イラストを魅せる。護る。究極のイラストSNS。

GALLERIA[ギャレリア]は創作活動を支援する豊富な機能を揃えた創作SNSです。

  • 1 / 1
    しおり
    1 / 1
    しおり
     あるところに、シンヨコ王国という国がありました。シンヨコ王国はそこそこの利便性とそこそこの人口で、トーキョー帝国ほどではないにしろ、豊かな国でした。
     シンヨコ王国には若い王様が一人あって、女性に目がないのが玉に瑕ではございましたが、外交を欠かさず、自国民の声によく耳を傾ける、良い王様でした。このヒヨシ王こそ、シンヨコ王国をますます発展させるだろうと、誰もが胸の内に思っておりました。
     王様には、年の離れた弟と妹がおりました。王様は二人を大変可愛がっていました。無口で冷静な妹と、活発で動くことが大好きな弟には、城のもの一同が手を焼いていました。妹のヒマリ様は、ほとんど口をきかず、語学に長けているはずが単語で会話をするお姫様でした。弟のロナルド様は、ヒマリ様よりお年が上でしたが、よく喋り、よく食べ、よく動いて城の備品を壊していました。城のカーテンというカーテンによじ登り、隙間という隙間に顔をねじ込み、元に戻れずに泣いては、泣き声を聞きつけた王様と近衛兵が駆けつけるのでした。その度に、ヒヨシ王は困った顔をしながらも、「こんなに落ち着きがない上にセロリも食えんのじゃ、お嫁さんをもらう時に困るのう」と、その頭を撫でてやりました。
     ロナルド王子は、兄のヒヨシ王が大好きでした。
    「おれも早く大きくなって、アニキの手伝いがしたいんだぜ!」
     勉強があまり得意でなかったロナルド王子は、代わりに剣を振ることを選びました。折しも人間と魔族の対立が険しくなっている時分でございましたから、剣を振るう者は多い方がよかろうと、ロナルド王子は考えたのです。
     ロナルド王子とヒマリお姫様は、すくすくとお育ちになりました。ロナルド王子は、幼いころのやんちゃな様子は形を潜め、王様によく似た美しい顔立ちの青年となられました。背丈はとうに王様を通り越し、近年はお風邪を召したこともない、立派な体躯をお持ちでした。ヒマリお姫様も、口数の少ないのは変わりませんでしたが、優しいお心と深い知恵を持つ、美しい女性になられました。国のものは皆、浮名を流し続けるヒヨシ王はこの際諦めるとして、ロナルド王子とヒマリお姫様にはぜひ良い縁談をと、日夜奔走しておりました。
     しかし、一向に女性に慣れないロナルド王子と、誰が相手であっても口数の変わらないヒマリお姫様のお相手探しは、思うようにすすみません。しまいには、ロナルド王子は「好きになれるか分からない他国のお姫様と結婚するの怖いよおぉ!」と泣き出す始末で、この件に関しては王様も強く言うことができず、城の重臣たちは皆頭を抱えておりました。

     ある日、ロナルド王子が遠駆けから帰る途中に、嵐が近づいて参りました。丘の上から水平線を眺めると、大きな雲がむくむくと大きくなっているのが見えました。
    「お前ら、悪いけど先に帰って、兄……じゃなかった、王様にこの事を伝えてきてくれ」
    「ロナルド様はどうなさるのですか?」
    「俺はこの辺の村を回って、嵐に備えるよう言ってくるよ」
    「危険ですので、一人はお供をおつけください」
    「大丈夫だって! 俺だってもうガキじゃないんだから」
    「図体ばかりご立派になられて……私がお側にいない時に、地面に落ちてるイイ感じの枝とかを拾って振り回してはいけませんよ。見逃しちゃうと勿体ないし」
    「カメ谷ァ!」
    「その辺に落ちてるバナナを拾い食いしてるうちに迷子になるんじゃないぞロナルドォ! 本格的に暗くなる前に気をつけて帰ってくるがいい!」
    「半田てめえ! でも心配してくれてアリガトォ!」
     ロナルド王子は一人で馬を返し、近隣の村々に声をかけに行きました。村人たちは皆王子に感謝し、口々に感謝の言葉を述べました。
     最後の村を辞したところで、ロナルド王子は道端に倒れている老婆を見つけました。
    「おばあさん、大丈夫ですか?」
    「あら、その声は……どちら様でしょう?」
     老婆は盲のようでした。ロナルド王子は老婆を助け起こし、すっかり冷えてしまっている肩に自分のマントをかけてやりました。
    「もうすぐ嵐が来ますよ。お家まで送りましょう」
    「まあ、ご親切にどうも……」
     老婆は城とは反対の方向にある村の名前を告げました。今からそちらへ向かっていては、お城に帰るころにはすっかり暗くなっているでしょう。ロナルド王子の頭に、幼いころからの友人であり、良き臣下である半田の言葉が浮かびました。しかし、王子は迷わず老婆を馬上に引き上げて、お城に背中を向けて馬を走らせました。

    「どうぞ、おばあさん、ご家族の方はいらっしゃいますか?」
    「ええ、娘夫婦が家におりますわ。ご親切なお方、よかったらお夕食でもいかが?」
    「いえいえ、そこまでしていただくほどのことは……」
     老婆を村の入り口で馬から降りれば、老婆の家族らしき者が走り寄ってきました。ロナルド王子は彼らに老婆を預け、今度こそお城へ帰るべく急ぎます。
     辺りはすっかり真っ暗です。雨の匂いも強くなってきました。どうにか本格的な嵐になる前に、と王子が馬上で姿勢を直した途端、ひときわ強い風が、ロナルド王子の帽子をびゅうっと吹き飛ばしてしまいました。
    「あっ帽子が!」
     真っ赤な帽子は、兄王が王子の騎士団合格祝いに買ってくれた、大切な帽子です。慌てて馬から降りて、地面を転がる帽子を追いかけます。ぱさりと地面に落ちたり、またふわりと浮いたり、帽子はなかなか捕まりません。
    「待て、この……ヨッシャ!」
     ロナルド王子の指先が、ついに帽子のつばに届きました。その途端、王子の足元がぐらりと傾ぎます。辺りが暗くて王子は気づけなかったのですが、いつの間にか帽子を追いかけて崖の上にいたのです。
    「うわ、わ……!」
     空中に投げ出された王子の体は、真っ黒い海へ向かって一直線に落ちていきます。崖はずいぶんと高いようでした。遠くなっていく空を見上げ、なす術なく宙で手をかきながら、王子は死ぬことを覚悟しました。
    (兄貴と、ヒマリに、申し訳ねえなあ)
     ぎゅっと胸の前に帽子を抱きしめて目をつむると、背中から水面に叩きつけられた衝撃で息ができなくなります。一瞬だけ気が遠くなりました。水を吸った重い体が、ごぼりごぼりと、静かに水中に沈んでいきます。
    (ああ、やべえ、マジで体動かねえ)
     意識が完全に遠のく間際に、真っ暗な中で誰かの声が聞いた気がしました。けれども王子はそれ以上意識を保つこともできず、静かに瞼を閉じました。海の中は静かでした。

