イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    ライダー図鑑風プロフィール(本編沿いもどき) 「強くなるってのは自分でならなきゃ意味がないんだよ。願う程強くなりたいって思ってんなら、少しずつでも必ず理想に近付ける!!」 「この子はこれだけの為に心を開く程、薄情じゃないわよ」 「強くなるってのは自分でならなきゃ意味がないんだよ。願う程強くなりたいって思ってんなら、少しずつでも必ず理想に近付ける!!」
    ■プロフィール
    名前:真島透
    種族:人間
    性別:女性
    年齢:18歳
    職業・身分など:不明
    家族など: 真島明(父)、真島千明(母)

    ■説明
    日付だけが記載された乗車券を所有する女性。そのカードは父親の形見として渡されたとしているが実際の持ち主は分かっておらず、カードの本来の持ち主と父親との関係を探る為にデンライナーの仲間達と関わっていく事となる。

    1988年9月15日生まれ(仮)。自身の誕生日に母を亡くしており父親と2人で暮らしていたが幼い頃に頭を強くぶつける事故を起こし、それ以前の記憶を失ってしまう。また、共に居たはずの父親も居なくなり記憶を無くした事で父親が消えた理由も共に過ごした時間も全て失い、幼い透に残されたものは"1992年10月20日"の日付が記載されたデンライナーのチケットだけだった。
    そうは思わせないほどに明るく男勝りで腕っ節も強い。尚且つ困っている人を放っておけない性格の為、良太郎に絡んでいた不良組に一人で立ち向かいほぼ同じタイミングで良太郎に憑依したモモタロスが活躍する前に全てけちらしてしまった。その事が良太郎達との出会いとなったが活躍を奪われた事でモモタロスからは未だに根に持たれている。
    身体能力は抜群に良く、ピンチの際に颯爽と現れて相手を倒していく姿は良太郎からヒーローみたいと言わせるほど。自身も実力と怪我に対する強さには自信があり相手が人間なら大抵の喧嘩には負け知らず。パワーよりスピードタイプな為にどちらも兼ね備えたハナの事は強いと認めた上で若干恐怖していた。実は元々身体能力が高いわけではなく日々の努力の賜物である。
    男勝りのせいか口調もやや荒く、こちらも良太郎からモモタロスに似ていると指摘された事がある。一人称は『おれ』。この珍しい話し方の為、アリオンが透に扮した際もハナはすぐに見抜く事が出来た。そんな性格ながらも見た目も立ち振る舞いも可愛らしく無い事を少し気にしている節がある。
    また、自身で見たものは信じるしか無いと考えており、時の列車や電王、そしてイマジンの存在についても最初こそ戸惑ったものの彼らの個性に惹かれた事もあり素直に受け入れて自分に出来る事で協力していく姿勢を見せていた。

    本人は知らないが体内にアリオンが潜んでおり、彼が出てきている間の記憶は透には無い。しかし度々記憶が飛ぶ事に気づき始めた矢先にモモタロスがうっかりアリオンの存在を話してしまい透は一瞬困惑するが、透自身も知らない"その存在"の答えが自身の無くした記憶の中にある乗車券の存在とも関わる仮説に納得する様子を見せた為にモモタロスに何か知っているのでは無いかと問い詰められる。結局知らないの一点張りだったものの、この出来事を境に良太郎達と間に歪みが生じる事となる。
    また、自身のカードの事で良太郎が酷く考え込んでいる事を知り、徐々に仲間達との関わりを避ける様になっていった。

    (この先は物語が進む毎に追記)


    -----以下未来捏造IFルート捏造注意-----
    電王としての戦いが一旦終わりを迎えた後もそれまでと変わらず良太郎のよき友としてサポートを続け、いつしかお互いにかけがえのない存在へと変わっていく。
    良太郎が幽霊列車に攫われた際には既に乗車券を持っていないにも関わらず、オーナーに頼み込み再びデンライナーに乗り良太郎を助け出そうと仲間達と共に過去に飛んだ。
    その時に出会った良太郎の未来の孫である幸太郎とは相性が悪く、憎まれ口を叩き合うその様子を見ていたウラタロスに犬猿の仲とまで言われていたが、戦いに敗れた幸太郎の落ち込む姿が以前の自身と重なるとして徐々に打ち解けていき、透だけが知る幸太郎の秘密を共有し合う仲となった。
    この秘密は幸太郎が大のお婆ちゃん子である為に尚更祖父と仲良くできなかったという可愛らしい秘密であるが実はこの祖母は未来の透の事であり、未来の祖父が友人として透の話題を出さなかった理由を理解した幸太郎は過去へ訪れる度に祖父のまだ実らぬ想いを応援するようになるものの、当の本人はそんな周りの気遣いにも全く気付かなかった。

