イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    place 三月の海は凪いでいた。
     ただ穏やかな風が運んでくる潮のにおいだけが、つんと刺激をもたらして、蔵内は思わず目頭を押さえた。
    「クラウチ、また泣いてるの?」
     顔を覗き込んできた男の微笑みまで穏やかで、それがいっそう郷愁を誘う。
     今日は、まだ、泣いていない。まだ。
    「卒業式はもう終わったんだよ?」
    「そうだな。……なのに、どうして制服を着てるんだろうな、俺もおまえも」
    「ぼくがそうお願いしたから」
     あたりまえのような顔をして答えた王子に、蔵内はため息を吐いた。
     蔵内と王子は三門から見て東方角にある海へ来ていた。それぞれの高校はすでに卒業式を終えたというのに、わざわざ制服を着て。
     ――クラウチ、あした、新弓手町駅に集合。遠征選抜試験の前に、きみと話をしておきたいんだ。六頴の制服着てきてね。
     わけのわからない条件をつけてメッセージを送ってきた王子の意図は読めない。
     電車に揺られて数十分、そこから歩いて数分。ボーダーの用事だと言いながら、ここに来るまで交わした会話は他愛のない雑談だった。蔵内は「本題」が切り出されることを待ちながらも、いったいなんの話をされるのかと、すこし身構えている。
     堤防を越えて、砂浜に下りる。ざあ……と、波の音がした。ふたりぶんの荷物をまとめて置く。
     王子はおもむろに靴を脱ぎ、靴下も脱いでその中に詰めると、片手で持って歩き出す。
     波打ち際を目指しているのは明らかだった。
     春先の海はまだまだ冷たい。それを知らない王子ではないだろうに。まっすぐ海に向かって歩く背に、蔵内は制止の言葉をかける。
    「おい、王子」
    「大丈夫、大丈夫」
     笑ってかわして、王子は止まらない。波の行き来する場所まできてやっと立ち止まると、ちょうど押し寄せた波が、ざぱんと王子の足を洗っていった。蔵内は彼とすこし離れたところ、波の来ない場所までを追っていって、足を止める。
    「王子」
     いまいちど名を呼ぶと、王子はくるりと振り返った。また波がやってきて、ざああ、と音をたてる。王子は薄く笑った。
     世にもうつくしい顔をした男と、その向こうにあるのは、海ばかり、波ばかりだ。
    「海って、ふしぎだよね」
     ざざん、ざざん。
     声変わりの終わった男性のものにしては高い音が、波と調和する。
     白っぽく見える空と海の境目あたりを、すっと指差し、王子は言う。
    「あのずっと向こうになにがあるのか――もちろん、違う大陸があるのはわかっているけど。それでも人々は、海の果てに見知らぬ世界を夢見るんだ」
     まっすぐに海のほうを見て――まるで海の向こうに、はっきりとなにかが見えているように、王子の視線はひたと海を見据える。
    「だれかのいる世界。しらないひと、もういなくなったひと、そういうものに逢える、――異世界だよ」
     異世界。
     ボーダーに属しているからには、その言葉を聞いて最初に思い浮かべるものといえば、近界民たちの住まう近界だが。海の向こうにある、と、一般的に言うならば、それを指す言葉ではないだろう。
     たとえば理想郷とされる夢まぼろしの国。たとえばやがては人々の導かれる浄土。たとえば、たとえば。それは、つまり。
     ――死者の国。
     いつ果てるともしれない我々の、還る、海。
    「……海は、海だろ」
     ぞわ、と冷たい感覚に背を撫でられて、蔵内は無理に己の想像をかき消した。それを感じとったのかどうか、そうだね、と王子は肯定の相槌を寄越す。にこっ、と笑って、蔵内の顔を見た。
    「個人単位で選抜があるって話、聞いた?」
     そして唐突に話題を変えた。
     主語のない言葉に蔵内は戸惑って、すこし考えてから、頷いた。
    「遠征の話か」
    「そう。部隊単位での遠征候補はB級二位までだから、ぼくらが遠征に行くとすれば可能性は個人でだけだ」
    「……目指すつもりなのか?」
     ざく、と、蔵内は靴を履いたままの足で、砂浜を踏んだ。王子はまだ、三歩ほど先にいる。
     ひかりを遮るもののない、波打ち際。この場所から感じる太陽はしろく、眩しかった。陽光は蔵内の背後から差して、まっすぐに王子を照らしている。学生服の黒と対比になって、色素の薄い男が、――まるで、ひかっている。
    「アマトリチャーナは遠征参加、これはほぼ決定事項らしいよ。こっちは?」
     王子は質問に答えなかった。かわりに、聞き及んでいるか、と問いを返される。
     首を横に振りながら、蔵内は彼の真意をさぐる。いよいよ差し迫った遠征選抜試験の話題。これが本題だろうか、とは思うものの、まるで着地点の予想がつかない。
    「結論から言うと、ぼくたちはけっこう、遠征に選ばれる可能性があるってことなんだ。……アマトリチャーナが遠征に行くのは、あのトリオン量で遠征艇そのものを支えるためなんだって」
    「へえ、なるほどな」
    「それを考えると、ね」
    「……そうだな。王子も俺も、トリオン要員としては申し分ない」
    「加えて戦闘力としても優秀だから」
     当たり前のように自己を高く評価するのは、実に王子らしい。
    「でね、クラウチ。きみにお願いがあるんだ」

