イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    「パーン」の前奏曲 (终章)いったん意識を失ったラインハルトの両眼は閉ざされ、しなやかな頬は、星明かりを映す海中の白磁のように見えた。
    眠っているらしく、彼は無防備にキルヒアイスに身体をあずけ、無意識のうちにそこを頼りにしていた。
    ラインハルトはまだ熱に浮かされていた。オルガスムスの余韻と、体内の高熱とを混ぜあわせて、わずかにせわしなくキルヒアイスの胸に噴きつけた。 安らかに眠っているにもかかわらず、彼の眉のあいだには、苦渋にみちた表情がうかんでいた。
    キルヒアイスは彼を抱きしめ、なめらかな頬をいとおしそうになでた。
    これからまた彼らの絆は変わっていく。 ある種の無形の契約を結び、消すことのできない刻印を植えつけた聖なる光のなかで、キルヒアイスは、これからの自分の生命と人生がすべてラインハルトに結びついていることを、あらためて確認した。
    キルヒアイスはラインハルトをそっとマットレスにもどすと、浴室に行ってシャワーを浴び、抱きあげて浴槽に入れた。 ラインハルトの体液と汗に濡れた金髪と肌を丹唸に洗い、赤と白の液体で汚れた陰部を掃除した。 大切な壊れやすいものをあつかうような、やさしい仕草だった。
    過剰な飲酒と放恣ほうしがもたらす結菓は、ラインハルトの現在の体温が驚くほど熱く、昏睡こんすい状態にあることであった。 ときおり唇のあいだから漏れるうめき声のほかは、キルヒアイスが介抱しているあいだ、彼は目を覚まさなかった。
    ラインハルトの髪を乾かし、新しいパジャマに着替え、解熱薬を貼ってから、キルヒアイスは風呂にはいった。 カラーのコンタクトレンズをかけ直し、髪を染め、化粧を少し落とし、別人のようになった。 それが終わるのを待って、彼はふたたびラインハルトのもとにもどった。
    彼の体温を直感で感じとったのか、ラインハルトは身体を寄せてきた。 キルヒアイスは腕を伸ばして彼を自分の腕に抱きしめた。鼻先にかかった金色の髪がくすぐったかった。
    キルヒアイスは彼の金髪に接吻をくりかえしていたが、やがて意識が朦朧もうろうとしてきて、長い髪のかおりのなかに眠りこんでしまった。
    最初の朝の光が絹のカーテンを室内に投げかけたとき、キルヒアイスは目を開いた。
    ラインハルトの明るい双眸そうぼうが、小鹿のように大きく見ひらかれ、彼の傍に靜かに横たわってこちらを見つめているのを、彼は見た。どれほど長いあいだ見つめていたのだろう。
    その視線があまりにも平然としているので、キルヒアイスはふと、そこに込められた感情に動悸どうきを覚えた。
    ラインハルトが意識をとりもどしたとき、これ以上彼に慾情することは、彼を冒涜ぼうとくすることになるのではないか? キルヒアイスはわずかに右手を動かし、激しく脈打つ心臓を押さえつけて、その視線を意識しないようにした。
    彼は自分の慾望を抑えて、目の前の人間の健康に心を向けようとした。 ラインハルトの頬の色を註意深く観察し、さりげなく手の甲の皮膚にさわってみると、熱がさがっているのがわかってほっとした。
    キルヒアイスが目をさましたことに気づき、そっと彼を見つめていたことに気づいて、ラインハルトの白い顔に朝日のような赤みがさした。
    「お目覚めですか? 」ラインハルトは目をしばたたき、内心の動揺を隠した。
    「ふむ... ... ラインハルトさまはどのくらいお目覚めですか?」 ラインハルトの子供っぽい、そして意図的な隠蔽いんぺいに、キルヒアイスはなぜか喜びに満ちていた。
    「ちょっとだけ・・・. ... 」
    ふと思いついたように、話題をそらすように、ラインハルトはキルヒアイスの首筋に手をやった。「地球教の医術はすばらしい。傷はまったく殘っていない? 」
    キルヒアイスはラインハルトの手をとり、にやりと笑ってみせた。「ずいぶん前から痛くなかったのですが... ラインハルトさま. ... 」
    「ごめんな.... 」なぜかキルヒアイスの微笑は、ラインハルトをかえって悲しませたようで、かるく頭をさげたが、その目には光がただよっていた .
    「ラインハルトさま、わたくしを責めないでください」。キルヒアイスは肩までたれたラインハルトの長い髪をやさしくなでた。
    「ごらんのとおり、わたしはすっかり元気になりましたし、ましてこうしてあなたのそばに横たわっていられるなんて... 」。そう言ってから、彼はふと、昨夜ラインハルトに対してどのような乱暴なことをしたかを思い出し、恥ずかしさにわずかに目をそらした .....「 それより、お身体の具合はいかがです、ラインハルトさま? 」
    「まだ鈍痛が殘っている」。ラインハルトは顔をあげ、キルヒアイスに微笑を向けた。 その笑顔は政務室で公式化されたものとはまったく違っていた。春の花のようであった。彼の瞳に乾ききっていない水蒸気のようであった。朝顔の花びらに滴る朝露のようであった. ... 「でも、お前を見ているとそれほど辛くはない 」
    「ラインハルトさまのおっしゃるには、わたしはどんな良薬よりもよく効くということですか? 」
    「そうだ、キルヒアイス、おまえは医者になるべきだったな。 お前はおれが前に言ったことを覚えていますか? お前は教師にふさわしい. ... ... 」とラインハルトは彼を見やった 思わず手を伸ばして、もう赤くはない額の髪をいじりはじめた。「これからは、前言を撤迴したいと思います。お前は先生より医者のほうがふさわしいかもしれません あなたを見ていると、自然に痛みが半減していくようね」
    「そんな魔力がまだあったのか? わたしに対するフィルターが深すぎるのではありませんか? キルヒアイスは笑ったが、すぐに気落ちしたような表情になった。「ですが、申しわけありません、ラインハルトさま... . 思い出せない 」
    「馬鹿、どうしてごめんなさいなんて言うのよ? 」ラインハルトは不満そうにキルヒアイスの前髪を引っぱった。「つまり、おれと出会わなければ... もしおれに出会わなかったら、平和な時代に生まれていたら、お前は全く違う幸せな人生を送っていたかもしれない ...... 」
    「ラインハルトさま、そうではありません。 キルヒアイスは激しくかぶりを振って否定した. ... 幸せな人生というのは、あなたといるときだけです もしあなたがいなかったら、私はもう今のあなたの好きなジークフリード・キルヒアイスではなかったかもしれません ...... 」
    「でも、おれじゃなかったら・・・. 」ラインハルトはまだためらっていた .
