イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    【VVV夢】かっこうのむすめ 8話-2 ジオール侵攻作戦が始まる前、リーゼロッテ・W・ドルシア皇女――いや元皇女様に謁見した。

     謁見とはいっても内容は女の子同士の、ただの軽いお喋りに過ぎない。高官軍人の娘であるローレの役目は、籠で飼われたお姫様の“御友人”として御暇を潰してあげる事だ。

     ――つくづく父の点数稼ぎには頭が下がる気もしたが、実際リーゼロッテ姫とは幼少の頃よりの御縁でおこがましくも親愛を抱いているつもりであったし、上流階級の者達からも「二人で睦まじく並んだ姿は顔立ちがよく似ている」と仲の良さを褒めそやされたものだ。謁見の手続き自体は面倒であったけれど、ローレ自身も貴人の少女に歓迎して頂けることは紛れもない誉れである。



    ローレが大好きなピアスのお兄さんと眼鏡のお兄さんが元気だそうで良かったわ」

     こうして小さな子供の頃のようにリーゼロッテ姫とも顔を合わせられるようになったのは、カルルスタイン機関の養成施設を出て自由を得てから。

     機関に居た頃に親しくした仲間達は厳しい訓練でバタバタと死んでいったものだが、正式に特務少尉として当初とは違うチームに組み込まれてからは飛び抜けて優秀な仲間達にはおおよそ戦死の心配などなくって。お蔭で心優しいお姫様にもお喋りのタネとして抵抗する事が出来た。

    「あの二人が私達年下の世話を焼いてくれるお陰で、今のチームはメンバー生存率が高いんだと思うんです」

     ――何度だって痛感するが、あのトンデモ機関を生き残る為には独力では非常に難しい。互いを監視し合う為に組まされたチームではあったけれども、年長者が機関入り以前からの幼馴染みであった事が幸いしたのだと思う。彼らは互いを庇い合う事で互いの生存率を高めていたし、そこから生まれた余裕は出来うる限り年少者にも向けてくれていた。

     他の者達がその恩恵を自覚しているかは定かではないが、少なくとも任務外でも妹分のように良くしてくれているハーノインやイクスアインの存在にはツェーツェンはただただ感謝を述べるばかりである。

    「バンダナのおちびちゃんは相変わらず?」

    「クーフィアはそもそも年功序列って概念がまるで無いんですよ! 私の事もきっと、餌係くらいに思ってるし」

     きっとそうに違いない。クーフィアは一番小さなくせに、年長者達の有り難みをまるで分かっていないのだ。

    「じゃあお仕事をしている時のローレは面倒見がいいのね」

    「だってあの子、子供扱いを嫌がるわりに、構ってやらないとスネるんですよー……?」

    「それが面倒見がいいというのよ」

     カルルスタインの村を出てからは貰った給金で自由に買い物が出来るようになったものだから、今のクーフィアはむしろ付き合いの長い仲間達よりもゲームの方に夢中なようだ。お蔭で手がかからなくなった――と言い出してしまうのはやはり、育児ノイローゼの一種なのであろうか。まだこんなにうら若いのに。

     けれどもゲームに飽きたらまた構って貰おうとちょっかいを出してくるから、手がかかるのは相変わらずで困ったものだ。これを面倒見がいいというのは些か間違いであり、むしろ何らかの被害者であると言い張りたい。



    「“一人旅団”さんも――、相変わらずなのかしら?」

    「エルエルフはニューギニアで面白い名前をこさえましたからね。姫様はそれがお気に入りですか」

     今まで軽快にツェーツェンの仲間達を呼んでいたリーゼロッテの唇が、ほんの少し躊躇いがちに震えたのは気のせいであろうか。

    「だって凄いじゃない。15歳の若さで、たった一人で、ARUSを圧倒するなんて」

    「私だって機会さえあれば、リーゼロッテ様をあっと驚かせるような武功をお捧げ致しますよ」

    「欲張る事はないわ。ローレはもう桃色撃墜王ピンクストライカーとARUSでも呼ばれているんでしょう?」

    「その名前はやめて下さい! イデアールはもう! 空色に塗り直しました!!」

     今は空色のラインを見せつけながら自在に翔ぶツェーツェンのイデアールも、支給の際に特に希望を出さないでいたら薄い薔薇ローザ色――いわゆるARUS語でピンクをメインカラーとして彩られていたのだ。