     ゆらゆらと、誰かが優しく体を揺らしています。今となっては遠い記憶の中、自分の手のひらが兄の親指を握りしめるので精一杯だったころ、ゆりかごの中で静かに揺られていた時の心地よさがあります。穏やかな気持ちの中で、ロナルド王子はそっと目を開きました。
    「おや、起きちゃったのかい」
     王子はまだ意識がぼんやりとしましたが、声のした方へどうにか首を巡らすと、青白い顔の痩せた男がこちらを覗き込んでいました。ここはどこなのだろう、海へ落ちたはずが、どうなっているのか。無理に体を起こそうとする王子の体を、吸盤に覆われた蛸の脚がそっとなだめます。
    「まだ寝ておいで。地上は今ごろ大嵐だろうから」
    「……ここは……俺……」
    「地上の喧騒など、海の中では関係ないのだよ」
     どれ、今ごろどうなっているのかね、と言いながら、男が傍の水晶に向かって手を掲げました。水晶からうす青い光が漏れ出し、ともすれば冷ややかな印象を与えそうな鋭い横顔が、柔らかく照らし出されます。ロナルド王子は、蛸足の男の横顔にしばし見惚れました。王子は、男の横顔を美しいと思いました。
    「あの……あんたは……」
    「うん? 知らなくっていいよ、寝てなさいってば」
    「でも……」
    「大丈夫だいじょーぶ、ちゃあんとお家に返してあげるから」
    「……家……兄貴……ヒマ、リ……」
    「うん、うん」
     温度の感じられない足がぬるりと動いて、王子の体を持ち上げ、男の両手がその体を抱き止めました。そのまま抱きしめるようにあやされて、ロナルド王子の瞼が再び重くなっていきます。穏やかな寝息が、静かな海の中に溶けていきました。
    「……眠ったのか?」
    「あらヒナイチくん、お帰り」
    「うん、ただいま。ドラルク、地上はやっぱりひどい嵐だ」
    「うーん、そうみたいだねえ。というか君、よくこんな大荒れの中で、男一人抱えて泳いできたねえ」
    「それほど大したことじゃないぞ!」
    「私がそれやったら一瞬で海の藻屑なんだよなあ……」
     ドラルクと呼ばれた蛸足の人魚の指先が、ロナルド王子の目の下をそっと撫でます。ドラルクは、祖父の置いていった水晶で地上の嵐を見物していたところ、崖から落ちるロナルド王子を見つけたのでございました。自分では泳いで行く自信がありませんでしたので、仲の良い人魚のヒナイチに頼んで、王子を回収してもらったのでした。
    「オアー、ご覧ヒナイチくん、この造形! やっぱり美しい男だなあ」
    「そうか? 私にはよく分からんが……」
    「ヒナイチくんにはまだ早いかったか……ね、嵐が収まったら、また彼を地上に連れて行ってやってくれないか」
    「このまま、お前のものにしないのか?」
    「それも面白そうだけど……やめておくよ」
     人魚は皆、美しいものが大好きです。ヒナイチも、ドラルクはこの男を自分のコレクションにするつもりだとばかり思っていましたので、その言葉を聞いて驚きました。しかし、なおも優しく男の髪を梳くドラルクの様子を見て、任されたとばかりに控えめな胸を叩きます。
    「ありがとう、クッキー焼いておくからね」
    「ちん! クッキー!」
     海中で火を使うには、高度な魔道具が必要です。この辺りでそれを扱えるのはドラルクのみでしたので、人魚は嬉しそうにその場でくるりと回りました。
    「大丈夫だとは思うけれども、人間に見つからないように気をつけるんだよ。最近、またきな臭くなってきたからねえ。いい加減魔族と一括りにするのもやめてほしいものだよ……」
    「もちろんだ! クッキー楽しみ!」
     普段の怜悧な顔から、年相応の少女のような笑顔になった人魚を見て、ドラルクは静かに微笑みました。そうして腕の中の人間に目を落とし、その瞼をそっと指先でつつきます。
     この美しい青年が、地上の国の王族であることを、ドラルクは知っていました。彼は古い人魚でしたので、ロナルド王子の胸についた勲章や、腰から下げた剣を見れば、身元を推測するのは簡単なことです。こんなに美しいのですから、きっと多くの人に愛されているのでしょう。手放すのは惜しいのですが、人間と魔族との溝を今以上に深いものにするのは、本意ではありません。
    「さあ、嵐はしばらく止まないだろう。ヒナイチくんお茶でも飲んでいかないかい」
    「お茶! しばこう!」
    「どこで覚えてきたそんな言葉」

     ロナルド王子が次に目を覚ましたのは、とっぷりと日の落ちた砂浜の上でした。そうっと体を起こすと、胸の上にかけられていた、紺色の薄いヴェールが音もなく滑り落ちました。このヴェールは、魔女の七つ道具の一つで、身につけている間は決して野生の生き物に襲われないようになっています。
    「ここは……?」
     ヴェールを片手に立ち上がると、遠くの方で王子を呼ぶ声がしました。おうい、と応えると、どかどかという足音と共に、お城の兵士が駆けつけてきました。
    「馬鹿め! ロナルド! この馬鹿め!!」
    「うおおおお生きてた! 生きてたぁ!」
    「半田、カメ谷、心配かけて悪ボボバッペギャセロリ!!」
    「おお、本物だ!」
    「王子様、よくぞご無事で!」
     お城の者たちは口々にロナルド王子の無事を喜びました。嵐の晩から、すでに三日も経っていたのです。王子は馬に乗って、お城へ帰りました。ヒヨシ王も、ヒマリお姫様も、涙を流して喜びました。王様は、ロナルド王子がとっくに死んでしまったものと思っておりましたから、その喜びはどれほどのものでしたでしょう。
    「お前を助けてくれたのは、どこの誰じゃ? 是非とも褒美を取らせよう」
    「俺を助けてくれたのは、赤い髪の人魚と、蛸足の人魚です」
     王子の言葉に、お城の者たちは色を失いました。人魚といえば、昔からの言い伝えで、船乗りを惑わして命を奪う魔性のものと決まっております。
     口の悪いものは、王子は魔に魅入られたから、もうおしまいだと言いました。今に大波がこの国を襲ってくるに違いないと、震えだすものもありました。王様は片手を振って、その場を静かにさせました。
    「……ロナルド王子、お前の言うことは本当か」
    「王様に誓って、本当でございます。……でも彼らは、人に害なす生き物ではありません。これも本当のことです」
    「魔族の中には、高い知性を持って、人間と同じように文明を築いている種族があると聞く。人魚もそのうちに入るのじゃろう」
     ふむ、とつけ髭をいじって、王様はロナルド王子を見つめました。王子はもじもじと、まだ何か言いたそうにしていました。
    「なんじゃ、まだ何かあるのか」
    「あの、兄貴……じゃない、王様、俺……その、俺を助けてくれた蛸の人魚を、お嫁さんにしたいなあって……」
    「……オギャーーーッッ!?」
     頬を染めてはにかむ王子に、お城の者たちはまた色を失くしました。

