イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    海をみないひと 海を見に行きませんか、と言った。

     他意はなかった。ただ、友人たちと海へ行こうと約束をしていて、その延長だった。支部にはいま村上と来馬のふたりきりだったが、来馬から了承を得られたなら、別役や今も誘おうと思っていた。友人らとはまた別に、鈴鳴の皆でも行きたいなと、そう思って。
     それをやんわりと断られたとき、村上は、自分はいったいなにを間違えたのだろうと思った。村上の様子を見かねてか、来馬はやわい音で、それでもはっきりと言葉を選んで、紡いだ。
    「ぼくはね、鋼」
     沁み入る声は低い。低いのに、いつもやわらかくやさしく他人を包んで、重さを感じさせない。そのうしなわれた重量を、抱え込んで、孕んでいるのはだれだったのか。村上は、いまはじめてそれを思った。
     いっそ軽やかに来馬は言う。
    「海は、見ないんだ」
     言葉は端的だった。困惑に眉を顰めた村上を見て尚、来馬は微笑んでいる。
    「だから、ごめん…………ちょっと、わけを話そうか」
     説明もなしに不親切だよね、そう言って来馬は、よかったら座って、と村上を促した。ふたりは立ったままで向かい合っていた。そろ、と村上が座ると、来馬は茶の用意をしはじめた。
     かぽ。茶筒の蓋が開けられる。ざ、茶葉がすくわれる。
    「鋼は知ってるかな、三門には海がないんだけど」
     知っている。
     この地――村上が、来馬が、別役が今が、いのちを賭して守っている土地。三門市には、海がなかった。県それ自体は堂々と海に面しているところだが、市にかぎって言えば、川こそ大きいが海はない。
     それがいったいどう関係するのか、因果関係が読めずに押し黙る村上を、来馬はどう思ったろう。いつの間にか茶葉の入った急須に、こぽ、と湯が入れられる。
     かたん。急須の蓋が閉められて、音が鳴る。
    「だから……なんていうかな、ぼくにとって、海へ行かないのは、三門への誓いみたいなものかな」
    「誓い……ですか」
    「うん。はは、恥ずかしいかな」
     来馬は自分も座って、指を組んだ。その動きにつられて、村上は彼の手をじっと見てしまう。
     ほそいゆびだった。けれども、おんなのような、と形容されるような手指ではない。節の目立つ指は、確かにりっぱな成人男性のものだ。この手が、この地を守るために銃を握り、引き金を引くことを、村上はよく知っている。
    「べつに、三門から一歩も出ないとか、そういうことはないんだけど。中学生のときは修学旅行に行ったし……」
     中学生の来馬。イメージが村上のなかで構築されようとして、上手くいかずに、ほどけた。村上にとっての来馬は出逢った当初から「おとな」のかたちをしていて、「こども」の姿を想像することは、どうやらできなかった。
    「ただ……ぼくはここで産まれて、ここで育った。そして、ここの人たちにずいぶん甘やかしてもらっている。親だけじゃなくて、たくさんのひとたちにね」
     苦笑しながら、来馬は茶を淹れる。湯呑みはふたつ。はい、熱いから気をつけてね、そう言ってかたいっぽうを村上に与えた。素直に受けとって、村上は口をつける。来馬は自分のぶんの湯呑みをだいじそうに両手で持って、そのまま茶の水面を見つめている。
    「たとえばぼくは近界遠征には行かないことになっている。これがどうしてだか、わかる? 鋼」
    「……遠征よりも、残って防衛を務めるほうに適性があるから、……?」
     突如投げかけられた問いに、咄嗟に思いついた答えを返した。目を合わせ、来馬はにっこりと笑う。それはぼくに対してずいぶん好意的な意見だね、そう来馬は言った。なんでもないことのように続ける。
    「それも不正解ではないけど。ぼくが遠征先で死ぬとね、市民からのボーダーの評判が下がる」
     ひゅっ、と、喉が鳴った。
     死ぬ。遠征先で死ぬと。来馬は確かにそう言った。ぐん、と、村上の胸のうちで、温度が下がったような錯覚があった。心臓がどこかに落ちたような気がする。冷たい。考えたくない仮定を聞いた。こころが冷える。
    「防衛任務でだって、死んでしまう可能性はゼロではないんだけどね。やっぱり、市民の目線としては、遠征はかなり危険なものに思えるらしい。だからぼくが遠征に行こうとすると、反対意見が挙がる。……これを自分で言うのはすこし恥ずかしいけど、ぼくは人気者の、『来馬のおぼっちゃん』だから」
    「それは……違います、来馬先輩が慕われるのは、先輩の人柄のおかげで、」
    「ふふ、ありがとう。――とにかく、ぼくは基本的に遠征を禁じられる立場で、それはみんながぼくを気にかけてくれるからで。つまりは、ぼくは三門そのものに、恩がある。……ぼくはきっと、生涯をこの街で過ごす」
     それは簡単に想像がついた。
     来馬は三門で生きて、三門で果てる。そうあるだろうという確信が、この地へ来て日の浅い村上の中にさえある。
     目の前にいるこのひとは、この場所でいつか孵った過去があり、いまはこの場所に帰り、そしていつかこの場所に還る。そういうひとだ。村上だけでなく、周りは誰もが知っていることだ。
    「その証明として、この地に『来馬辰也』というものを、縛り付けておきたいような……、そんな気がするんだ」
     これはそのためのひとつ。そう呟いて、来馬はようやく茶をひとくち飲んだ。
    「ぼく自身の感覚の問題だけどね。ぼくは海を知りません。たかがそれだけなんだけど。そういう、ひとつの誓い、なんだよ」
    「…………」
     理解した。理解して、絶句した。
     なんということはない、個人の拘りのようなものだ。縛り付ける、と言えば言葉は強いが、実際のところたいした制限を課しているわけでもない。ただ、海というものをその目で見ない、たったそれだけ。
     だから、おそろしかった。だれに知られることもなく、なんでもないように、ただそれだけのことを貫いている意志。それはきっととても、強い。
     自ら海を棄てて、凛と立つ。まるで泡にならない人魚だ。
     これに匹敵するような強い想いを、いったいこの人はどれだけ、抱えているのだろう。
    「……と、」
     無意識に、声を発した。
     ――遠くへ、行かないでください。
     村上はそう言おうとして思いとどまる。たったいま来馬は、遠くへ行くどころか、この場所へ留まることを宣言したのだ。矛盾した懇願をしようとした。
     ただ、あまりにも遠く感じたのだ。未熟な村上とはまるで違う、そのこころが。
    「……あの、」
    「うん。ちゃんと聞くよ」
     言葉に詰まる村上を、やさしく促す彼は、いつもどおり穏やかだった。見つめる視線はあたたかい。すこし安堵して、村上はゆっくり言葉を選ぼうとする。
     来馬の決めたことならば、村上に口出しをする権利はないだろう。だから、伝えるのは、やはり村上自身の願望にほかならない。もしもの話。
    「……もしも、」

