イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 松橋まいのまいの Link Message Mute
    May 1, 2019 3:54:45 AM

    先生の休日

    人気作品アーカイブ入り (May 16, 2019)

    こう見えても、オレは教師だ。

    連休明けの体育の授業で、ダンスを教えなきゃならん。

    そこで、まずはオレが手本を示さなければと、練習をしている。

    いま特訓中なのは、ダンスの基本でもある“ダウン”のステップ。

    これ、見た目は簡単なのだが、意外と難しい。

    とくに、腕と足の動きがややこしく、コツを掴むまで、時間のかかる生徒がチラホラ。

    オレ自身、学生時代は吹奏楽部だったから、とても指導できるレベルではない。

    まぁ懸命の努力の甲斐もあって、この5日間で、やっとカタチにはなってきた。

    あとは、気合いで授業を乗りきるしか、だな。

    でも、ダンスを踊るオレって、ちょっとカッコいいんじゃね?

    このダンスみたら、1組のアキエ先生も、オレに「ホの字」だろ。

    ぐふふふ。

    って、なに考えてんだオレ!?

    いつの間にか、年号、変わってるしなぁ……。

    もう一回、EXILEのDVDでも見るか。

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    May 13, 2019 1:53:27 PM
    めっちゃ、やる気が見えてかわいいですね(^_^)
    > みを
    May 13, 2019 2:03:06 PM
    アニメーションがリピートになっているので、より滑稽に見えてしまうという。でも、ダンスが体育の必須になってしまったので、本当の教師は、リアルに苦労してるみたいです。みをさん、フォロー&コメント、ありがとうございます😆
    > 松橋まいのまいの
    May 13, 2019 2:09:46 PM
    いえいえ、こちらこそリンクまでありがとうございます。。嬉しいコメントありがとうございます。このサイトの勝手が解らず不手際がございましたらお許しください。私もアニメーション?GIF動画を作ってみようとは思っているのですが機械に弱いのと腰が重くて・・・動画作れる、松橋さん尊敬いたします(#^.^#)
    May 16, 2019 4:48:29 AM
    見ているだけで楽しい(≧∇≦)…と思っていたら物語が!しかも「more」の存在に気づいてなくて(;^ω^) 今、少しづつ読み進めてます。先生の過重労働がうかがえますね(゚ー゚;
    > 乙原るい
    May 16, 2019 5:30:05 AM
    コメント、ありがとうございます😊 学校によっては、専属のコーチを招いて学ぶケースもあるらしいです。あたしの年齢バレそうですが、むかしは体育で習う踊りと言えば、せいぜい“フォークダンス”くらいでした……。「見ているだけで楽しい」との感想、うれしいです。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
    • 神さまのゲキリン超絶に、ヤベェ!

      山の神さまの、ゲキリンに触れちまった。

      「自分の名前と好きな子の名前を、この山林の大木へ掘り入れると両想いになれる」、というウワサを聞きつけての、何気ない行動だったんだけど
      、こうなりゃ後の祭り。

      いったい、どうしたら神さまの怒りを鎮められるのやら。

      あ~あ、こんなことになるんだったら、はじめから直接、アズサちゃんへ告っときゃよかった……。
      松橋まいのまいの
    • ドラポンドラポンは、お祭りで買った。