     それからシンヨコ王国は、大変な騒ぎでございました。何しろ、あの美しく強い王子が、ついに結婚の相手を見つけられたというのです。街では早くも、ロナルド王子の結婚を祝した花飾りが売られました。
     しかし、待てど暮らせど、お相手はどこのお嬢様なのか、お名前はなんというのか、ひとつも分かりません。そのうちシンヨコ王国の国民は、皆この話に飽きてしまって、市場を駆け抜ける王子を見ては、またいつもの奇行かと、微笑ましく眺めておりました。真っ赤な花飾りは、投げるとよく飛ぶということで、子どもたちの間で大変流行いたしました。
     ロナルド王子は、蛸足の人魚の行方を、懸命に探しておりました。なにせ、相手は海の底にいますから、会いに行くのもたいそう苦労です。その上王子は、その人魚の名前も知りません。名前も知らない人魚の、美しい横顔と、柔らかい声色と、滑らかな足の感触だけを頼りに、毎日馬を走らせていました。
     人魚を見たという船乗りがあれば、即座に馬を飛ばして駆けつけました。喋る魔族がいたと聞けば、その者に褒美を取らせて、もっと詳しく話を聞きました。しかし、どれも蛸足の人魚に結びつく話ではなく、がっかりしてお城へ戻るのでした。

     そのようなことを続けているうちに、二年が経ちました。ロナルド王子は、ますます美しく、器量の良い青年になりました。蛸足の人魚を探して毎日馬を走らせるものですから、体格もよろしく、船乗りの手伝いをして網を引くので、腕も太く、逞しくなっていきました。お城の者たちは、思わず頭を抱えました。
    「あんなに美しい王子なのに、どうして魔に魅入られてしまったのだ」
     近隣の国々のお姫様たちは、皆ロナルド王子が好きでした。何しろロナルド王子を一目見た女性は、その美しさにうっとりとため息を吐いて、すっかり心を奪われてしまうのです。王様も、いまだに独り身でありましたが、ヒヨシ王に長年求婚を続けている大国の女王様がありましたから、手が出せませんでした。けれどもロナルド王子には、ずっと婚約のお話もありません。ですから、お姫様たちは何かと理由を作って、シンヨコ王国へ遊びにくるのですが、ロナルド王子はいつも不在でした。
     ある夜、お城で盛大なパーティーが催されました。数年に一度、トーキョー帝国の図らいで、若い貴族の男女を集めて、将来のパートナーと巡り合わせようという会が開かれるのです。今年の会場は、シンヨコ王国に決まっていました。ヒヨシ王は、万事つつがなく準備をしましたので、パーティーは大いに盛り上がっておりました。
     ところが、ロナルド王子は、そういったパーティーがたいそう苦手でございました。元来、女性とお話になるのが苦手でしたが、さらに今の王子は、蛸足の人魚に懸想をしているのです。女性たちは皆、美しく魅力的ですが、王子は女性たちの豊かな胸よりも、吸盤のついた滑らかな足に触れたいと願っています。女性たちの、大きくてきらきら光る瞳よりも、海の中で自分を見下ろした、人ならざる者の視線を求めてやみません。
     それでも、ロナルド王子が大変美しかったものですから、懇意になろうと近づいて来る女性は、後を断ちません。王子は囲まれそうになるのを避けるように移動するうち、いつの間にかバルコニーの方まで逃げて来てしまいました。バルコニーでは、すでに仲睦まじくなった数組の男女が、互いの腕や頬に触れて、甘い言葉を囁き合っております。王子はそれを横目に見ながら、大きな体を精一杯縮こませて、ブドウのジュースを一口飲みました。
     すると、風に乗って、かすかな歌声が聞こえてきました。
     ──真祖なるかな、海の支配者
     ──無敵なるかな、六本の足
     ──その慈愛、あまねく海を照らし
     ──その知恵、赤き瞳に宿るらん
     ロナルド王子は、はっとしました。バルコニーの手すりを飛び越え、庭園で逢引きをしていた貴族たちの間をすり抜け、歌声のした方に駆け寄ります。
     お城の庭園の中央、大きな噴水のてっぺんで、黒ずくめの男がリラをでたらめにかき鳴らして、先程の歌を歌っておりました。あんまり驚いたロナルド王子が、あっけに取られていると、男は噴水からひょいと飛び降りて、王子の前にぬっと佇みました。男は、ずいぶん背が高いようで、王子は男の顔を見るのにぐっと顔を上に向けなければなりませんでした。
    「へろー」
     男の声は、目の前からではなく、もっと深いところから聞こえてくるような、不思議な響きを持っておりました。王子は、すぐに返事をすることができず、喘ぐような呼吸をもらしました。
    「君が探してる子、今日はご機嫌なんだ」
    「……へ、あ」
    「西の海岸に行ってごらん」
     男はそう言うと、霧になって姿を消してしまいました。ロナルド王子は、しばし呆けておりましたが、はっと自分を取り戻すと、厩の方へ駆け出しました。
     厩務員の老人は、パーティーのご馳走のおこぼれも貰えないことに、不貞腐れておりました。
    「まったく、ご貴族様たちは、毎日贅沢三昧でいいものだが、ちっとはこの寒空の下でも働かにゃならんワシらのことも考えてほしいもんだ……」
     その時、庭園の生垣をめりめり突き破って、見慣れた顔が飛び出してきました。
    「おっちゃん!! 俺の馬出してくれ!!」
    「お!? おお、ロナ坊!」
     厩務員は、ロナルド王子が幼いころから、彼を大変かわいがっておりました。家庭教師の授業から逃げ出してきた王子を、飼い葉の山の中に隠してやったこともあります。
    「ロナ坊の馬か? ちょっと待っとれ、今鞍をつけてやるから……」
    「裸馬でいい! あの、めちゃくちゃ急いでんだ!」
    「おう、そうかい。お供はいいのかね」
    「いらねえ!」
    「そうか、よしよし。どこへ行くのか知らんが、バレんように帰ってこいよ」
    「おう! ありがとう!」
     ロナルド王子は素早く愛馬に跨ると、その腹を蹴って、ひたすら西を目指し始めました。

