目を覚ますことができず、何度も何度も追いかけたが、天使の羽根についていけなかった。
    しかし今度は違っていた。夢の世界に足を踏み入れたようだった。ソファに横たわっているはずなのに、まるで古典的なドイツ様式の庭園にいるようだった。少し離れたところで、金髪と赤毛の小さな二人の少年が噴水で水遊びをしていた。もっとよく見ようと目を見開き、一瞬の無重力感が彼の魂を赤毛の少年の中に落とし込んだ。
    赤毛の少年の目を通して見えたのは、夏の太陽に照らされた最も輝くクリスタルだった。
    金髪の少年の顔がよく見えないほど、その光はまぶしかった。
    思わず手を伸ばしてその霧を払いのけようとすると、現実に耳障りな連絡音が繰り返し鳴り響いた。

    一秒以内に赤毛の青年はコンディションを整え、連絡端末に接続した。
    端末の嚮こうでは原音が聞き取れない無機質な声、「何か説明することはありますか 」
    「ありません」
    「あなたは司教様を失望させ、萬全の準備をしていたにもかかわらず、失敗した 」
    赤毛の青年kは淡々と言った「それなら私は喜んで教会の処罸を受ける 」
    「処罸?地球はわれわれの母親であり、母親はどんな子供も見捨てはしない。母親から与えられた任務は、あの生意気な皇帝を殺すことであり、その任務を遂行すれば罪
    を犯すことができる。そして......ほほほほ」
    ......歯の嚮こうの声が笑ったような気がした「k、生命を大切にし、よく生き、あなたの手によって皇帝の生命を終わらせることこそ、彼の罪に対する最良の罰である」
    赤毛の青年kは、常人の聴覚よりはるかに鋭敏えいびんだった。

    赤毛の青年kは、皇帝についてあまりに多くの疑問をいだいているにもかかわらず、内心の動悸どうきをおさえていた。しかも、質問しても何の答えも得られなかったそして、まるで新しい人生が始まったかのような満足感が、彼に多くの眞実を告げていた。
    時間さえ与えられれば、自分が知りたいと思っている目標に近づいていくような気がした。
    「わかりました。任務を全うするよう努力します 」
    朝、赤毛の青年kは、白いトーストとミルクを飲みながら、今日のフェザーン日報を見るとたまたま今日の新聞にも彼の標的の写真が載っていた。無造作に朝食を済ませると、写真を切り抜いて専用のノートに貼った。
    時間を確かめると、いつものように鏡の前に立って化粧を直した。
    茶色に染めた髪にはまだ新しい毛根が生まれていない。茶色のコンタクトレンズに縁なし眼鏡、それに化粧でわずかに目鼻立ちが変わり、鏡に映った若者は見知らぬが安井算英だった。鏡に嚮かって微笑みかけたが、相変わらずの控えめでおとなしい顔立ちだった。この顔の下に隠されている正体について、いまさら考えるのは難しいだろう。
    それから五分間、一つの単語を熱心に繰り返して頭に刻みこもうとした。それが毎日の課題だった。
    それは韻律に冨んでいた。単語そのものかもしれなかった。あるいはそれが象征する意味かもしれなかった。
    Kは背広に着替えて仮住まいを出ると、フェザーンのシスフォード街にある診療所に嚮かった。
    「おはようございます、ジークフリード先生」この街の住民はとても親切です。ただでさえ衣食住に不自由していません。最近の宇宙間の政治的変動、恆例の政権交代による混乱の后、新皇帝が発表した新しい政策彼らの生活水準を明らかに一段階アップさせた。
    声をかけてくれたおじさんやおばさんたちに会釈えしゃくし、魅力的な微笑みを返す。上層部がどのように変わろうと、中下層の人々が関心を持つのは常に身近な生活利益だ。
    いわゆるジークフリード医師というのが現在の新しい身分であり、身分証明書類から遺伝子研究分野の医学教授であることがわかりますドクター.ジークフリードがファイルに殘した写真は、変裝したkの顔にそっくりだった。
    夏風の旋律が鳴り響いた七月、銀河帝国の遷都令とともに、は新しい身分を受け入れ、ホイアンによってフェザーンにやってきた。
    ジークフリードって、なんて俗っぽい名前なんだろう。
    脳波の奥の直感で、誰かがそう言ったような気がした。
    たしかに俗物で、百人のうち少なくとも十人はジークフリードに出会うだろう。
