イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    眩しき人よ 段ボールを二箱重ねて抱え、両腕にも荷物をぶら下げて、蔵内は本部の廊下を歩いていた。隣には、同じく大量の荷を抱えた王子が歩いている。ふたりともトリオン体でいるから、重いものも苦にならず運ぶことができる。
     それらはすべて、弓場隊の作戦室から回収した私物だ。かの隊室に置いていた自分たちのもの、その一切を持ち出して、王子と蔵内はここにいる。
     ふたりは、本日をもって、弓場隊を辞めた。
     隊の皆には以前から伝えてあったが、今日、正式に解任になった。ささやかながらも送別の席を設けてもらったことは、記憶に新しい。
     弓場、神田、藤丸の三人ともが、王子と蔵内を快く送り出してくれた。これは何ともありがたいことだった。戦闘員が一度にふたりも辞めて、隊の不利益にならないはずがない。大きく戦力を削がれ、弓場隊は新しい隊員を迎えなくてはならないだろう。防衛任務もランク戦も、連携や作戦や、そのすべてが一からのリスタート、練り直しだ。思うところがないわけがない。それでも一切含むところのある様子を見せなかった面々の、器の大きさを思う。
    「弓場さん、怒らなかったね」
     かちゃ、と、王子の腕の中で、段ボールに入った荷物が音を立てた。前を向いて歩いたまま、王子一彰そのひとは言う。
    「いっぺんに辞めちゃったからね。ののさんは冗談っぽく文句を言ってたけど――いや、あれはむしろ、気を遣ってくれたんだろうね」
     ――でも、ほんとう、それにしたって、弓場さんもカンダタも笑って見送ってくれるだなんて、ありがたいことだよ。
     つらつらと、半分はひとりごとなのか、歌うように言う。その内容が思考を読まれたかのようなタイミングだったので、蔵内はすこしだけ驚いた。隣を歩く王子を振り向き、微笑む。彼は相変わらず前を向いていて、その横顔は蔵内のほうを見ない。
    「ちょうど俺も同じことを考えていたよ。恵まれたな、俺たち」
    「そう。ぼくらもきっと、そう思ってもらえるような部隊をつくろう」
     弓場隊を離れ、王子と蔵内は、「王子隊」になる。
     新しく隊を発足するために必要なオペレーターについては、すでに藤丸から紹介を貰っていた。あともうひとりくらいは隊員が欲しい、と王子が言うので、その「あとひとり」が見つかり次第、来期のランク戦に参加申請をする予定だ。
     おもしろい隊にしたいね、と語った王子の笑顔が、蔵内の脳裏に焼き付いている。
    「やっぱり、後進を育てるという意味合いでも、機動力のある攻撃手が欲しいけど。それから作戦立案に積極的な人。あとは、……どういう性格をした人間だったら、ぼくに遠慮なくついてきてくれるかな」
    「人格面も考慮するのか?」
    「必要以上に萎縮されたりすると、隊全体の動きが悪くなる。かといって衝突してしまうのもよくない。――自分で言うのもなんだけれど、ぼくは万人に好かれる性格じゃないだろう? うまくやっていける人がいいね。……それとも、ぼくがもっと気を遣うべきかな」
     ぽつり、つぶやくように、声が落ちる。
    「ぼくでは『良い隊長』になれない?」
     めずらしく、殊勝なことを言う。
     王子は自由奔放なところがあるから、もっと気ままに部隊をつくりあげるものかと、蔵内は思っていた。
     ――いや、王子はこんな物言いをするやつだったか?
     なんだか、おかしい、ような気がする。物静かそうな見た目に反して口数が多いのは、普段と変わらないが――王子は相手との関係が気安くなればなるほどぺらぺらとよく喋る――必要以上に周りを気にするような人間ではないのだ。周囲を撥ねのけていたむかしと比べればおとなしくなり、気遣いをするようになったと思われるが、それでも。最後の一言は卑屈が過ぎている。
    「王子」
     ぴた、と、蔵内は足をとめた。腕に下げている荷、そのなかのなにかが、こと、と音を立てる。
     二、三歩先行して、それから王子は、顔をついと上向けて立ち止まった。
    「なに?」
     短く問いかけ、そして蔵内のほうを、振り向かなかった。
     直立した背は微動だにしない。ぴんと跳ねた襟足を見ながら、蔵内はゆっくりと言葉を選ぶ。直接的なことばをえらぶのは、すこし、こわい。
    「――、…………荷物、重いか? ひとつ貰おうか」
    「ん、」
     ぴく、と反応する。間があった。すくなくとも、それは王子にとって予想外の返しだったらしい。ふ、と俯く王子の、色素の薄い髪がゆれる。
