イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 橘夕月 Link Message Mute
    Jun 1, 2018 2:09:20 PM

    御伽噺、されど幻霊は来世でも恋を唄う(般若さに転生現パロ)只今Twitterにて不定期連載中

    薔薇と歌姫、そして幻霊は恋をする(にほさに前提般若さに)のほぼ続編。般若さんを幸せにしたいが為に最初の1枚を書いたら、あれよあれよと展開を思いついて今に至ります。
    目指すは般若さんのハッピーエンド。
    現在Twitterにて不定期で連載しております。TwitterのUP後、こちらにも順次追加していきたいと思っております。
    #刀剣乱舞 #刀さに #大般若長光 #女審神者 #般若さに

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    OK
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 18薔薇と歌姫、そして幻霊は恋をする(にほさに前提般若さに) #刀剣乱舞 #刀さに #日本号 #大般若長光 #女審神者
      #にほさに #般若さに
      pixivでUPしている、名刺SS連作で完結しているものを試験的にこちらもでUPしてみました。後々文章の方や、Twitterにのみ上げている名刺SS,文庫メーカーの作品も収納できたらと思っております。
      またこの『薔薇と歌姫、そして幻霊は恋をする』は、私のべったーのみにですがR-18の部分があります。
      橘夕月
    • 2創作審神者と戦術補佐設定 #刀剣乱舞  #創作審神者  #女審神者
      遅ればせながら、うち審神者と補佐の設定。
      絵は昔に描いたのを再掲な形で、お見苦しくて申し訳ない(;´Д`)
      いろいろぶっとび設定ですが、彼女らの本丸での話は書いていきたい所存。


      審神者

      一宮 鈴花(いちのみや れいか)名字は本丸内では伏せている。

      相模国第七本丸を担当。
      (初期からある相模国の1~10までの番号の本丸は何かしらのサンプルケースの本丸)
      21歳。女。軍人だが、特務科第一中隊という、
      刀剣男士が正式実装される前、生身で戦り合ってた特殊部隊出身。
      父は宮司の血を継ぐ神道や陰陽道など東洋の様々な術の研究者、
      母は西洋魔術を極めた魔女、というかなり特殊な出自。
      故に両親の影響から知識などはとても豊富なのだが、
      あまりそれをひけらかすことはしない。
      政府から緊急事態以外の大っぴらな術の使用は禁止されており、
      彼女が術師の家系の者だというのは刀剣らは皆知っているが、何の術師であり、
      彼女自身どういった術が使えるのかは本丸内では補佐の霧乃・初期刀の歌仙のみしか知らない……
      のはずだったが、結局咄嗟に術を使ってしまうことが多々あり、いくつかは把握されてしまう事態に陥っている。
      それでも秘密が多い主、というのが本丸内の印象。
      口癖は「秘密です」本丸や刀剣らの管理維持が主な仕事。

      審神者としての適性は最高レベルであるが、中隊の方に在籍していたので審神者候補には上がっていたものの、抜擢はされなかった(というか軍部上層部が許可しなかった)
      だが、とある大規模作戦で中隊が壊滅的打撃を負ってから状況が変わり、
      それまで保留状態だった刀剣男士及び審神者システムの実装が決まってしまう。
      そして、例にも漏れず鈴花も招集されることになるが、部隊及び軍部が大反対。
      いろいろと話し合いの末、将来的な軍部による刀剣男士の活用を視野に入れたサンプルケースとして、
      審神者就任を果たす。
      しかし、その就任の際に、政府と軍部、鈴花と霧乃を交えていろいろと取引をし、条件を付けている。
      その一つが戦術補佐としての霧乃の就任だったりする。

      肩まである黒髪をバラのバレッタでまとめた、穏やかな淑女だが、内面は芯が強い。
      本人が優しく寛容なのもあって、ホワイト本丸。
      ただ物事を抱え込んでしまう傾向にあり、一人で頑張りすぎる。
      顕著なのは昼間に軍部や政府絡みの仕事をし、深夜は個人的な術の研究に勤しみ、
      初期刀はもちろん、近侍にも寝ろと怒られる日々。
      刀剣らの距離も大体一定だが、あまり踏み込まれると若干逃げ腰がちになる。
      これは付喪神や妖、神といった類の付き合い方を幼い頃から両親に聞かされ続けたせいでもあり、
      慎重気味な性格も起因しているかと思われる。そしてなにより、恋愛処女である。

      ちなみにどうして本丸で名前で呼んでもいいのかというと、
      彼女が自身と霧乃の名前に術をかけたからである(何の術かは秘密です)

      普段は簡易軍服(スカート、ワイシャツ、ベスト、ネクタイ)。現世に行く時や戦場に出る際は正装軍服で行く。
      また、母親から薔薇色の術式礼装(術師の力を向上させるドレス)を贈られ、
      大掛かりな術を放つ時は服が礼装に変わるようになっている。