     まあ可愛らしい色だと喜んだのも束の間、初出撃からの連続撃墜から帰還してみればおかしな名が敵国ARUSで囁かれるようになっていて。恥ずかしいやら仲間達からは笑われるわで、整備と共に速攻でカラーリング変更を申請した失敗談はツェーツェンにとってまだ傷跡の塞がらぬ思い出話であった。

    「あなたのお仕えする王子も、息災でしょうか?」

    「勿論です。ご親族を危害から守れなくば、姫様に会わせる顔がございません」

    「そうですね……。親戚なのですから、本当ならわたくしも直接ご挨拶出来れば良いのですけれども――」

     困ったように歪むリーゼロッテの笑みであるが、こればかりはツェーツェンがどうしてやる事も出来ない。中将の地位を持つ父であっても難しい事であろう。小さな頃は親戚同士としてさして苦労もなく顔合わせをしていた二人であったが、アードライは王子殿下としての存在は既に亡いものとして扱われているのだから。

    「……申し訳ございません。我が君は王族としての権限は既に無く、皇女殿下との謁見は難しいものとなっております」

    「いいえ、むしろ困らせてしまってごめんなさいローレ

     ねぎらう言葉は己の立場をよく分かっている諦めを多分に含んでいる。ご機嫌を取るために遣わされた身で却って気遣わせた事実に困憊するというより……、ローレという一個人が愛らしい姫君の表情を曇らせた事に責任を感じてしまう。

    「ですが姫様。アードライ様はいつかきっと特務少佐、中佐、大佐となり、――きっと我が国を支える御人として出世なさるはずですよ」

    「彼は一人のドルシアの民として、誇り高き人でしたものね」

     ……本当はカルルスタインから特務の“少佐”になった人間など居ない。年長のハーノインやイクスアインとて、大尉の階級に昇ってからというものその地位に留められている。だがそのカラクリはまだリーゼロッテに話した事はない。黙っていれば、彼女に穏やかな未来だけを取り繕えるはずだ。

    「じゃあローレもいっしょに特務大佐になってくれれば、今より楽に会えますね」

     どこまで冗談なのか。――それともローレの言ったでまかせを本気で信じていてくれているのか。リーゼロッテは花のように笑い、あと僅かにだけ許された謁見の時を笑顔で終わらせる。

    「またお喋りしましょうローレ、……いいえツェーツェン特務大尉。“彼”にも、どうかよろしくね」

     曖昧な祈りの言葉はいつもの事。だがこうして会う度に気遣って貰えるほど、我が王子殿下と皇女殿下は仲が良かっただろうかと――考えるものの、彼女の人柄を思えばさして疑問として抱く事でもない。

     封じられた世界を見せつけられる度、ローレは名ばかりが残る王族の立場を憐れむばかりであった。





    ***





     先日モジュール77に潜入した経験を持つアードライの手引きは円滑に進められた。見事監視カメラの目を掻い潜ったルートを選び、学生達が管理もせずに港に放置されたジオール軍の軍艦にドルシアの支配力が次々と及ぼされる。

    「……ジオールの“中立”って、笑わせてくれますよね。使ってる兵器、みんなARUS製じゃないですか。これじゃ属州も同然ですよ」

     まあだから内緒でヴァルヴレイヴなんてトンデモ兵器を造ったのでしょうけどねとツェーツェンがお喋りがてらにアードライに話しかけるも、この話題は彼の興味を引かなかったらしい。

     ――というよりも。彼は彼で何か打ち明けたい事があり、ツェーツェンをこの作戦に連れ出したような意図が見えるのだ。

    「ねえアードライ様、何故エルエルフにこうまでこだわるのですか?」

     実行する作戦自体は実に簡単だ。威嚇射撃で学生達を脅し、降伏させ、そしてエルエルフを引き渡させる。だがそれとは別に言葉を選ぼうとしているアードライに対し、ツェーツェンは作為的に意中の名を出してやった。