      小さな時は、エサのミミズを与えるのが、ニガテだった。

      少し大きくなると、そこからは爆発的に成長し、あっという間にパパの身長を越えた。

      それでも、あたしやあたしの家族にはなれており、言うことや命令にも素直に従ってくれた。

      ドラポンは時々、くしゃみをした勢いで、火を吹いた。

      散歩の時には、必ず消火器を持参した。

      体長が7メートルに達した頃、軍服を着た人たちが家に押しかけ、強引にドラポンを引き連れて行った。

      ドラポンを“戦争の兵器”として利用すると知ったのは、3日前の夜のニュース番組だった。

      それから、なにがあったのか、詳しくはわからない。

      だだ、いまドラポンは軍の施設を抜け出し、街で暴れている。

      あたしは、知っているよ。

      ドラポンは、ひとを傷つけるような子じゃないって。

      だから、もうやめて。

      ドラポンは、とっても良い子なんだから。

      この状況に、多国籍軍が動き出したらしい。

      「パパ、お願いがあるの」、とあたしが伝えるとパパはうなずき、車のエンジンをかけてくれた。

      もちろん、向かうのは、ドラポンのもと。

      ドラポンは、あたしが守るよ。

      そして、いっしょに、家に帰ろうね。
      松橋まいのまいの
    • おむかえメールいま、おわりました。

      おむかえ、マッハできてください(^_^)v

      あと、きのうのおゆうはんのとき、ブチキレて、ごめんなさい。

      でも、おともだちのさっちゃんにきいたら、「カレーの具にバナナが入っていたら、あたしもキレるよ」って、いってました。

      やっぱり、カレーとバナナは、べつべつに食べたほうが、おいしいとおもいます。

      こんやのおかずは、ハンバーグがいいな😙。

      では、まってます。
      松橋まいのまいの
    • 未来ネコわたしは、未来から来たネコである。

      実は、過去の歴史に関与する者として、追われている身なのだ。

      と、言っている間に、おっと危ない!

      まぁ、未来から来たネコだけに、この程度の攻撃など、お茶の子さぁいさぁい~😸
      松橋まいのまいの
    • レッドドラゴン突然だが、オレのオヤジは“レッドドラゴン”だ。

      人に知られると騒ぎになるので、ふだんは、山奥へ身を潜めている。

      そんなオヤジに先日、久々に会いに行った。

      その時オヤジは、山のうえから町並みを、しみじみと見下ろしていた。

      さすがのドラゴンも、山奥では人恋しいのかなと思いきや、ただ単に、「『ケンタッキーフライドチキン』が食べたくなって」だとか。

      今回、オレがオヤジのもとを訪れたのは、「第一志望の高校に受かった」報告のため。

      話しを聞いたオヤジは、たいそう喜んでくれ、「春には人間の姿へ戻り、おまえの入学式に出席する」と、約束してくれた。

      どうすれば、もとの姿に戻れるかも、わからないというのに……。


      「ああ、必ずな。スーツをクリーニングに出しておくからさ」と、オレは努めて明るく言った。

      そしてオレは、「必ずな」と、こころのなかでくり返し、オヤジといっしょに町を見下ろした。
      松橋まいのまいの
    • かたたたたきけんお母さん、サチが5歳の時にプレゼントしてくれた『かたたたたきけん』、まだ持ってるんだよ。

      そう、“た”がひとつ多いの。

      3枚綴りになってて、1枚はもらった日にすぐ使ったけど、「トントン、トントン」って、4回しか叩かないから、「あー、これ、すぐに全部使ったらもったいないなぁー」と思って、残りの券は、大切に保管してあるの。

      ふふふ。

      あれって、有効期限とかあるのかしら。

      最近、右肩、こっているんだよねぇ~。

      2枚目、使っちゃおうかな。

      あ、でも、やっぱりいいや。

      サチがお母さんにくれた、初めてのプレゼントだもんね。

      ところで、行きたいところってどこなのよ?

      「ひみつだよ」って、もうフラワーショップ見えてます。

      プレゼントとか、別にいいのに。

      お母さんは、サチがいてくれるだけで、幸せなんだから。
      松橋まいのまいの
    • いちごクエストミノじいさんにギョロンギにケロッガー、そしてあたし春野いちごは、旅に出る。

      魔王MAOを倒すため。

      世界の平和を取り戻すため。

      『ニンテンドースイッチ』のゲームソフトを、買ってもらうため。

      未来は、あたしたちふたりとケモノ臭い一匹、ちょっとキモい目玉へと託された。
      松橋まいのまいの
    • みぃちゃんのリボン♪「ふーん、ふふふふーん」

      ♪「今日のみぃちゃん、ごきげん~」

      ♪「だって、お母さんがピンクのリボンで、髪をゆってくれたからぁ」

      ♪「自分で言うのも、なんだけどぉ」

      ♪「今日のみぃちゃん、世界いち、か・わ・い・い~」

      ♪「リボンは、おねぇちゃんのお古ぅ」

      ♪「この間みぃちゃんが、『30円で売って』と、言ったら」

      ♪「ダメよダメダメ断ったのに」

      ♪「今日の朝、『あげるよ』と、突然くれたぁ」

      ♪「だから、おねぇちゃん大好き」

      ♪「そんなこんなでラ~ララ、歌ってたら~」

      ♪「お母さんにたのまれたおつかいのぉ~、お豆腐ぅ~、“絹ごし”か“もめん”か忘れちゃったぁ」

      ♪「でも、みぃちゃんめげない」

      ♪「だって今日のみぃちゃん、ごきげん~」

      ♪「ピンクのリボンで世界いち、か・わ・い・い、みぃちゃんだもんっ!」
      松橋まいのまいの
    • 春のプレゼントサンタさんにお願いした“妹”が、やっと届きました。