      軍部内の一部から『薔薇の魔女』と呼ばれているが、あまり呼ばれることを好まない。
      もう一つの名の方を好むようなのだが……


      補佐

      高篠 霧乃 (たかじょう きりの)

      21歳。女。同じく軍人(鈴花と同じ部隊所属)
      霧乃と学生時代からの10年来の親友であり腐れ縁。戦闘関連は全て彼女担当。
      武器は最新式の二丁拳銃と、
      1900年代前半に作られたと思われる骨董品の小銃を使用(どうやら国産?らしい)
      彼女は術師としては中の下ぐらいの力量しかないが、運動神経と射撃命中率が元々高く、
      それに加えて身体向上系の術を駆使して銃で戦う。
      また小銃に関しては、己の霊力を弾として撃つ事が出来る。
      霊力がある限り弾は無制限であるのだが、欠点は弾の装填手順を踏まないといけないことであり、
      手順を踏むことで霊力を安定、具現化して発射させるためである。
      これにより命中率はほぼ100%。
      周りから絶対必中の魔女、魔弾の射手などいろいろ呼ばれている。
      ちなみに術が使える銃使いはとても貴重であり、
      彼女もまた補佐として任命されることに反対が多々あった模様。
      (後方火力要員の二人が抜けた穴はどうしたって大きい)
      術師はどうも銃と相性が悪いらしく、鈴花も銃の命中率は人並みかそれ以下である。
      また一般人でも術を使用して、ここまでの成績を叩きだす者はほとんどいない。
      ここまで使いこなせるようなったのも、鈴花と協力して血の滲むような努力の末である。

      見た目はウェーブがかかった栗色の長い髪と黒縁メガネが印象的で、かなり自由な性格。
      刀剣らを完全に人扱いし、好きなところは好き、嫌いなところは嫌いとはっきり言う。
      対応が完全に男子校赴任の気の強い女性教師のそれ。もしくは教官。
      威嚇射撃と撤退時の援護射撃は許可されており、威嚇の際は普通にギリギリのところを撃つ。
      が、それでは戦場ではままならないと、散々上層部に『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きているんだ!!』を地でいく訴え(主にメッセンジャーのこんのすけが可哀想な役目)をした結果、大分許可範囲が拡大された模様。

      彼女が補佐として任命された目的は審神者の仕事を半分請け負うことと、
      審神者のストッパー役である。
      今回の任は無論失敗が許されないが、成功を確実にさせる為に慎重気味な性格の鈴花が、
      自分の決断力不足や意見不足で事態が最悪になることを回避する為に希望を出した為。
      ちなみに霧乃自身も、状況を見かねて上官に希望を出している。