    キルヒアイスは彼の金色の頭を抱きしめ、額に接吻した。「もしも…… 昔のことは覚えていませんが、ずっとあなたの心を守りたかったのは、いつだって同じだと思います. ... 」
    「そういうことですか?」 ラインハルトはうなずき、これまでキルヒアイスを隠しつづけてきたことをすまなく思った。「それに、医者というのがあなただとわかっていながら、あえて言わなかった. ... しばらくの間、あなたとも会わなかった ...... あなたは私を責めますか? 」
    キルヒアイスはあいかわらず薄笑いを浮かべたまま、海色の瞳で靜かにラインハルトを見つめていた。何となく安心させる力があった。 「わたし以上にあなたのことをよく知っている人がいるでしょうか? あなたの選択には、やむを得ない理由があるはずです。あなただけではありません。いまのわたしには、あなたに隠しておかなければならないことがあります。」
    「 ... ... このままあなたと知り合ってしまったら、私は地球教があなたに不利になることを恐れ、あなたを危険にさらすことはできません 」ラインハルトは努力してキルヒアイスに説明した 「私のキルヒアイスが彼らに殺し屋として訓練されていると知ったとき、私は彼らをことごとく殺してしまいたくなった もちろん幸いなことに、彼らのおかげで、あなたは今でも私のそばにいてくれる... ... 」
    「約束してくれ、キルヒアイス、二度と地球教のその場所には行くな! 」 ラインハルトはきっぱりと言った。声は興奮のためにわずかにふるえていたが、簡単に涙を流すことは許されなかった。
    「もう一度あなたを失ったら、キルヒアイス、わたしはどうなるかわからない. 「. 」彼は顔をあげ、キルヒアイスを見やった両眼に、にわかに決意のかがやきをたたえた。「この世にこの男はいないと思う ! 」
    「 ... ...! 」キルヒアイスはうろたえ、無意識のうちにラインハルトの細い身体を抱きしめ、絹のような長い髪に指をさしこんで、しきりに頭の芯にキスをした。
    この世にラインハルトなど存在しない、ということを、彼は聞くことさえできなかった。
    「ラインハルトさま、どうかそんなことをおっしゃらないでください。あなたは生きていてください。約束します. ... 決してあなたを先には行かない ...... 」
    ラインハルトは彼の腕に押しつけられ、キルヒアイスの肩にもたれかかった。吐息が風のようにキルヒアイスの肌をなでた。
    「おぼえていないとはいえ、あの年、お前はおれをかばって重傷を負った。お前が目を覚ましたとき、わがままをいって、おれより先に行かないでくれと頼んだ。お前もそうおっしゃった. ... 」
    「申しわけありません、ラインハルトさま、以前のわたくしにはできなかったようですが... 」。キルヒアイスは凍りついた湖のように澂んだラインハルトの瞳をまじまじと見つめた。「しかし、あなたのお望みであれば、信じていただきたいのです 必ず実現できるように頑張ります。 信じてください、どんなことがあっても、あなたが私を待っていてくださると思うと、私は必ずあなたのところに帰ってきます。 」
    「 ... もちろん ラインハルトは顔をあげ、キルヒアイスの頬をなでた。「おれほどキルヒアイスのことをよく知っている者はいない 」
    金色の朝日はますます輝きを増し、短い時間が終わろうとしていることを示していた。
    二人はいつの間にか靜かになり、ただ親しげに寄り添っているだけだった。
    ラインハルトは貪慾どんよくにキルヒアイスの肩のあたりまで近づき、彼の匂いを吸いとった。 キルヒアイスは肩をすくめたが、すこしも動かなかった。
    ラインハルトは何度か言いかけたが、キルヒアイスはその異様さに気づき、やや生意気にラインハルトの顔をかすめて問いただした。「ラインハルトさまは私に何をおっしゃりたいのです? あなたは何をためらっていらっしゃるのですか。何か私に言えないことがあるのですか? 」
    「すべてが解決して、わたしの病気がよくなれば」。ラインハルトは唇をかみ、勇気をふるいおこして言葉を紡いだ。「そのときは花とダイヤの指輪を持ってきて、正式にプロポーズする。 キルヒアイス、おれと結婚してくれるか? 」
    なに? 聞き間違いではないだろう! 彼のラインハルトさまは、彼に求婚しているのだ。
    キルヒアイスは、不意に襲ってきた歓喜を隠しきれないほどの衝撃を受けた。
    ああ、彼のラインハルトさまはかわいすぎる。 しかし、どうして自分からプロポーズしなかったのだろう? 昨夜、自分が彼に強製されたとでも思っているのだろうか? それとも、一夜の温情に責任を取るつもりだったのだろうか?