    「クラウチ」
     呼び返される声は穏やかで、感情が読みとれない。
     ふたたび間があって、やっと蔵内のほうを振り向いた顔は、ゆるゆると笑みを浮かべて言った。
    「きみはお人よしだね。……ぼく、そんなに疲れて見えた?」
     なんだか愉快そうにわらって、首をかしげる。蔵内は静かに息を吐いた。深く落ち込んでいるわけではないらしい。
     すこしだけ呼吸をおいて、蔵内は思いきって尋ねることにした。
    「……そうだな、不安そうに見えるよ。弓場さんや神田がいないのは、不安か?」
     王子は、いや、と否定する。
    「そう見える? ……新しい隊をつくることの不安は、そんなに」
     ないよ、と囁いて眼を伏せる。今度は蔵内が首をかしげる番だった。
     たしかに王子は着々と新部隊発足の準備を進めていて、これまでいちども自信のない様子など見せなかった。手際もよく、王子隊はきっとよいスタートを切ることができる。
     だから、今日だけ、たったいまの、この王子一彰だけに、違和感がある。
    「クラウチもいるし。――うん、だけど、そうだね」
     ひとり合点して、王子はうんうんと頷いた。目を閉じ、はー、とひとつ息を吐いて、
    「ねえクラウチ」
     ぱちんと音がしそうな様子で目を開けた。
    「ぼくは、弓場さんやののさんやカンダタにとって、良い隊員であれたかな」
     ちゃいろのひとみがすがたをみせて――蔵内を射抜く。
    「戦闘員としての実力だけじゃなく、かけがえのないメンバーであれたかな」
     ああ、珍しい、と思った。
     蔵内は自らと王子を気の置けない間柄であると自負していたが――それははじめて目にした彼の一面だった。こんな風に、精神的な、曖昧なことを、王子も気にすることがあるのだ。
     まっすぐ向けられた瞳は、蔵内を試したり、況してや冗談を言っていたりする色ではない。
     いま、このときだけ「優雅な王子様」を放棄し、こころの深いところをすこしだけ曝して、戦闘以外ではほとんど見られることのない、本気の、王子一彰そのものが、蔵内の真摯なことばを待っている。
    「……。らしくないな」
    「うん、らしくないね」
     蔵内が冷や汗をかいても、王子は変わることなく視線を向け続けていた。
     肯定にしろ、否定にしろ、蔵内がなんらかのこたえを返すまで、この張り詰めた沈黙は続くのだ。かといって、王子にとって都合の良い、当たり障りのない慰めを与えたところで、彼はそれをゆるさないだろう。
    「王子、俺は」
    「うん」
    「……俺にはわからないさ。弓場さんやののさんや神田の心は」
     そう、と、王子は消えそうな相槌を打った。でも、と蔵内は続ける。
    「実際にあったこと、聞いたことの証拠は出せる」
     蔵内は知っている。弓場がどれだけ王子を可愛く思っていたか。藤丸がどんなに王子を気にかけていたか。神田がどれほど王子のことを気に入っていたか。
     弓場隊で見聞きしたものごとを思い返せば、いくらでも出てくるのだ――王子が愛されていた証拠、などというのは。
     実際にそれらを示してみせる必要はなかった。蔵内の言いたいことを正確に読みとった王子が、噴き出すようにして笑う。
    「……ずるいなあ。クラウチ、それはずるいよ」
     クラウチらしいね、きっと理数系のやりかただ。そう言って王子は眉を下げ、尚も笑った。――蔵内はそれを、まぶしく思う。
     儚げで、強かで。矛盾する筈のふたつの印象を見事に併せ持ったその笑顔は、目の前のこの男は、――だから、うつくしい。
     そして王子は、ひとしきり息を吐いて、よし、と頷いた。
    「じゃあクラウチ、これ!」
     無邪気にそう言って、大量の持ち物を、蔵内の抱えているそれにどっかりと載せる。トリオン体の蔵内にとって、重さは大した問題ではない。が、ぐらりと傾いだ荷物に慌てた。なんとか平衡を取り戻し、王子に向かって不平を漏らす。
    「おい待て、王子」
    「あはは、……クラウチ!」
     すっかり身軽になり、いつもの調子を取り戻した王子は、たたた、と廊下を駆けてゆく。
     待てよ、と繰り返した蔵内を今度こそ振り返って、ぶんぶんと手を振った。口元に手をあて、大声で、
    「ありがと!」
     そう言ってこれ以上ないほどに嬉しそうな顔をする。
     だから、蔵内は彼をゆるしてしまうのだ。
    trrroksr Link Message Mute
    Jun 4, 2022 5:50:51 PM

