イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
    そして腹は満たされる とろとろに溶けた玉子を包んで、蔵内は寝室へと戻った。


    「王子」
     扉をしずかに開け、控えめに声をかけて様子を窺う。ベッドの上、こんもりとふくらんだ毛布が震えるようにして動いた。
     やがて隙間から王子が顔を出した。まだ眠そうな目をして、くらうち、と返事をする。むくり、と起き上がったからだは布をなにひとつ纏っていない。
    「おはよ、クラウチ……」
     さくらいろの肌のそこかしこに、赤い花が咲いていた。蔵内は王子の傍に寄って、乱れた前髪を整えてやると、まろい額にうやうやしくキスを落とす。
     
     昨晩は彼をさんざんに味わい尽くしてしまった。奥の奥までからだをひらかせて、余すところなく啜り尽くして、正体をなくした彼のあたまのてっぺんからつまさきまで、腹いっぱいになるまですべてを食べ尽くした。

     にこ、と笑った王子は、どこかけだるげな雰囲気を纏っている。まだ情事の名残りがあるのだろう。
     さっきのおかえしと言わんばかり、王子は蔵内の頬にキスをした。蔵内が手を差し出すと、素直にとって、立ち上がろうとする。
    「朝ごはん、できてるぞ」
    「うん、ありがと。……」
     ベッドから降りようとして、王子は動きを止めた。顔を覗き込もうとするとふいと逸らしたので、蔵内はその理由を察した。――たぶん、いま、王子は立つのがつらい。
    「王子」
    「うん」
    「よかったら、俺に運ばせてくれ」
    「……うん」
     できるだけ、なんでもないことのように提案する。王子はすこしだけ恥じらうそぶりを見せたが、それも一瞬のこと。すぐに自分からベッドへ戻ると、毛布にくるまって座った。
     ちら、と王子が蔵内を見上げる。蔵内はひとつ頷いて、彼の背とひざのうしろ、毛布ごと巻き込むようにして腕をまわした。王子は蔵内に凭れかかって、その首にすがる。
    「せーの」
     声をかけてから、一息に持ちあげる。平然としている王子が、その瞬間だけ、ぎゅ、と目を瞑るのを、蔵内は知っている。

     すでに何度か経験していることだった。翌日に動けなくなった王子を、こうして蔵内が運んで、なにからなにまで面倒を見ること。蔵内はこれがきらいではない。王子も、恥ずかしがる素振りは見せるものの、おおむね蔵内に身を任せてくれる。機嫌が悪くなければ、たっぷり甘えてもくれる。曰く、「ぼくはクラウチがしたいようにしてるのを見るのが好きなんだよ」。
     王子をていねいに抱えたまま、ゆっくりと廊下を歩く。身長一七七センチの重みが腕のなかにある。その重さを与えられることが、蔵内にとっては、幸福だった。