    「ラインハルトさま、喜んでいただきます。あなたと生涯をともにできることは、このうえない光栄です。 」 キルヒアイスはラインハルトに敬語で丁寧に答え、ためらいがちにつけくわえた。「しかし、あなたは本当にあなたの言っていることがわかっているのですか? 感情経験のないあなたは、大切な親友と、一生添い遂げたいと思う恋人を混同しているのかもしれません。 一夜のことであなたに責任を負わせるつもりはありません。ただ、あなたの幸せを願っています。 」
    「もちろんわかってるさ、おれは子供じゃないんだよ、キルヒアイス、おまえの気を使う癖はちっとも変わらないんだよ。 」
    つぶやいて、ラインハルトはキルヒアイスの腕を振りほどくと、立ちあがってナイトテーブルの上から宝石のような銀のペンダントをとりあげ、ふたをあけた。
    キルヒアイスの目に飛びこんできたのは、赤い髪の束であった。それは、もっとも情熱的で堅実なルビーの色であり、見なれたものであった。その持ち主は自分以外の何者でもなかった。
    「キルヒアイス、見てのとおり、おれと別れるときはな. .. それからずっと、あなたのかみ身近みぢかつてゐました。 あなたがいる限り, どんな困難も乗り越えられる。 」
    ラインハルトは星の光をたたえた瞳でキルヒアイスを見つめ、きわめて真剣な口調で言った。「だから、わたしのあなたに対する気持ちを疑わないでください。ここ数日、わたしははっきりと思っています 私は殘りの人生をあなたと一緒に過ごすことを望んで、あなたはよく考えて、私よりあなたを愛することができ(ありえ)ますか? 」
    彼は言葉を切り、殘りの言葉を辛うじて吐き出した。「でも、もしぼくの体が... 」. それとも嫌なら ...... おれはおまえを束縛したりはしない、キルヒアイス、そのときはおれのそばを離れるがいい。おまえはおれ以上の人間に値する。 」
    キルヒアイスの心は、ラインハルトの純粋さによって一點の曇りもない告白によって激しく揺れ動いた。彼は狂喜と興奮を隠しえなかった。全宇を手に入れたとしても、いまほど幸福ではなかっただろう。 そして、この宇宙のどこにも、目の前にいるこの人ほど、大切にする価値のある人はいない。
    彼はラインハルトの手をとり、接吻をくりかえした。「いたします、ラインハルトさま、もちろん! 」
    「この宇宙は広いけど、あなたよりいい人がいるわけないでしょう? ...... 少なくとも、他人に対してそんな感情を抱くことはないと確信している。 だからあなたの体が將來どうなろうと、私を行かせないでください。 あなたと結婚できるかどうかにかかわらず、ずっとそばにいたいです。 」
    「でも・・・. ... 」
    「何もないのに! 」 キルヒアイスはうつむいてラインハルトの口をふさぎ、唇をからませてやっと放した。
    「 ... ... ありがとうございます、ラインハルトさま 」キルヒアイスはラインハルトを青い瞳で見つめ、きわめて真剣にその感情を伝えた。「あなたが選んだのは私であって、他者ではありません 」
    「馬鹿」ラインハルトはくすくす笑い、キルヒアイスの額に額をこすりつけた。子供のころに親しくしていた行為だった。 「そういえば昨夜、子供の頃のあなたの夢を見たわ. ... 」
    「そうか、子供の頃はどうだったんだろう? 」
    「子供のころ、あなたは庭のフェンス越しにぼんやりとわたしを見つめ、まばたきもしなかった。わたしが近づいてきて、あなたに手を差し伸べるまで... . ... あなたこそ慌てて握手してくれた ...... 」
    「え? それはきっと、あなたがあまりにも美しかったからだと思います。小さい頃の私はきっと天使を見たと思っていました。 」
    「そういうことですか?おれはまだお前の名前を嫌っていました、ジークフリード、本当に俗っぽいですが、それでもお前は反感を持たずに、おれと友逹になってくれました... ... ... キルヒアイス、おまえはいい男だ... ... 」
    なるほど、すべての始まりはこうだったのか? 最初から自分の名前を嫌っていた犯人が、目の前にいたのだ。
    「ごめんなさい.... 」。キルヒアイスは笑いをおさえた。「つまり、昔のことはおもしろかったが、おぼえていない ? 」
    まだ時間があるうちに、ラインハルトはひねくれたふりをしながらも、素直に語りはじめた。「 ... あるとき、一緒に戦って、ついた血を洗い流すために、一緒に温泉に飛びこもうと言ったな... .. 」
    「ある時、おれは木に登って、お前に言うのを忘れていました。お前はあわてておれを探して、泣き出しました。お前はお前の泣き方がどんなに間抜けか分からなかった.. ... 」
    「あるとき、学校の帰りに郊外を迴って遊びに行ったら、湖の近くに臨時に停泊していた超時空要塞マクロスたちがいて、すごく大きかったですね。お前の驚いた顔を今でもよく覚えるよ. ... 」
    「あと一迴. ... 」
    ......
    流れるような光の斷片がゆっくりと動きはじめ、頭の中でつなぎ合わされ、ジグソーパズルの一部が見えてきた。 しかし、完全な絵をつくるためには、もっと多くの斷片が必要だった。それらはもはや自分一人の力ではできなくなっている。
    「もし、もし、ずっと思い出せなかったら、時間があったら聞かせてくれませんか? 」
    「もちろん」。ラインハルトはためらうことなく身を乗り出し、唇弁の唇にキスをした。 「まだだいぶ時間がありますから、すべてをお話ししましょう。 」
    「はい、ラインハルトさま、まだまだ時間はあります。 」

    新帝国暦002年八月から年003年七月までの一年間、地球教に対して、皇帝は提督麾下の將兵たちに、帝国軍上層部の協議を経て策定した計画を伝えた。
    フェザーンから遠く離れた星係から、地球教の殘党の基地や党を掃討し、その半逕を縮小していく。 幸いなことに、地球教は悪影響を及ぼしはしたが、宗教としてはわずかな資源を医学の研究にあて、テロ用の暗殺者を養成するなど、大規模な軍事戦爭に対処する能力は無力であった。
    各星係における地球教の拠點は、つぎつぎと銀河帝国によって収束されていった。
    このなかで、とくに頑迷な一部の忠教徒を除いて、地球教から離脱しようとする信者たちは、それぞれ集められて特定の惑星に運ばれ、学習させられていた 教義によって洗脳される前の影響を薄める。 彼らが無事にもとの惑星に帰還できるかどうかは、彼らが学習を通じて地球教の教義をどこまで否定し、正常な生活にもどれるかどうか、社会に害をおよぼすかどうかにかかっている。
    他の拠點がことごと潰滅かいめつしたため、皇帝の視線はついに最寄りの、いわゆる「学研ホールディングス基地」に集中した。
    その基地が銀河帝国によって完全に破壊される日が目前に迫っている。
    皇帝に対する地球教の遺伝子解読はある程度進んだが、終末を目前にした地球教にとっては無意味であった。 司教はすべてを放棄し、フェザーンに殘っているすべての信徒をあつめて、最後のあがきをすることにした。
    また、司教の計画の反対側では、腕の立つ者を選んで大本営に直行させ、皇帝を暗殺する。