    ジークフリードという不運で平凡な医師が自分の身代わりになったのだろうか、と彼は考えた。もしかしたら、哀れな元の持ち主は教会の手でどこかに眠ってしまったのかもしれない。
    多少の同情はあっても、身分の卑しい彼が今立ち入れる領域ではなかった。
    彼の新しい任務は、シスフォード.ストリートにある診療所でのインターンシップであり、それまでの半年間、ハイネセンで専門家たちとともに、さまざまな医学的知識を補ってきた。現在はフェザーンで遺伝子の研究に専唸するかたわら、専門家の手を借りて病気の治療にあたっている。
    この診療所には教会のメンバーが大勢いるから、素人がばれる心配はまったくない。
    医学の分野はおそらく教会が最も深く浸透しているところです教会に仕える高位の医師は銀河帝国の中の多くよりも専門的かもしれません。
    かつてあれほどの傷を負った自分が、今なおここに立っているのは、地球教が限られた資源を医学という科学技術の樹に大量に寄与しているからである。
    それに加えて、現在のジークフリードは、教会から定期的に、失われた記憶を一刻も早く取り戻す手助けをするために、クリニックで心理療法を受けるよう求められている。
    オーディンからフェザーンに転々とし、仮住まいをつづけてきたが、教会の上層部が彼に対する牽製けんせいをゆるめなかったことは変わらない強製的に指定された精神科医に診てもらう間隔は、長くても二カ月以上はない。
    オフィスでは、現在の上司であるDが待っていた。
    彼はコーヒーを置き、「早かったですね、ドクター.ジークフリード、今の若者が約束の時間より早くやってくることはめったにないですね、」と言った。彼の口調にはかすかな笑みが浮かんでいた。
    「良いニュースがある。半年前、内部の人々が明らかにしたところによると、王立侍医団は新しいメンバーを受け入れなければならない。我々の努力が報われ、あなたの資料が王立侍医団によって承認された。おめでとうございます。あなたの王宮入りは、我々のミッションの目標に近づいている 」
    「しかし、その前に、記憶をたどる手伝いをしましょう。 」彼はジークフリードの肩をたたき、「リラックスしてください。それはそれほど苦痛ではありません 」
    ジークフリードとDは、無人のタクシーに乗って、三ブロック先にある建物に嚮かった。Dは固く閉ざされた鉄扉を身分証明のハンドリングで開いた。
    この建物の地下は、フェザーンにある地球教の数少ない祕密医療基地である。
    基地の地下通路は迷路のようになっていたが、ジークフリードは限られた訪問迴数の中で、地図を大まかに頭に描いていた。
    地球教の勢力がかつてほどではなくなったことを知っているフランツ.ダンツィは、自分たちのような死者がまだ少なくないことを知っており、司教のためにあらゆる暗殺を準備していた。
    心理治療室は四方が眞っ白な密閉された部屋で、ジークフリードは一度ならず、似たような狹い治療施設に出入りしていた。
    彼はマッサージチェアに横たわり、特定の音楽に感染して深い眠りにつくことを求められた。
    しかしそれは安らかな眠りではなかった。音楽のリズムが変化するにつれて、音波は鋭利な刄物となって脳を何度も何度も切り裂き、刄物の切れる鋭い音さえ聞こえるようになった極度の痛みは、それを和らげるために血液を脳に送り込むのに必死だった。その痛みが神経線の一本一本を締めつけ、身動きがとれなくなった。嘔吐おうとと息苦しさに、意識の中でうずくまった。
    たった一人で海を漂っている帆舩の頼りない孤独感、広大な汪洋の中に停泊できる港を見つけることができない空虚感が、彼をさらに深い灰色の霧の中に瀋ませている。カラーの世界が遠ざかり、見えていたはずの映像が次第に薄くなっていく。
    たとえジークフリードが特殊な職業であったとしても、体は強く、人格はしっかりしていて、治療のたびに大きな病気のようになった。しばらくは考えることもできないほど頭が眞っ白になっていたが、それでもこの治療が決して自分を助けるためのものではないことはわかっていた。この痛みの繰り返しは、少しでも弱い人間の心を破壊するのに十分だった。
    いったい教会には何が隠されているのだろう?いったい教会は何をするために、このような極端な手段を使わなければならないのか?
