イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    春隣る 昔、飼っていた猫は、こんな風に振舞っていただろうかと思う。
     外に出て行かないように気を付けていても、いつの間にか家族の目をかいくぐって、どこかの隙間から抜け出してしまう。そして、夕飯どきになると戸口の前に帰ってきて、中に入れてくれ、と訴えるのだ。
     その時には、普段の愛想のなさが嘘のように、ミャア、ミャアと切なげに鳴くので、立香はいつも苦笑いと共に戸を開けたものだった。

     あれから10年近くが過ぎ、大学生になった立香が、1人暮らしを始めた今でも、空腹を満たすために訪ねてくる猫はいる。
     前触れもなく扉の前にやって来て、弱々しい声で呼び掛けてくる事もあるが、たいていは、「今から行ってもいい?」と、事前にメールで伺いを立ててくれるので、幾分、利口な猫だった。
     眺めていたスマートフォンを、ぽん、とベッドの上に放り投げる。0時を少し過ぎていた。
     こんな時間まで起きて、ビリーを待っていたわけではない。明日は土曜日で、大学も休みだから、少し頑張ってレポートを書こうと思って黙々とパソコンに向かっていたのだ。
     眠気と疲労でかすむ目を、もう一度こする。
     冷めたコーヒーに手を伸ばした時、チャイムが鳴った。
     扉を開けると、洒落たチェック柄のマフラーで口元をすっぽりと覆い隠したビリーが立っていた。
     挨拶もそこそこに、聞き取れないほどの小さな声で、
    「寒い」
     とつぶやく。
     まだ11月の初めだから、深夜でもそこまで冷え込みはひどくない。
     ほどよく酒を飲んで、ほどよく酔った彼が異様に寒がるのは、いつもの事だった。
    「いらっしゃい。ストーブも付いてるから、あがって」
     そう言うと、半分眠っているような顔でうなずき、ブーツの紐をほどき始めた。

     ビリーが部屋着に着替えている間、立香はキッチンに立ち、冷蔵庫の中からスープの材料――カットトマト缶とミックスビーンズ、それとベーコン――を取り出した。
     オリーブオイルを熱した鍋で、刻んだベーコンを炒める。いい匂いがし始めたら、カットトマト缶の中身を一気に入れて、水を足す。ざるにあげて水気を切っておいたミックスビーンズも投入した。
     ぐつぐつと煮えて来たスープの中に、細かく砕いたコンソメを入れて、塩とこしょうで味付けをしていると、ビリーが隣にやって来た。
    「あれ? 寝てていいのに」
    「ん……いや。今日のやつは、寝たら朝まで起きないタイプの酔いだと思うんだ」
     だから早く食べようよ、と言って、ビリーはそわそわと鍋の中を見つめている。
     その様子に、立香は顔をほころばせた。
    「そうだね。あとちょっとだけ、待っててね」
     
     初めて、ビリーにこのスープを振る舞ったのは、期末試験が終わった7月末の事だった。
     同じ学科の学生同士――といっても、立香の部屋はたいして広くもないので、せいぜい5〜6人ほどだったが――集まって、この場所で祝賀会を開いたのだ。
     皆、浮き足立っていて、夜通し騒ぎそうな勢いだったが、連日の試験勉強の疲労が溜まっていたのだろう。夜明けを待たずに眠ってしまった。
     その数時間後、一番早く目を覚ました立香は、軽い朝食でも作ろうと思い立ってキッチンに向かった。
     透き通った朝の光に目を細めながら、カラカラと回る換気扇を眺めていると、いつの間にかビリーが起き出して来た。
    『いい匂いだね。手伝うよ』
     そう言って、人が良さそうな笑顔をこちらに向けた。
     もう具材を鍋に入れてしまった後だったので、立香は、彼に味見をお願いした。小皿にすくい取ったスープを、ひと口飲み込み、ビリーは目を丸くした。
    『……おいしい』
     あどけない少年のような声だった。
     彼がそんな声で話すのを初めて聞いた立香は、びっくりして、まじまじと彼の顔を覗き込んだ。
    『そんなに?』
    『うん。そんなに』
     その言い方がおかしくて、立香は思わず吹き出してしまった。

