イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    地獄のゆりかごゆりかごに流星の降り注ぐ胃袋が破れないように嘘なのか本当なのか恋わずらいもほどほどにゆりかごに流星の降り注ぐ 万魔殿パンデモニウムの切り立った一角いっかくにあるテラスで、アスタロト猊下げいかはぼうっと遠くのほうを見つめていらっしゃいました。

     何かをお考えのようですが、その目はステュクスがわ水面みなもか、あるいは氷獄コキュートスの結晶のようにキラキラとしているのです。

     金銀財宝をあしらった玉座ぎょくざに身を預け、ハヤブサの爪を揺らしながら、じいっとまどろんでいらっしゃいます。

     浅黒い肌は沈まない夕日を映し出して、金色こんじきまなこの光るさまは、いかにもうるわしゅうございます。

     カシャンと、エボニィの御角みづぬにはめ込んである角輪つのわが音を立てました。

    「ダミエル、ちょっとこっちへおいで。退屈だから何かお話をしよう」

     首をかしげてそうおっしゃったのでございます。

     お顔がずいぶんとやさしいですから、きっといまはご機嫌がよろしいのでしょう。

    「はい、猊下」

     僕がおそばに寄りますと、猊下はそっと手を差し出して、すりすりと頭をでてくださいました。

    「さあ、こちらへ座って」

     エデンに生えていた大木たいぼくから切り出したテェブルに、猊下はそっと僕をいざないました。

    「ふふっ」

     僕が隣の椅子いすにひょいと座ると、猊下は組んだ手にほほを乗せて、ニコニコと笑いかけてくださいました。

    「ねえ、ダミエル、あそこの空をご覧。たくさん灰塵ゴミが落ちてくるだろう? あれはいったい、なんだと思う?」

    「地獄に落ちた人間たちでしょうか?」

     僕がそう答えると、猊下はクスクスと笑って、手のこうを返されました。

    「そうだね。冥府タルタロスが混雑しているのだよ。ハデスのやつが見境みさかいもなく極刑ジャッジメントを下すものだから、こうやって昼も夜もなく、まあ、ここにはそもそも、そんなものはないのだけれど、流星が見られるというわけさ。本当にきれいだよねえ。まるでここが宇宙の中心みたいだよ」

    「裁かれる人間たちのなんと多いことでしょうね」

    「ふむ。人間どもときたら、土くれから作られた分際ぶんざいで、分不相応ぶんふそうおうなことばかりしおるからね。やつらは結局、みずからの神よりも金の子牛のほうが好きなのさ。みずからの手でみずからの存在を冒瀆ぼうとくしていることに気づかない間抜けどもなのだ」

    「なぜ人間は、みずからの手でみずからの存在を放棄ほうきするのでしょうか?」

    「うむ、いい質問だね、ダミエル。人間というのはね、自分の近くにあるものほどよく見えないのだ。まなざしがくもっているのだね。逆にみずからの存在から遠いものほどよく映る。だから造物主つくりぬしよりもむしろ、われわれのほうを愛してくれるというわけさ。おかげでわれらは食いっぱぐれないがね」

    「人間とはずいぶん、忘れっぽい生き物なのですね」

    「ふむ、そうだ。やつらはすぐに忘れる。みずからが作られた存在であることも忘れ、むしろ作ろうとするのだ。なんという滑稽こっけいか。やつらはそう、神になりたいのだよ」

    「なんというか、猊下のおっしゃるとおり分不相応、とてもあわれに映ります。われわれよりもよほど、罪深い存在ではありませんか」

    「ははっ、よく言ったぞダミエル、そのとおりだ。人間どもが悪魔と呼ぶわれらよりよほどあれで罪深い、やつらという存在は。いと高き者が生み出したものの中で、およそ最低、最悪の存在だよ、人間は」

    「なぜ超越者は人間を土に戻してしまわないのでしょうか?」

    「認めたくないからだ。自身が失敗作を作ってしまったということを。やつは本来、最高傑作のつもりで人間を生み出しただけにね。だからあんなできそこないどもの存在を許している。しかしまあ、それではさすがにメンツが立たないから、苦しまぎれに寿命という概念を作ったがね」