     西の海岸というのは、真っ白な砂が敷き詰められた、綺麗な海岸でございます。網を置いていると、魚がよくとれ、昼間は人でにぎわいます。しかし、時折夜になると恐ろしい声が聞こえてくるというので、暗くなってからは、あまり人の近寄らないところでした。
     ロナルド王子は馬から降りて、耳を澄ませました。恐ろしい声というのが、もし恐ろしい魔物のものでしたら、きっとあの蛸足の人魚が襲われてしまうと思われたのです。すると、波の音に混じって、うめき声のような、低い唸り声が聞こえてきます。
     腰に穿いた剣の柄に手をかけて、そろりと岩陰に回り込み、ロナルド王子は唸り声の主の顔を見てやろうと思いました。声は、よく聞くと、何かの言葉を話しているようで、妙な節がついています。一際大きな波が、岩礁に当たって砕け、白く泡立ちます。唸り声が止んで、代わりに陽気な声が聞こえてきました。
    「うーん、やはりこの時期はちょっと肌寒いねえ。風が冷たくて、私のキュートな足も動きが鈍るよ」
    「ヌヌン」
    「いい夜ではあるよね。ご覧ジョン、あのお月様! 君みたいにまん丸じゃないか」
    「ニュ〜ン!」
     思わず警戒する気持ちを忘れて、王子は岩陰から転がり出ました。聞き覚えのある声は、王子が探していた人魚に違いありません。果たして、岩礁に腰掛け、両手でシャコガイを抱えていたのは、あの蛸足の人魚でした。
    「おおおおお、おあっ、えっ、んお……おおう……」
    「うおっなに? 二足歩行のトド?」
    「誰が海のギャングじゃ! ……じゃなくて、おま、俺、お前」
    「うん? 君、よく見れば崖から落っこちルド君じゃないか! 元気になったんだね」
    「恥ずかしいことで名前覚えられてる! というか、なんで名前……」
    「腰の剣に『ろなるど』って書いてあった」
    「ウエーン! 兄貴の面倒見の良さ!」
     嬉しいやら恥ずかしいやらで、王子は顔を真っ赤にして泣き出してしまいました。蛸足の人魚は、あまりのことに面食らいましたが、シャコガイの取りなしによって、互いに落ち着くことができました。
    「ほら中身五歳児くん、鼻をおかみ」
    「誰が五歳児だ俺は……あー……俺は……!」
    「うん」
    「あー…………」
    「うん」
    「……」
     ロナルド王子は、ドラルクと名乗った人魚をお嫁にしたいと思いました。月明かりの下で改めて見た人魚は、つやつやとした足をうねらせ、眠そうな瞼の下に小さな瞳が輝いているのが美しく、口元にいたずらっぽい微笑みを浮かべているのが、とてもかわいく見えました。首も、腕も、胴も細く、ロナルド王子は、思わずドキドキしてしまいました。
     しかし、プロポーズの言葉も、跪いて差し出す指輪や花も、用意してありません。こっそり上着の中を探ると、食べかけのチョコレートが出てきました。
    「…………蛸ってチョコ好き?」
    「食べない」
    「エエーン……」
     ドラルクの方では、目の前の美しい男に惚れ惚れとしておりました。立派な体躯に、夜でもきらめく銀色の髪、同じ色の長いまつ毛に縁取られた下で、昼間の海のような青い瞳が、水面のようにゆらゆらしています。すっきりとした鼻筋や、分厚い唇は、人魚の間では珍しいものです。先ほどから、もじもじと擦り合わさっている大きな手のひらは、きっと人魚の自分よりもずいぶん熱いのだろうと思いました。そして何より、立派な男が、真っ赤な顔をして泣きそうになっているのが、大変愉快でした。
    「ンフ……ところで君、ずいぶん焦っていたようだけれど、どうしたんだい?」
    「ンエッオア……その……お、お前を……いや、人魚を探してて……」
    「人魚? もしかして君を助けてくれた?」
    「アッ……そう、うん、俺を介抱してくれた……」
    「ふーん。なあに、その人魚に惚れでもしたの?」
    「ほ!? ホホッッホホー!? ッッッポウ!!」
    「ジャクソン?」
     ロナルド王子は、恋心を相手に知られたと思って、膝を抱えて座ったまま飛び上がりました。人魚のドラルクは、反対に、急に王子に興味を失くしました。人間が美しい人魚に心を奪われて身を滅ぼすのは、当たり前のことだからです。王子を助けたヒナイチという人魚は、まだ幼い人魚でしたが、海中に広がる真っ赤な髪と、大きくてくりくりした目が愛らしい、かわいい人魚でした。
    「ヒナイチくんなら、しばらく北の海にいるよ。海獣狩りに誘われたからね。かわいらしい見た目だが、あれで最強の戦士なんだ」
    「へ、へえ……」
    「……? 何、がっかりした?」
    「え、なんで……?」
     王子は、ヒナイチのことはよく覚えていませんでした。砂浜で目を覚ます直前に、激しく胸を殴られたことは覚えていますが、あれが人魚の仕業だったことは知りません。
     目当ての人魚にも会えないのに、帰ろうとしない王子に、ドラルクはそのうちしびれを切らしました。ちょうど、夜風に当たって、肌も乾いてきたところです。
    「君のことはヒナイチくんに伝えておくよ。じゃあね」
    「えっ」
     ロナルド王子は、ぬるりと岩礁から滑り降りたドラルクの足を、思わず数本まとめて抱きしめました。ここでドラルクを帰すわけにはいきません。この人魚をお嫁にもらうのだと、王子は必死です。引き止められたドラルクは、水面に顔をしたたか打ちつけて、死んでしまいそうになっていました。
    「何をするのかねこの若造は!!」
    「エーン待って! 帰らないでぇ!」
    「なんだなんだ、これ以上何の用事があるんだ」
    「うぇ……ぶえぇ……」
    「あーもー泣くな泣くな、ほらジョンだよーかわいいねー」
    「エヘァ……ジョン……ジョンかわいいねえ……」
     シャコガイで王子をあやしますが、王子はドラルクの足を離そうとしません。それどころか、人魚の足をたぐるようにして、自分もざぶざぶと海の中へ入ってきました。朝からお城の者がぴかぴかに磨き上げた靴や、騎士団に所属している誇りでもある、綺麗な飾りのついた剣や、パーティー用の華やかな赤い上着が、どんどん塩水につかるのにも構いません。ドラルクの方は大慌てで、王子を押し返しますが、びくともしません。まるで大きな岩を相手にしているようです。
     ついに王子は、人魚のそばまでやってきて、ぴったりとその身を寄せました。腕に抱えたシャコガイごとぐいと抱き寄せられて、ドラルクはあまりの熱さにくらくらします。
    (人間って、こんなに熱いものだったかしらん)
     ドラルクは急に恐ろしくなりました。澄んだ青い瞳に覗き込まれると、自分の形が分からなくなりそうです。目の前の人間が、なんだか知らない生き物のように見えてきました。
    「おっ俺は、お前が、好きだ」
    「え、あ、私?」
    「だから、およ、およよよ」
    「泣いてる?」
    「泣きそう!! お嫁さんになってください!!」
    「ええ……」
     人魚は困惑しました。この美しい男は、人魚の審美眼にかなう、たいへん良い見目をしておりましたし、言い出すこともとんちきで、しばらく飽きそうにもありません。けれども、ドラルクは先ほどの恐ろしさを思い出しました。この男に着いていくのは、きっと勇気がいるのだと、頭の芯がびりびりと警鐘を鳴らします。
    「……簡単に言ってくれるじゃないか」
     ドラルクは、ことさらに力を抜いて、王子の腕から抜け出しました。ひとつ、王子を試してやろうと思いました。
    「私を欲すると言うのならば、そうだな……『海龍の赤き涙』を持っておいで」
    「海龍の赤き涙……?」
    「持ってきたら、君のお嫁さんにでも何にでもなってあげよう」
     ロナルド王子は、ぴょんと飛び上がりました。「海龍の赤き涙」が何かは分かりませんが、それを渡せば人魚は結婚してくれると言うのです。
    「言ったぜ! 約束だからな!?」
    「君が手に入れられたらの話だ。人魚は約束を決して破らない」
     ざばざばと砂浜に上がったロナルド王子は、もう一度大きな声で「本当だからな!」と言い、踵を巡らせて駆けて行きました。残されたドラルクに向かって、シャコガイのジョンが心配そうに呼びかけます。人魚は、人間よりもずっと遠くまで見える目で、王子の姿が小さくなっていくのをじっと見つめていました。