    「その答えは……そうだなツェーツェン、君は自分の同期についてどう思う?」

    「クーフィア怖い」

    「……そういう答えを期待していたのではないのだが」

     つい敬う相手であるという事も忘れ、即座に本音で答えてしまう。だってあのちびっ子、目を合わせて出会うより以前に射殺してこようとしたのだから、最悪の初対面にも程がある。

     その惨劇で同期と呼ぶべきだった子供達が何人も消え、ツェーツェンとクーフィアの代は不条理な少子化現象の出来上がりで。あの悪夢の機関入り試験は今でもツェーツェンの思い出すところだ。

    「最初の印象が悪かったかもしれないが、君達の代で残った者は君達二人だけで。私達の代は私とエルエルフだけ。自分一人になったらと思うと、寂しくはないか?」

     そういう問われ方をされれば、確かに通常よりも幼い年齢でカルルスタインの門を潜らされたあの小さき者に同情と愛着がないわけでもない。実際クーフィアは――時折殺しにかかってくるけれども、他の同期達よりも年上のツェーツェンによく懐いてはいたと思う。

     ……だがアードライの伝えたい主旨は、実際はそこには無いと考えている。

    「ハーノインやイクスアインのような間柄を言っているのでしたら、同期という喩えでは説得力に欠けますよ」

     正直言ってあの二人の絆は機関において別枠過ぎた。比類を許さぬとはこういう事を言うのだろう。

    「彼らのような共感を呼びかけるのならば、むしろ、後から知り合ったエルエルフより――私なのではないですかアードライ様? でも貴方の胸にあるのはもっと別の事ですよね?」

    「――降参だ。やはり君も、私との付き合いが長いだけあるな」

    「アードライ様、この間エルエルフと話していた“片腕”とはなんです?」

     悠長な前振りなど不要だとツェーツェンが切り出すと、「やはり聞かれていたか」とアードライは苦い笑みを見せた。



    「……声量を落として話してくれ。そして出来れば、もっと私に近寄ってくれローレ

     コードネームのツェーツェンではなく、幼少のみぎりに彼も呼び慣れたローレの名が囁かれる。これでもう少し艶っぽいシュチュエーションであったのなら、気分も跳ねたかもしれない。あともうひとつ、彼が年下でなかったら……だ。

    「エルエルフとはかつて王族の復興を、革命を約束し合った」

     ある程度予想は出来ていた答えに、ツェーツェンは黙って頷きだけを返す。そうしてアードライの「驚かないのだな?」という言葉にもさして意外性の色は見えなかった。

    「分かってました。だってカルルスタインあんな場所に落とされて、貴方の目は諦めを抱いてませんでしたから」

     いつか王党派に目を付けられ、担ぎ出されやしないかとツェーツェンはずっと肝を冷やしていたが。その警戒も半ば外れてはいなかったらしい。我が王子殿下の野心が軽率でなかった事を感謝するばかりだ。

    「でも何故です。多くの王族を養うには、それに比例した税が必要となります。王族を復権させる事による祖国ドルシアの益は何ですか?」

     ツェーツェンの脳裏に浮かぶのは、たおやかで優しいリーゼロッテ姫の少し困ったように歪む微笑みだ。既に滅びを迎えたはずの王族の影響力が未だ根強いせいで、かの皇女殿下は自由の無い生活を余儀なくされている。

     ならば、いっそ、そんなもの、と。ツェーツェンが不敬を覚えたのは一度や二度ではない。ツェーツェンは祖国を深く愛していたが、国として繁栄を遂げてさえくれれば指導者の顔はさして重要ではないのだ。

    「……ARUSの大統領、そして有力者は、一般市民が数々の選挙で勝ち昇って政治家になり政まつりごとを行う。それは一見平等だが、一人の人間が一生のうちに成せる事などどれだけだというのだ」

     無論、その平等には例外がある。事実代々ARUS大統領や高官を経た家系は存在するし、先日葬ってやったARUSのフィガロとかいう上院議員だって経歴を調べれば上流家庭の出身であろう。