    愛理の元にハナが生まれた際にはとても可愛がり、後に彼女の逞しさや強さはハナへと引き継がれていく。
    「この子はこれだけの為に心を開く程、薄情じゃないわよ」
    ■プロフィール
    名前:アリオン
    種族:不明
    性別:男性(?)
    年齢:不明
    職業・身分など:不明
    家族など: 不明

    ■説明
    透に潜む謎の存在。母体となる透に自身の存在を知られる事を拒んでおり当初は透の精神の深くに潜んでいたが、イマジンに襲われかけたハナを透が庇った際に2人を助ける為、透の身体を使う形で姿を現した。身体を使う時には黒目がオレンジ色になり、伸びた髪の一部には同じ色のメッシュが入る。

    口調は女性らしく立ち振る舞いも美しく、どこか魅惑的だが発する声は男性であり、リュウタロスに指摘された時は自身をおネェさんだと豪語していた。また、あでやかな立ち振る舞いに反して厳しい言葉を投げかける事が多く、透が慕う仲間達の事は彼女の為に受け入れつつも失望させた際には殺すと発言している。
    治癒の力を持ち傷を癒す事ができる為、透が喧嘩で負け知らずな理由もアリオンのこの力が作用しているおかげでもある。更に透が望むなら対象のもの全てにこの力を発揮することが可能で仲間達が透を大切にする事を前提として助けることを提案した。
    また、憑依をするが実体を持たずモモタロス達がアリオンからイマジンの匂いを察知しなかった事から本人が言うようにイマジンでは無いようだが正体は分かっておらず、アリオン自身も自分が何者かわかっていない。

    アリオンの行動の基本は透の気持ちに準ずる事であり、その根底はまだ透が幼い頃に交わした約束を守る為にある。アリオン曰く透との出会いは彼女が頭をぶつけて記憶を無くしたと思われるその日、全てを忘れ乗車券を眺めながら一人涙を流す幼い透の全てを護ると約束し、それから透の精神に潜んで彼女を陰からサポートし続けている。
    しかし記憶を無くした後の透と約束を交わしているにもかかわらず透がアリオンの事を知らない点や、透が仲間達と親しくなる毎に自分の事を忘れていくと発言するなど矛盾も多く、良太郎がアリオンから直接矛盾点について聞き出そうとしたが透の身体を借りている代償でその姿を維持する事ができず聞き出す事はできなかった。

    またその一方で、デネブが憑依した侑斗を大変気に入って迫っていたり、透に突っかかりながらも彼女に危害が及ぶ事を恐れて自身に啖呵を切ってきたモモタロスが透に惚れている事を初見で見抜いた際には涼しい顔をしてモモタロスの手の甲をつねっていたりなど、彼自身の気持ちで動く事もある。
    ハナの事は透の友人として認めているが、透から自身の事を探ろうとした良太郎に対しては怒りを露わにして首を絞めて懲らしめた。それにも関わらず透の無くした記憶を知る為にアリオンの事を教えて欲しいと全く引かないどころか自らに直談判する姿勢に観念して、自身が知る限りのことを話し謎の乗車券について協力する態度を見せた。
    自分のペースを乱されたり驚かされる事が苦手。お化け屋敷では驚かせてきたお化け役を片手で首を掴んで持ち上げ威嚇。その際には思わず男性口調に戻っていた。
    ゴヤッサム Link Message Mute
    Mar 20, 2021 10:44:40 AM

    ライダー図鑑風プロフィール(本編沿いもどき)

    1p→透 2p→アリオン
    ※ややネタバレあり
    ##D-本編沿いもどき ##夢主設定

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品