     そのころお城では、たらいをひっくり返したような騒ぎでした。なにせ今やシンヨコ王国一の美丈夫と言われるロナルド王子が、パーティーの途中で姿を消してしまったのです。どこかのお姫様に見初められただの、逆に貴族のお嬢様を見初めてお城に部屋を用意されただの、皆は口々に噂しました。そんなところに、全身ずぶ濡れの王子が帰ってきたものですから、お城の者たちの驚きようはすさまじいものでございました。
     しかし、王子は周りの人の視線をまったく気にすることなく、お城の図書館へ一直線に向かいました。「海龍の赤き涙」を調べるためです。たちまち警備の兵士に止められて、ヒヨシ王の前まで連れて行かれました。ヒヨシ王は、「何を考えとんじゃ」と頭を抱えました。
    「兄……じゃない、王様、ようやく蛸足の人魚との再会が叶ったのです」
    「それは……」
     ヒヨシ王の顔にも、周りの者の顔にも、困惑の色が浮かびます。ロナルド王子が毎日蛸足の人魚を探し回っていたのは知っていましたが、魔族である人魚が人間の前に姿を現すはずもなく、そのうち諦めるだろうと思っていたからです。
    「王子様、その人魚はなんと言っていましたか」
    「『海龍の赤き涙』を持ってきたら、結婚してくれると」
     人々の間に、波のようなどよめきが広がります。
     王子の愛に対価を要求するなど、人間を馬鹿にしている。
     本当は「海龍の赤き涙」なるものなど存在せず、体よく求婚を断ろうとしたのだ。
     周りの者は、めいめい好きなことを言いますが、ロナルド王子はじっと我慢して、ヒヨシ王を見つめます。もっと王様を説得できる言葉を探して、口元をもごもごさせましたが、言葉が見つかりません。けれども、一生懸命に見つめました。王様も、ロナルド王子をじっと見下ろしていましたが、やがてふっと息を吐きました。
    「好きにせぇ」
     ひらりと手を振って、王様が体の力を抜きました。続けて、周りによく聞こえる大きな声で、「おおかわいそうに、ロナルド王子は魔に魅入られてしまった! これではこの国から出してやることはできん、他国からの輿入れも無理だ!」と言いました。
    「あ、兄貴……!」
    「ただのう、騎士団の仕事は、これまで通り頑張ってもらわんとにゃあ。魔族との交渉の道をつけようとしたら、人手が足らんで」
    「お、俺頑張る! 暴れる魔物を抑えるのも、森から逃げてきた野生動物を抑えるのも頑張る! 熊とだって組み手する!」
    「熊と組み手はちょっと……」
     ロナルド王子は、王様の足元に膝をつきました。王様は、自分よりもずっとたくましくなった弟王子のつむじを見下ろし、乱暴にかき混ぜました。
    「ああもう、泣くな泣くな! せっかく人前で泣くのは我慢できるようになったと思っとったのに」
    「うえぇぇ……兄貴ぃ……」
     王子は王様の腹に顔を埋めて、泣き出してしまいました。周りで見ていた者も、王子の一途な心に、大変感心しました。ヒヨシ王は、こっそりと、シンヨコ王国を魔族との共生ができる国にすることを目指そうと思いました。ヒヨシ王は、国民の幸せや、国の平和が何より大事でしたが、かわいい弟と妹のことはもっと大切でしたので。

     そうと決まれば、なんとしてでも「海龍の赤き涙」を探さなければなりません。人魚が求めるくらいですから、とびきり美しく、珍しい宝物に違いありません。ロナルド王子は、毎日のように王室図書館に通い、時には迷子になりながら、「海龍の赤き涙」について書いてある本を探しました。
     また、市場にもよく出かけました。シンヨコ王国の外からやってくる旅人は、面白い土産話をたくさん持っています。その中に「海龍の赤き涙」に関係している話があるかもしれません。
     半田やカメ谷といった、王子の昔からの友人たちは、無茶をするロナルド王子を見張りながらも、一緒になって手がかりを探してくれました。それに、ロナルド王子の懸命な頑張りを見て、初めはあまりいい顔をしなかったお城の者たちも、次第に王子の手伝いを申し出るようになりました。
     「海龍の赤き涙」の手がかりを探して半年が経ったころ、海沿いの街から商いに来た一人の商人が、ロナルド王子の噂を聞きつけて謁見に参りました。王子は、喜んでその商人と会ってやりました。
    「私のいた海沿いの街に、なんでも知っているじいさんがおります。じいさんならば、もしかすると『海龍の赤き涙』について知っているかもしれません」
    「本当か? じゃあ今すぐ会いに行こう」
     ロナルド王子は執務を放り出して、お供も連れずにお城を飛び出しました。