    「もしも、ぼくときみ、それぞれ違う場所で戦うことになったら。……万が一。もしも、だけど」

     ざざん、ざざん、と海が鳴る。まるで、そういう哭き声のいきものみたいだった。ざんざと、高らかにだれかを呼ぶ。王子の足下で鳴る波が、彼を攫おうとして、その素足を撫ぜてゆく。

    「ぼくが死んでしまっても、きみは生きてくれ」

     ざあああ。
     ひときわ大きい波が押し寄せて、王子の足は勿論、制服の裾をも濡らしていった。
    「…………王子、」
     湿った砂をぐじゃぐじゃと踏んで、蔵内は王子の手首を掴んだ。海風に晒されて、肌が冷えている。蔵内の手のひらもきっと、彼のものとそう変わらない温度だ。
     なにを言っていいかわからずに、ただ波音だけが響いている。ざぷっ、跳ねた海水が靴の隙間から入ってくる。靴下が濡れ、やがて指と指の合間に水が流れ込んだ。
     結局、蔵内がなにも言えないままに時間が過ぎて、王子が口を開く。
    「もちろん、死ぬなんて気はないよ。ただ、万が一のとき、きみは思い詰めそうで心配だから」
     言いながら、王子はかたく握られた手首をじっと見つめた。おもむろに反対の手を伸ばすと、力のこもった蔵内の手、その甲をついとなぞる。ぴく、と、蔵内がほんのすこしだけ反応したことに目ざとく気付いて、ふっと笑った。
     途端、ぐいと腕が引かれた。
    「うわっ……」
     咄嗟のことに対応できず、蔵内はたたらを踏む。海のほうへ、一歩、二歩、ばしゃばしゃと飛沫をとばして、脛のあたりまでずぶ濡れになって、
    「どこ行くんだ、……王子!」
    「あははっ、――クラウチ!」

     ばしゃん!

     蔵内のほうを振り向き、王子は背中からダイブした。その手にあった靴が、砂浜に放り出される。腕を強く引っ張られて、彼を押し倒すように、蔵内は浅い海に倒れ込んだ。
    「ぶっ、……げほっ、げほっ!」
     慌てて身を起こす。しおからい海水を飲んで、喉が痛みを訴えた。口元を押さえようとして、その手が繋がれたままであることに気付く。はっとして繋がった先を見ると、――王子はいまだに海の中にいた。
    「王子?」
     細かな泡の浮かぶ海は、昏いいろをして、彼の姿を曖昧にする。ゆらゆら、ゆらゆら、輪郭が揺れる中で、すう、と。
     まぶたが確かにひらいて、双眸がひかる。