    「もしも近界民との戦いが終わったら、来馬先輩とも海を見に行けますか」

     言って、村上は目をまるくした。
     ――自分で言って自分でおどろくなんて、ばかみたいだな、ぼんやりとそう思いながら、けれども悪い気はしなかった。思い付きのまま、あたまのなかから直接外界に出されたような提案は、どうしてなかなか悪くない。
     そうだ。戦いに明け暮れる日々さえ終われば、ここはふつうの街になる。隣り合わせの死があたりまえではなくなる。生きること、守られることに過度の感謝をしなくてもよくなる。
     来馬も、村上の言に驚いたのか、すこしぽかんとした後、めずらしく視線を彷徨わせた。
    「鋼……それは、」
    「そうだよな、行けるはずだ、……来馬先輩、行きましょう、海。今回じゃなくても、いつか、きっと」
     ゆるゆると、自分の言葉が現実味を帯びる。止まぬ戦を――やり過ごすだけでない、終わらせるためにひた進み続けているおとなたち。ここに来てから出来たたくさんの友、部隊の仲間たち、それから自分自身を、思う。村上はそれらを信ずる。
    「オレもあなたも、そのために戦ってるはずだ」
     自分たちになら、そういうことが、できます、と。
     村上が胸を張って言えるようにしてくれた、その何よりは――まずだいいちに、このひとだ。目の前の隊長だ。来馬辰也、そのひとこそ。
    「来馬先輩、オレと、海を見ましょう」
     かえしてもかえしきれない。
     都市は一種のいきものだ。
     来馬が、三門といういきものに恩があると、そう言うならば、村上は来馬に恩がある。部屋のすみでうずくまることをやめた、村上鋼、という存在を孵して、いまは帰る場所となる。これが大恩でなくてなんだというのだ。ならば村上は来馬にこそ貢献する。
    「…………はは、鋼! そうだね……、ほんとうにそうだ」
     見たことのないものを見るような目で村上を見ていた来馬は、突如破顔した。それこそはじめて見る来馬の表情に、きょとん、とした村上の目前で、おおきな手がひらひらと振られる。
    「鋼。おまえが正しいよ。わかった、絶対にいつか行こう、海」
     朗らかに笑って、しかし会話を軽んじて言っているわけではない。やくそくだね、と差し伸べられた小指も、ふざけているわけではない。別役にも今にも、いつだって分け隔てなく、このひとは同じポーズで約束というものをする。すすんで破られたところは見たことがない。
     だからきっと、これは何よりの、誓いだろう。
     そう思いながら、村上は自分の小指を差し出して、来馬のそれにそっと絡ませた。