     物知りのじいさんは、海沿いの街の一番端っこ、岩でできた洞窟の側に家を構えておりました。王子が丁重にお願いすると、じいさんはびっこを引き引き、洞窟まで案内しました。じいさんは、長く生きているので、いろいろなことを知っていました。また、いろいろなことを経験していました。その中でも、この洞窟では、いっとう不思議なことが起こったのだと言いました。
    「昔このあたりで、遅い時間まで遊んでいる子どもに向かって、『おヒマ?』と話しかける大男が出たのです」
    「その男が、子どもをさらってここへ来たんですか?」
    「いいえ、男はひとしきり遊ぶと、すぐにどこかへ消えてしまいました。それで、街の者もあまり心配していなかったのです。私はよく声をかけられました」
    「一度きりでなかったのですか?」
    「ええ、何度も遊んでもらいました。しかしある日、『ちょっと忙しくなる、メンゴ』と言ったきり、姿を現さなくなりました」
    「メンゴ……?」
    「その代わり、どうしても困ったら、この洞窟においでと教えてもらいました」
     じいさんに案内されて来られた洞窟は、子どもが屈んで通れるほどの小さな入り口しかありません。
    「その男は、いつも磯の匂いをさせておりました。ですから、きっと王子のおっしゃることも、知っていると思います」
     ロナルド王子は、じいさんに丁寧に礼をいい、十分褒美をやって、うちに帰らせました。入り口は小さいので、ここからは一人で行かなければいけません。
     王子は重い上着を入り口で脱ぎ捨て、地面に這うようにして洞窟の入り口をくぐり、そのまま奥へと進んで行きました。洞窟は、奥になるほど広がっているようです。初めは這うようにしていたのが、だんだんと立ち上がって、ついには王子が手を伸ばしても、天井に届かないほどになりました。
     洞窟の壁は、松明もないのにきらきらと青く光っています。時折、赤や紫の光が、壁の中に見えました。王子が目をこらしてみると、それらは珊瑚や貝の形をしておりました。王子は、ついそれらに手を伸ばしそうになりましたが、慌てて思い直しました。不思議な洞窟ですので、うっかり触れると何が起こるか分かりません。ロナルド王子は、これで大変な怖がりでございましたから、壁に魂を吸い取られてしまうと思いました。左右の壁に光るのが、吸い込まれて出られなくなった者たちの魂だと思うと、やおら背筋が寒くなります。
     王子は先を急ぎました。さいわい、洞窟の一番奥は近いようです。開けた場所が見えてきたので、王子はそろりと足を踏み入れました。
     そこには、せんに会った黒ずくめの大男が立っておりました。王子の口から悲鳴が出そうになりましたが、すんでのところで飲み込みます。すると、男が王子の方を振り向いて「また会ったね」と言いました。
    「あんたは……」
    「海龍のところへ行くの?」
    「海龍……そいつが『海龍の赤き涙』を持ってるのか?」
    「……それがほしいの」
    「おう、ぷ……プロポーズに、いるんだ」
     しきりに照れる王子を、大男はしばらく見下ろしていましたが、口ひげをひとつ撫でると懐から何かを取り出しました。
    「これは? ずいぶん良い紙みたいだけど……」
    「海の底へ行くための、招待状のようなもの」
    「海の底? どうやって?」
    「これでピッとタッチするとパッと海が割れる」
    「ピッとタッチするとパッと海が割れる!?」
    「呼吸もできる」
    「呼吸もできる!?」
    「息子によろしく」
     男はそう言うなり、また前のように、霧になって消えてしまいました。残された王子は、手元のカードをためつすがめつ眺めていましたが、やがて大事に懐へしまいました。