      産まれてくる前に家族会議を開き、みんなで名前を考えたのですが、その時には結局まとまりませんでした。

      そこで、「顔を見てから決めよう」と、珍しくパパの提案が通ったのです。

      お母さんと共に我が家へやって来た赤ちゃんの名前は、“コハル”と名付けられました。

      由来は、「小春日和に産まれたから」、でした。

      正直、顔、関係ないじゃんと思いました。

      あたしは、この春から小学生になります。

      そして、お姉さんにもなりました。
      松橋まいのまいの
    • うしろホラ、見ろ。
      サエが『たけのこの里』なんてあげるから、ついて来ちゃったじゃん。


      つーかあたし、あげようとはしたけど、結局あげなかったし。
      『たけのこの里』じゃなくて、『きのこの山』だし。


      そんなことはどっちでもいいけどさ、どうする? って話だろ。


      つーか、家までついて来たら、飼えばよくない⁉️
      ゾウを飼っている家なんて、かなり珍しいし。


      「飼う」って言ってもなぁ~。
      第一コイツ、“ゾウ”じゃねぇよ。
      松橋まいのまいの
    • ひとりごと今日の夕飯、なににすっかなぁ~。

      なんか、最近肉食ってないから、唐揚げ、食べたい。

      そろそろ、お惣菜コーナーで、“半額シール”貼っている頃なんだけど。

      「ぐぅぅぅ」

      ありゃまぁ、お腹鳴ってる……。
      松橋まいのまいの
    • 銀太といっしょ(小声で)こんばんは。
      ぬいぐるみペンギンの銀太です。

      この家には、ミカちゃんの“出産祝い”としてやって来ました。
      なので、ミカちゃんとは、双子の兄弟みたいなもの。

      ボクとミカちゃんは「なかよしこよし」で、四六時中どこへ行くのもいっしょなのです。

      もちろん、寝る時もミカちゃんは、ボクを離しません。

      だだし、熟睡したミカちゃんは、ハグのちから加減をあやまる場合がありまして、ぬいぐるみといえども、これがなかなかの拷問だったりします。

      と、言ってる間にも、「ぐ、苦しいぃ~」

      時折、ミカちゃんにギュッとシメつけられますが、ボクは幸せです。
      松橋まいのまいの
    • ポニーテールの理由リノちゃんは、最近、好きなひとができました。

      同じクラスのタカマヤダくんです。

      きっかけは、体育の時間にドッジボールをしてたら、リノちゃんの顔面にボールがあたってしまい、鼻血を出した時でした。

      タカマヤダくんは、すぐさま彼女に駆け寄り、持っていたハンカチで、止血をしてくれたのです。

      それ以来、リノちゃんは、彼を意識するようになってしまいました。

      そんな折、ウワサに聞いたのです。

      タカマヤダくんは、「ポニーテールの女の子が好きだ」ということを。

      今日リノちゃんは、髪型をポニーテールにして家を出ました。

      学校に着くまでのあいだ、「タカマヤダくんが、気づいてくれたらいいな」と、リノちゃんは思っているのですが、なんだかちょっぴり恥ずかしいような、不安なような、連休明け初日であったのです。
      松橋まいのまいの
    • 駆けるウサギ次は絶対、カメなんかに負けないぴょん。

      勝負の前夜は、スマホゲーム禁止して、早寝するんだぴょん!
      松橋まいのまいの
    • モアイくんのダンス毎日、モアイくんは、クラスでちょっと孤立しているあたしを、ヘンテコなダンスで笑わせてくれる。