     だがそんな彼らも、為したい政策プランの為に幾度もの選挙を乗り越えねばならない。ドルシアにも選挙が無いわけではないが、そのプロセスゆえに必要政策が遅らされると思うと辟易するばかりだ。

    「政策アイディアの実行は生まれながらに権威を持った者に託し、傑物はそれを上手く操ればいい。我ら王族はその為に教養を備え、民の望みを叶える代弁者として生を受けたはずだ」

     民衆を意のままに操作するのではなく、民衆の意を叶える存在であるべき――。それがアードライの考える王族の誇りというものなのか。確かに今の総統アマデウスの独裁とは対極に位置する指導者としての考え方であろう。



    「……その未来設計図、付き合いの長い私には話してくれませんでしたね」

    「すまない。確かに君とは付き合いのわりに気持ちを確かめ合えていないのは認めるが、これはそれとは関係無い」

     だから、その信頼関係の薄さをハッキリ露呈しないでくれと思う。これを見てクーフィアなどがいちいちからかってくるのだから。

    「君を、私の闘争革命に巻き込みたくなかった。私達と違って、君はいつでもローレに戻れる。幸せな結婚をして欲しいというのは、幼馴染みとしての願いだ」

     胸の内からようやく抉じ開けられた想いは、ツェーツェンが考えていた以上に――ローレという幼馴染みの少女を思いやったもので。

     アードライが常々ツェーツェンを前線から退けたがっていたのは知っていたが。革命の話もたった今聞かされたとはいえ、革命理想からも遠ざけたかっていたのは初めて聞かされた願いだ。

    「私が女だから、ですか?」

     もしも男として生を受けていたら、誰よりも付き合いの長い自分に王子殿下は心の中をさらけ出してくれていたのだろうか。

    「それも否定しない。君は女性であるし、私にとって君は妹分も同然という意識があって――」

    「だから私ッ、アードライ様よりも年上ですってば! ひとつだけですけど!」

    「静かに、声が大きいぞツェーツェン!」

     あんまりな誤解にツェーツェンはつい声を上げて抗議を行う。いや本当にこの付き合いだけ一等長い王子様は、ローレの事を長らく年下の娘だと思い込んでいたのだ。

    「そうだな……。君が私より年上の女性だと知った時は驚いたよ。だから昔から、王族の私相手に上からの物言いばかりしていたんだなと合点がいった」

    「……だって実際私の方がお姉さんですしー」

     それはこちらの台詞であった。どうりで高圧的な態度ばかり取られるとは思っていたのだが、彼がこの年齢の真実を知ったのも大分最近の出来事というのも頭が痛い。

    「拗ねるな。悪いが私の認識は昔と変わらなくて、いや――機関での訓練を経た今は王子であった頃より親愛の情は増している」

     思えば“王族と家臣の娘”として接したのはせいぜいアードライが7歳までの時であり、数年の時を空けたもののそれからは“カルルスタインの同志”としての関係の方が長い。建て前ではなく、本当の仲間としての情が湧いても不思議ではない。

    「君には、君が普段言っているような幸せな結婚をして貰い、穏やかに暮らして欲しいと思っているよ」

     そう、願ってくれている姿だけは純粋に嬉しいと受け止められるのであるが。実際の行動や言動にちっとも意思が伴っていないという感触がツェーツェンの個人的見解だ。



    「そう言うくせに私とイクスアインのフラグ恋路折ったじゃないですかー……」

    「ああ、君はイクスアインやハーノインといった年上の男をやたら好いているな」

     知っているくせにわざとですか?と、恨めしさが湧き上がる。

     駆け引きというのも確かに大事であるが、ツェーツェンは好意というものは素直に相手に表明すべきであると考えている。恋愛手腕などはその表明の後に試行錯誤すべきであるし、その隠さぬ好意的熱視線の放射具合をアードライが気付いていても当然であろう。むしろ気付いていなかったらどんな朴訥だというのだ。