     あちこちに服を引っ掛けながら洞窟を這い出たロナルド王子は、服の上から先ほどのカードを押さえて、深く息を吸いました。ここからは本当に、何が起こるか分からんぞ、と思いました。男にもらったカードは、何の変わったところもない、真っ黒な紙でできています。触るとさらさらとしています。
    「……本当に海が割れんのか」
     好奇心を抑えきれず、王子は泡立つ波打ち際に立って、カードを海にひたしました。すると、ごうごうと地響きのような音がして、目の前の海がぱっくり二つに割れました。
     海の底を、こんな風にして見たのは初めてです。王子は思わず近くに寄って、海でできた壁をじっくり眺めました。そろりと前に進むと、海の割れ目は同じくらい深まります。どんどん高くなる壁が面白くて、ロナルド王子はどんどん先へ歩いて行ってしまいました。
     気がつくと、すっかり海の中へ入ってしまっています。水に触れていますが、息は苦しくありません。ロナルド王子は、骨のように白い砂を踏みしめて、さらに先を目指しました。
     もうずいぶんと歩きましたが、海の底には終わりがありません。目の前を横切る魚に、王子が思わず腹を鳴らすようになったころ、大きな建物が見えてきました。
     近づいてみると、見上げるほどの大きな神殿でございました。いくつもの模様が入った柱が広い屋根を支えて、どっしりと立派です。周りにたくさん藻の生えている海の底だのに、汚れひとつついていません。よくよく見てみますと、模様にはどこかの国の文字が彫り込んであります。王子は、人魚の国の言葉かもしれないと思いました。
     神殿の主人は不在のようで、ぐるりと周りを歩き回って見ましたが、えび一匹にも出会いません。もしかすると、ここが海龍の住処なのかもしれないと期待していた王子は、がっくりと肩を落としました。柱王子が引き返そうとした途端に、屋根と柱の隙間からウツボが顔を出して、「どちら様ですかな」と王子の体に巻きつきました。ロナルド王子は、ウツボの顔の意外に恐いのにびっくりして、声も出ません。
    「ふむ、お客様かと思ったが、違うのかね」
    「オボァ、ヴォ、エ……シャベッタァ……」
    「ウツボは喋らんよ、人間。俺は……いや、やはり知ってる気配がするな。とにかく入りなさい」
     ウツボはぬるりと巻きついたまま、ロナルド王子を神殿の中へと引っ張りました。王子は驚いていましたが、ウツボの言うことに従いました。
     神殿は広々としていました。外からは神殿のように見えましたが、中はお屋敷のようです。誰が使っているのか、廊下の隅々まで、綺麗に掃除されています。しつらえてある調度類も品よく、この屋敷の主人が良い感性を持っていることがうかがえました。
     大きな扉の前まで連れて来られた王子は、ごくりと唾を飲みました。扉の向こうから、強大な魔族の気配がしたからです。ドラルクやヒナイチ以外の人魚が、この奥にいるに違いありません。いつの間にか、ウツボはするりと体を離して、どこかへ泳いで行ってしまいました。残された王子は、そっと扉に手をかけて、部屋の中へ体を押し込めました。
    「よく来たな、珍妙な客人。とりあえず歓迎しよう」
     部屋の中で待ち構えていたのは、鯨のように大きな尾ひれの人魚でした。王子を見下ろすほどの大きさで、上半身にはきっちりとした服を着ていました。
    「貴様からはかすかに、同胞のにおいがする。誰かの手引きでここまで来たな」
    「あ、ああ……」
    「して、何をしにこんな海の底まで?」
    「その……『海龍の赤き涙』って宝を、探してる」
     人魚の眉がぴくりと動きました。王子はそれに気付かず、なおも言い募ります。
    「きっと、すごく珍しくて綺麗な宝なんだ。俺……じゃない、私はどうしてもそれが必要で、在処を知っていたらぜひ教えてほしい」
    「そんなもの、何に使うと言うのだね」
     人魚が冷ややかな目で王子を見下ろしました。王子は身がすくみましたが、両手をぐっと握りなおして、人魚を正面から見据えます。
    「私の、だ、だ、大事な人が、それを欲しいと言った」
    「ただの人間が、そいつの名前を知っているとは思えない。嘘を吐くんじゃない」
    「人間じゃない、人魚だ」
    「……ますます度し難い。『海龍の赤き涙』を欲しがる人魚なんて」
    「で、でも本当なんだ。ドラルクっていう、蛸の人魚なんだが……」
    「なんだって?!」
     大柄な人魚は、腰掛けていた椅子から転がり落ちて言いました。ロナルド王子は慌てて駆け寄って、人魚を助け起こしてやりました。
    「だ、だからドラルクっていう人魚が……あの、めちゃくちゃ憎たらしい笑い方をすんだけど、でもちょっとかわいくて、あと手が細くて綺麗でえっちで、足もえっちな奴なんだが」
    「ま、ンフンッ、その……うむ、人間、まずはちょっと話をしよう」
    「話?」
    「『海龍の赤き涙』とは何か、私はよく知っている。けれどもドラルク……その人魚が、なぜそんなものを欲しがっているのか、最近の様子はどうか、元気でやってるかとか、どこがかわいいかとか、パパのこと覚えてる? とか、そういう話しない?」
    「俺で分かる範囲であれば、まあ……」
    「よく言った!」
     ドラウスと名乗った人魚は、王子を椅子に座らせ、色々のことを聞きました。ドラルクとはどうやって知り合ったのか。どこで見かけたのか。シャコガイは元気であったのか、相変わらず丸いのか。
     ロナルド王子は、いちいちに真面目に答えました。必然、王子がドラルクにプロポーズしたことも知られました。その途端に、ドラウスは三倍ほど膨れ上がりましたが、やがて落ち着きました。
    「そうか、ドラルクが……うん」
    「……ドラウスは、ドラルクと知り合いか? あ、あいつのタイプとかって分かる? 人魚って何もらったら嬉しいと思う?」
    「待て待て、今度教えてやるから……今日は帰りなさい。君は人間なんだから、人間の時間に合わせなきゃならんだろう」
     ロナルド王子は、そこでようやく、誰にも言わずに城を飛び出してきたのを思い出しました。王様やヒマリお姫様、半田やカメ谷など、お城の者に何と叱られるか分かりません。心持ち顔色を悪くした王子を見て、ドラウスは気の毒がって、海亀に王子を海の上まで送らせると申し出ました。
    「また来るといい、ポールよ。もっとドラルクの話をしよう」
    「ありがとう、ドラウス! 俺の名前はロナルドだっつってんだろ! プロポーズ頑張るぜ!」
     お城に戻る頃には、当然とっぷりと日が暮れていました。ロナルド王子は門に入る前に捕まって、こっ酷く叱られ、その日のお夕食はセロリしか食べさせてもらえませんでした。

     それからロナルド王子は、毎日必死で仕事を終わらせ、ドラウスの元へ通う日々が続きました。人魚の食事や住処、好ましいと思うもの、逆に嫌うものなど、様々なことを教わりました。ドラウスもまた、人間たちの暮らしぶりや、好む食べ物などを知りたがりました。
     二人はだんだん仲良くなっていきました。しかし、王子が「海龍の赤き涙」について尋ねると、ドラウスは困った顔をします。ドラウスを困らせるのは申し訳なかったので、王子は悩んでおりました。ドラルクに告白をしてから、もう一年が経とうとしています。人魚は気が長いと言いますが、とっくに忘れられているかもしれません。
     とうとう王子は、ドラウスと談判を開くことに決めました。
    「あんたを困らせて、本当に悪いんだが……俺、ドラルクのために『海龍の赤き涙』を探さなくっちゃ」
    「うむ、それはよく分かっているが……うーん……」
     教えようか教えまいか、ドラウスが頭を抱えていると、突然部屋を訪ねる者がありました。王子は部屋を出ようとしましたが、それよりも早く部屋の扉が開きました。ドラウスを訪ねてきたのは蛸足の人魚のドラルクでした。
    「やあやあ今日の下着も柄物ルド君! 人間の気ってのは蛸の体色より変わりやすいのかい?」
    「オギャッパラバ!? な、ど、なんで知ってる!?」
    「さっき瓦礫に引っ掛けて下脱げたでしょ」
     ロナルド王子は咄嗟に尻を隠しました。引っ掛けた拍子に破けてしまったのではないかと、真っ赤になります。そうして口をパクパク動かす王子の横を、ドラウスが素早く通り過ぎて、ドラルクに近寄りました。
    「ドラルクー! 会いたかったよ! この間お前のために真珠のジュースを取り寄せてね、飲んでいくよね?」
    「あ、それはとりあえず後で。……さてロナルド君、まさかお父様のところへ通っているとは思ってもみなかったよ」
     王子は驚きました。ドラウスとドラルクは親子だというのを、初めて知ったのです。ところが、親子は久しぶりの再会であるらしいのに、ドラルクは喜びもしません。かえって冷たい瞳でいます。そうして王子に向き直り、冷ややかな目で見下ろしました。
    「ロナルド君、私のこと好き?」
    「す!? すすす、スァ、ぁ」
    「それともやっぱり気が変わった?」
    「そんなわけねーだろ大好きです!! 後生だから結婚してください!!」
    「ふうん、じゃあ『海龍の赤き涙』、私のためにとってきてくれるよね?」
    「う、うん!」
    「そう。じゃあホラ、頑張って取ってみてよ」
     ドラルクはそう言うと、ふわりと浮かんでドラウスの背を押しました。押し出されたドラウスは、困った顔をしています。
    「え? ドラウス?」
    「ポール、すまない……そのう、『海龍の赤き涙』というのはだね」
    「それはねえ、お父様の心臓のことさ」

