イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    欠けていく赤、増えていく○○夜食を食べる俺の向かいで、ジョンを撫でるドラ公。日常のありふれた光景なのだが、ふと目の端に違和感が残る。
    「……なんだね、そんなジロジロ見て」
    「あ? いや……」
    違和感の正体を見極めようとして、いつの間にか集中して見てしまっていたようだ。居心地悪そうに声をかけられてようやく気づく。
    「なんか違和感があって」
    「違和感? 何かおかしな味でもしたかね?」
    「ああ、いや、飯じゃなくてよ……」
    違和感と言ったことを、食事のことだと受け取ったようだ。飯はいつも通り美味い。俺の好きな味付けの、カリカリでジュワジュワなからあげだ。
    「あ、わかった。ドラ公、右手の爪」
    「ん? 爪?」
    会話を続けているうちに、ようやく違和感の正体に気づく。
    ドラ公は俺の言葉につられたのか、ジョンを撫でていた手を止めておもむろに右手を見やる。そして。
    「ああ、マニキュアが剥がれてしまっているね。全然気づかなかった」
    爪の先、半円形に欠けた赤。いつも身綺麗にしているこいつにしては珍しく、それが違和感の正体だった。
    「……珍しいな」
    思ったまま、口からこぼれ出る。しかし、いつものようにからかわれることはなく。
    「そうかい? 意外とすぐ欠けてしまうんだよ」
    「そうなのか?」
    「うん。もちろん補強はしているけどね。料理をしたり、洗濯をしたり。そうしてるうちにあちこちにぶつけたりひっかけたりしたら、意外とすぐ欠けてしまうのさ」
    「それって……爪の前にお前、死んでんじゃねぇか……」
    呆れて言えば、一瞬の間ののち、ケラケラと笑い声が返ってくる。
    「まあそういうこともあるな!」
    それは、笑い事なのだろうか。
    「まあなんだ、そんな感じで意外とすぐに欠けてしまうからね。そのたびに塗り直すんだよ」
    「ふぅん……?」
    塗り直すという言葉に、いつか見た爪を塗っているドラ公を思い返す。確かあのときは、いきなり赤いのじゃなくて、何か別のを塗ったあとに赤を持っていたから、なかなか手間がかかるもののはずだ。
    そんなものをしているのに、それが欠けるのを気にせずに、料理したり洗濯したりしてるのか、こいつ。
    料理はまあ、ジョンのついでって言ってたけどな。
    でも、気づいたら事務所と寝室が綺麗になって、仕事着が綺麗になって、台所に食い物や調味料が増えていって、俺は生活がしやすくなったんだな。
    そこまで考えてしまったら、なんだか鼻の奥がツンとしてしまって。とりあえずは目の前の食事に集中することにする。
    「ロナルド君? どうしたの黙りこくって」
    「……うっせ。真面目に食わないとからあげに失礼だろ」
    「からあげに失礼って……。まあいいけど、がっつきすぎて喉に詰まらせるなよ」
    「そんなやわじゃねぇわあとで殺すわ」
    「本当沸点低いな!?」
    俺に話しかけるのをやめたドラ公は、暴走ゴリラはやーねぇなんて、ジョンを撫でる作業に戻った。誰がゴリラだ、やっぱりあとで殺すわ。
    だけど。
    たぶん、半分は俺のせいだから、その爪を直す間は待ってやることにする。
    遥か彼方の水平線/ひかる Link Message Mute
    Jun 24, 2022 1:30:29 PM

    欠けていく赤、増えていく○○

    #ロナドラ

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品