    「個人的には反対だ。……無論彼らの人格を否定するのではなく、軍人や政治家ではない一般市民の男と連れ添った方が幸せになれるという意味でだ」

     かの年長者達にはアードライも幼い頃より散々世話になっているだろうに。呆れ気味の反応には、アードライなりの理由があるようだ。

    「――その根拠は?」

    「少なくとも戦場や革命で命を落とす事は無い」

     かつての赤い木曜日の惨劇ほどではないにせよ、どうやら彼の思い描く理想の革命は彼の崇高な信念とは裏腹に――無血での改革は難しいようだ。何より依然勢力を拡大する、敵国ARUSの存在が大きいだろう。

    「悪く思わないでくれ。気が合わないとはいえ、私は君が考えている以上に君の事が大切なんだ。余計な口を出したくもなる……幼馴染みとしてな?」

    「幼馴染みとしてですか――」

     すぐに返って来た「そうだ」という迷いの無い声だからこそ、いっそ信用が置ける。お節介とも言える配慮に苦笑いを隠せはしないが。

    「……今だって、同行してくれて感謝しているさ。今回の作戦はいわば私の我儘で許可されたもので、そこで年上のイクスアインを相手に補佐を頼むのは心苦しかったからな」

    「褒め殺しのつもりです、アードライ王子?」

    「これくらいで満足するならいくらでも言ってやる。あと今の私は大尉だ」

     律儀に訂正を求める王子殿下は、いつもの空気を裂かんばかりに吠える様子とは違い非常に穏やかであった。本当はツェーツェンが立つこの位置には、理想に共感を抱いてくれたエルエルフを置きたいのだろうに。

     威嚇の砲撃を続ける中、未だ姿を見せぬ元仲間の胸中へ僅かな不安を覚えた。





     作戦は順調に進んでいるかのように見えた。何故かエルエルフは一向に姿を見せる事もなく脆弱な学生達が降伏を申し出るまで秒読み――というところで、ようやくエルエルフの“手”を目の当たりにさせられる事となった。

     モジュールの真下をヴァルヴレイヴに銃撃させ偽りの海から海水を抜き、これによりアードライ達が強奪したジオール軍の軍艦を正常航行不能に。そして宇宙空間に射出した海水は電磁ブーメランの無効化及びヴァルヴレイヴの冷却に使われ、宇宙戦も同時に攻略。

     ぬかりなしと思われた内と外からの同時攻撃は、敵国からも一人旅団と恐れられた元仲間を相手にあっという間に敗北と帰したのだ。

     よもや転覆するのではと揺れるジオール軍艦の中、ツェーツェンはとっさに「アードライ様!!」と叫ぶ。これがエルエルフの言っていた“鳴き声”と呼ばれる所以なのであろうか。思えば王子殿下のかつての名を叫ばなくなったのは、カルルスタインの同志として長く暮らし合った年月がそうさせるようになったのだろう。

     だがツェーツェンがアードライ王子殿下を庇うより先に、アードライの方がツェーツェンの頭部を胸で覆い隠す。離して下さいと叫ぶも男の腕力は思っていた以上に強固で、ツェーツェンはただただ守られるだけの役立たずの従者でしかなかった。

     

     海水の大量流出に対しモジュールの緊急補修システムが働いた頃、船の揺れも収まりアードライの腕からも力は抜ける。

     ――当たり前であるが。王子の胸は幼い頃よりも、カルルスタインで教練を受けていた頃よりも、記憶よりも大分厚くなっていた。もしこれが年下の弟分王子でなければ、もう少し余韻に浸りたかったとでも考えたのだろうかとツェーツェンは寄せたままであった頬をぼんやりと離す。

     ツェーツェンはするりと男の腕の中を抜けるとさっさと立ち上がり、呆然としたままの王子に右手を差し出した。

    「アードライ様、作戦は失敗です。ここは敵地ですから、このまま居ては追手がかかります」

     片方だけ残ったアードライの瞳は、敗北の色でいっぱいに染まりつつある。最後のチャンスを逃し、縋るものがなくなったという悟りは彼の全身の筋肉から活力を奪っていた。

     そんな状態でも無意識にツェーツェンを庇ってくれたのは、いわば彼の崇高な魂が身体を勝手に動かしたのだろう。そんな彼だからこそ、今はもう何の権威の無くなった幼馴染みにローレは敬意を尽くす事を厭わなかったのだ。