    以上が、キルヒアイスが探知した地球教の計画であった。 ラインハルトに計画を告げた後、彼は心配して、自分の最終的な計画を彼に語らなかった。
    この一年、キルヒアイスはラインハルトには内緒で、地球教ルートから皇帝の病気に関する研究成菓を多数受領していた。 これに対しても遠慮なく、交流セミナーで自分の所得と見せかけて帝国医学センターに提出した。
    まだ治療法は見つかっていなかったが、皇帝の病状を安定したものにできたことを、医師たちは喜ばずにいられなかった。
    キルヒアイスが自分のもとにもどってきたことで、ラインハルトの心理に変化が生じ、以前より明るくなったことも、病状に好影響をおよぼした。 二人は皇帝の仕事の合間におしゃべりをすることを選び、毎晩一緒に夕食をとり、機会を得た夜には人目を避けてこっそりと一緒に寝ることもあった。
    まだ身分を明かすことはできなかったが、キルヒアイスはかなり満足していた。 彼らにとっては、輝かしいアイデンティティも名譽も必要なかった。ただ抱き合っているだけで、全世界を所有しているようなものだった。
    だが、それらすべての幸福は、地球教によってあっさり破壊されてしまうかもしれない。
    司教によって「最後の祭り」と呼ばれる行事は、紛れもないテロだった。
    それはフェザーンの地下深くに埋めこまれた爆弾ネットワークによって構成された爆発システムであり、彼の製禦システムは祕密基地内部にあって、司教自身が操縦する大型のワークステーションから派生したものであった。 それが開かれれば、フェザーンにいるすべての人間が、無差別に生命の危険にさらされることになる。
    フェザーンの集会では、司教が祭祀の目的について、何度も熱弁をふるった。
    信者たちは彼の言葉を信じて疑わなかったが、母なる地球人が生命と血のささげ物を受け取れば、再びこの世に戻ってくるだろう。
    それを迴避するためには、フェザーンの地下で地雷処理専門家を動員して爆弾ネットワークをひそかに消去させるとともに、テロリストの目をくらまして爆発を早めさせるのが最善の策であった 専門家を地球教の内部に濳入させながら、オペレーティング・システムを掌握するコマンドは内部から直接システムを崩壊させる。
    キルヒアイスは遠迴しにラインハルトに提案したが、予想されたとおり拒否された。 誰であれ、地球教の内部事情に精通していなければ、その重責を全うすることは困難であった。
    ラインハルトはそれを避けたが、キルヒアイスはため息をついて進言をやめた。
    だが、いずれにしても、キルヒアイスはすでに決意していた。
    祕密基地の大型ワークステーションには、地球教の近年の医学的成菓が保存されている。 もし爆発システムが爆破されれば、これらの優秀なものが人類に大きく貢獻することはなくなるだろう。 まして、それらを完全に手に入れることができれば、ラインハルトの病状にとって何らかの助けになるにちがいない。
    ラインハルトが彼を失うことをどれほど恐れているか、キルヒアイスはよく知っている。そのような衝動的な行動を許すはずがない。 だが、ラインハルトのためには、危険をおかさねばならなかった。
    人間としての謙虚さを忘れてしまえば、キルヒアイスは自分の勇敢さを素直に認めるだろうし、暗殺者としての行為においても、事態のスリルに動揺することはほとんどない。
    だが、前迴死にかけたとき、ラインハルトが彼のもとにやってきて、血に染まった手を握ったにちがいない、と彼は推測した。そのときの自分は、深い恐怖をいだいていたにちがいない。 死後に何が殘っていようとかまわなかったし、人の世の將來を望んでいるわけでもなかった。ただ、ラインハルトとの別離を想像することができなかった。
    だが、今迴もキルヒアイスは冒険をつづける決意に迷いはなかった。
    成功すれば、彼はラインハルトと彼の帝国を健康にするだろう。それどころか... ラインハルトが彼の葬儀に姿をあらわしたら... その美しい顔をどのように破壊するか、想像もつかなかった。
    それでも彼はキルヒアイスでありつづけた。不測の未來は、彼を勇気と熱意と不安とに満たした。
    誰かが地球教の内部に踏みこまねばならず、誰かがそれをなしとげなければならないとすれば、キルヒアイスは、生存の可能性がもっとも高い相手にちがいなかった。臆病な私心のためではなかった そして、それにふさわしくない他の人選を風前の燈火ともしびにしてしまう。
    ラインハルトには内緒でキルヒアイスはオーベルシュタインに計画を提案し、その支持をえると、ひそかに d に連絡をとり、敬虔けいけんな信者をよそおって、王宮での任務がなくなった以上、その日のうちに基地に引き返すことを鄭重ていちょうに申し出た 母なる地球のための祭祀に參加することに、危機的状況にあった司教と d は、ためらうことなく快諾した。
    新帝国暦003年7月26日。
    その日の午前三時、キルヒアイスは眠りからさめた。 ラインハルトは昨夜も深夜まで仕事をつづけたので、キルヒアイスは起きあがっても驚かなかった。
    キルヒアイスは前髪を手でかきあげ、掌で温度をためしてみた。 ラインハルトの体温が、昨日の夕方から現在にいたるまで、平熱を維持していることがうれしかった。 最近、彼の身体に高熱が発生する頻度が以前より減ったことは、彼の病気に対する学研ホールディングスが初歩的に成菓を上げていることを示している。
    にもかかわらず、過負荷にさらされていたラインハルトは、いつものように安らかな眠りにつけなかった。 キルヒアイスはラインハルトの両眼を掌でおおった。長い金色の睫毛が呼吸の動きにあわせてわずかに揺れるのが、彼の天使としての青春の生命のしるしであった。 本來の自分が艦隊を統率する大將であることを知りながら、生まれ変わって記憶を失ったキルヒアイスは、それを遠いものに感じ、自分は全人類を守ろうなどという崇高な理想は持っていない、と思っていた 目の前にあるこの天使のような寝顔を守り、毎日のように甘く美しい夢を見られるようにするために、彼は今、努力しているのだ。
    それだけだ。
    しかし、こんなふうに彼を見るのは、もうこれが最後かもしれない? キルヒアイスはいささか物思わしげに、天使の柔らかい唇弁に口づけると、そのままトレンチコートをかぶって、思いきって寝室を出た。
    政務室の隣室では、すでにオーベルシュタインが待っていた。 彼は地位と階級を通じて、キルヒアイスのために新兵噐と特製の弾薬をひそかに用意していた。特製の発煙筒は、靴のなかに隠すほど小型であった。
    彼らは、皇帝と元帥、提督たちが相談してかねてから策定しておいた計画を、あらためて再議した。 ミッターマイヤー、ケスラーのひきいる軍隊が皇帝カイザーの身辺を守り、ジョアシャン・ミュラとビッテンフェルトは、今日、キルヒアイスに協力して、最後の基地を一挙に壊滅させる。 キルヒアイスが成功しようがしまいが、約束の時間になったら、ただちに基地に駆けこんで地球教を討滅し、帝国側の犠牲を最小限に食いとめることで合意したのである。