     リビングには、蔵内と王子が横並びで座って尚余りあるようなサイズのソファと、その傍に配置されたローテーブルがある。
     ソファに王子を下ろして、蔵内はキッチンからふたつの皿を運ぶ。載っているのは、先ほどつくったオムレツだ。ひとりひとつずつ。中には、細かく刻まれた玉ねぎとベーコンがたっぷり入っている。玉子もぜいたくに三つ使ったそれはとても大きくて、これだけで朝ごはんに足りうるものだ。
     蔵内の一挙一動を見守っていた王子は、ローテーブルに置かれたそのオムレツを見て、わあ、とうれしそうに声をあげた。
    「中は? しっかり? ふわふわ?」
    「ふわふわのほうが好きだろう」
     はんぶん笑いながらそう告げると、王子はますますうれしそうにした。
     毛布からはみ出た肩には情事の痕が色濃くのこっている。そんな様相でこどものように頬を上気させる姿はアンバランスで、かえってなんだか――みだらな気がした。
     穏やかな朝に似つかわしくない雑念だ。それを振り払うように、蔵内はふたたび立ち上がった。
    「待ってくれ、いまクロワッサンを焼くから」
     そう言ってまたキッチンに戻ろうとする蔵内の服の裾を、王子の手がくいと引っ張った。
    「そんなに食べられないよ。オムレツだけでじゅうぶん。ね、早く食べよう」
    「じゃあ、飲み物だけ取ってくるよ」
     急かす王子をなだめて、キッチンに立つ。王子のぶんは紅茶。ティーポットに茶葉を入れ、湯を注いで、砂時計をひっくり返す。ティーカップにも、いちど湯を入れて、しっかりあたためておく。蔵内のぶんはスティックコーヒーだ。マグカップに開けて、湯に溶かすだけ。
    「お待たせ」
     それらすべてをトレーに載せて、蔵内は王子のもとへ戻った。かたん、とテーブルにトレーを置いて、ソファに腰掛けると、待ってましたというように王子が寄りかかってくる。
     蔵内の肩口に、すり、と鼻先を擦り付ける姿は、気まぐれな猫みたいだった。そのうなじから指を差し込んで頭を撫ぜてやる。あちこちに跳ねている髪のひとふさをとって、口づけてから、蔵内はテーブルに向き直った。王子もそれに倣って、毛布にくるまったまま、無理のない程度に姿勢を正す。
    「いただきます」
    「いただきます」
     オムレツを大きく切って、ひとくち。――我ながらよくできている、と蔵内は思った。ほんのりと甘い玉子は絶妙にやわらかく、ベーコンの塩気がきいている。
     これなら王子も満足だろう。そう思って隣を見ると、彼はフォークを手になにかを考え込んでいた。怪訝に思った蔵内の視線に気付くと、王子はにっこりと笑んで、フォークを置く。
    「クラウチ。食べさせて」
     そう言って、餌を待つ雛鳥のように、ぱかりとくちをあけた。あかい舌が、ちろりとおどる。
     しばらく静止してから、蔵内は自分の口の中にあった玉子を、ごくり、とのみこんだ。王子のぶんのオムレツを切り分けてやると、それを掬って彼の口元へ運ぶ。
     はむ、と閉じられたくちびるからフォークをゆっくり引き抜いてやる。王子はむぐむぐと口を動かした。ただでさえやわらかいオムレツを、時間をかけて咀嚼する。やがてこくりと飲みくだして、おいしい、さすがクラウチ、と笑った。
     そうしている間に、砂時計の砂が落ちきった。抽出の済んだ紅茶を淹れる。
    「クラウチ、それも」
    「……わかった。熱いから気を付けろ」
     ティーカップをそろりと持ち上げる。こぼさないよう細心の注意をはらいながら口元に当ててやると、小動物がするようにぺろぺろと飲みはじめる。
     ぷは、と顔を上げたタイミングで離してやると、またオムレツを要求された。苦笑しながら、言われたとおり、蔵内は王子の親鳥をつとめる。
     クラウチ、くらうち。幾度も呼ばれるがまま求められるがままに食事を与えて、王子がオムレツを味わっている隙に自分のぶんを食べる。忙しないが、決して不愉快ではない――むしろ、蔵内はとても楽しくて、うれしかった。

     はだかのままで、ソファの上。怠惰で奔放な朝をすっかり堪能している王子は、なにもかもを蔵内に任せきっている。そこにすこしだけ、なんとも言えないほの暗いよろこびがある。褥で彼を組み敷いているときと異なるようで根本は同じ、きっと支配欲の一種なのだろう。
     火の通った玉子を、王子が口の中でとろかしている間、蔵内の胸のうちも、弱い火でとろとろと溶かされているような心地だった。
     甘やかして与えることで、自分も満たされている。

    「……ごちそうさま。おいしかった」
     大きいとはいえオムレツひとつを食べるだけのことに、どれだけ時間をかけただろう。やっとのことですべてを胃の中に収め、王子は満足そうにソファに背を預けた。テーブルに置かれたふたつの皿は、どちらも綺麗にからっぽになっている。
    「ぜんぶ食べさせてもらって、なんだかぼく、赤ん坊みたいじゃなかった?」
    「ははは、そうかもな」
     いまさらもいまさらなことを言われて、蔵内は笑いながらコーヒーを飲み干した。自分で言い出したくせに、王子は拗ねたような顔をする。
    「こどもじゃないんだけど。コーヒーだって飲めるよ。……そうだクラウチ、それひとくちちょうだい」
    「あ、いま全部飲――」
     飲み終えたところなのだと、そう言おうとして、口を塞がれた。
    「ん……っ!?」
     抵抗する暇もなく、蔵内の口内になまあたたかいものが侵入してくる。至近距離で王子と目が合って、垂れた目尻のそれが、にい、と細められるのを見た。みごとな半月形は、まるでさっきまで食べていたオムレツだ。わらうあおいろに射すくめられた蔵内の、視界のはしで、はらり、毛布が落ちる。淡いいろをした肢体が、顕になる。
    「んむっ、う、う……!」
     舌で舌を押し返そうとする蔵内を意にも介さず、口腔が蹂躙されてゆく。せまいなかを、うえからしたへ、みぎからひだりへ。べろり、すべてをひとめぐりして舐めまわしてから解放された。
    「ごちそうさま!」
     先ほども聞いたばかりの食後の挨拶は、けれどもずいぶん違う響きで蔵内の耳に届いた。いたずらっぽく笑った王子は、昨夜の痕跡にまみれたからだを惜しげもなく晒し、無邪気と淫蕩の狭間に居座りながら、蔵内を揶揄っている。その気まぐれで自由なさまといったら。
     蔵内の胸の中、くすぶっていた火が、途端に大きくなった。