    眩しき人よ

    #小説 #くらおう #二次創作 #BL

    ※2021/09/18に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

    ■蔵内と王子が作戦室お引越しで廊下を歩いてるだけ。弓場隊脱退~王子隊発足までの間のどこかのおはなし。もろもろ捏造。
    ■CP要素薄いです。
    ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
    ■王子の目の色は原作準拠です。でもアニメのあおいろもすき。

    ■『おかげさまで初の弓場隊越えだよ』の不遜さとそれをゆるす弓場さんがすきで、そこに至るまで、王子がのびのびとやれる理由のひとかけら、みたいなオハナシを書きたいと思って書きました。蔵内と王子のお互いの考えを察する能力、距離の近さに夢見ています。

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 知らぬは君ばかり #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/12/23に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お付き合い前提、蔵内にちょっとしたいじわるを仕掛けようとして失敗する王子と、被害者になり損ねた蔵内のおはなし。もろもろ捏造。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■描写はまっったくありませんが、性行為を匂わせる台詞があります。

      ■王子と蔵内が並んだとき優位な立場にあるのは絶対に王子であってほしい、と思うと同時に、たまには蔵内が王子を翻弄してもいいじゃない二次創作だもの、と思っています。18巻の『王子はたぶんアホ。』を信じます!そういう方向性のあほじゃないと思うけど!
      trrroksr
    • 海をみないひと #小説 #村来 #二次創作 #BL

      ※2022/02/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お誕生日にはまったく関係のない、ゆるくシリアスっぽい小話です。タイミングが悪かったので丸一日寝かせていました。来馬先輩、お誕生日おめでとうございました。
      ■鋼が来馬先輩を海に誘って断られるおはなし。CP要素はとても薄めです。捏造が多々あります。

      ■「来馬先輩は遠征希望してなさそう」「三門市は川の幅が広くて海に近そうだけど面してはないイメージ」「20巻に免許持ちキャラ一覧があったけど、これだけキャラがいたら一人くらいは免許ナシ私有地での運転経験アリなヤツがいるだろッ!」辺りの脳内思考のごった煮です。
      書き終わってから蓮乃辺(リリエンタール)の風景も確認してみればよかったなとか四塚市(アニオリ)には海があったんだった……とか思い出しました。なにか矛盾がありましたらすみません。
      ■『うん。ちゃんと聞くよ』は宇佐美リスペクト、『自分たちになら、そういうことが、できます』は千佳の台詞オマージュです。
      ■鋼「友達と海へ行く約束をした」←あらふねがしんでしまう……。
      trrroksr
    • place #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/05/22に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■遠征選抜試験前、蔵内と王子が死ぬだの生きるだの会話するおはなし。暗い話ではない…と思います。もろもろ捏造。