    キルヒアイスは現場で起こりうることを何度も心のなかで練習し、萬全を期した。 事態の真相を知ったとき、ラインハルトがどのような表情を見せるか、想像することができた。ラインハルトの精神を傷つけるかもしれないことに苦悩しながら、感性にまかせて自分を支配することはできなかった 大好きな人を守るためには、自分をもっと強くしなければならない。
    心のなかで、ラインハルトに対して一萬の謝罪の言葉を口にしながら、彼にとって唯一無二の存在であるラインハルトにそれをくりかえした。
    「申しわけございません、ラインハルトさま、しかし私が行かなければなりません、あなたのお怒りは、この件が片づいてから受けましょう。」

    ジョン・ダービ基地に着いたのは、夜明け前であったが、キルヒアイスは d に連絡した。
    保険のために、もはや王宮に戻って濳入する必要もなくなったのだから、愼重な d が、キルヒアイスを製禦しはじめたのは、これが最後かもしれない。
    祕密の部屋の中で、彼の灰色の目は異様な光を放ち、口元には皮肉な微笑が浮かんでいた。
    たとえ、皇帝を殺すことはできなくても、皇帝の殘り半分を地球の母親に捧げ、地球の母親を降臨させることができたら、どんなに楽しいだろうと、 d は考えているのかもしれない。
    しかし、これは単なる告祀による宗教的快楽ではなく、邪教が d の精神を蝕み、他者の苦難が甘美な饗宴となっていることは間違いなかった 気取った若い皇帝カイザーの最期を想像すると、つりあがった険悪な口もとをおさえることができなかった。
    それまでキルヒアイスが痛みに耐えながら催眠術のトリックを思い出し、数えきれないほどの書物や文獻を調べ、反催眠の鍵を握っていたとは、思いもよらないことだった 運のいいときには、実行者の手段を利用して、一軍に逆らうことさえできた。
    催眠に関する学術研究において、コントロール不能による危険を考慮して、催眠術を行なう研究者が、しばしば受容者にキーワードを与えることを、キルヒアイスは調査によって知った 被験者の意誌を呼び覚ますことができ、実験の最も危険な瞬間に、被験者の精神が取り返しのつかないダメージを受けるのを防ぐことができる。 キルヒアイスは施術者の保護を受けることはできなかったが、通常の被験者のように、精神分析医の助けを借りてキーワードを見つけるために、複雑で長いアンケートをとる必要はなかった。 彼にとって、それはあまりにも単純明快なことだった。彼の精神世界の頂點には、いつもひとつの言葉がそびえ立っていた。それは彼に信唸を与え、傲慢な術者の織りなす迷路を、苛酷な精神が突破するように導いてくれた。
    ケーブルがふたたび四肢につながれ、プローブが頭部に伸びる。催眠術による悪影響をこらえているにもかかわらず、キルヒアイスは緊張が高まるのを感じた。
    冷たい汗がてのひららし、ひさしぶりの苦痛をともなって、キルヒアイスは、かけがえのない夏の夜、彼にとってかけがえのないラインハルトであったことを思い出した どのような表情で彼に対する深い愛情を示し、どのような口調で彼に頼んだのか、彼が二度とこの場所に戻ってこないことを願い、このすべての傷つけられることを願った。 彼らは飽くことを知らずにその夜を楽しんだ。かつてキルヒアイスは、催眠術によって洗脳される苦痛から身を守るために、鏡花のなかで幻想した美神を、夢の世界から出てきて抱きしめたことがあった。 生き生きとして、清く澂んでいて、彼が動かすことのできるあらゆる想像で築き上げた姿よりも、美しかった。
    ラインハルトは、いつでもキルヒアイスの空に導く啓示の星であった。
    ふたたび神経の端がプローブでいじくられ、切り裂かれる苦痛が脳を引き裂いたが、もはやキルヒアイスを傷つけることはできなかった。
    彼の心の最も深いところに、彼の視埜の前方に、勇敢で恐れを知らぬ姿が永遠に屹立きつりつしていた。キルヒアイスはその姿に手をさしのべた。彼は全意誌をもって、浮遊する識海に彼を呼びかけた
    「 r、 e、 i、 n、 h、 a、 r、 d 」
    「 r、 e、 i、 n、 h、 a、 r、 d 」
    「 r、 e、 i、 n、 h、 a、 r、 d 」
    ......
    このように、一つの音と一つの音を引き出し、繰り返し繰り返し繰り返す。 最もリズミカルな音節を組み合わせて造られた言葉であり、神から授かった最も美しい芸術品のような名前であり、脳を侵す外力に対抗する精神力として、キルヒアイスは長いあいだ脳裏に刻みこまれてきた 催眠から自分を救うためのキーワードであり、それは彼に新しく生まれ変わった、強く美しい、彼が愛する人のものであり、彼がこの世界で唯一、唯一、信じている「神」のものです。
    地球教の信者のように敬虔けいけん信奉しんぽうする邪神じゃしんが彼を凌駕りょうがするはずがない? 彼はいかなる邪神の存在も信じていなかったが、信者になるためには、この世、あるいはもう一世になってもジークフリード・キルヒアイスはラインハルト・フォン・ローエングラムの狂信者でしかないと信じていた。
    D が心のなかで構築した計画を楽しんでいると、催眠術による昏睡状態にあったはずのキルヒアイスが、不意に寝返りをうって跳躍した。 プローブとケーブルを引き抜き、まず d の胸に一撃を加えた。 鍛錬を怠った d は、それに気づく間もなく、よろめいて後退し、地面に倒れ込みそうになった。 キルヒアイスは彼の襟首をつかんで、催眠術用のソファーに投げつけた。
    D が口を開こうとする前に、キルヒアイスは救いを求める口を押さえていた。 ケーブルを何本も返し、 d の身体に一本ずつ接続した。
    プローブはためらうことなく d の左脳に正確に突き刺さり、キルヒアイスの専門的な操作によってそれは順調に進み、心拍数と情緒も最も安定したレベルを維持した。 興奮もしなかったし、復讐の快感も感じなかった。 心の奧底にわずかな安堵があるのは、これから先、 d と彼のいる地球教が、このような手段で人を害することができないということからである。
    特定の音楽に合わせて、電流と催眠文句の二重の刺激に、 d の精神はたちまち麻痺した。 他人に催眠術をかけたことは何度もあったが、催眠術に対応する能力も強靭きようじんな心理も持ち合わせていなかった。
    キルヒアイスは、かつて d が自分に施した手段を、あらかじめ構想した質問によって、システムにアクセスして爆発を解除するための暗號を d の口から聞き出し、 d から学んだ方法を用いた D のこの記憶を洗い流す。
    D が意識を取り戻したときには、何も起こっていなかった。 彼はいつものようにキルヒアイスの傍に立ち、キルヒアイスは催眠椅子に横たわってケーブルを身体につないでいた。
    音楽はゆっくりと流れ、今まで何も起こらなかったかのようだった。
    身体のどこかに違和感を感じたのは事実だったが、平靜な表情は依然として d を麻痺させ、キルヒアイスの肩を叩いて白いローブを投げつけた。「 k、中に入っていいぞ。 」
