イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    プロローグ:青い、青い深海の夢 気が付くと、視界いっぱいに青い光が広がっていた。ほの暗い――空の明るさというよりも、陰鬱な海の底を思わせる、深い深い青色。

     これは夢だ。と気が付いたのは、壁に映る自分の姿を捉えたためだった。よく見渡せば、壁だけでなく床や柱までもが、冷たく透けた水晶で造られている。そこに映った自分は、自分ではなかった。
    理仁りひと?)
     見慣れた友が、青い水晶の表面に立ち尽くしていた。その姿は親友そのものだが、それゆえ片目に着けた黒い眼帯が異様に目立った。あらわになっている目も昏く淀んでおり、肌は不自然なほどに青白い。疲れた――とても疲れた顔をしている。

     零夜れいやは理仁の姿のまま、ゆっくりと目の前の階段を上る。カツン、カツンと硬い足音が、広いホールの静寂に波を立たせた。誰もいない、誰も来ない証明でもあるその静けさに、零夜は心を締め付けられる。否、それは零夜の感情ではなく、夢の中の理仁の感情だった。
     誰も来ない。誰もここに辿り着けない。来ないはずだ。来ないで欲しい……いや、来て欲しい……誰でもいいから、誰か……。
     様々な感情が入り乱れ、彼は混乱していた。混乱していることに、自分でも気が付いていなかった。表面的には極めて冷静に、彼は階段を上りきる。そこにあるのは、見上げるほどに大きな両開きの扉だ。周りの水晶同様に青く仄光ってはいるが、扉は金属からなっているようで、向こう側は見通せなかった。
     この向こうに――何があるんだ? と、零夜は思う。
     この向こうに――彼女が居る。と、理仁は思う。

    「リヒト!」
     そのとき、少女の声が反響した。振り向くと、ホールを挟んだ向かいで、金髪の少女が息を切らせていた。それに続くように男が一人、青色の中に飛び込んでくる。
    「リヒト、あいつはどこ?」少女は努めて平静を装っているふうに、凄みの効いた声色で問う。
    「この扉の先だ。あの人は、俺に行けと言ったが……断ったよ」
     零夜の意思を伴わずに、その言葉は唇から流れ出た。「俺には、出来ないかもしれないから」
    「本当は分かっているから? こんなの間違ってるって」
    「違う! 彼女を、俺の甘えたエゴに付き合わせるわけにはいかないからだ。この世界は……」
     右手が腰に伸び細剣を抜く。本来は銀色なのだろうそれは、ホールの青を反射しサファイアの輝きを放っている。

    「この世界は、終わるべきだ」
     独り言のように呟くと、零夜は――リヒトは、細剣の切っ先を床へ突き刺した。硬いクリスタルの床はたちまち形を変化させ、無数の六角柱の結晶が互いにぶつかり、呑込み合いながら増殖する。
    「待って! リヒト!」
     金髪の少女が、階段を駆け上がろうと走り出す。しかし結晶の伸張はそれよりも速く、少女とリヒトとを分断した。
     青い透明な障壁を、少女は何かを叫びながら必死に叩く。しかしその声はおろか、拳を打ち付けるわずかな振動すらリヒトには届かない。

     その時、高く物悲しげな音がホールに響いた。泣いているような、歌っているような声は、青いホールに何重にも反響し、リヒトの身を震わせる。
    (クジラの歌だ……)
     それはリヒトではなく、零夜の思考だった。いつかテレビで見た、クジラが相互コミュニケーションを取るために発する歌声。それによく似た音は、どうやら障壁の向こう側にも響いているようで、金髪の少女も、少女の連れの男たちも、一様に動きを止め宙を見上げていた。
    「そうか、終わったんだな……」
     リヒトの手から、銀の剣が落ちる。澄んだ金属音がクジラの歌と重なり合い、奇妙なハーモニーを奏でた。歌は徐々に強く大きく響き、共鳴するように床が、壁が、小刻みな振動を始める。