      ■ほんの少しですが、有名な詩のオマージュがあります。なにか問題がありましたら手直しします。
      ■この作品はフィクションです。卒業後に学校の制服を着て外に出るのはやめましょう。

      ■CP要素は薄めです。キスの描写があるくらい。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。

      ■遠征の危険性について、みんな少なからず思うところがあるだろうなあ、というオハナシ。と見せかけていちゃついているだけかもしれない。
      検証するといろいろと矛盾してそうな気がするのでもし見つけましたらスルーしてください……。もしくはこっそりとお伝えいただけますと幸いです。
      trrroksr
    • (サンプル)魔法を見せてあげる #小説 #サンプル #くらおう #二次創作 #BL #エワ即売会

      ■2022/3/20 エワ即売会7にて発行いたしました同人誌のサンプルです。
      ■A6(文庫本、カバー付)/118ページ/¥600+送料
       FOLIOでの取り扱い/匿名配送のみ。以前利用していたサイトより手数料が高いため、本体価格を多少値下げしました。

      ■王子の独立にあわせて、両片想いっぽいふたりがもだもだしているオハナシです。
       王子視点→蔵内視点→王子視点、ときどき神田。そのほか弓場さんや18歳男子たちがちらほら。
       勉強会(という名の集まり)をしたり、水族館デートをしたり、モールモッドと戦ったりします。いろいろと捏造。
      ■原作と同程度の欠損描写(トリオン体)があります。

      https://b2-online.jp/folio/19102800012/001/ にて頒布しています。

      よろしくお願いいたします。
      trrroksr
    • ひづめと鳥の目 #小説 #二次創作 #来馬辰也 #別役太一 #ワールドトリガー #ワートリ非恋愛作品

      ※2021/12/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■すごく今さらですが、ROUND3後の来馬先輩と太一のおはなし。来馬先輩がちょっとくよくよしています。
      ■捏造多々あり。鈴鳴メンバーは支部へ通いで来ているという設定(にしましたが、どちらかというと住み込みだったらいいよねと思っています)
      ■アクアリウムについては多少調べて書いていますが、なにかおかしなところがあったらすみません。
      ■「非恋愛作品」タグは他ジャンルでお見かけしたものをまねしています。提唱なさった方が他ジャンルでも使ってよいと仰っていたので、ありがたく使わせていただきました。

      ■鹿の矜持と鳥の瞳のおはなしです。そもそも仔鹿というのはあくまでメタ呼び名で、作中世界で呼ばれてはいないだろうと思うのですが、もしも呼ばれるならばそれは揶揄だろうな、という想像から。
      ■太一は観察力?空間把握能力?の高い子ですが、それ以上に「他人のために迷わず行動ができる」ところが最大の長所だと思っています。あれだけおっちょこちょいさんだと他人に悪意を抱かれたり呆れられたりも多かったろうと思うのですが、それでも迷いなくひとのために動けるところを見ると、いちばん凄いところは「諦めないこころ」なのかもしれません。趣味のジオラマも、ささっと器用につくるのではなく、どれだけ失敗してもあきらめずにつくりあげる、ということなのかも。という妄想。
      ■キャプションなげえ!すみません
      trrroksr
    • そして腹は満たされる #小説 #R-15 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/03/16に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■朝チュンからもう一回なだれ込もうとする短い蔵王のおはなしです。挿入行為は含みません。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■R-15タグにゾーニングの機能はありませんが、作品傾向を示すために表記しています。
      ■食べ物を粗末に扱ったりする描写はありませんが、ごはんを食べた場所で触れ合ったりなどしているので、苦手な方はご注意ください。

      ■オンラインイベントに新刊が間に合わなかったらこれを展示してごまかそうと思っていた短編です。笑 言葉遊びや比喩表現マシマシになっています。おうじとかたまごとか、食べるとか食べられるとか。朝のひかりのなかで陸み合うくらおうはもはやアートなので(?)写真集を出してくれという気持ちでいます(??)
      trrroksr
    CONNECT この作品とコネクトしている作品