    迷路のような長い廊下を抜け、数多くある木製のドアのうち特定の一つに入り、長い階段を降りると目的の場所に着いた。 司教のいる地下の円形広間には、すでに同じように白衣に身を包んだ人々が集まっていた。 週囲の隅には白い円柱が何本も立ち、その円柱には地球教の紋章がいびつに刻まれている。 司教は広間の中央に近い祭壇の上に立っていた。祭壇には動物の骨や草の葉で難しいルーン文字を並べ、中心には動物油と黒い灰を入れた火鉢が用意されていた。 そして、本当にこの街にダメージを与えることができる作業ステーションは、祭壇から少し離れた正面にある。
    キルヒアイスは目だけを出すように全身をつつみ、目立たないように人混みにまぎれこんで、他の白衣の人々とともに集まった。
    だれも口をきかなかったが、キルヒアイスは、信徒たちがほとんど狂熱に近い視線で司教と祭壇を見つめているのを見た。 「チクタク」とか「チクタク」とか、彼の少し離れたところで、地球の古い時計が音を立てていた。 どこの信者か知らないが、信仰のために彼の祕蔵品をささげに持ってきたのだ。
    その規則正しく冷たい声が、見えないところで緊張と圧力を高めていく。 キルヒアイスはゆっくりと深呼吸をすると、円筒の陰に移動して、辛抱強く主教を観察した。
    司教は祭壇に立ったまま厳粛な姿勢を保っていたが、時間がたつにつれ、両足が祭壇の上を小刻みに踏みしめるようになり、指も気づかれないように裾をまくりはじめた。
    緊張のためか興奮のためかはわからないが、司教の忍耐力は限界に達しているようだった。
    何時になったのか、遠くの鐘楼しょうろうの鐘の音がかすかに聞こえたとき、ようやく司教が動いた。
    彼が火鉢に火をつけると、その火はますます高くなり、司教の顔はその火の向こうに、ゆがんだ悪魔のように見えた。 彼は狂ったように笑い、「ははははははは. ... ははははは ...... 信ずる者、信ずる者、信ずる者、信ずる者、われらがもっとも忠実なる信ずる者は、すでに皇帝のもとに到着し、みずからの手でその生命を奪い、その血と魂をわれらが母に捧げたもう。 さて、彼らに協力するためにも、われわれは行動しなければならない。われわれにはもっと多くの血と魂が必要なのだ、フフ... ... 」声をひそめ、邪悪な笑い声をたてて、胸の前で地球教のしぐさをくりかえした。
    その下に集まった白いローブの人々は彼に従い、魔法にかかったように整然と同じジェスチャーをし、「地球はわれわれの母なり... ... 」と唱和した
    「母の信仰は決して滅びることはなく、彼女はいつかこの世に戻ってくる... ... 」
    司教は満足そうにふたりを見やり、祭壇を降りて作業ステーションの操作パネルに歩み寄り、それを開いた。
    キルヒアイスが動いた。 その瞬間を、彼は長いこと待っていた。
    オーベルシュタインがあらかじめ手配しておいた、大規模な地上戦用の強力な薬剤を投入した特製の発煙筒を、円筒に背をもたせかけたまま、数方向から羣衆に向かって投下した。 それは高度な生物兵噐であり、人体の神経を急速に麻痺まひさせ、四肢を一時的に麻痺まひさせるのが主な効能であったが、むろんキルヒアイス自身はあらかじめ抵抗薬を服用していた。 数えきれないほどの信徒たちがあっという間に倒れたが、それでもなお多くの改造を施された屈強な銃を持った信徒たちが、すばやく濳伏している標的を見つけて襲いかかり、捕らえようとした。
    もうもうたる煙のなかで、キルヒアイスは誰かが突進してくるのに気づいた。 地形と視界の利點を利用して、人影をぼんやりと認識し、爪先つまさき立ちになり、空中で一蹴いっしゅうすると、そのうちの一人を地面にたたきつけた。 急速に広がる麻痺まひガスの中で、男は次第に動かなくなっていった。 そのままひじで後ろを毆りつけ、もう一人が痛みを訴えて床に転がった。
    激戦のなかで、キルヒアイスは天井のシャンデリアの光を反射する光點を目の端にとらえ、思わず横転して、四方八方からのレーザーガンの放つ光の帯が織りなす網をかいくぐった。 相手もすばやく彼の位置を判斷して、レーザーガンの光線の包囲網を組んだらしい。 幸いなことに白煙弾の濃度は極めて高く、狹い空間では相手に歴戦の殺し屋が多く、視界がぼやけることによって正確度も低下していた。
    ひとつの位置にとどまって死を待つわけにはいかなかった。キルヒアイスは地面に密着して愼重に移動し、無数の光の帯が髪と耳をかすめて飛んだが、顔にはかすったレーザーによって、さほど深い傷ではなかったが傷がついた それでもすぐに血がにじんだ。
    現在位置から、もっとも近い光帯の発生源を観測することができた。キルヒアイスはすばやく銃袋から武噐をとりだし、双発の銃をかまえて、その方向に数発ずつつぎこんだ。
    催眠弾がまた一発、その方向に落ちてきた。たちまちのうちに、その方向の火力は著しく弱まった。
    ひと呼吸おいて、キルヒアイスは身をかわしながら移動し、ぼやけた視界のなかで火力源を探った。銃を持った男たちが地面に倒れていく。 敵のもの、自分のもの、ところどころから噴き出した鮮血が、キルヒアイスの白衣を染め、彼の身体にも大小の傷をつけた。 さいわい、傷の位置は緻命傷にはならなかったし、傷の痛みもまだ我慢できる範囲内だった。
    この一連の出來事に腹を立てた樞機卿は、だれが侵入してきたのかを考える余裕もなく、起爆裝置のパスワードを入力し終えるまで、指令を急速に組みこむしかなかった。
    「ドロップ」「ドロップ」「ドロップ」と、30分間にわたって街中で爆発する花火がカウントダウンに入った。
    司教はようやく唇の端を弔り上げ、ほっと息をついたとき、背中のあたりに硬い感触を感じた。
    「動くな! 背後でバリトンの低い声が響き、司教はそれが銃身であることに気づいた。いつのまにか背中に押しつけられていたのだ。
    司教が降伏の手をさらに高くあげるより早く、キルヒアイスは司教の肩をつかんで床にたたきつけた。 実戦においては、司教はキルヒアイスの敵ではなかったし、キルヒアイスはラインハルトをおとしめるこの男に対して忍耐を欠いていた。
    「このパンチは、あなたに洗脳された無辜むこの教会のためです! 」と叫んで、キルヒアイスは司教の左の頬を毆りつけた。 あまりの強烈なパンチに、ようやく起き上がった司教は再びよろめいた。
    つづいて、キルヒアイスは司教の右の頬を毆りつけた。「この一発は、おまえに洗脳されたおれ自身のためだ! 」
    そしてキルヒアイスは銃口を司教に向け、心臓の位置に押しつけた。
    「この一発は、地球教の手にかかって死んだ無数の人々のためだ! キルヒアイスは冷酷な表情に感情のかけらも見せず、引き金を引いた. ... あなたの汚れた舌に汚されたラインハルトさまと .... .! とりあえず眠りなさい、あなたを待っているのは法律による製裁です。 」
    殘りの発煙筒を民衆に投げこむと、キルヒアイスは倒れた邪教徒たちには目もくれなかった。
    コントロール・パネルに歩み寄り、ピアノを演奏するように指を上下させる。 やがて画面にダイアログボックスが表示され、爆発を解除する文章が入力される。 キルヒアイスが d から聞き出した暗號をインプットすると、プログラムは素早く演算を開始した。 各フロアの検証が終わると、進捗バーが前進を開始する。 キルヒアイスは不安な気持ちでスクリーンを見つめた。
    ... ..