    「人間も滑稽ですが、いと高き者こそ正真正銘の道化に見えますね」

    「ふふっ、ふははっ! ダミエル、最高だ! 君といると退屈しない! そうだ、そのとおりだ! やつこそ滑稽な道化だ! ひとりぼっちでダンスを踊っている、あわれなピエロなのだ! あはっ、ひひっ、ああ、おかしい……」

    「猊下の憂さは晴れたご様子、なによりでございます」

    謙遜けんそんしなくていいよダミエル。君はしっかりわきまえているね。まったく、人間なんぞよりよほど上等だ。やつらも少しは君を見習うべきだよ」

    「そのような猊下、おそれ多いことです」

    「ははっ、いやいや。本当に君はよい子だねえ、ダミエル。ああ、たくさん笑ったら腹がすいてきた。君もおなかが減っているだろう? ニスロクを呼んで何か作らせよう。おっと、作るといっても、人間のようなできそこないではなくてね?」

    「猊下のご表現は諧謔かいぎゃくんでおりますね」

    「ほめすぎだよ、ダミエル。でも、うれしいよ。これ、サルガタナス。すまないがニスロクに食事の用意を頼む」

     こうして猊下はご機嫌よくあそばし、組んだ足でテンポを取りはじめたのでございます。

     遠くの空からはあいかわらず、幾千幾万いくせんいくまんの流星が降り注いでおりました。
    胃袋が破れないように 空腹先生ムシュー・ラペティのご降臨とあいなったアスタロト猊下げいかと僕は、ニスロク料理長が次々と運んでくる色とりどりの料理を、しっかり胃袋におさめていったのでございます。

    「猊下、少し食べすぎではございませんか? それ以上はお体にさわります」

     フーガスをおしになる猊下をのぞき込むように、サルガタナス伯爵はくしゃくが心配そうな顔をなさいました。

    「うるさいなあ、サルガタナス。わたしはいま、気分がよいのだ。好きなだけ食べさせなさい」

     猊下は意にかいさず、エデンの木の実をひねりつぶしたジャムをペロペロとなめていらっしゃいます。

    「ああ、猊下、ジャムがお口に。天国の果実をいただきすぎては、おなかが下りますよ」

    「君はあれか、人間の言葉でいう小姑こじゅうとかね? そんなにわたしの食事を邪魔したいのかい?」

    「め、めっそうもない! わたしはただ、猊下の胃袋が破れないかと心配で……」

    「心配性だなサルガタナス。いつから君は、わたしの花嫁になったんだい?」

    「ご無体むたいを、猊下。どうかそのように、おからかいにならないでください」

     伯爵はひどくお困りのご様子です。

     白い手袋が空中でせわしなくれております。

     ブゥツのソウルもかたかたと音を立てつづけているのです。

    「猊下、伯爵は猊下のことが心配でならないのでしょう。どうかひらにご察しください」

    「君はやさしいねダミエル、こんなやつのことを気づかってさ。まったく、つきあいが長いからといって、調子に乗るものではないぞ?」

     猊下はつり上げたひょうのまなざしを、横に立っている伯爵へ送りました。

    「そのような猊下、わたしはただ……」

    「わかった、もうよい。わかったから、サルガタナス」

    「はあ……」

     伯爵はすっかり肩を落としてしまわれました。

    「伯爵はずっと、猊下におつかえでございますものね」

    「そうだよダミエル、わたしはこの存在を得た瞬間から、猊下のそばにはべり、おつかえしているのだ。猊下につきしたがうことこそがわたしの喜びであり、唯一の生きがいなのだよ。猊下のおんためならば、わたしはこんな命など喜んでなげうつ心づもりなのだ。だからわたしは、たかだかフーガスを一枚余分にお召しになったくらいで、猊下がおなかを下すという屈辱きまわる仕打ちを味わうなど、心苦しくてしかたがないのだよ」

     とくとくと語る伯爵に、猊下はいらだっているご様子です。

    「いいかげんにしなさい、サルガタナス。まったく、これではせっかくの食事がまずくなるではないか。だいたい君は昔から説教くさくていかん。わたしは靴もろくにはけない子どもではないのだよ」