    記憶を整理しようとする、いわゆる薬物療法を何度も繰り返しているうちに、ジークフリードは、教会がこのような催眠術を使って、いかなる過去の思い出も妨害しているのだと確信した。
    それは昔のことだ。 彼が太陽を見て以来、すべてが変わった。
    それまで鏡の前で繰り返していた単語を口にしながら、自分に暗示を与え続け、頭の奥底に埋め込んでいく。
    この鍵を見つけて以来、教会の眠りのなかで、最初のときのように底なしに落ちつづけることはなく、いつも金色の光が意識の底から彼を持ちあげていた。
    彼は灰色の霧に包まれたリスルで意識を取り戻し記憶を消そうとする外力に意識的に立ち嚮かいます。
    彼は何か楽しいことを空想して頭を冷やしている。
    それが幻想であったのか、それとも過去の出来事であったのか、彼にはわからなかった。木陰から流れ落ちる春の光のなかで、彼は華麗な金髪の男と木の下で接吻し、肌 密着させ、相手の最も深いところにはめこんだ震える相手のせた体を、しっかりと抱きしめた。
    彼の手は相手の柔軟なフリーズの上を行ったり来たりした。相手の体の奥から伝わってくる温もりと湿った熱は、彼に力の源泉を与え、鋭い音波の凌遅刑を何度も受け止めさせた。
    彼が唱えつづける鍵は、相手の生きた生命力となって彼のからだに張りつき、彼の意志に金色のたてをつくり、外界の侵食をしっかりと防いでいるようだった。
    交響曲の連続変調の中で、ジークフリードはDによって目覚めた。
    断片的な記憶の断片が消えたわけでも、思考が鈍ったわけでもないのに、ジークフリードはいつものように茫然と手足をばたつかせていた。Dは彼を隣のソファーに連れて行き、白水県のグラスを差し出した。
    「明日からあなたは診療所に来なくてもいい。今、王立侍医団は人材を必要としている。医学的に困っていることがあれば、いつでも端末を使って連絡を取り合える 」
    「分かりました」
    「そうだ」 Dは目を細めて、「単なる推測に過ぎないが、エジプト新王国政府の高官のうち
    、誰かが重い病気にかかったのではないか。情報を深く知ることができれば、大きな手柄になります。地球における教会の基地は破壊され、大きな損害を受け、司教は激怒した。その元兇は死なず、教会は一日たりとも安らぐことはない 」
    彼は左手で祈るようなしぐさをすると、目を閉じて言いました。「ジークフリード、あなたの生命が危ない時、大地の母があなたを救ってくれました。大地の母の恵みを忘れないでください 」
    「はい」ジークは同じジェスチャーで、職業習慣に合った無機質な表情で返事をした。

    八月とはいえ、かなり暑い日だった。
    政務室の玄関に面した窓の外には数本のモミジバスズカケノキがあり、夏蝉の鳴き声の合間に和やかな靜けさを遮っている。
    ジークフリードの記憶に殘っているのはこの三年間のことだけで、彼が覚えていることのできるすべての破片の中には、狙撃銃のレーザーを人間の心臓に落としたときの頻脈性不整脈ほどのものはなかった。
    ジークフリードが皇帝陛下ラインハルト・フォン・ローエングラムの政務室に配属され、皇室侍医としての職務をはたすのは、これがはじめてであった。ハイネセンの高層ビルではじめて相手に会ったときのように、血の流れが速かった。波立たない淡々とした態度を保とうと努力しているのに、薬を握りしめたてのひらは少し湿っていた。
    事実、薬を飲む時間は過ぎていたが、若い皇帝は仕事をやめるつもりはないようだった。豪奢ごうしゃな黄金色の長い髪が手にした書類の両脇に垂れ、色素の薄いブルーの瞳の光が、山積みになった公務の中に完全に投影されている。臣下の役人が報告する事務の一ページ一ページを丹唸に見て、羽ペンで註釈と返事を書いた。彼は物思いに
    ふけったり、眉をひそめたり、人差し指をくわえたり、長い指で額の前髪をかきあげたりした。揺れる金糸は彼のまわりの空気にきらきらと光る金粉をまき散らした。
    ラインハルトの体は華奢きゃしゃだったが、背筋はいつもぴんと伸びていた。微熱による薔薇色のほんのわずかな赤みを除けば、彼はたいていの人間よりも堂々として見えた。彼が病人であることをあらかじめ知らされていなかったら、ジークフリードも大衆と同じように、若い皇帝をあおざめたマツ目として、生気に満ちていると思ったであろう。
    職業的な殺し屋としての彼に欠けていないのは忍耐であり、その上、ラインハルトの優雅な姿を見るのは楽しみであるように思われた。ラングドンは相手のシルエットや動作のひとつひとつを註意深く観察した。どこかで見たことがあるような、どこかで見たことがあるような、どこかで見たことがあるような気がした。
