イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    ジャリ妄想 殺気、前方の路地裏に一つ、左右の建物の上階に二つずつ。廃屋のような建物ばかりが雑然と並ぶ生気の少ないスラムの通りを歩きながら、気配を慎重に探った。
     俺を消すつもりなら随分と雑な連中だと思うが、ただの物取りにしては物騒だ。大方この辺りのゴロツキを陽動として雇い、本命は上手く隠れてこちらを仕留めようとしているのだろう。それらしい、隠された気配は背後にあった。こちらが気付いたことに気付かせないよう、すぐに他へと意識を散らす。まったく面倒なことだと肩をすくめつつも、相手の出方を伺った。
     前方の路地から影が飛び出してきたのを視認した瞬間、こちらも銃に手をかけた。飛び出て来た影は俺とあまり年の変わらないくらいの子供で、そんなことで動揺を誘うつもりだったのだろうかと、そこまで考えるのに一瞬もかからない。
     だが、俺が銃を構えるより先に、視線の先の子供が持つ銃と目が合った。照準はピタリと俺の眉間に合わされている。その構えが、あまりにも速い。死ぬ。それを覚悟しながら、しかしただで死んでやるものかと、銃口を向けるだけ向けて狙い定めることなく引き金を引いた。
     結果的に、俺は死ななかった。
     目の前の子供は倒れ、次いで左右の建物から何発もの弾丸が飛んできた。死の覚悟から速やかに頭を切り替えて対応する。はっきり言ってコイツらは大変な下手くそだ。俺が子供に目を奪われている間に撃てばいいものを、そのタイミングを計るのも下手だし、銃だってデタラメに数を撃って当たるのを待っているだけだ。相手にするだけ無駄だと思って、適当に逃げ回りながら背後にいた本物の刺客に注意を向けた。奴は恐らくタイミングを見誤ることなく、俺が左右の連中の相手をした瞬間を狙うだろう。銃をオモチャと持ち換えて建物に向け、本物の銃は裾で隠しつつ背後の本物へ向け、一発、二発。
     ようやく後ろを振り返り確認すれば、倒れて血を流す男の姿が見て取れた。そうなれば残りはゴミ掃除のようなものだ。喧しい銃声は五分と経たず静かになった。
     ふっ、と息を漏らして、震えそうになる身体を叱咤した。警戒を怠らず、前を見据えて歩いて約六十歩。目的である子供は仰向けに倒れ、何分か前まで俺に突き付けていた銃を手放して気絶していた。前髪が長いせいで顔はよく見えない。俺が撃った弾は肩を掠めたらしく、汚れた上着に血が滲んでいた。
     子供の手から離れ放り出された銃を拾いよく見ると、整備が悪いのか自動拳銃は弾が詰まっていた。このお陰で俺は命拾いした訳だ、と幾分つまらない気持ちで、命の恩人であるところの銃を放り捨てた。そうしてまた、倒れた子供に目を向けた。
     刺客にしては気配を殺すのが下手過ぎた。左右の建物に陣取ったゴロツキ連中に、捨て駒にされたのであろうことは容易に想像がつく。だが、ここらのスラムに捨てられただけの子供にしては、銃の扱い方が尋常でない。それなりに訓練した俺よりも、速い。死を覚悟したあの一瞬は、確実に俺の明暗を分けた。
     それは、才能と呼ばれるものだろう。
    「欲しいな……」
     聞く者のない通りの中で、素直にそう口にした。欲しい。マトモな銃を持たせて、俺の隣に立たせたら。俺の障害になるものを俺自身でわざわざ消してから進むより、コイツに俺の傍らを預けて俺の障害を消させながら進んだら、俺はその間にどんなことが出来るだろう。何でも出来る。そんな気がした。
     子供の横に座り込んでしばらく待ってみても、なかなか目を覚ますことはなかった。気の長い方ではない俺は痺れを切らして、弾がかすっていた肩を思い切り握ってやった。
    「ひぇ……!?」
     間抜けな声を上げて痛みに覚醒した子供は、前髪の隙間から覗く目をまん丸にしてさ迷わせた後、俺の手がもたらす痛覚から逃れようと身を捩った。どうやら俺を襲ったことについて罪悪感はあるらしく「ごめんなさい」と言いながら手足をバタつかせていた。あまり暴れるようなら絞め落とした方が早いかと思ったが、あまり力が入っていないようだったから肩を拘束するだけに留め、「動くな」と言えば抵抗も弱まった。
    「ご、ごめんなさい……」
     涙声で謝罪を言い募る子供は、このまま殺されるとでも思っているのかもしれない。殺さないでやるから付いて来いとでも言えば来るだろうが、スマートじゃない。
    「……とりあえずまだ殺しはしねぇよ。場合によるがな。ナァお前、俺を襲った理由は何だい? 金か? 脅されたか?」
     こんな弱っちい子供がコロシに関わりそうな、それらしい理由を幾つか並べてやれば、ひぃ、とまた情けない声を上げて俺を見上げてきた。そこでようやく目が合った。真っ黒な、澄んでいるのに底の見えない、海の底のような目をしていた。
    「あ、の、脅されて……」
     妹が人質に、と、段々小さくなる声で聞き取れたのはそこまでだった。ふぅん、と相槌を打ちながら、居心地悪そうに身動ぎする子供をじっと観察した。先程まで怯えるばかりだった彼は、今は不安そうな沈んだ顔をしている。妹のことを思い出してその身を案じているようだった。
     人質なんて取ってもさっさと見捨てる人間だっているし、当の人質も傷つけて殺してしまえば意味がなくなるから扱いが厄介だ。あまり有効な手段とは思っていなかったが、なるほどこの子供にとって、その妹とやらはかなり大きな存在であるらしい。自らの身を捨ててまで、その存在のために動こうとするのなら。
    「人質ねぇ……その妹、助けたいか?」
    「そりゃあ……もちろん……!」
     必死な顔で、声で、俺を見た。自分が殺されるかもしれないという時よりも、余程強い意識のある目をしていた。
    「そりゃ好都合だ」
    「えっ?」
    「助けたいなら、あんな連中に従うんじゃねぇよ。どうせ殺されるぜ、お前も、妹も」
     実際、コイツが本当に何の才能もないただの子供だったら死んでいたし、そのあと不要になった妹は殺されるか、どこかに売られでもして死ぬより酷い目に合うだろう。そういう可能性を想像できなかった子供は、俺の言葉を聞いて顔色を悪くした。
    「だからよ、どんな手を使っても取り返すんだ。俺流に言うなら、盗むんだ。ヤツらが手に入れたと思い込んでるモノをな」
    「盗む?」
     脅しは軽くでも十分だ。コイツの性質なら、その妹とやらを救ってやって、恩の一つも売っておけば手に入れることができるだろう。幸い、そういうことは俺の得意分野だ。他人のモノを盗むのは。
     丸っきりの打算で、俺は未だ倒れている子供の手を取って立ち上がらせた。
    「俺はルパン、由緒正しい泥棒の三代目だ。お前が望むなら、妹を盗み返す手伝いをしてやるよ」
    くさか@418 Link Message Mute
    Jan 9, 2019 1:39:39 PM

    ジャリ妄想

    #腐向け #ル次 ##原作

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品