イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    泣きながら首絞め/サルベージ2018はフワモコ/君の金髪は綺麗 いつだったか迷い子のように泣きながら、この世界に俺の居場所はない、と君は言ったことがあったね。私はそんなことはない、と君に言った。本心だった。君に居場所を作ってあげるつもりでいた。あのころ私は、君の苦しみのなんたるかを知らなかった。
     君の頬にばたばたと水滴が落ちる。君は苦悶の表情を浮かべ、それでも私にやめろとは言わない。口の端で微笑んでさえいた。私の手は彼の首に力をかける。脈動が触れる。やがて君の血潮が流れをとめ、呻き声も絶えるだろう。
     これが君の出した結論なのか。我々の関係は、死によってしか贖われないのか。

    -----------------------------------

     おまえを失うのが怖い、と君は枕辺でひっそりと泣いた。私はそれまで君が泣くのを見たことがなく、想像さえしていなかった。自分でも驚くほど狼狽した。
     おまえは勝手だ、と君は言う。
     おまえがおれをつくりかえたのに、こんどはかってにしぬという。おれはもう、おまえなしではいきていけないのに。こんなみじめなことをおれにいわせる。ぜんぶおまえのせいだ。おれはこんないきものになってまでいきていたくなどなかった。
     支離滅裂だった。君らしくもない告白は、けれど酷く私の心を打ちのめし、混乱させた。確かに君はもう昔の君ではなかった。
     私は惑乱した思考で「すまない」と言い、君はただ涙を流した。
     おまえはさいしょからそうだった、おれのものではない。呟く君に「違う」と重ねても君は稚くかぶりを振るばかりで、ああそうだ、君は生き返って数か月であったと思い出す。
     私が死んだなら君はどうなってしまうのだろう。瞬間、啓示のように言葉が降りた。
    「私は君のものだよ」
     違うと言い募る君に私は囁く。
    「君が私の命をとめてもいいんだ」
     そして今、君はゆっくりと私の首に手をかける。細い指が私の肌に食い込み、爪が皮膚を破く。息ができなくなる苦しさに陶酔が混ざる。君はやはり泣いていて、私は君を愛しく思う。
     私の全部を君にあげる。

     目が覚めたら温かかった。いやむしろ暑い。そしてなんだか……獣臭い。首を巡らすと鼻先をふわふわしたものに突っ込んだ。なんなんだ?疑問に思っているうちに毛玉が動いた。そして……顔を舐められた。
    「?!?!」
     声もなく驚愕する俺の頭の上から、能天気な声が降ってくる。
    「気が付いたね」
    「なぜ俺の周りに動物がいるんだ、いったいどうしたんだこれは。というかなぜ俺はここにいるんだ」
    「いや……天の声が君を助けて動物でもっこもこにしろっていうから」
    「ふざけるな」

     ぱちん、と音がして最後の一束が彼の肩から落ちた。陽光を弾いて光る髪の毛を彼は軽く払い落す。
    「もったいないな」
     と知らず惜しむ声が漏れた。彼はそんな私に少し笑い「構わない」と言う。
     君がいいのならばいいが、と重ねると、彼は不意に顔を上げる。その清々しく凛とした笑みに私は口をつぐんだ。

     彼の桎梏がそれで軽くなるのならば。けれど私は、月光を照り返して宵闇にぬめる彼の金色をもまた愛しんでいた。
    「ヴァルジャン?」
     呼ばれてはっと我に返る。すまない、と目を上げると彼は思いの外近くにいた。
     そんなにも私の髪が惜しいなら、私の闇を完全に掃えるか。問いかける彼の瞳は静かだった。
     愛していると言われる度に嫌悪感を覚えた。今の私をなぜ、正気かと聞くとお前は困ったような苦い笑みを浮かべた。
    「愛しているという言葉に理由が必要か?」
    「理由がない言葉は意味がないのと同義だ」
     お前は目を丸くする。
    「感情に全て理由があると思うのか?」
    「少なくとも、私の感情には」
    ユバ Link Message Mute
    Nov 27, 2019 1:06:35 AM

    泣きながら首絞め/サルベージ2018はフワモコ/君の金髪は綺麗

    twitterで書いてたやつの寄せ集めなので短い。
    最初:ジャベールの首を絞めるバルジャンと、バルジャンの首を絞めるジャベール
    2頁:サルベージ2018は動物でしたね
    3頁:自殺直前のジャヴェルくんにとって髪をほどくという行為はある種の解放であったので、サルベージ後切る選択肢もあっていいよね
    4頁:バルジャベにおける「感情」とは
    #レ・ミゼラブル #バルジャベ #バルジャン #ジャベール

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品