     ぞっとするほどの、うつくしい青が、こちらを見た。

    「……っ、」
     思わず身を引こうとした蔵内を、絡めとられた指が留める。かち合ってしまった目と目が離れてくれない。青。青。それは押しては引く波よりもつよく、蔵内を引きずり込もうとする。海水なのか汗なのか、べたついた感触がこめかみの辺りを伝う。
     うつくしくて、おそろしくて、目が離せない。
     慄く蔵内の視線の先で、――ごぼ、と、大きな空気の塊が、たくさんの泡になって、王子の表情を覆い隠した。蔵内の手を握っていた指が、びく、と跳ねて、水面を掻いてはぱしゃりと叩く。いかにも苦しそうにする。
     ぎょっとして、蔵内は王子を助け起こす。暴れる手が蔵内の制服を引っ張る。酸素を求めてもがく身体を、かき抱くようにして声をかけた。
    「王子!」
    「げほっ、ぅあ、……はあっ、はあっ、っは……、」
     海から引き上げられた王子は盛大に噎せ込み、肩を大きく上下させて呼吸をした。
     まるごと水の中にいちど沈んで、てっぺんからすべて濡れそぼった頭髪が、ぽたぽたぽた、と雫をたらしている。海の中に座り込んでしまった下半身よりも、濡れたままで外気に晒される肩や腕が冷たかった。
    「なにをやってるんだ、おまえは!」
    「はー…………、うん、ごめん、ちょっと待って、」
     大きな声を出した蔵内にひらひらと手を振って、王子は何度か深呼吸を繰り返した。
    「鼻が、痛いな……目も、」
     そう言って目を擦ろうとするので、蔵内は手首をやわく握り込んで止める。
    「擦るとよくないぞ」
    「ん……、」
     こく、と頷いて、王子はすんと鼻を鳴らした。
     大粒の水滴が長い睫毛を伝い、ひとつふたつみっつ、次々と海面に落ちてゆく。蔵内は黙ってそれを見守った。
     しばらくすると落ち着いたのか、王子はもういちど洟をすすって、それからゆっくりと目を開けた。海よりも深く感じた青は、先ほどと打って変わって、穏やかな明るいいろをして蔵内を見据える。
    「ああ、苦しかった」
    「おまえな……」
     飄々と言ってのける姿にあきれ果てて、蔵内は大きなため息を吐いた。
     あまりに唐突な行いに、感傷などというものはどこかへ行ってしまった。胸中に押し寄せていた波のようなざわめきも、すっかりおとなしくなった。
     それで、と声をかけて蔵内は立ち上がる。続いて立った王子は、こてんと首を傾げた。そんな仕草でさえ似合うのだから、まったく、この男は。
    「なにがしたかったんだ、いったい」
     ざばざばと波をかきわけ、ふたり並んで陸にもどる。王子は制服の裾をぎゅうと絞った。額に張りついてしまった髪をかき上げて、口を開く。
    「うーん、きみがあんまり世界の終わりみたいな顔するから」
     ――あまつさえ、原因は蔵内だと言う。
     とはいえ、それはきっと間違っていないだろうと、蔵内自身も思った。ずいぶん動揺してしまったという自覚が、蔵内にはあった。いまはそれがすっかり落ち着いたことを鑑みると、王子の突飛な行動は、蔵内に対してとても効果的だった。
    「……そうか」
    「悪い気はしなかったけど。かわいそうになっちゃった」
     そう言って王子は肩を竦めた。何様だ、と蔵内が笑うと、王子様だね、なんて言ってのける。
    「かわいそうでかわいいクラウチに、王子様の心臓をあげよう」
     ふざけた口調で続けると、唐突に、自らの着ている学ランから第二ボタンを引きちぎった。ぶちっと音を立てて糸が切れる。
    「はい」
    「……は?」
     左手で握ったままのボタンをすっと差し出され、落とされたそれを反射的に受け取った。
    「これで、たとえばらばらの場所にいても、ぼくの心臓はきみのものだよ」
    「……『第二ボタンを贈与する風習は、心臓に近いことが由来』っていうの、俗説だろ?」
     王子は肩をすくめて、そうらしいね、と言う。この男に、話題のはぐらかしは通用しない。
    「この世のほとんどなんて俗説でできてるよ。ロマンがあって、ぼくはけっこう好きなんだけど」
     濡れて張り付く感触がいやなのか、王子はボタンのひとつ欠けた上着を脱ぐ。とはいえ当然、下に着ているワイシャツもびしょ濡れだ。全体的に、肌色が淡く透けている。それになんとなく気まずさをおぼえて、蔵内は目をそらした。
    「クラウチは、欲しくない?」
    「いや、」
     問う声にからかいの笑みが含まれていることに気がついて、ボタンを握った手に、ぐっ、と力を込める。
    「――ありがたく貰うよ。でも」
    「でも?」
     ふたたび見やった先に、言葉の先を期待してかがやく瞳があった。背後の海と相似した青が、海水に濡れたすがたかたちが、きらきら、きらきら、すでに傾きはじめた陽を受けて、ひかっている。
     蔵内はこの青を――この色こそを。