     弾けるような音と共に青い壁にひとすじ、深い亀裂が走った。それを皮切りに、ホールのあちこちがひび割れ、剥がれ、砕け始める。そして崩壊はホールだけに留まらず……。
    「――――――――!!」
     障壁の向こう側で、男が地に伏し悶え始めた。恐らく悲鳴をあげているのだろうが、その声はこちら側には届かない。男の右肩から胸部にかけて、象牙色をしたこぶし大の瘤が膨らんでいる。それは見る間に破裂し、破裂した部分にまた瘤が形成され、また破裂し……繰り返しながら、背へ顔へ広がっていった。

     その凄惨な光景に、零夜は強烈な嫌悪感と吐き気を催す。しかし当事者であるリヒトは眉ひとつ動かさず、その光景を冷淡に見つめていた。
     金髪の少女が、苦悶する男性に駆け寄り、彼の身体を胸に抱く。涙に濡れ、憎しみに満ちた視線をリヒトに向ける。
    (理仁。お前、何をしたんだ? 何があったんだ?)
     これは夢だと分かってはいるが、ただの夢だと割り切ってしまえない自分がいた。現実での彼は、憎悪の視線を投げられるような人間ではない。そして恐らく、夢の中の「リヒト」も同じだった。
     零夜には、リヒトの感情がダイレクトに伝播する。自己嫌悪や罪悪感や……後悔の念でズタズタに切り裂かれ、血を流すリヒトの心も、自分のことのように感じられた。
     しかしだからこそ、それらの重苦しい感情を束にしてなお及ばない強い決意が、リヒトを突き動かしていることも理解できた。

     崩壊は勢いを増し、建物の軋む音にかき消されまいとしているように、クジラの歌もより高く響く。透き通っていた水晶の障壁にも細かなヒビが走り、もはや向こう側の様子は伺い知れない。
     リヒトは踵を返し、再び金属の扉に向かった。亀裂こそ入っていないものの、飴のように歪んでしまっている。それに触れようと伸ばした右手の甲に……豆粒大の瘤がぷくりと膨れた。
    「う、うっあああ……!」
     瘤が弾けると共に激痛が走り、リヒトは両膝をついた。障壁の向こうの男がそうであったように、瘤は破裂と増殖を繰り返し、見る間に右腕を覆い尽くしていく。神経を突き刺す痛みと肉体が侵される生理的嫌悪感に、リヒトだけでなく「内側」の零夜も、絶叫を抑えられなかった。

     取り繕う余裕などあるはずもなく、本能的な咆哮を喉から溢れさせながら、リヒトは「溶け落ちて」いく。のたうちながら扉にもたれかかると、腕だったはずのものは豆腐のように潰れ、千切れた断片が金属の表面に付着した。
    (理仁、理仁……どうして……)
     人としての形を失いながらも、リヒトは満たされていた。これで良い、これが正しい結末なのだと、偽りなく満足していた。

     ひび割れた水晶の壁に、元が人間だったとは到底思えない肉塊が、醜く蠢く姿が映し出されている。既に全身に感覚はなく、リヒトが正気かどうかも、零夜には判別がつかなかった。しかし壁に映った、かつてリヒトというひとりの青年だったその不定形のものは――かすかに、微笑んでいるように思えた。
    アガゲルちゃん Link Message Mute
    Mar 24, 2019 11:42:28 AM

    プロローグ:青い、青い深海の夢

    ミトラと呼ばれる「姿なき生命」が跋扈する世界。そこへ放り出された男子高校生 零夜は、元の世界へ戻る方法を探す旅に出る。
    はぐれた親友との再会。死の呪いに侵された「異端」の存在。そして青き女神の真実を知ったとき、運命の歯車は軋み始める。

    ミトラの星よ、地に満ちよ
    大地の果てまで金糸を伸ばせ
    はるけき文明の灯は失せ
    復活の日は未だ来たらず
    (カノヤ所伝:ミトラの歌より一部引用)

    ※一部グロテスクな表現が含まれます。
    #創作 #一次創作 #ファンタジー

    外部サイトで連載中↓
    https://ncode.syosetu.com/n4571fl/】(小説家になろう)
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054889293026】(カクヨム)

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品