    「エルエルフはもう、戻ってきません」

     これがカイン大佐から与えられたチャンスであった。今まで何故か泳がされていた仲間だった男は今日以降、大ドルシアへの反逆者として扱われる事になる。

    「君は、平気なのか……?」

     ようやくツェーツェンの手を取るとアードライはよろりと力なく立ち上がり、義眼の収まった顔面を後悔交じりに覆う。

    「私はもう先日、一方的に別れを済まされました。勝手な男ですよね、あいつ」

     学園天国の方が楽しくていいだろ?と言っていた一人旅団のあの野郎は、一体どこまで本気で言っていたのだろう。

     その身勝手な裏切りでこんなにも憔悴する仲間が居ると、彼は自分に向けられた信頼の重さをどこまで理解していた離反だったのだろうか。

    「地下部に向かわせた兵達からはしばらく前から連絡が取れません――諦めた方がいいでしょう。撤退の指示は私が出します」

    「――任せよう、ツェーツェン

    「ブリッツゥン・デーゲン」

     短い敬礼の後、ツェーツェンは茫然自失のままのアードライに代わり同行の兵達へと指示を飛ばす。

     仲間との決定的な別れは、正直堪える。だがこんな経験、カルルスタインに居た頃から何度もあった。惜しみたい過去への憐憫は、旗艦の枕にでも真っ先にぶつければいい。

     王子を無事に送り届ける――、ツェーツェンはその使命感によってきびきびと手足を動かしていた。
    OH Link Message Mute
    Dec 16, 2019 5:09:50 PM

    【VVV夢】かっこうのむすめ 8話-2

    #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #リーゼロッテ #アードライ #夢小説
    ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
    アニメ8話の後半の夢小説です。ちょっとだけ回想を差し込んで、王族二人との関係性を出してます。

    色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
    ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ プロローグ #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      革命機ヴァルヴレイヴの再放送記念に連載休止しているおはなしを少々書き直して上げてみました。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はローレが本名で、ツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 8話-1 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #アードライ #イクスアイン #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。多忙で投稿が空いている間にスパロボで二回もヴヴヴが参入致しました。やったね。
      アニメ8話の前半分の夢小説です。どう再構成しようか迷ってこの長文で出しましたが、もしかしたら後日違う構成で出し直す可能性も有るかもしれません。
      クリムヒルト少佐との仲良しトークと、パーフェクツォン・アミー内でのわちゃわちゃです。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。
      OH
    • 【VVV夢】(0.5話)革命の転校生達の舞台裏 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunomid #夢小説 #時縞ハルト
      本日はサンフェスのヴヴヴ日ですね!!
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。連載の番外編扱いです。
      もう少し早く上げておきたかったのですが、アニメ1話の謎ハムエッグトークの少し後のおはなしです。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 13話-2 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #ハーノイン #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      まだアニメの13話辺りに相当する時間です。アニメでさらっと「ドルシア軍の攻撃を凌いだモジュール77が月に到着してから二ヶ月が経った」と時間経過してますのでその辺り…。
      ハーノインに寄り添いたいヒロインと、(前々から軽薄ではあったものの)単独行動が目立つようになってきたハーノイン。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 2話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説 #アードライ
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ2話分の夢小説です。
      最後に書いてたのが恋愛色濃いめだったから忘れてましたが、序盤は結構煽り強いめの内容だったの思い出しました…。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はローレが本名で、ツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 1話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ1話分の夢小説です。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※1話を書いた頃はお相手未決定でしたが、現在はお相手確定してます。
      ※名前変換欄はローレが本名で、ツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうの思い出 ~ハーノインと恋人の約束~ #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunomid #ハーノイン #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      ハーノインとの回想です。ヒロインは女ハーノイン…と呼ぶにもまた違うタイプだと思われます。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 13話-3 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #イクスアイン #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      一応アニメの13話辺りに相当する時間で…一応これで最後。あとは14話に至るまでの間のおはなしは、番外編扱いにしようかなと考えてます。
      次にUPするのは連載か回想か番外編かは迷い中。