    「だったら、もしも俺が死ぬときは、おまえの心臓を連れていくからな」

     ぱちくり。
     海の色が、瞬きをした。

    「……ふ、ふふ、――いいねクラウチ。そうでなくちゃ。やっぱりきみは面白い」
     蔵内は黙って、砂の上に放られていた靴と靴下を拾い、甲斐甲斐しくも差し出した。王子はころころと笑いながらそれを受け取る。砂のついた足と見比べて、靴下をポケットにしまうと素足のままで靴を履いた。
    「あーあ、じゃりじゃり」
    「自業自得だ」
     荷物を回収して、陸に戻る。コンクリートの道に、ぽたぽたと水が垂れて、濡れたふたつの足跡がのこる。
     駅まで続くひらけた大きな道路には、誰の姿も見えず、車が通る様子もなかった。
    「びしょ濡れで電車に乗ったら迷惑だよね……クラウチ、服が乾くまで、線路に沿って歩いていかない?」
    「誰のせいだと思ってるんだ?」
    「あはは」
     喋りながら、王子の言うとおりに歩みを進める。蔵内は自分もすっかり濡れてしまった制服の上着を脱ごうとした。ブレザーのボタンを外そうとして、――気付く。
    「ん?」
    「どうしたの?」
     唐突に立ち止まった蔵内を、数歩先から振り返って、王子は首を傾げた。はっとして、蔵内は、いや、と返事をする。
    「……なんでもない」
     王子はしばらくじっと蔵内を見つめていたが、
    「そっか」
     と言ったきり、無言でまた先を歩きだした。その背を追いながら、蔵内の鼓動は速くなる。どっ、どっ、と、鳴る心臓の音が、目の前の王子に伝わってしまうのではないかと、憂う。
     指をかけようとした、ブレザーのボタン――上から数えてふたつめのそれが、なくなっていた。
     家を出る前、着用したときにはあったはずだ。高校へ通った三年間、いちども取れたりはしなかった、制服のボタン。それが今さらちぎれるだなんて、そんな偶然は、まず、ないだろう。
     考えてみれば簡単な話だ。不自然な服装指定。蔵内の着ている制服を引っ張った手。
    「……王子」
     隣に並ぶと、なに、と素っ気ない返事がかえってくる。
     最初からこのつもりだったのか、と思い当たった。きみは生きろ、なんて悠然と言っておきながら――

    「おまえでも、喪うのは、こわいか」

     蔵内は訊ねた。
     たぶん、蔵内の制服のボタンは、いま王子のポケットの中にある。
     気付かれたことを悟ってか、王子は立ち止まった。じろ、と蔵内をひと睨みし、すこしの間を置いて、ゆっくりと口を開く。