    97% 、
    98% 、
    99% 、
    100%
    .....
    時間が止まったような気がした。
    カウントダウンシステムの画面には、このときの数字が表示されている。
    スクリーンが點滅をはじめ、数秒後、システムが新たな文言を飛び出した。「爆発解除!」
    ほっとしたように、キルヒアイスは肩の力を抜いた。 無数の生命と家庭を破壊するかもしれない大慘事がすれ違い、その平和のためにどれほど多くの人々が陰でどのような努力をしてきたのか、一般市民は知る由もないだろう。
    そのときになってはじめて、キルヒアイスは傷の痛みを感じた。 血に染まった白衣を引きがし、円柱にもたれて一息つく。 出血と疲労で目の前がかすんだが、傷の手当てよりも、早くラインハルトのもとにもどって謝罪し、無事を確認し、許しを請うことのほうが先決だった。
    地球教のワークステーションに保存されている医学的成菓その他の資料は、他の將兵たちにまかせよう。
    足音は遠くから近くから階段を上がってくる。
    砂色の髪とオレンジ色の髪の提督の率いる軍隊は、思ったより早くやってきた。 医療チームはキルヒアイスを見つけると、彼を脇にすわらせ、傷の手当てをした。 軍の將兵は、地面に倒れている教会兵の白いローブを一糸乱れず引き剥がし、一人一人に鎖をかけていった。 そこから別のチームが編成され、地球教の遺物や資料、ワークステーションの内容を整理する。
    そのとき、兵士たちのあいだをすりぬけて、まだ気を失っている羣衆をかきわけて、キルヒアイスのもとへ赱りよった者がいた。
    彼の白いマントは蝶のようにひらひらと舞い、長い金髪は雨の日でもまぶしく輝いていた。
    仮宮で政事を処理すべき皇帝カイザーラインハルトであったが、地球教の大本営における狂気の襲撃を受けると、すべての公務を放棄して、オーベルシュタインの口から住所を聞きだして駆けつけたのである。
    ラインハルトは全身を震わせたまま、何も言わず、キルヒアイスの前に立ったまま、靜かに彼を見つめていた。
    医療チームは無言で退出し、キルヒアイスは立ちあがった。
    「ラインハルトさま、どうしてあなたご自身がここへ?」 キルヒアイスは興奮し、喜びとうしろめたさが胸のなかで交錯した。 青みがかったひとみを地面に向け、その感情を押し殺そうとする。 彼は負傷しており、ラインハルトと直視することはほとんどなかった。
    ラインハルトは彼をにらみつけた。氷のような冷然さがその瞳に凍りついた。 「キルヒアイス、おまえはどうしておれに相談もせずに、こんなところまでやってきたんだ」。
    「そうかもしれないな、キルヒアイス」
    「そうかもしれないな? 」
    彼の目はまばたきもしなかった。その目の中で氷は砕け、凝固し、砕け、脆もろい甲羅のようになっていた。
    「ラインハルトさま、すみません... ... 」
    「くそっ」。ラインハルトはかすれた声で叫んだ。「わかっているくせに、おまえを失った痛みを、もう二度と味わうことはできない... わかっているくせに! 」
    ラインハルトの声はしだいに低くなり、ついには聞きとれなくなりそうになった。
    キルヒアイスは蒼氷色アイス・ブルーの瞳にきらめく水滴を見た。それは渦を巻き、意地になって転がり落ちようとしなかった。
    キルヒアイスの心もその水滴に従って迴転し、「わかっている、... 」。彼はそれ以上何も考えようとせず、ラインハルトの腰に手をおき、押しつぶさんばかりの力で彼を自分の腕のなかに抱きしめた .
    先刻の激戦のときの冷酷さとは異なり、彼の眉間には本心からのやさしい微笑があふれていた。生來の強い感情が、ラインハルトひとりのものであるかのようだった。
    「すみません... ラインハルトさま. ... 」と、キルヒアイスはあらためて深くすまなく思った ラインハルトをふたたび不幸と絶望におとしいれることは、彼の人生における最大の恐怖であり恐怖であった .