     スープが煮えるのを待つ間、ビリーは、立香にいくつかの質問をした。
     生まれた土地の事、家族の事、どうしてこの大学を選んだのかという事。
    『お母さんは、わたしが中学生の時に離婚したの。
     高校2年生の時に、新しいお父さんが来て……優しい、いい人なんだけど。家族だって実感は持てなくて。
     頭を下げて、ひとり暮らしを許してもらったの』
     ビリーは、ふうん、と気の抜けた返事をして、
    『あの子達は、君の事情を知ってるの?』
     と、部屋の方を顎で指した。
     立香は、あ、と口元をおさえた。
    『誰にも喋ってない。どうして、ビリーには言っちゃったんだろう』
     そうつぶやくと、ビリーは自嘲気味に笑った。
    『君は、同族の匂いを嗅ぎ分けるのが得意なんだね。僕も父とは血が繋がってないんだ』
     ビリーは、それきり何も言わなかった。
     そして、皆が起き上がるのを待たずに部屋を出て、朝もやの立ち込める街へ消えていった。
     確証はないが、ビリーは、あのスープの味が気に入ったのだろう。彼の故郷であるアメリカにも、似たような料理があるのかもしれない。
     ビリーが歩いて行ける距離に、立香の住むアパートがあり、酔いつぶれた時に訪ねれば泊めてもらえる。そして、おいしいスープを食べさせてもらえる。
     おぼつかない足取りで、ビリーがこの部屋にやってくるのは、たぶん、それだけの理由なのだ。
     彼は一度も、立香の体に触れようとしなかった。
     どんなに酔っていても、甘い言葉ひとつかけずに、ビリーは壁際で毛布にくるまって眠った。

     他に親しい異性もいなかった立香には、このぬるま湯のような距離が心地よく、ほっとした。
     ただ、あの7月の朝のように、静かに言葉を交わしながらスープを食べられない事が、少しだけさみしかった。

     ◆◆◆

     ビリーはいつも、立香より先に目を覚ました。
     ひっそりと身支度を整えて、猫のように、足音を立てずに部屋を出て行く。
     合鍵は渡していなかった。普段は壁のコルクボードに掛けてある、立香の鍵が、1人で目覚めた朝、扉の内側に付いた郵便受けの中に入っていると、それが、ビリーがこの部屋にやって来て、そして静かに去っていった事の証明になった。
    『スープをありがとう。おいしかった』
     時には、そんな書き置きと共に、チョコレートやキャンディがテーブルに置かれている事もあった。
     だが、どちらにせよ、立香はぽつんと取り残されたような寂しさを、ベッドの上でしばらく噛みしめなければならなかった。

     こういう朝に、まず一番に立香がする事は、部屋の窓を大きく開いて空気を入れ換える事だった。ビリーは、服の繊維の1本1本にまで、煙草の匂いを染みつかせてやって来る。
     その日も同じように体を起こそうとした瞬間、猛烈な吐き気と共に世界が傾いた。
     脇の下に差し込んだ体温計は、軽やかな電子音とは裏腹に、38.6℃という洒落にならない数値を示した。
     ひとり暮らしを始めて以降、初めてひいた風邪だった。小さく唸りながら、立香はベッドに倒れ込む。枕に頭を預けただけで、ズキズキとひどく痛む。
    (病院、行かなきゃ……)
     でも、今日は土曜日だ。
     診てくれる病院があるだろうか? それも、こんな体調で自転車に乗るわけにいかないから、歩いて行ける距離にある所でなければ――立香はまだ一回生だったから、車を持っている友人もいなかった。
     咳をする度に気管が鈍く痛む。
     大きな手で締め付けられるような息苦しさが、ゆっくりと体を覆っていった。

     どれくらい寝ていたのだろう。
     ふと、何か、か細い音が聞こえた気がして、立香はゆっくりと目を開けた。
     まだ日暮れの時刻にはなっていないらしい。部屋の中には強い陽射しが射し込んでいる。
     最初に視界に入った扉を、ぼんやりと眺めていると、今度ははっきりとチャイムの音が聞こえた。
    「リツカ。リツカ、いる?」
     聞き慣れた声を耳にした瞬間、ふいに意識が冴えた。
     重い体を引きずって歩いて行き、鍵を開けると、ビリーは肩で扉を押して中に入ってきた。
     両手に提げていた、重そうなスーパーの袋を、ベッドの傍に降ろす。それから立香の顔を見上げて、「うわ」とつぶやいた。
    「すごい顔してるね。来て良かった。
     ぜんぜん返事が来ないから、ひょっとして体調を崩したんじゃないかって心配したんだよ」
    「返事……?」
    「見てなかったの? メールだよ」
     立香が、枕元のスマートフォンを取ろうとすると、ビリーは手を伸ばしてそれを遮った。
    「いいよ。来たから、直接言う」
     一瞬黙った後、ビリーはすうっと息を吸い込み、口を開いた。
    「『週末、デートしてほしい』って送ったんだ」
    「デート?」
    「うん」
    「ビリーと……誰が?」
    「誰って。君しかいないだろ」
     ビリーはまっすぐに立香を見た。
     彼の、冬の湖面のような灰色の瞳が、まぶしい日の光を弾き、雲の向こう側にある空のような澄んだ青に輝いた。