    「もちろん、こわいに決まってる」

     海の色が、寄る辺なく揺れる。水面に蔵内を映したまま。――ああ、と、蔵内は思った。
     ――この海こそが、自分の還る場所だ。
     吸い込まれるような、とは、よく言ったものだった。いくら見ていても飽きない青。それをもっと近くで眺めていたくなって、蔵内は王子のおとがいに手をかけた。抵抗する素振りはない。
     眼前に海が広がる。しおからい味が、する。
    「………………っ、は、」
     しばらくその味を堪能してから離してやると、王子が息継ぎをした。
    「……きみ意外と強引なところあるよね」
    「いやだったか?」
    「ううん、そういうところが面白いと思ってるよ」
     ふたたび歩きはじめた王子は、ふと蔵内の手をとった。海中に引きずり込もうとしたときとは違う、やさしく絡んでくる指。存在を確かめるように手のかたちをなぞられて、穏やかに空中でゆすぶられる。
     はー……、と長く息を吐いてから、王子は表情を綻ばせた。長い睫毛がひかりをはじく。まだ海水で濡れている髪が、水滴をぽたんと落とす。
    「……帰ろうか。クラウチ」
     淡い笑みを浮かべて蔵内を見る。
    「そうだな、帰ろう、王子」
     なんだか満足そうにしているので、よくわからないがそれでいい、と、蔵内は思った。
     いまはまだ、自分の帰る場所はこちらでいい。死ぬつもりなど、ないのだから。
     ざざん、と鳴った波が、ひどく遠くに感じられた。
     ふたりの帰る先は、ボーダーのある、三門の街でいい。
    trrroksr Link Message Mute
    Jun 4, 2022 5:58:48 PM

    place

    #小説 #くらおう #二次創作 #BL

    ※2022/05/22に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

    ■遠征選抜試験前、蔵内と王子が死ぬだの生きるだの会話するおはなし。暗い話ではない…と思います。もろもろ捏造。

    ■ほんの少しですが、有名な詩のオマージュがあります。なにか問題がありましたら手直しします。
    ■この作品はフィクションです。卒業後に学校の制服を着て外に出るのはやめましょう。

    ■CP要素は薄めです。キスの描写があるくらい。
    ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。

    ■遠征の危険性について、みんな少なからず思うところがあるだろうなあ、というオハナシ。と見せかけていちゃついているだけかもしれない。
    検証するといろいろと矛盾してそうな気がするのでもし見つけましたらスルーしてください……。もしくはこっそりとお伝えいただけますと幸いです。

    more...
    作者が共有を許可していません Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    NG
    模写・トレース
    NG
    • 知らぬは君ばかり #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/12/23に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お付き合い前提、蔵内にちょっとしたいじわるを仕掛けようとして失敗する王子と、被害者になり損ねた蔵内のおはなし。もろもろ捏造。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■描写はまっったくありませんが、性行為を匂わせる台詞があります。

      ■王子と蔵内が並んだとき優位な立場にあるのは絶対に王子であってほしい、と思うと同時に、たまには蔵内が王子を翻弄してもいいじゃない二次創作だもの、と思っています。18巻の『王子はたぶんアホ。』を信じます!そういう方向性のあほじゃないと思うけど!
      trrroksr
    • 海をみないひと #小説 #村来 #二次創作 #BL

      ※2022/02/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お誕生日にはまったく関係のない、ゆるくシリアスっぽい小話です。タイミングが悪かったので丸一日寝かせていました。来馬先輩、お誕生日おめでとうございました。
      ■鋼が来馬先輩を海に誘って断られるおはなし。CP要素はとても薄めです。捏造が多々あります。

      ■「来馬先輩は遠征希望してなさそう」「三門市は川の幅が広くて海に近そうだけど面してはないイメージ」「20巻に免許持ちキャラ一覧があったけど、これだけキャラがいたら一人くらいは免許ナシ私有地での運転経験アリなヤツがいるだろッ!」辺りの脳内思考のごった煮です。
      書き終わってから蓮乃辺(リリエンタール)の風景も確認してみればよかったなとか四塚市(アニオリ)には海があったんだった……とか思い出しました。なにか矛盾がありましたらすみません。
      ■『うん。ちゃんと聞くよ』は宇佐美リスペクト、『自分たちになら、そういうことが、できます』は千佳の台詞オマージュです。
      ■鋼「友達と海へ行く約束をした」←あらふねがしんでしまう……。
      trrroksr
    • ひづめと鳥の目 #小説 #二次創作 #来馬辰也 #別役太一 #ワールドトリガー #ワートリ非恋愛作品