      「ヘイ、彼女ぉ。いっしょに踊らない?」って、そんなに恥ずかしいこと、できるわけないでしょ。

      唯一、あたしと話してくれるササキさんは、「モアイくん、たぶんあなたに気があるわよ」って教えてくれたんだけど、ホントかなぁ……。

      それならそうと、もう少し違ったアピールをすればいいのに、男子ってコドモ。

      でも、そんなモアイくんのこと、あたしもキライじゃないよ。
      松橋まいのまいの
    • 熊谷さんのイスども。
      先日、イスをいただきまして。
      なかなか座り心地もよく、お気に入りなんです。
      松橋まいのまいの
    • うさちゃんの必殺技うさちゃんキーックっ!松橋まいのまいの
    • 元気のミナモト毎年この時期は、ちょっぴり気持ちが下降気味。

      とくになにか原因があるわけでもないのに、無気力になり、全身の力が抜けてしまう。

      プチ五月病?

      とことん、自分ってメンタル弱いなぁ~と、反省するばかり。

      そんなとき、あたしの“救世主”ともいえるのが、大好きなアーティストのDVD。

      きのう、どうしても眠れないので、その流れで見る。

      そうしたら、もう2曲目から、うるうると号泣。

      涙が次々出てきて、止まらない……。

      で見終えて、明け方。

      大好きなアーティストから頂いたパワーにより、気分もかなりリフレッシュできた。

      結論、

      つらい時はDVDを見て、「おもいっきり泣こう!」。
      松橋まいのまいの
    • しゃっくりを止めろうーん、


      わっ!! にぃ~。
      松橋まいのまいの
    • フリスビーよりもコタロ、いくぞぉ~っ!

      それっと。

      あ、ごめーん!

      また、へんなところに投げちゃった……。


      って、コラぁ~💢!!

      アイツすぐ、キレイなお姉さんに寄ってくんだから。

      コタロ、だーめ。

      コ~タ~ロってばっ!!
      松橋まいのまいの
    • レオンちゃんのごはんカメレオンのレオンちゃん。

      ふだんは、舌でバッタなどの獲物を捕らえて、生活している。

      そんなレオンちゃんは最近、「舌をのばして食事するのは、お行儀が悪い」とお母さんから言われ、箸でごはんを食べている。

      しかし、そうして食べるようにしたら、今度は、“箸の持ち方”を親から注意された。

      正直、「舌で虫を捕って食事した方が楽だし、美味しいんだけとなぁ」と、思うレオンちゃんであった。
      松橋まいのまいの
    • 急ぎ足今日は、ペン子ちゃんとデートの日や。

      待ち合わせの時間に遅れたら、彼女、機嫌悪いさかい。

      急がなアカン。

      ペタペタペタ、ペタペタペタ。

      っ!!

      この地面の出っぱり、なんやね~ん!
      松橋まいのまいの
    • アディショナルタイムAI(人工知能)と人類の、最終決戦の火蓋が切っておとされた。

      しかしふたを開けてみれば、「人間さまが機械に負けるわけない」という楽観的な考えが仇となり、いま、人類滅亡の危機をむかえている。

      やれやれ。

      それにしても、なんでこのオレがこのくだらない戦いに、参加しなければならないんだ?

      学生時代の成績表が、“オールC”だったオレが……。

      頭をよぎるのは、悲観的な考えばかりだ。

      この戦いに、アディショナルタイムは、ない!

      あきらめれば、全てが終わる。
      松橋まいのまいの
    • ハヤテハヤテは、驚くほど俊敏だ。

      かつては、地球上の“肉食最強”とうたわれ、名を馳せた。

      しかし残念ながら現代では、ハヤテの姿を見ることはできない。

      なにか原因があり、絶滅したのだろうか。

      いや、違う。

      彼らは、そのすさまじいまでのスピードにより、時空をも越えてしまったのだ。

      時の流れに委ねるしかない人間からは、想像もつかない世界へ駆けて行った。

      それが、ハヤテである。
      松橋まいのまいの
    • デントウ空飛ぶ不気味な男。

      男は空から、子どもたちを見守っている。

      「悪い子は、いねぇ~がぁぁぁ」と、これまた不気味な声をあげながら。

      日本のある地方の、古くからの伝統である。


      〈解説〉
      この動画を制作中、データ量が重いため3度落ち、こころが折れそうになった。
      枚数的には、60枚くらい。
      右下からフレームINして、全体像が映ったことろで終わりにする予定だったが、いまひとつつまらなかったので、後半の動きを付け足した。
      “失敗感”の印象があるものの、繰り返し見てるうちに、描いた本人が「面白いじゃん」と思いはじめた作品。