     猊下は刺さった果実ごと、銀のナイフをかじっていらっしゃいます。

    「まあまあ、猊下。伯爵の忠義こそ、わが軍の規範たるべきものでしょう。僕としても、見習ってしかるべきでございます」

    「わかってくれるかい、ダミエル」

    「ああ、あほらしい……」

     目からしずくを流す伯爵に、猊下はすっかりあきれていらっしゃるようでございました。

    「かつて超越者との戦いのおり、天の軍勢ぐんぜいの攻撃からまっさきに猊下を守ったのは、誰あろう伯爵だと聞きおよんでおります。それこそ身をしてのご活躍であったとか。わが軍の生ける伝説、まさにほこりでございます」

    「いやいや、ダミエル。そんな昔のことを持ち出さないでおくれ。気恥きはずかしいだけだよ」

     猊下はカシャンと、フォークで銀の皿をつつきました。

    「そういえば、君はあの忌々いまいましい熾天使セラフどもから八つ裂きにされながらも、わたしを必死にかばっていたな」

    「いえいえ猊下。それは猊下におつかえする身として、当たり前のことでございますれば……」

    「当たり前、当たり前ね。その当たり前とやらで、あそこまでできるとは思わないがな」

    酔狂すいきょうを、猊下。どうか、ご容赦ようしゃください」

     猊下はフンと鼻息をついて、また食事を口に運びはじめました。

    くさえん、か」

    「は、なんでございましょう、猊下?」

    「なんでもない、なんでもな」

     伯爵は気づいていらっしゃらないようでしたが、その口もとが確かにほころんでいらっしゃるの拝見したので、僕はやっと安心したのです。

     降り注ぐ流星の光にそのお顔をあばかれないよう、猊下はずっと、食事をとりつづけていたのでございます。
    嘘なのか本当なのか おなかがいっぱいになったアスタロト猊下げいかは、玉座に身を預けながら、うとうとと寝入ってしまわれました。

     僕は退屈なので、テラスから少しばかり離れて、サルガタナス伯爵はくしゃくとトランプ遊びをしておりました。

    「キングのフォーカードです」

    「ああ、またわたしの負けか……」

     伯爵は豚のカードをながめながら、うるんだ目つきをなさっています。

    「ダミエルは強いねえ。わたしは昔から、勝負ごとには弱くてね」

    「何をおっしゃいますか。智天使チェラブの師団を肉塊にくかいに変えたお方が」

    「昔の話だよ、昔のね」

     伯爵はかたわらのワインをそっとすすられました。

    「おや――」

     ギリギリという音で僕が廊下のほうを向くと、赤いパーカーを羽織ったベリアルきょうが、爛々らんらんとした目つきでやってくるではありませんか。

    「あれ、ベリアル卿。どうなさいましたか?」

     伯爵がワインを置いて話しかけました。

    「サルガタナス、アスタロトはどこだ?」

    「はあ、そちらのテラスに……」

    「ふん」

     卿はまたブゥツをギリギリいわせながら、猊下のほうへ歩いていきます。

    「おい、アスタロト。寝てんじゃねえぜ、起きろ!」

    「ぐが――っ!?」

     卿がテェブルをたたくと、猊下の鼻提灯はなちょうちんが破れました。

    「ったく、いびきなんざかいてる場合じゃあねえぜ。てめえは豚か?」

    「なんだ、ベリアルか……いったい何事かね? せっかくいい気分で休んでいたというのに。用の内容が内容なら、ただではおかんぞ?」

     眠りを破られた猊下は不快そうです。

     卿は猊下の差し向かいにドンと座られ、太い足を組まれました。

    「アバドンがイナゴをまきすぎだ。俺が大事にしてる天使をひねりつぶした泉にまで入り込みやがった。どうしてくれるんだ、あ?」

     卿の体の刺青タトゥーが生き物のようにうごめいております。

    「なんだ、そんなことか」

    「そんなことか、じゃねえよ! 2億年もかけて熟成した俺の天使汁てんしじるが腐っちまったじゃねえか! この落とし前、どうつけてくれるんだ!?」

    「君ね、ベリアル。アバドンはベルゼバブの部下だろう? なぜ彼に直接言わんのだ? わたしのところに来る意味がさっぱりわからないのだが」

    「おう、言ったさ。ベルゼバブに直接な。そしたらやつはこう言った。アバドンはいま、アスタロトのめいで動いているとな。ほら、どうなんだよ? 何か言ってみろ」

    「……あいつめ」

     猊下は手のひらで頭をペチペチとたたかれました。

    「いいか、ベリアル。それは嘘だ。ベルゼバブのことだ、またいつものいたずらだよ。あいつはわたしのことが嫌いでしかたがないからね」

    「ふうん、嘘ね。それ、本当か?」

    「本当だよ、嘘なのはね。なんならアバドンをとっつかまえて、直接聞いてみればいい。臆病者のやつのことだ。君のその瞳でにらまれたら、たちまちのうちに白状するだろうよ」