    「そうしたらそのときは、ぼくが車を運転して行こうかな。乗せてってあげるよ、鋼」
    「え、来馬先輩、免許ないですよね」
     村上の記憶力はといえば言わずもがなで、だからこれは間違っていない。来馬は運転免許を持っていない。
     それまでに取得するということか、と村上が納得しかけたところで、いたずらっぽく来馬が笑った。
    「たしかに免許証は持ってないけど、まあ、取ろうと思えば、すぐ。鋼、知らない? 私有地内では、免許がなくても車を運転できるんだよ」
    「……え?」
    「ぼくはすでに自動車の運転ができますよってこと」
    「…………え?」
     なんだそれ。しらなかった。かっこいい。
     ぼやくように、思考が次々と口から出てしまった。そんな村上を見て、来馬は自慢げに言う。
    「そうだろ」
    trrroksr Link Message Mute
    Jun 4, 2022 5:35:05 PM

    海をみないひと

    #小説 #村来 #二次創作 #BL

    ※2022/02/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

    ■お誕生日にはまったく関係のない、ゆるくシリアスっぽい小話です。タイミングが悪かったので丸一日寝かせていました。来馬先輩、お誕生日おめでとうございました。
    ■鋼が来馬先輩を海に誘って断られるおはなし。CP要素はとても薄めです。捏造が多々あります。

    ■「来馬先輩は遠征希望してなさそう」「三門市は川の幅が広くて海に近そうだけど面してはないイメージ」「20巻に免許持ちキャラ一覧があったけど、これだけキャラがいたら一人くらいは免許ナシ私有地での運転経験アリなヤツがいるだろッ!」辺りの脳内思考のごった煮です。
    書き終わってから蓮乃辺(リリエンタール)の風景も確認してみればよかったなとか四塚市(アニオリ)には海があったんだった……とか思い出しました。なにか矛盾がありましたらすみません。
    ■『うん。ちゃんと聞くよ』は宇佐美リスペクト、『自分たちになら、そういうことが、できます』は千佳の台詞オマージュです。
    ■鋼「友達と海へ行く約束をした」←あらふねがしんでしまう……。

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 知らぬは君ばかり #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/12/23に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お付き合い前提、蔵内にちょっとしたいじわるを仕掛けようとして失敗する王子と、被害者になり損ねた蔵内のおはなし。もろもろ捏造。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■描写はまっったくありませんが、性行為を匂わせる台詞があります。

      ■王子と蔵内が並んだとき優位な立場にあるのは絶対に王子であってほしい、と思うと同時に、たまには蔵内が王子を翻弄してもいいじゃない二次創作だもの、と思っています。18巻の『王子はたぶんアホ。』を信じます!そういう方向性のあほじゃないと思うけど!
      trrroksr
    • place #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/05/22に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■遠征選抜試験前、蔵内と王子が死ぬだの生きるだの会話するおはなし。暗い話ではない…と思います。もろもろ捏造。

      ■ほんの少しですが、有名な詩のオマージュがあります。なにか問題がありましたら手直しします。
      ■この作品はフィクションです。卒業後に学校の制服を着て外に出るのはやめましょう。