     ロナルド王子は、呼吸さえ忘れて、呆然といたしました。「海龍の赤き涙」を手に入れるには、ドラウスを殺さなければなりません。ドラルクは、自分の父親を殺してくれることを望むというのです。
    「しかしだなポール! 心臓と言っても」
    「お父様は黙っててください。どう? ロナルド君。私のために、私のお父様の心臓をくれる?」
     ドラルクは、ロナルド王子がさぞ困った顔をするだろうと思いました。お人好しの王子なら、泣き出してしまうかもしらんと思いました。そうして、やはり魔族なんぞを嫁に迎えるなど、やめたいと言い出すだろうと考えておりました。
     けれども、ロナルド王子は、ただ悲しそうな顔をしました。そうして、「ごめんな」と一言謝りました。
    「ドラウスは、誰かに迷惑をかけたわけじゃない。悪いこともしていないのに、俺のわがままで命をもらうわけにはいかない」
    「……『海龍の赤き涙』を持ってきたら、お嫁さんにでも何にでもなってあげると約束したよ。それがなきゃ、君は私を手に入れられないんだよ」
    「わかってる。でも、だめだ。そんな理由で、命をもらっちゃいけない」
    「そう。やっぱり、所詮魔族の言うことだもんね。君は、好きになった人魚のお願いより、別の人魚の命を奪う恐怖の方が勝るんだ。人間の言う愛ってそれくらいなんだ。ようく分かったよ」
    「違う! 俺は、ほ、本当にお前が好きだ、ドラルク! でも……でも、お前の親父さんを殺すなんて」
    「違わないよ! 私を一番にしてくれないんじゃ、君なんか嫌いだ。短い命の中で、どうせ私なんか忘れるのに、その間だけでも大事にしてくれないんだから」
    「嫌いとか言うなよぉ! お、おれ、お前じゃなきゃ嫌だから、お嫁さん、もうもらえねえじゃん! やだ! 好き、好きなのに、ドラルクのこと、好きなのにぃ……」
    「……ああもう、ドラルク! 意地を張るのをやめなさい!」
    「あっ!?」
     プーンとそっぽを向くドラルクの足を、ドラウスがちょんと突きました。ほんの少しの力でしたが、父親に乱暴をされたことのないドラルクは、仰天いたしました。
    「お父様が……私を……叩……?」
    「ンーーーー!! ごめんねドラルク! 酷いことしてごめんねぇ! 泣かないでエーン!」
    「泣いてはいませんが」
     ドラルクは済ました顔をしましたが、耳は力なく下を向いて、六本の足も元気なく震えています。よっぽど驚いたのがかわいそうになって、ドラウスの方が泣き出しそうになりましたが、どうにか堪えました。ドラウスは息子のドラルクを深く愛しています。ですから、ドラルクの幸せについても、よく考えています。ドラルクが本当に望んでいるのは何か、手にとるように分かりました。
    「ドラルク、好きだと言ってきたくせに自分に会いに来ず、私のところへ入り浸っていたポールが気に食わないのは分かるが」
    「はあ!? そんな話してませんでしたが!?」
    「毎日ご真祖様の水晶でロナロナウォッチングしてたのに、地上にいる時間が短くなってあまり姿が見られず寂しい気持ちも分かる」
    「何言ってんだ!?」
    「格好つけて心臓を持ってこいとか畏怖なこと言っちゃったけどどうしよう、結局見つけられなくてどんぐりとか持ってきそうだって楽しみにしてたのも、マルスケ繋がりで聞いた」
    「キィーッ! おっしゃる通りロナルド君がくれるものならその辺のワカメとかでも死ぬほど嬉しいわ!」
    「え、そ、そうなの……? ヘァ……」
    「ファーーー墓穴!!」
     ドラルクはあんまり恥ずかしくって、足先が咄嗟に飛び込める隙間を探しましたが、部屋は綺麗に片付いていて余計のものは置いてありません。仕方なしに、その場で上半身を覆うようにして丸まりました。
    「ドラルク。お前はずっと、地上の世界を見たがっていたね」
    「……お父様は、それでいいんですか。地上は、海と違って危険なのでしょう。嵐が来れば風はものすごいし、雨が降れば体に当たって痛いし、人間は……魔族を憎んでいるんでしょう」
    「だからポールがいるじゃないか。そこなポール……ロナルド王子と話しているうちに、心からお前が大切で、是非ともお前をもらいたくて一生懸命なのだと、よく分かった。彼がお前を守ってくれるだろう」
    「ド……親父さん……」
     ロナルド王子は、ドラルクの前に膝をついて、うねる足の一本に口付けてから、まっすぐにドラルクの瞳を見上げました。ドラルクはまた、恐ろしくなりました。太陽に透かしたガラスのような王子の瞳に見つめられると、どきどきして止みません。自分というものを放り出しそうになって、叫び声が喉元まで迫り上がってきます。
    「ドラルク、俺が、お前を守ってみせる。何にからだって守ってやる。誰にもお前を傷つけさせないし、ずっと笑っていられるようにたくさん頑張る。だから……だから、俺と結婚して」
     王子は愛する人魚の手を取って、うやうやしく口付けました。ドラルクは、今度こそ駄目になってしまいました。もうずっと、この綺麗で面白い王子のことが大好きなのです。
    「……私、あんまり寂しいのは嫌いなんだ」
    「う、うん」
    「私の蛸壺は、君の部屋の近くに置いてよね」
    「ぉ……あ、それって……!」
    「ドラルク……!」
     王子は嬉しくって飛び上がりました。「俺も蛸壺で寝る!」と言ってドラルクを抱え上げるものですから、ドラルクは「やめろ!!」と大暴れしましたが、その顔は熟れたトマトのように真っ赤になっています。恥ずかしそうに顔を赤らめるかわいい人魚を、蛸足ごとぎゅうぎゅう抱きしめて、ロナルド王子はポロポロと大粒に涙を流しました。ドラウスも、感極まって、今度こそ泣いてしまいました。
     蛸足の人魚は、その日から、海の中とシンヨコ王国、両方の大切な宝物になりました。

    *****

     シンヨコ王国の中央広場には、大きな噴水があります。人魚も人間も泳げるほどの大きさです。噴水の中央には、人魚をはじめとした魔族らと人間の架け橋となった、ある王子様と人魚の像が、仲睦まじく佇んでいるのです。

    うめみや Link Message Mute
    Jun 20, 2022 1:31:46 AM

    童話風
    (pixivより移行)
    #ロナドラ

    more...
    王蛸
    Love ステキと思ったらハートを送ろう!ログイン不要です。ログインするとハートをカスタマイズできます。
    200 reply
    転載
    NG
    クレジット非表示
    NG
    商用利用
    NG
    改変
    NG
    ライセンス改変
    NG
    保存閲覧
    NG
    URLの共有
    OK
    模写・トレース
    NG
  • CONNECT この作品とコネクトしている作品