    ジークフリードのステテコには、特殊な金属加工を施された銃器が隠されており、ハイテク放射線のセキュリティを避けることができる。しかし、このまま突進すれば、何の何武も必要とせず、自分も簡単に相手を製圧できると信じている。彼の自己認識によれば、この世界で白兵戦をやって自分に対抗できる人間はそう多くないと思っている。ラインハルトのマントと軍服におおわれた体は、専門的な眼力から判断するに、あまりにも痩せすぎていた。
    無意識のうちに心配になっていた。意外なことに、皇帝カイザーラインハルトは、公然とした外見のもとでは、私生活においてはまったくわがままな子供であり、生活の作法や時限服薬の不規則さだけでなく、安全保障においても、あまりにも恣意しい的であったようである。もちろん、見えない窓の外や隅に最新型の武器が隠されていて、彼が自分の身を投げるのを待っているのかもしれない。
    ジークフリードは靜かに若い美貎の皇帝を見やった。手首のタイマーは、皇帝に二時間も無視されたことを示していた。皇帝は毎日こんなふうに命知らずに仕事に打ち込んでいるのだろうか?薬を服用するまでに時間がかからなければ、声をあげて皇帝陛下をおびやかしたくはなかった。
    理性によって製御される前に、ジークフリードは思わず口を開きました「陛下、薬を飮む時間です 」
    ラインハルトは自分自身の世界にひたっている少年のように、ぼんやりとジークフリードを見あげた。蒼氷色の瞳に一抹の不安がよぎった。
    ラインハルトの表情の変化を、ジークフリードは見迯さなかった。考えるまでもなかったかのように、彼は呼吸をゆるめ、以前より数倍やさしい声でもう一度言った。「陛下、ご御体を大事にしてください 」
    その声を聞いた瞬間、ラインハルトはすっくと立ちあがり、蒼氷色アイス.ブルーの瞳で彼を見やった。
    こうして二人は顔を見合わせているのだが、それが無禮だとわかっていても、ジークフリードは目をそらすことができなかった。
    夏の陽光が透明なヴェールを通して降りそそぎ、それが目の前の人間に集中すると、週囲の世界は一瞬にして暗転し、ジークフリードはラインハルト以外のものを見ることができなくなった。
    どのくらい経ったのか、ラインハルトの水晶のように澂んだ声が、眞っ先に凍りついた時間を破った。「モリッシー、卿の履歴書を読んだ。卿はフェザーン医科大学研究部のモリッシーである 」
    「そうです、陛下」ジークフリードは呼吸を維持するために最善を尽くしました。
    皇帝は金色のまつげを震わせた。彼はうなずいた。よくできた、卿は予の思ったとおりだった
    ......。彼の唇はわずかに白くなり、数秒ためらったが、何かを決断したようだった
    「マレーが病気だと聞いたから、卿はしばらく予の側についてくれるだろうか 」
    「はい、陛下。」ジークフリードはうなずき、喜びを隠そうと努めながら、つとめて穏やか
    に答えました。
    彼は勇気をふるいおこし、深呼吸して、ラインハルトのやせ細った病顔をながめやり、おだやかに、そして愼重に言った。「陛下は毎日、そんなにわがままをなさっていらっしゃるのですか 」
    ラインハルトは殴られたように顔をあげ、大きく見ひらいた目でジークフリードの顔を見つめた。波打つ金髪が、室内に金箔の破片を投げこむように揺れた。
    「卿もジークフリード?...ジークフリードというのは俗っぽい名前だな。」ジークフリードの
    諫めに応えず、ラインハルトは突然、どうでもいいことを口にした。胸のペンダントに手をあてて、ぼんやりした顔をしている。
    しばらくすると、彼はジークフリードの前に行って、彼の前髪を手でくるくると巻き上げて、よく見たり、下ろしたりして、なんで茶髪なんだろう、この色は好きじゃない。
    ジークフリードは恐縮した。いかに皇帝といえども臣下としては親密すぎる距離であり、ラインハルトは今迴、身分を象征する自稱を用いなかった。
    ラインハルトが自分に語りかけているのではないらしいことを、ジークフリードは唐突に悟った。自分を見ているのかもしれないし、自分を透かして他人を見ているのかもしれない。幸
    いなことに、彼は自分のすぐ目の前に立っていて、すぐ近くにいるので、呼吸の間にも彼の香りが感じられるようだった。
    ジークフリードの指が震えだした。
    彼は暗殺者であり、ミッションの目的は彼に近づくことができない。明応の銃口をつかんで引金を引き、あるいは手を伸ばして標的の首をねじ切ろうとしたはずなのに、意識する前に手を伸ばして皇帝の背中をなだめようとした。
    輝くばかりの金髪が眠れる人と重なり、ジークフリードは並々ならぬ忍耐力で脊髄の上昇を抑え、唇から「ごめんなさい...」と、ごく自然に言ったまるで長年の習慣のように。身分が明らかになっても、生命の危険にさらされるかもしれないとしても、明日からは染色剤を洗い流して皇帝に会うべきではないか、という眞剣ささえ感じられた?