      ※2021/12/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■すごく今さらですが、ROUND3後の来馬先輩と太一のおはなし。来馬先輩がちょっとくよくよしています。
      ■捏造多々あり。鈴鳴メンバーは支部へ通いで来ているという設定(にしましたが、どちらかというと住み込みだったらいいよねと思っています)
      ■アクアリウムについては多少調べて書いていますが、なにかおかしなところがあったらすみません。
      ■「非恋愛作品」タグは他ジャンルでお見かけしたものをまねしています。提唱なさった方が他ジャンルでも使ってよいと仰っていたので、ありがたく使わせていただきました。

      ■鹿の矜持と鳥の瞳のおはなしです。そもそも仔鹿というのはあくまでメタ呼び名で、作中世界で呼ばれてはいないだろうと思うのですが、もしも呼ばれるならばそれは揶揄だろうな、という想像から。
      ■太一は観察力?空間把握能力?の高い子ですが、それ以上に「他人のために迷わず行動ができる」ところが最大の長所だと思っています。あれだけおっちょこちょいさんだと他人に悪意を抱かれたり呆れられたりも多かったろうと思うのですが、それでも迷いなくひとのために動けるところを見ると、いちばん凄いところは「諦めないこころ」なのかもしれません。趣味のジオラマも、ささっと器用につくるのではなく、どれだけ失敗してもあきらめずにつくりあげる、ということなのかも。という妄想。
      ■キャプションなげえ!すみません
      trrroksr
    • (サンプル)魔法を見せてあげる #小説 #サンプル #くらおう #二次創作 #BL #エワ即売会

      ■2022/3/20 エワ即売会7にて発行いたしました同人誌のサンプルです。
      ■A6(文庫本、カバー付)/118ページ/¥600+送料
       FOLIOでの取り扱い/匿名配送のみ。以前利用していたサイトより手数料が高いため、本体価格を多少値下げしました。

      ■王子の独立にあわせて、両片想いっぽいふたりがもだもだしているオハナシです。
       王子視点→蔵内視点→王子視点、ときどき神田。そのほか弓場さんや18歳男子たちがちらほら。
       勉強会(という名の集まり)をしたり、水族館デートをしたり、モールモッドと戦ったりします。いろいろと捏造。
      ■原作と同程度の欠損描写(トリオン体)があります。

      https://b2-online.jp/folio/19102800012/001/ にて頒布しています。

      よろしくお願いいたします。
      trrroksr
    • そして腹は満たされる #小説 #R-15 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/03/16に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■朝チュンからもう一回なだれ込もうとする短い蔵王のおはなしです。挿入行為は含みません。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■R-15タグにゾーニングの機能はありませんが、作品傾向を示すために表記しています。
      ■食べ物を粗末に扱ったりする描写はありませんが、ごはんを食べた場所で触れ合ったりなどしているので、苦手な方はご注意ください。

      ■オンラインイベントに新刊が間に合わなかったらこれを展示してごまかそうと思っていた短編です。笑 言葉遊びや比喩表現マシマシになっています。おうじとかたまごとか、食べるとか食べられるとか。朝のひかりのなかで陸み合うくらおうはもはやアートなので(?)写真集を出してくれという気持ちでいます(??)
      trrroksr
    • 眩しき人よ #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/09/18に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■蔵内と王子が作戦室お引越しで廊下を歩いてるだけ。弓場隊脱退~王子隊発足までの間のどこかのおはなし。もろもろ捏造。
      ■CP要素薄いです。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■王子の目の色は原作準拠です。でもアニメのあおいろもすき。

      ■『おかげさまで初の弓場隊越えだよ』の不遜さとそれをゆるす弓場さんがすきで、そこに至るまで、王子がのびのびとやれる理由のひとかけら、みたいなオハナシを書きたいと思って書きました。蔵内と王子のお互いの考えを察する能力、距離の近さに夢見ています。
      trrroksr
    CONNECT この作品とコネクトしている作品