     ――いっぺんに玉子を流し込み、さいしょは弱い火でかたちを整え、そしてほんのすこしだけ、強火にして。
     それと同じだ。さんざん煽られて、一気にぼうっと燃え上がった炎は、目の前の男をとろかすためだけに在る。

    「王子」
    「ふふ、なに? クラウチ」
    「いまのじゃ、ひとくちにも満たないだろう?」
    「そうかな? ……ん、」
     今度は蔵内から口づけた。ちゅ、と触れるだけのキスをいちど落として、それから舌を差し入れた。
    「んぅ……あは、むぐ……っ、んふふ、ぁんっ……、」
     なにが楽しいのか、王子は貪られながら笑っている。その笑い声ごと唾液を掬いあげて、飲み込んだ。それでも余裕そうにしているので、蔵内はどうにかそれを崩してやりたくなって、ぐ、と体重をかける。王子のからだがゆっくりとソファに沈んでゆく。
     逃げられないように、後頭部をがっちりとわし掴みにして、キスを深くする。奥歯の付け根をくじるように舌でつつくと、さすがの王子も笑いをひそめ、あえかな声ばかりを漏らした。
    「んふ、う、…………ふあっ!?」
     いつの間にやら蔵内の背中に回されていた腕が、とつぜん、びくっと跳ねた。抑えていた手を離して、蔵内は身を起こす。ずる、と、落ちていった王子の腕がソファの上に着地して、片方は目元を隠すようにふたたび持ち上げられた。
    「ん…………」
    「王子?」
     きゅ、と唇が引き結ばれるのを見て、蔵内は首を傾げた。
     王子はこの程度でへたばるような男ではないのだ。にもかかわらず、すっかり仰向けになったはだかの胸は、落ち着かない様子で上下を繰り返している。
     蔵内が顔を覗き込むようにすると、ぎゅっ、とブルーの瞳がすがたを隠した。顔を背けられてそこでようやく、これは感じ入っているのではなく恥じらっているのだと、気が付いた。
     どうした、とできるだけやさしく声をかけてやる。頬に朱をのぼらせて、王子はきれぎれの単語を発した。
    「ごめん……、もうふ、せんたく」
    「毛布?」
     先ほど王子の肩からすべり落ちていった毛布は、寝そべったからだの下になって、すっかりくしゃくしゃになっていた。
     蔵内は、さっと視線をはしらせ、――乳白色を見つけた。
     いとしいこいびとの下半身、まだ反応を示していない中心よりも、もっと奥。昨夜さんざん蹂躙したおぼえのあるばしょから、たら、と、液がこぼれているのだ。半透明、しろく濁ったそれにそっと触れると、ぬるりと指先が滑った。毛布の先が、濡れて束になる。

     王子に食わせるために三つも使った玉子、その卵白を思った。空気を含んで音を立てながら、たくさんにかき混ぜられて、泡立った液体。打ちつけられるおと。ぱん、と、あたまのなかで鳴ったのは、はたして、殻の割れた音だったろうか。

    「あんまり、見ないでよ……」
     抗議の声にはっとした。視線をあげると、王子は恨みがましい目つきで蔵内のほうを見ている。羞恥か屈辱か、肌寒さもあいまってか、一糸を纏わぬ肩がふるえていた。
     途端に申し訳なくなり、蔵内は慌てて目を逸らした。
     そもそも昨日はきちんと事後処理を済ませてから眠ったはず――だが、王子の状態を見るに、不十分だったのだろう。どれだけの負担をかけてしまったのか。そう思った瞬間、あがった熱が冷めてゆく。
    「……悪い。全部掻き出したつもりだったんだが」
     とっさに離れようとした蔵内を、王子の手が引きとめた。驚いてふたたび見やれば、王子はつい先ほどまでの睨むような視線を引っ込めて、うすく微笑んでいる。
     蔵内に触れている手のひらが熱い。まだ冷めるなと、言葉を用いず、けれども強く、伝えてくる。
    「……いいよ。だいじょうぶ。…………でも、ね、」

