イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    異世界からの帰還……もしくは現代版浦島太郎「調べてみましたが……貴方の学校……少なくとも、貴方がそう言っている学校に、貴方が在籍した記録は有りませんでした」
     面会に来た支援団体の弁護士は、そう言った。
    「えっ?」
    「親御さんは……貴方の事を覚えていません。貴方の出生届も有りません。そして、貴方が死んだ日の前後……まぁ、貴方がそう言っている日ですが……貴方の住んでいた……まぁ、これも貴方がそう言っている地域ですが……において、死者が出ている交通事故は起きていません」
    「は……はぁ……」
    「貴方は依然として……国籍さえ不明な『正体不明の誰か』なのです……。もし、ここから出る事が出来ても……別の問題が生じるでしょう……。どうやって生活していくか、などの問題が……」
     異世界から帰って来たボクは、その翌日に、ここにブチ込まれた。
     いや、ボクを、ここにブチ込むのが妥当なのかは良く判らないが、国としては、ここ以外にボクを置いておける場所が無いらしい。
     ここは……I県U市に有る入国監理局の収容所だ。
     どうやら、ボクと云う人間が、かつて日本に存在していた記録も痕跡も……そして、他の人達のボクに関する記憶も……消えてしまったらしい。

     通学中にトラックに轢き殺され、気付いた時には、目の前にエ○ァンゲリ○ン新劇場版のア○○スみたいな「光の巨人」が何人も居た。
    「すまんが手違いが起きた」
     光の巨人の1人が厳かな声で、そう言った。
    「はぁ?」
    「君は、自分がトラックに轢き殺されただけだと思っているだろうが……君の死は、我々がやらかしてしまった、より大きな『手違い』の一部に過ぎない。辻褄合わせの為、君を異世界に転生させる事になった。君の死は我々の責任である以上、転生先の世界の在り方を大きく変えない範囲、と云う条件付きではあるが……君達の言葉で云う『チート能力』を授けてやろう。好きな能力を選ぶがいい」

     そして異世界に転生したボクは、半年後には、その世界を征服しようとしていた「魔王」を倒し、英雄となった。
    「どうなさいました、勇者様?」
     この世界に平和が訪れて一ヶ月後、共に魔王を倒した仲間だった神官が、ボクの顔を見てそう言った。
    「えっ?」
    「浮かぬ顔をされていたので……何か、お悩みでも?」

     ボク自身は……何を悩んでいるかは……翌日に目が覚めた時に気付いた。
     夜に見た夢は……かつての世界での平穏な学校生活。
     そうか……そうだったのか……。
    「たった一度でいい……。元の世界の家族や友達の様子を知る方法は無いか?」
     ボクは、旅の仲間だった神官や魔法使いに相談した。
    「かつて、勇者様のように、異世界より転生して、この世界を救った方々が何人か居たと聞いております。その方々は、世界を救った後、勇者様と同じ悩みを抱かれた……と」
    「そうか……」
    「その方々の多くは、元の世界に戻られましたが……」
    「えっ? 戻る方法は有るの?」
    「お勧めいたしかねます」
    「待って……どう云う事?」
    「ある方は、元の世界で行方不明となり……また、別の方は、深い絶望に囚われた状態で、この世界に戻られ、その後、一度も笑顔を見せる事なく、この世界で一生を終えた、と聞いております」

     その時点で、何かに気付くべきだった。
     でも、ボクの心の中では、元の世界の家族や友達と、もう一度でいいから会いたい、そんな思いが日に日に強くなっていった。
    「捨てないで良かった……」
     転生していた時に着ていた高校の制服。それを着て、古い記録に残っていた異世界転移の魔法を使い……。

    「あの、……さん……」
     元の世界の学校に戻ったボクは、放課後、片思いをしていたクラスメイトの女の子を見付けに声をかけた。
    「えっ?」
    「驚かないで……実は……」
    「誰?」
    「あの……覚えてないかな? 同じクラスに居た……」
     一時間後。ボクは警察で取調べを受けていた。学校に侵入した不審者として。
     彼女はボクの事など覚えていなかった。
     担任や他のクラスメイトも同様らしい。
     そして……ボクが学校に居たと云う記録さえ無かった。

     五年が過ぎた。
     未だにボクは収容所に居た。
     国は、ボクをどう扱うかべきか決めかねているそうだ。
     そして、人間ってのは、どんな理不尽な状況にも慣れてしまうらしい。
     あの異世界での日々が現実だったのか、確証が持てなくなっていた。
     塀の外に戻れても、マトモに暮していく自信が無い。
     今のボクは……高校も出ていない、その後、5年間、普通じゃない状況に置かれて大人になった……「普通の日本人の大人」になるチャンスを失なった1人の社会不適応者だ。
     ここから出る事が出来たとして、どうなると言うのか?
     あの……神様らしきモノが言っていた「より大きな『手違い』」……それを修正する過程で、「ボクが存在しなかった歴史」が新しく作られたのだろうか?
     それもボクの想像……または妄想に過ぎないが……。
     ひょっとしたら……ここで、一生を終えるのが、ボクにとっては一番の幸せなのかも知れない……。
     ボクの知る……「元の世界」に良く似た……ただし……ボクと云う人間が存在した全ての痕跡も証拠も無い、この世界で……唯一の居場所……それが、ここなのだろうか?
    便所のドア Link Message Mute
    Nov 21, 2020 5:54:51 PM

    異世界からの帰還……もしくは現代版浦島太郎

    異世界に転生し、魔王を倒した少年。
    今一度だけ、元の世界を見たいと願った結果……。
    「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「GALLERIA」「Novelism」に同じモノを投稿しています。

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    OK
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    OK
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品