    「へえ、そうかい。わかった、そうする」

    「わかったんだね、いまので」

    「なんだ、俺のことをバカにしてんのか?」

    「いやいや、そんなことはないってば」

    「ふん」

     卿は立ち上がり、またブゥツをギリギリ鳴らして、お帰りあそばしました。

     猊下は冷汗をかいておいでです。

     伯爵がそうっと近づいていきます。

    「猊下、いまのはいったい、なんだったのでしょう……」

    「知るか。まったく、ここにはバカしかおらんのか」

    「認識の不一致でございますね、おそろしや」

    「ああ、くだらない。まったく、くだらない」

     猊下は手の甲にあごを乗せて、星の降りつづける空を見つめました。

     そのまなざしははるか遠く、故郷をしのんでいるようにも、僕には感じられたのです。
    恋わずらいもほどほどに 退屈がきわまったアスタロト猊下げいかは、万魔殿パンデモニウムの中にあるアスモデウスこうの部屋で、とりとめもないお話に花をかせておりました。

    「はあ……」

    「どうしたんだい、アスモデウス? さっきからため息ばかりついて。ひょっとしてあれか? 性懲しょうこりもなくまた、人間のむすめに恋でもしたのかね?」

     金色こんじき玉座ぎょくざに座るアスモデウス公は、組んだ手の中に顔をかくしてしまわれました。

     拷問台ごうもんだいを改造したテェブルが、腕の重みでギシギシときしんでおります。

    「いや、アスタロトよ、実はそうなのだ。だからわたしは、このようにずっとわずらっているのだよ」

    「君は確か、ああ、そうだ。サラとかいう娘に一途いちずだったのではなかったのかね? 心のうわつきは、ほめられたものではないぞ?」

     猊下はハヤブサのつめであごをカリカリとかきながらおっしゃいました。

    「サラか、サラはとうの昔に死んだ。人間の寿命とは短いものだからな。まったく、いまいましい超越者ちょうえつしゃめ、なぜ人間に寿命などという概念がいねんを与えたのか。あれは勇猛ゆうもう獅子ししをも、役立たずの駄馬だばに変えてしまう、おそるべき技だ」

     アスモデウス公がテェブルにこぶしを置くと、そこにビシリと亀裂きれつが入りました。

     しかし猊下はいっこうにかいしておりません。

    老獪ろうかいにして不遜ふそんなのだよ、いとたかものはな。自分のやらかしたミスを必死で隠そうと、そんなくだらないものを作ったまでなのだ。だからアスモデウスよ、そのわなにはまってしまっては、君のほうがやつの道化どうけになってしまうぞ?」

     両眼りょうめ爛々らんらんとさせるアスモデウス公を横目よこめに、猊下は爪にほどこした細工さいくかがみにして、さきほどいただいたフーガスのカスが歯にくっついていないかを確認しております。

    「わかっている、わかっているのだ、アスタロトよ。だが、はあ……まったく、おそろしいことがあるものだ……」

     アスモデウス公はまた顔をせてしまわれました。

     そのうなだれるオールバックの分け目を見つめ、猊下も聞こえないようにため息をつかれたのです。

    「君のそんな腑抜ふぬけたツラなど見たくはないな。破壊公はかいこうふたで天の軍勢ぐんぜいふるえあがらせた君が。そのようになさけなくては、わが軍のこけんにかかわるぞ。威厳いげんたもちたまえ、威厳を」