      ■CP要素は薄めです。キスの描写があるくらい。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。

      ■遠征の危険性について、みんな少なからず思うところがあるだろうなあ、というオハナシ。と見せかけていちゃついているだけかもしれない。
      検証するといろいろと矛盾してそうな気がするのでもし見つけましたらスルーしてください……。もしくはこっそりとお伝えいただけますと幸いです。
      trrroksr
    • ひづめと鳥の目 #小説 #二次創作 #来馬辰也 #別役太一 #ワールドトリガー #ワートリ非恋愛作品

      ※2021/12/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■すごく今さらですが、ROUND3後の来馬先輩と太一のおはなし。来馬先輩がちょっとくよくよしています。
      ■捏造多々あり。鈴鳴メンバーは支部へ通いで来ているという設定(にしましたが、どちらかというと住み込みだったらいいよねと思っています)
      ■アクアリウムについては多少調べて書いていますが、なにかおかしなところがあったらすみません。
      ■「非恋愛作品」タグは他ジャンルでお見かけしたものをまねしています。提唱なさった方が他ジャンルでも使ってよいと仰っていたので、ありがたく使わせていただきました。

      ■鹿の矜持と鳥の瞳のおはなしです。そもそも仔鹿というのはあくまでメタ呼び名で、作中世界で呼ばれてはいないだろうと思うのですが、もしも呼ばれるならばそれは揶揄だろうな、という想像から。
      ■太一は観察力?空間把握能力?の高い子ですが、それ以上に「他人のために迷わず行動ができる」ところが最大の長所だと思っています。あれだけおっちょこちょいさんだと他人に悪意を抱かれたり呆れられたりも多かったろうと思うのですが、それでも迷いなくひとのために動けるところを見ると、いちばん凄いところは「諦めないこころ」なのかもしれません。趣味のジオラマも、ささっと器用につくるのではなく、どれだけ失敗してもあきらめずにつくりあげる、ということなのかも。という妄想。
      ■キャプションなげえ!すみません
      trrroksr
    • (サンプル)魔法を見せてあげる #小説 #サンプル #くらおう #二次創作 #BL #エワ即売会

      ■2022/3/20 エワ即売会7にて発行いたしました同人誌のサンプルです。
      ■A6(文庫本、カバー付)/118ページ/¥600+送料
       FOLIOでの取り扱い/匿名配送のみ。以前利用していたサイトより手数料が高いため、本体価格を多少値下げしました。

      ■王子の独立にあわせて、両片想いっぽいふたりがもだもだしているオハナシです。
       王子視点→蔵内視点→王子視点、ときどき神田。そのほか弓場さんや18歳男子たちがちらほら。
       勉強会(という名の集まり)をしたり、水族館デートをしたり、モールモッドと戦ったりします。いろいろと捏造。
      ■原作と同程度の欠損描写(トリオン体)があります。

      https://b2-online.jp/folio/19102800012/001/ にて頒布しています。

      よろしくお願いいたします。
      trrroksr
    • そして腹は満たされる #小説 #R-15 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/03/16に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■朝チュンからもう一回なだれ込もうとする短い蔵王のおはなしです。挿入行為は含みません。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■R-15タグにゾーニングの機能はありませんが、作品傾向を示すために表記しています。
      ■食べ物を粗末に扱ったりする描写はありませんが、ごはんを食べた場所で触れ合ったりなどしているので、苦手な方はご注意ください。

      ■オンラインイベントに新刊が間に合わなかったらこれを展示してごまかそうと思っていた短編です。笑 言葉遊びや比喩表現マシマシになっています。おうじとかたまごとか、食べるとか食べられるとか。朝のひかりのなかで陸み合うくらおうはもはやアートなので(?)写真集を出してくれという気持ちでいます(??)
      trrroksr
    • 眩しき人よ #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/09/18に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■蔵内と王子が作戦室お引越しで廊下を歩いてるだけ。弓場隊脱退~王子隊発足までの間のどこかのおはなし。もろもろ捏造。
      ■CP要素薄いです。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■王子の目の色は原作準拠です。でもアニメのあおいろもすき。

      ■『おかげさまで初の弓場隊越えだよ』の不遜さとそれをゆるす弓場さんがすきで、そこに至るまで、王子がのびのびとやれる理由のひとかけら、みたいなオハナシを書きたいと思って書きました。蔵内と王子のお互いの考えを察する能力、距離の近さに夢見ています。
      trrroksr
    CONNECT この作品とコネクトしている作品