     その時、突然、「この人の恋人になりたい」という思いが胸を突いた。

     勢いにまかせて喉までせり上がった、強い願いは、しかし、そこで鋭い痛みと息苦しさに変わって、声にならなかった。背中を丸めて咳き込んだ立香の背中を、ビリーはそっとさすった。
    「この話の続きは、君が元気になってからしよう。
     さあ、横になって。薬と飲み物は買ってきたけど、他に欲しい物があったら、遠慮なく言ってくれよ」
     自分の体をやさしく抱いて、ベッドの上に横たわらせるビリーのシャツの裾を、気付かれないようにぎゅっと握った。
    海乃はるき Link Message Mute
    Nov 1, 2018 7:18:04 AM

    春隣る

    ビリぐだ♀で大学生パロです!

    まだ付き合う前のお話。
    ある理由から、ぐだのアパートに通うようになったビリーと、
    まだ恋に気付いていないぐだ子が、
    色々あって、やっとスタート地点に立ちます。

    大学生パロは2作目となりますが、こちらは、
    グラスホッパー(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8993316)の前日譚という位置づけです。

    よかったら合わせてお読みください!

    ============================================
    【春隣る】
     読み方:ハルトナル(harutonaru)
     冬も終わりに近づき、春のけはいが漂うかんじ
     <https://www.weblio.jp/content/春隣る>
    ============================================

    #FGO #二次創作

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    OK
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • ひとひらの…※Attention!※
      ・ビリぐだ♀の事前事後およびほんのり匂わせ描写があります。苦手な方はご遠慮ください。

      最近石けんを変えたぐだ子と、ビリーがベッドの中で色々お話しします。
      ずっといちゃいちゃしてる…。

      ダ・ヴィンチちゃんもちょっとだけ登場します。
      このたび弊デアでNPチャージスキルがレベマになりました。強い~!ウォモ・ウニヴェルサーレ~~!

      ------------------------------------
      [女][ローザ][英:rose,group]
      [植]バラ(薔薇)、バラ色、バラ形のもの、丸いもの、集団、グルー
      プ、群れ

      アモーレイタリア語辞書<http://www.notitle.ne.jp/amore/>より
      ------------------------------------

      台詞ないですがメディアさんもちょこっと登場します。
      メディアさんもかなり好きなんだな…今更気づいた…
      (植物が似合いそうだから…)

      #二次創作 #FGO
      海乃はるき
    • Tank, tank, tank.※ビリーがちょっとだけ(物理的に)痛い思いをします。出血描写が苦手な方はご注意ください!

      ビリーとぐだ子が、廃墟になった水族館を歩くお話。

      ビリーは第3再臨をしたばかりで、まだそんなに強くない、という設定です。
      ぐだ子との絆レベルも4.7くらい? それが4.9になった日のお話、というイメージで書きました。

      絆レベルが上がっていくにつれて、ビリーの性格や台詞があのように変化するのは、
      ファンとしては身もだえするくらい嬉しい設定なのですが、

      ぐだ子からしてみれば、彼の真意に気付くまでは、
      きっと「どうして急にこんな態度をとるようになったのかなぁ」と、
      戸惑う時期もあったんじゃないかな、と想像しました。

      シチュエーションは趣味100%です!!

      シャチの骨を詳しく解説しているサイトが見つからなくて、かなしみに包まれました。

      いつか、細かい表現を修正したくなる欲求に駆られるかもしれないので、
      シャチの各骨の名称がわかるサイトをご存じの方は、こっそり教えて頂けたら嬉しいです!
      #FGO #二次創作
      海乃はるき
    • 迎え火『彼女が逝って、何十回目かの夏。』

      田舎町に暮らす、読書が好きな「わたし」は、ウィリアムという名の青年と出会う。

      雨の日にしか図書館に現れないウィリアムと「わたし」は、ひっそりと親交を深めていくが、
      彼に誘われた夏祭りで奇妙なものを見る。

      そこでウィリアムは、この町にやってきた理由を語り始める──。

      *********************************
      ビリ×転生ぐだ♀です。

      サーヴァントの現界の原理とか、
      ぐだの最期とか、
      ミスター・ムニエルの生涯とか、
      諸々ちょこっとずつ出てきますが全部捏造です!

      趣味100%と勢いで書きました。
      深く考えずに夏の雰囲気を楽しむ気持ちで読んで頂ければ…!と思います。

      よろしくお願いします。
      #FGO #二次創作
      海乃はるき
    • フォカロル・ストラス #メギド72海乃はるき
    • Depth.8400ビリぐだ♀です。
      玉藻の前もちょっとだけ登場します。
      #FGO #二次創作
      海乃はるき
    CONNECT この作品とコネクトしている作品