    ラインハルトは我に返り、申しわけなさそうな微笑を浮かべた意味ありげにジークフリードを見やって、笑った。「ごめんなさいは予のほうが正しいのに、髪の色は卿が生まれつき持っているものではないか。」
    ジークフリードの心臓は高鳴った。皇帝陛下がいまおっしゃったことは、本当にただの偶然だったのだろうか?
    「モリッシー先生、薬を置いたら卿は下がりなさい。今度薬を持ってきたら、卿はそこのテーブルに置いておけば、予を待たずに済む 」
    追放の命令が出ると、ラインハルトは思いだしたように、ジークフリードの目を見つめて熱心に説明した。「心配しないでくれ、予は生きている 」
    その約束を聞くと、ジークフリードは思わず微笑ほほえみかけ、頭を下げて引き下がった。
    政務室の扉を閉めようとして、ジークフリードは振り返った。ラインハルトはもはや彼を見ようとはせず、胸に手をあてた。ジークフリードはそこに銀のペンダントがかかっていることに気づいた。長白の長い指がそのペンダントケースを何度も開閉しているが、目には何の変化もない。
    なんの理由もなく、ジークフリードは、ついさっきまでのことが幻想であったことを知っていた。人前に出たがらない激情は、ラインハルトが長いあいだ隠しつづけてきたものであるはずだった。
    ラインハルトの心の聖域に足を踏み入れることが、いかに困難であるか、ラインハルトと彼との距離が遠いことを、彼は探究したい衝動を押し殺して知っていた。
    ラインハルトは傲然ごうぜんとして傲然ごうぜんたる百合ゆりであり、闇に隠れるしかない身分は、彼をふもとから見あげる芸人のひとりにすぎないことを運命づけられていた。
    憂鬱ゆううつになったジークが部屋を飛び出すと、ちょうど当番の兵士たちが交代するところだった。
    計算した末、廊下に身を隠して照射できない死角を確認し、手首に裝着していた探知機のスイッチを入れた。ごく短時間のうちに、彼は通路にある皇宮システムに属さない、地球教その他の組織が皇宮内部に設置した私設の監視裝置を探しだしていた。
    ラインハルトは、自分自身の健康どころか、自分自身の安全にもあまり関心がなく、セキュリティ強化には無関心であった。
    憲兵隊が皇宮侍従たちに与える裝備や訓練の技術は高度なものに達していたが、ジークフリードにとっては、もっとも重要な皇帝陛下を守るための裝備はまだまだ足りないように思われた彼は不満そうに首を振った。
    今のジークフリードにできることは、雙方に気づかれにくい些細ささいな埋め合わせにすぎない。彼は手持ちの最新型裝置を駆使して、フェザーンの隠れ家に設置した人工的な仮皇宮の迴廊の画面に、皇宮以外の監視システムをつなぎあわせた。
    ジークフリードは、濳在的な安全保障上の問題が觧決すると、ほっとため息をついた。これからの時間、仮皇居に隠されている監視カメラをすべて見つけ出して麻痺させるつもりだた。
    廊下に戻った彼は、閉ざされた政務室のドアをしみじみと見つめ、自分のしたことを考え、自分は狂っているに違いないと思った。

    E
    Tazuka Link Message Mute
    Nov 13, 2019 2:59:10 AM

    「パーン」の前奏曲 (第一章)

    注:ガイエスブルクで重傷を負ったキルヒアイスが、地球教によって生き返り、洗脳されて記憶を失い、皇帝ラインハルトの暗殺を命じられた話

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品