     また、したくなっちゃった。

     困ったような表情をして、王子は笑う。
    「ねえクラウチ、朝ごはん、ぼくの好きなものばっかりだった」
     ――きちんとした手順で淹れられた紅茶に、ふわっふわの大きなオムレツ。結果的に食べなかったけれど、クロワッサン。
     そのとおりだ。王子よりも早く起床して、王子を起こさないようにこっそりとベッドを抜け出して、王子のためだけに朝食をつくった。ゆうべは無理をさせたから、身体をいたわってやりたかったこともあるし、それに、蔵内は王子を甘やかすことを楽しみにしていた。
     だから、礼なんてなにひとつ必要ないのだ。
     だと言うのに、王子は言う。
    「……今度はさ、きみが好きなもの、食べていいよ」
     それは鯛茶漬けや親子丼を食べないかと――そう提案しているのではないと、すぐに知れた。
     おかえしだよ、と、王子は蔵内の手を引く。手のひらを自身の胸にあててみせる。そうすると、王子の鼓動が伝わってきた。常よりすこしだけ速いそれは、食らわれることを期待し、脈打っている。

     自身を差し出して、蔵内の手に銀の食器を持たせて。皿のうえ、蔵内が愛してやまないそのたべものが、凄艶なさまで、わらう。
     蔵内にたべられるのを、心待ちにしている。

    「きみが、こんなに、食べごろにしたんだ」

     そう言った王子の瞳は、もうどうしようもないくらいに、熟れて、とろけきっている。


     とろとろに溶けた王子を包んで、蔵内は寝室へと戻った。
    trrroksr Link Message Mute
    Jun 4, 2022 5:56:25 PM

    そして腹は満たされる

    #小説 #R-15 #くらおう #二次創作 #BL

    ※2022/03/16に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

    ■朝チュンからもう一回なだれ込もうとする短い蔵王のおはなしです。挿入行為は含みません。
    ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
    ■R-15タグにゾーニングの機能はありませんが、作品傾向を示すために表記しています。
    ■食べ物を粗末に扱ったりする描写はありませんが、ごはんを食べた場所で触れ合ったりなどしているので、苦手な方はご注意ください。

    ■オンラインイベントに新刊が間に合わなかったらこれを展示してごまかそうと思っていた短編です。笑 言葉遊びや比喩表現マシマシになっています。おうじとかたまごとか、食べるとか食べられるとか。朝のひかりのなかで陸み合うくらおうはもはやアートなので(?)写真集を出してくれという気持ちでいます(??)

    more...
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
    • 知らぬは君ばかり #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/12/23に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お付き合い前提、蔵内にちょっとしたいじわるを仕掛けようとして失敗する王子と、被害者になり損ねた蔵内のおはなし。もろもろ捏造。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■描写はまっったくありませんが、性行為を匂わせる台詞があります。

      ■王子と蔵内が並んだとき優位な立場にあるのは絶対に王子であってほしい、と思うと同時に、たまには蔵内が王子を翻弄してもいいじゃない二次創作だもの、と思っています。18巻の『王子はたぶんアホ。』を信じます!そういう方向性のあほじゃないと思うけど!
      trrroksr
    • 海をみないひと #小説 #村来 #二次創作 #BL

      ※2022/02/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■お誕生日にはまったく関係のない、ゆるくシリアスっぽい小話です。タイミングが悪かったので丸一日寝かせていました。来馬先輩、お誕生日おめでとうございました。
      ■鋼が来馬先輩を海に誘って断られるおはなし。CP要素はとても薄めです。捏造が多々あります。

      ■「来馬先輩は遠征希望してなさそう」「三門市は川の幅が広くて海に近そうだけど面してはないイメージ」「20巻に免許持ちキャラ一覧があったけど、これだけキャラがいたら一人くらいは免許ナシ私有地での運転経験アリなヤツがいるだろッ!」辺りの脳内思考のごった煮です。
      書き終わってから蓮乃辺(リリエンタール)の風景も確認してみればよかったなとか四塚市(アニオリ)には海があったんだった……とか思い出しました。なにか矛盾がありましたらすみません。
      ■『うん。ちゃんと聞くよ』は宇佐美リスペクト、『自分たちになら、そういうことが、できます』は千佳の台詞オマージュです。
      ■鋼「友達と海へ行く約束をした」←あらふねがしんでしまう……。
      trrroksr
    • place #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2022/05/22に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■遠征選抜試験前、蔵内と王子が死ぬだの生きるだの会話するおはなし。暗い話ではない…と思います。もろもろ捏造。