      霧乃も簡易軍服だが、下はスラックス(身体をかなり動かすので)。戦場行きの時だけ正装軍服着用。

      鈴花の良き理解者でもあり友であるが、
      公にされている任だけでなく本丸においてある役を任されている…らしい。


      それは子供の頃にやったおまじない。
      ずっと仲良しでいられますように、そんな誰もが思う願い事。
      それを叶えられる方法があったから、試してみただけ。
      二人の中指に幾重にも巻き付けられた、緑色の糸。
      元々魂の双子ともいえる縁の深さだったのに、
      それはどんな運命を辿ろうと常に一緒の呪いになってしまった。
      例え、戦場で散ることになろうとも。
      『巻き込んでしまった』
      『そういう縁だ』
      片や運命の糸が見える故、片や資格がない故。
      思い悩む。覚悟を決める。
      ああ、例え神であろうと断ち切れぬその縁を、彼らは羨ましく思うのだろうか?
      橘夕月
    • 7オカルト秘密倶楽部へようこそ #刀剣乱舞 #女審神者 #南泉一文字 #にっかり青江
      前々からやりたかったネタです。タグはとりあえず主な人物を。
      深夜の読書会という名のオカルト秘密倶楽部です。
      倶楽部が出来た経緯はやりたいと思ってますが、あまり大した事ではないという現実。見て分かる通り、一番楽しんでるのは青江です。
      ちみちみとこのネタはやっていきたい所存。あと幽霊部員います。
      橘夕月
    • 14刀さにまとめ(にほさに・般若さに)刀さにまとめ(にほさに・般若さに)
      Twitterで上げてたモノをまとめてみました。
      にほさにの一部は心中、刀剣破壊ネタあります。
      #刀剣乱舞 #女審神者 #刀さに #日本号 #大般若長光 #にほさに #般若さに #創作審神者
      橘夕月
    • 4伊達男は魔弾とワルツを踊りたいみっちゃんと、うち本丸の補佐の殺し愛話の序章です。
      Twitterでうpってましたが、ちょっと書き足してみました。
      とりあえず、この後追加で続きを載せられたらと。
      みっちゃんはあんな感じだけど、内心は結構ドロドロしたのがありそうで。男としての性分と刀としての性分がごっちゃになってるやつ。
      そして、この燭補佐(?)のイメソンはT.M.Revolutionの『魔弾 〜Der Freischutz〜』(UNDER:COVERVer)です。
      #刀剣乱舞  #燭台切光忠  #not審神者
      橘夕月
    • 31失せ物探しと相合い傘、図書室の君とTwitterで刀さにat学園(@tousaniatgakuen)様による学パロ企画、刀さにat学園春夏の陣にて、日本号(用務員)の担当をさせていただきました。
      お相手は、うち審神者の鈴花(図書室司書)な、にほさにです。
      司書の先生と用務員の先生の、梅雨の時期に起きたちょっとした事件と恋のきっかけ。
      せっかくの学パロということで、随所にいろんなキャラを名前だけでも出したりして楽しんでやってました。
      ちなみに作業用BGMは艦これの『雨音の鎮守府』、『雨とお酒と艦娘』、『雨とお酒と艦娘(第二夜)』と、雨の日に似合うやつをひたすら聞いてました。
      #刀剣乱舞 #学パロ #女審神者 #刀さに #日本号 #にほさに
      橘夕月
    • 15とうらぶホラーチックSSまとめホラーチックというか、世にも奇妙な物語テイストが強めのです。もともとホラゲ実況やオカルト系読むのは好きなので、時折書きたくなります。
      鶴さんの元ネタはサンホラの『笛吹き男とパレード』、
      にゃーさんのは洋ホラゲーの『Layers of fear』です。
      #刀剣乱舞 #女審神者 #大般若長光 #鶴丸国永
      橘夕月
    • 焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢・前編pixivとべったーに上げていた、焼失前御手杵ネタおてさにです。
      5月に入った途端、不調になる御手杵。
      審神者であり、練度の高い術師である鈴花は御手杵の夢に潜る。
      燃え盛る蔵。その最奥で出会ったのは、焼失した本科の方の御手杵だった……
      #刀剣乱舞 #御手杵 #女審神者 #おてさに #刀さに##焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢
      橘夕月
    • 焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢・後編焼失前杵君ネタおてさに、ラストでございます。
      実はこの後編、私自身の妊娠出産が挟みまして、中編から一年近く間が空いており、
      当初のプロット(という名の脳内構想)からかなり継ぎ足しております。ので、ちょっと長めなのがその証拠。
      ただどうしても完結させたかった気持ちが強かったので、終わらせられてよかったです。
      後に発掘したのですが、Kalafinaの『ARIA』『傷跡』がおてさにというか、焼失前と御手杵にとても合うなぁと、作業用BGMとして書きたかったと猛烈に思いました。
      ですが、この2曲を聞いていて思いついた話があるので、この『焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢』のアフターストーリー的なのを書けたら書きたいなと思っております。
      #刀剣乱舞 #刀さに #御手杵 #女審神者 #おてさに ##焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢
      橘夕月
    • 焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢・中編焼失前杵君ネタおてさにの中編です。
      恋に落ちてもらおうと言い渡された鈴花に、毎夜逢引をして語らう昔の御手杵。
      いくら不本意のもの言えど、重なるものはあるもので……
      このお話は元々ボカロの『火葬曲』を人力UTAUで杵君が歌っていたのにインスピレーションを受けて書きました。
      が、間を開けて一年、FGOアガルタ主題歌の『Indelible illusion』というあまりにもピッタリな曲を発掘してしまった現実。
      ちなみに、このお話を書いている上で、サガフロンティアの『アセルスのテーマ』『まよい』、
      うみねこがなく頃にの『金色の微笑』『蒼色の冷笑』などを作業用BGMにしてました。
      #刀剣乱舞 #御手杵 #女審神者 #おてさに #刀さに ##焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢
      橘夕月
    • 9泡沫の夢の先、七夕の夜TwitterにUPしていた、焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢のアフターストーリーです。
      蒸し暑い七夕の夜、うなされる御手杵と、たまたま夜更かししていた審神者と、
      織姫に会いに来た彦星の話。

      この話は前から構想を練っていて、焼失日に合わせようとしたんですが、敢えて七夕にしました。
      Kalafinaの『傷跡』『ARIA』を聞いて、あまりにも本科と今杵君にぴったりだったので考えた話だったり。
      『傷跡』の方がどちらかというとイメージが強いかも。

      ##焔に消え逝く神の欠片と泡沫の夢 #刀剣乱舞 #御手杵 #おてさに #創作審神者 #女審神者
      橘夕月
    CONNECT この作品とコネクトしている作品