      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 6話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ6話分の夢小説です。正直なところ人間vs人間の陣営が違うロボ戦闘は、どこまで通信し合ってるの??(どことどこはお喋りしてるの??)ていうのがよく分からないところです。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうの思い出 ~アードライを追う先~ #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunomid #アードライ #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      主にアードライですが、過去回想なのであどけない(当社比)エルエルフも出てきます。
      サイトで最初に掲載していた頃はアニメ沿いの二期の辺りから毎回過去回想を挟むようになっていたので、演出上一応意味有るつもりだったんですけど…長いので再掲載方法自体を分けるようにしました。暫くはほぼ連日でUP出来たらしたいですね…。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうの思い出 ~エフゼクスのこと~ #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunomid #エルエルフ #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      久しぶりにエルエルフとだいぶ話している回想です。今晩はカルルスタイン回の再放送なようなのでテンション上がります。

      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 5話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説 #イクスアイン
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ5話分の夢小説です。

      今回はいつもより結構夢小説らしいです。今後の展開のためにもだいぶ加筆しました。
      イクスアイン誕生日(9/29)に間に合わせられなかったのは無念です…。
      持ってる人はお分かりかと思いますが、今回はアニメ成分は少なめ。コミカライズの『裏切りの烙印』と『流星の乙女』からネタ拾ってきています。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 4話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ4話分の夢小説です。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 12話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ12話の夢小説です。アニメでご存じでしょうが12~13話って連続的なので12話と言いつつ、セカンドシーズンである13話の内容にも突っ込んでます。
      ちょっとアキラちゃん戦。小説版であの辺りのまったくもって制御不能状態のクーフィアちゃん好きです。
      ひとまずこちらにて一期?ファーストシーズン?、一旦引きです。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※ギャレリアだと表示がやぼったくなってしまうようなので、シリーズまとめ機能を外してタグ管理にしました。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本名です。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 10話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ10話の夢小説です。
      のんびりしていたらアニメの再放送、ファーストシーズンが終わったようですね。えっ、セカンドシーズンどうしよ…。書き終わってないのもあるんですけど、普通にとてもとても長いんですよねこれから…。

      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 3話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #夢小説 #カイン・ドレッセル
      千葉テレビのヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ3話分の夢小説です。あのエルエルフが一人旅団無双してた時辺りの時間。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はローレが本名で、ツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 7話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #エルエルフ #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ7話分の夢小説です。ほんの少しリーゼロッテ姫のことに触れています。(ヒロインは遠縁の親戚で、少し顔立ちが似ている設定です)

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 13話-1 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #アードライ #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴのおはなしを少々書き直して上げてます。
      サイトで最初に掲載していた頃はアニメ沿いの二期の辺りから毎回過去回想を挟むようになっていたので、演出上一応意味有るつもりだったんですけど…長いので再掲載方法自体を分けるようにしました。
      なのでこちらもアードライです。時期はアニメ13話の辺り。一応過去回想→本編と、ある程度内容が連動するように書いてましたのでかつて…。暫くはほぼ連日でUP出来たらしたいですね…。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 9話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #カイン・ドレッセル #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。
      アニメ9話の夢小説です。ただ9~10話はカルルスタインの子達の出番があまり無かった事ですし、ヒロインは一端地球に里帰り離脱した…という進行をしております。
      ようやく表紙絵のタイトルの意味を回収です。ちょいちょい出ている「リーゼロッテ姫と少し似ている」設定は今回の伏線でした。

      ※名前変換欄はツェーツェンがコードネーム、ローレが本当の名前です。
      OH
    • 【VVV夢】かっこうのむすめ 11話 #革命機ヴァルヴレイヴ #kkunmsm #ハーノイン #夢小説
      ヴヴヴ再放送記念に連載休止している革命機ヴァルヴレイヴおはなしを少々書き直して上げてます。あとグラフアートグッズ化嬉しい!!!!!
      アニメ11話の前半分の夢小説です。前回護送したジオール元総理大臣の運命はご存じの通り…。親子の別れの裏でのドルシアサイド、カインの思惑で動かされる少年兵の彼らです。ハーノインと少し親密な雰囲気。

      色々な投稿サイトで投稿実験にも使ってみます。
      ※名前はツェーツェンがコードネームです。
      OH
    CONNECT この作品とコネクトしている作品