      ■ほんの少しですが、有名な詩のオマージュがあります。なにか問題がありましたら手直しします。
      ■この作品はフィクションです。卒業後に学校の制服を着て外に出るのはやめましょう。

      ■CP要素は薄めです。キスの描写があるくらい。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。

      ■遠征の危険性について、みんな少なからず思うところがあるだろうなあ、というオハナシ。と見せかけていちゃついているだけかもしれない。
      検証するといろいろと矛盾してそうな気がするのでもし見つけましたらスルーしてください……。もしくはこっそりとお伝えいただけますと幸いです。
      trrroksr
    • ひづめと鳥の目 #小説 #二次創作 #来馬辰也 #別役太一 #ワールドトリガー #ワートリ非恋愛作品

      ※2021/12/19に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■すごく今さらですが、ROUND3後の来馬先輩と太一のおはなし。来馬先輩がちょっとくよくよしています。
      ■捏造多々あり。鈴鳴メンバーは支部へ通いで来ているという設定(にしましたが、どちらかというと住み込みだったらいいよねと思っています)
      ■アクアリウムについては多少調べて書いていますが、なにかおかしなところがあったらすみません。
      ■「非恋愛作品」タグは他ジャンルでお見かけしたものをまねしています。提唱なさった方が他ジャンルでも使ってよいと仰っていたので、ありがたく使わせていただきました。

      ■鹿の矜持と鳥の瞳のおはなしです。そもそも仔鹿というのはあくまでメタ呼び名で、作中世界で呼ばれてはいないだろうと思うのですが、もしも呼ばれるならばそれは揶揄だろうな、という想像から。
      ■太一は観察力?空間把握能力?の高い子ですが、それ以上に「他人のために迷わず行動ができる」ところが最大の長所だと思っています。あれだけおっちょこちょいさんだと他人に悪意を抱かれたり呆れられたりも多かったろうと思うのですが、それでも迷いなくひとのために動けるところを見ると、いちばん凄いところは「諦めないこころ」なのかもしれません。趣味のジオラマも、ささっと器用につくるのではなく、どれだけ失敗してもあきらめずにつくりあげる、ということなのかも。という妄想。
      ■キャプションなげえ!すみません
      trrroksr
    • (サンプル)魔法を見せてあげる #小説 #サンプル #くらおう #二次創作 #BL #エワ即売会

      ■2022/3/20 エワ即売会7にて発行いたしました同人誌のサンプルです。
      ■A6(文庫本、カバー付)/118ページ/¥600+送料
       FOLIOでの取り扱い/匿名配送のみ。以前利用していたサイトより手数料が高いため、本体価格を多少値下げしました。

      ■王子の独立にあわせて、両片想いっぽいふたりがもだもだしているオハナシです。
       王子視点→蔵内視点→王子視点、ときどき神田。そのほか弓場さんや18歳男子たちがちらほら。
       勉強会(という名の集まり)をしたり、水族館デートをしたり、モールモッドと戦ったりします。いろいろと捏造。
      ■原作と同程度の欠損描写(トリオン体)があります。

      https://b2-online.jp/folio/19102800012/001/ にて頒布しています。

      よろしくお願いいたします。
      trrroksr
    • 眩しき人よ #小説 #くらおう #二次創作 #BL

      ※2021/09/18に他SNSへ投稿した作品です。以下キャプションコピペ。

      ■蔵内と王子が作戦室お引越しで廊下を歩いてるだけ。弓場隊脱退~王子隊発足までの間のどこかのおはなし。もろもろ捏造。
      ■CP要素薄いです。
      ■公式で判明していない呼び名は適当に捏造しています。
      ■王子の目の色は原作準拠です。でもアニメのあおいろもすき。

      ■『おかげさまで初の弓場隊越えだよ』の不遜さとそれをゆるす弓場さんがすきで、そこに至るまで、王子がのびのびとやれる理由のひとかけら、みたいなオハナシを書きたいと思って書きました。蔵内と王子のお互いの考えを察する能力、距離の近さに夢見ています。
      trrroksr
    CONNECT この作品とコネクトしている作品