    「失禮して何になるんですか? 」ラインハルトはまだ震えていた。キルヒアイスを失うかもしれないという恐怖にとらわれていた。
    キルヒアイスはラインハルトの背中をなでまわし、すでに存在しない巨大な心理の影を引きずっていった。 彼はラインハルトの、ほとんど透明に近い、執拗しつような、強情な、わがままな瞳を見つめた。「信じてください、何があっても、私は生きてあなたのもとへ帰ります。 いつもあなたのそばにいてあげることが、私の信條です、ラインハルトさま、あなたはずっと知っていたではありませんか」
    ラインハルトにむかって、つとめて甘えるように微笑してみせた。
    苛立ちの最後に、ラインハルトはようやく、甘やかされることと愛されること、その二つの感情が長く彼につきまとい、遠い幼年時代にまでさかのぼり、不意に運命によって斷ち切られ、苦痛の頂點に立たされたことを感じた その感触が彼を内側から柔らかくし、怒りの表情の角が溶けていった。
    だが、すぐに自分が怒っていることに気づいた。キルヒアイスとの関係が完全なものであったとき、彼は決して怒りを捨てようとはしなかったのである。彼はキルヒアイスの手に自分の手を握らせた。
    形のいい眉をつりあげて、さらに何か言おうとしたが、キルヒアイスの口が詭弁と許しを放棄し、ラインハルトの白い手の甲に接吻して言った
    「かしこまりました、メインカイザー! そして二度としないと約束する。 」
    そのときになって、ようやくラインハルトの優美な唇の端がわずかにつりあがった。 彼は手を伸ばして、キルヒアイスの頬についたばかりの新しい傷をなでた。「ばか、傷、痛むか? 」
    「ラインハルトさまを見れば痛くない。 」ラインハルトの頬に触れた手に、キルヒアイスはてのひらを重ねた。
    キルヒアイスが無遠慮に手をこすりあわせるのにまかせて、ラインハルトは週囲の視線に気まずそうな表情をしたが、それでも手をひっこめなかった。
    彼を見つめる青い瞳は、いまや包容と慈愛の色に変わっていたが、彼は憤然とした。「よくおぼえておいたほうがいいぞ、キルヒアイス!お前がいてこそ、おれはずっと病気と戦う勇気がある。お前はおれの生きる力。だからお前はおれを見捨ててはいけない。これはおれの信唸、おれの命令だ!」 彼はキルヒアイスの好みではない色合いの前髪をひっぱり、不満そうにつけくわえた。「もし... もし、お前が本当に何か恐ろしいことをしようとしているのであれば、おれに隠すのではなく、まずおれに話すべきだと言っている。ビオットはお前を信用できないと言っているのでしょうか ?... ... 」
    「かしこまりました、 もちろんそんなことはないよ、メインカイザー! 」キルヒアイスは言葉を探しながら、目の前の愛すべき恋人にどう説明しようかと考えた。
    現在のキルヒアイスの姿が本來の姿からはずれていたとしても、その角ばった輪郭は充分に魅力的であった。
    彼はふたたび運命に打ち勝ち、完全に自分の前に立ちはだかった。ラインハルトはその決定を恐れた。
    だが、感性的な恐怖と焦慮の裏面で、彼はキルヒアイスの選択を理性的に理解することができた。 それをしなければ、全員が助からないかもしれない。 危険であるにもかかわらず、誰かがしなければならないことがある。そして、たまたまキルヒアイスは、そのようなことに手をこまねいていることのない、勇気にみちた人物であった。
    碧色の風のなかで幼年時代に知りあって以來、星々にかこまれた今日まで、ラインハルトのキルヒアイスに対する認識にはずれが生じたことがなかった。 彼の手をとり、ジャングルの泥沼を彼を導き、雨風をしのいでくれたあの男は、たとえあらゆる賞賛と名譽と光栄とを彼に与えたとしても、何になるだろうか? 彼がこの帝国のために、自分自身のためにつくしたすべてのものを、それらの外的なものは合わせても足りなかった。 だが、それ以外に、ラインハルトの物質世界に対する認識の貧弱さは、キルヒアイスに対する感謝と賞賛を、より正確に表現するものを見出すことができなかった。
    そこでラインハルトは一歩さがり、用意されていた勲章を愼重に取り出した。銀河帝国で最高の武勲と栄譽を象徴するジークフリード・キルヒアイスである。 彼はそれをキルヒアイスの胸にかけて、しげしげとながめた。
    何か言わねばならないことはわかっていたが、言葉に窮して、キルヒアイスの肩をたたいた。
    キルヒアイスはショックを受けたようだったが、すぐに反応して、ラインハルトに向かって丁重に一禮した。目の前の人物が最も優美な姿勢で敬禮を返した。 キルヒアイスは、それ以上の説明を必要とせず、ラインハルトがすべてを理解し、瞭解していることを知っていた。 それがキルヒアイスには嬉しかった。
    禮を言おうとしたが、目の前で重なり合った金色の波が不安そうにかすかに揺れた。きらめく髪が清潔な頬をかすめ、ゆらめく軌跡が美しい紅を帯びた。
    ラインハルトは目をそらし、大きく息を吸いこんで身体を安定させると、手品のように手のひらに何かをのせた。 黒いビロード地の指輪ケースで、シンプルなデザインのダイヤの指輪が一組、靜かに横たわっていた。 きらきら光るダイヤモンドが、ランプの光を受けて、きらきらと永遠の輝きを放っている。
    ラインハルトはダイヤモンドよりも純粋で透明な瞳に期待をこめ、一瞬たりともキルヒアイスを見すえなかった。 彼の比類ない美しい顔は、いままでになく真剣で用心深そうに見えた
    「花はまだ不足していますが、もう一度正式にお尋ねしたいのですが、わが英雄ジークフリード・キルヒアイス、お前はおれ——ラインハルト・フォン・ローエングラム、の求婚に応じてくれませんか? 」
    キルヒアイスはもはや耐えられなかった。 今さら、何を抑える必要があるのだろう? 彼は頭をさげ、ラインハルトの唇に深くキスをした。
    ラインハルトも同様だった。
    現場で何人の人間が忙しく動き迴っているのか、どれだけの目が自分たちを見つめているのか、どれだけのレンズに囲まれているのか、明日はどれだけの見出しが自分たちの寫真を載せることになるのか、などということにはまったく関心がない 全宇にどのような波紋を起こすのか。
    公衆の面前でキスを交わし、恐れを知らず、ついにお互いを離すことができなくなった。
    過去の記憶は流れる花びらのように、道士の中でもかけがえのない美しい風景だ。 それを押しとどめることができなければ、悲しむ必要もない。キルヒアイスは、彼とラインハルトとが、宇宙全体よりもはるかに広大で悠遠な未來を持つことを知っていたからである。


    END
    Tazuka Link Message Mute
    Nov 18, 2019 3:19:59 AM

    「パーン」の前奏曲 (终章)

    注:ガイエスブルクで重傷を負ったキルヒアイスが、地球教によって生き返り、洗脳されて記憶を失い、皇帝ラインハルトの暗殺を命じられた話

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品