    「そうは言ってもな、はあ……」

     腕の中に頭をうずめるアスモデウス公をちらりとのぞき込んで、猊下はずいぶんあきれた顔をなさいました。

     組んだ手の上にあごを乗せ、退屈しのぎに部屋のすみをながめております。

    「ああ、まったく。あそこで間抜けなダンスをおどっている花嫁のむくろにでもなぐさめてもらえばよかろう?」

    「あれがサラだ」

    「はあ?」

    「おそろしい情念じょうねんだ、恋というものはな」

    「……」

     アスモデウス公はお顔を両腕にうずめたまま、動かなくなってしまわれました。

     猊下はあごが落っこちてしまいそうなくらい、長い長いあくびをなさっています。

    「はーあ。われわれ七君主サタンの中でも、君はわたしと並んでまともな部類だとばかり思っていたがな」

    「言ってくれるな、アスタロトよ。すべては恋の成せる魔の術式じゅつしきなのだ……!」

     アスモデウス公はシィソォのようにお顔を腕にぬぐっております。

    「ふぁ~あ。くだらん、実にくだらん」

    「まあまあ、猊下。アスモデウス公は七つの大罪たいざいのうち、情欲じょうよくつかさどられているお方。その研究にご熱心なのでしょう」

    「ダミエル、君はやさしいね。こんなへたれのことをかばってさ」

    「へたれか、そうかもしれん。だが、こればかりはな、はあ……」

     アスモデウス公は上げかけたお顔を、また腕の中にしまわれてしまいました。

    「アスモデウス公はかつて、あちらのサラさんに近づく堕落だらくした男どもを、その夢の中でめ殺してしまわれたと聞きおよんでおります。まさに求道者きゅうどうしゃ。七つの大罪は超越者をほふり去るための重要な鍵でございますれば、その研究に没頭ぼっとうする公の存在こそ、わが軍のかがみでございます」

    「ああ、ダミエル、わかってくれるかい? 正直わたしは、自分のおこないが間違っているのではないかと、懐疑かいぎしてやまなかったのだよ。求道者か、ふむ。君のよりそう心にはげまされたよ。ありがとう、ダミエル」

    「もったいないお言葉でございます、アスモデウス公」

    「ふん、わたしにはミイラ取りがミイラになっているだけにしか見えんがね」

    「ダミエルと違って君は冷たいね、アスタロト。君の心には愛がない。もっと愛を勉強したまえ」

    「はあっ、何を抜かすかと思えば! やれ恋だの愛だのと、実にくだらないな、アスモデウス!」

    「まあまあ猊下、そのような心づもりでは、その、もてませんよ?」

    「サルガタナス、貴様まで……」

    「ひぃっ、猊下、言葉がすぎました! ひらに、平に、ご容赦ようしゃを!」

    「まったくどいつもこいつも。くだらん、帰る!」

    「ああ、猊下! お待ちください」

     猊下はお体にくくりつけてある装飾品をガチャガチャと鳴らしながら、足早あしばや廊下ろうかを歩いております。

     サルガタナス伯爵はくしゃくはついていくのにもやっとのご様子です。

    「ああ、不愉快だ。何が恋だ、何が愛だ。そんなものは、ハエのクソにもおとる」

    「猊下は恐怖公きょうふこうの二つ名でおそれられるお方。お気持ちお察しいたします」

     カシャンと、猊下は足を止められました。

    「どういう意味だ、サルガタナス?」

    「ひぃっ! これは重ねて失礼を!」

     猊下はパンサァのまなざしを伯爵に送りましたが、しばらくするとまた歩きはじめました。

    「は~あ。恋だとか愛だとか、そんな塵芥ゴミに等しいものもわたしが知らんと思っているあたりが、まったく、バカどもめ……」

    「は、どういうことでございますか、猊下?」

    「なんでもない。そして、どうでもいい」

    「はあ……」

     回廊かいろう闊歩かっぽする猊下を、僕たちはがんばって追いつづけました。

     廊下の窓から見えるそそ流星りゅうせいは、どうやらその答えを知っているではないかと、僕はせっせと歩きながら、ぼんやりと考えていたのでございます。
    朽木桜斎 Link Message Mute
    Aug 3, 2021 6:55:10 AM

    地獄のゆりかご

    舞台は地獄。
    悪魔の少年ダミエルと大魔王アスタロトのなんでもない日常風景です。
    「カクヨム」「NOVEL DAYS」「ノベルアップ+」「エブリスタ」「ライトーン」などにも投稿しています。
    #創作 #オリジナル #オリキャラ #オリジナルキャラクター #地獄 #悪魔 #文芸 #ライト文芸 #哲学 #堕天使

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    Aug 7, 2021 2:07:48 AM
    ハートをありがとうございます!(^^)
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品