      #GIF
      #アニメ
      #空
      #男
      #紫
      #失敗作
      #夢
      松橋まいのまいの
    • パンダマスク「どこ蹴ってんだ!」

      今日も、パンダ選手へ向け、サポーターからの怒号が飛び交う。

      そんなパンダ選手は、たぐいまれな才能を持つサッカー選手だった。

      ただ一点。“極度の恥ずかしがり屋さん”、という部分を除いては……。


      パンダ選手は、試合では、パンダのマスクをかぶりプレーする。

      なぜなら、マスクをかぶれば、観客の視線も気にならないから。

      マスクを使用しての公式戦出場は、事前に審判の許可が下りれば、ルール上OK。

      しかし、マスクは呼吸がスムーズに出来ず、おまけに視界が悪い。

      そのため、彼は毎試合、本来の実力を発揮することなく、消化不良に終っていた。

      今日の試合でも、3度訪れた“得点チャンス”を、いずれもパンダ選手のミスで棒にふる。

      むろん、ゲームにも敗れた。

      あと一敗すれば、チームは2部リーグから3部リーグへと降格が確定してしまう。

      パンダ選手や、パンダ選手の所属チームは、まさに正念場だった。

      いま問われるのは、ただひとつ。

      パンダ選手、『パンダマスク』を取るんだ。

      そして、「恥ずかしがってる場合じゃないぞ!」、ってこと。



      〈解説〉
      ほぼ描き終えたところで、右手と右足が同時に前へ出ていることが判明。
      急きょ直してみたが、両腕の動きの不自然さは拭えない。
      そもそも本来、こんなボールの蹴り方はしないだろう。
      “雰囲気重視”ということにして、「まぁ、いっか」的な作品。


      #サッカー
      #パンダ
      #GIF
      #アニメ
      #創作
      #バカバカしい
      #愛
      #感動
      #涙
      松橋まいのまいの
    • チーズケーキ春休み、近所の豪邸に住むカナゾノくんの家に、遊びに行った。

      おじゃまするなりカナゾノくんは、「パパがオークションサイトで、300万円で落札した」という1枚の絵を、自慢気に見せてくれた。

      ボクは、芸術とか絵の価値とか、全くわからない。

      けれど、額に入り飾られたその絵に、300 万円は高過ぎると思った。

      なぜならその絵は、去年の夏休み、おじいちゃんの家のアトリエにて、ボクが描いたものに間違いなかったからだ。

      どういう経緯で、オークションサイトへ出品されたかはわからない。

      ただボクは、カナゾノくんのお父さんは、だれかわるいひとにだまされて買ってしまったんじゃないかと、気の毒に思えた。

      「この絵は、ボクが描いたものだよ」、とはカナゾノくんに言わず、黙っておいた。

      カナゾノくんの家では、チーズケーキをごちそうになった。

      そのチーズケーキはいかにも高級そうな深い味がして、とても美味しかった。
      松橋まいのまいの
    • ニョロっち今日も、ボクのところへ研究者が訪ねてきた。
      言葉巧みに誘うけど、ボクは絶対にニョロっちを渡さない!
      ニョロっちは、ボクの大切な“友だち”だから。
      松橋まいのまいの
    • 新曲『かぁちゃん』♪女手 ひとつで 育ててくぅれたぁ~

      ♪なのに オレは 中学でグレぇたぁ~

      ♪迷惑ぅ ばかり かけていたぁ~

      ♪気がつくのぉ すぅこしぃ おそすぎたぁ~

      ♪孝行したいのに 親は無しぃ~

      ♪孝行したいのに 親は無しぃ~

      ♪うぉう うぉう うぉ

      ♪うぉう うぉう うぉ ラララララ~

      ♪うぉう うぉう うぉ

      ♪うぉう うぉう うぉ ラララララ~


      「かぁちゃん、大切にしろよ」

      センキュッ!
      松橋まいのまいの
    • 未来石この石を置けば、ボクは未来へ帰れる。
      石を探し出してくれたキミには、ホント感謝するよ。
      そんなに、悲しい顔をしないで。

      未来へ帰っても、ジュリアのことは……

      絶対に忘れない。
      絶対に。
      松橋まいのまいの
    CONNECT この作品とコネクトしている作品